みゃこDAYS

FC東京(と湘南ベルマーレ)を応援しているバーチャルネットサポーター・みゃこ12歳の日記れす。
<< 2018/04 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

2014-03-20 おひさしぶりれす

6年ぶりにtwitterれ復活なのれすー。

ことしもがんばりますれすよー。

https://twitter.com/myako_12

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/myako/20140320

2008-05-11 赤嶺君ゴーゴーゴー

 沖縄タイムスれ赤嶺君特集れすよー。

http://www.okinawatimes.co.jp/day/200805061300_03.html

 点を取り、点に絡むことが求められるFW。「体のどこに当たって押し込んでも、ゴールはゴール。どんな形でも得点を奪えればいい」。自覚は十分だ。

 スタッツが「その他」ばかりというのもオツなものれすね。

 神戸から帰ってきたユースケくんはまだちょっと結果にはつながってねいれすが、競争が厳しい中れすから、早いところドーンと決めて欲しいものれす。ドーン!

 柏経由れ湘南新宿ラインに載ったよしろくんは、怪我明けれ2戦連続のドーン! れす。

 どちらも途中出場れ、やっぱりスーパーサブ的な感じれすけど、この調子なら先発も近いかもれすね。

 みんながんばれー。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/myako/20080511

2006-08-24

[]梶山イリュージョン

 久々のホームゲームは藤山さんのJ1初ゴールとかそれを含めて鹿児島実業OB揃い踏みとか赤嶺君、ナオさん、よしろくんの2試合連続ゴールとかゆんたんのアシストコーナーキックとか尾骨骨折してるのをものともしないよしろくんとかそのよしろくんの胡散臭い顔面固定テープとかもういろいろとあるのれすが!

 

 あえて一つ挙げるならば!

 

 イノハくんの初ゴールにつながったコーナーキック

 副審さんがコーナーをさして、近くにいたナオさんがボールを拾って、それまれずっとコーナーキックを蹴っていたヨーヘイ君を見ました。

 そのときヨーヘイ君はコーナーフラッグからずっと離れた場所れ、のんびりと水を飲んれいました。ナオさんが何度か呼びかけた(ように見えましたが実際はわかんねいれす)のに、マイペースれ水を飲み続けていたのれす。

 結局ナオさんがコーナーを蹴って、イノハ君が頭れあわせてゴール! らったのれすけど、その瞬間、ヨーヘイ君は喜ぶ素振りすら見せず、淡々と定位置へ戻っていったのれす。

 その悠々とした足取りは、こうなることをすべて知っていたかのようれ、尋常れない、人並み外れたオーラを放っていたのれす。

 この日は縦方向のパスバッチリ決まっていたのれすけど、それとは別にやっぱりヨーヘイ君はただものれはねいのれす、と、思い知らされたシーンれした。

 

 バーチャルネットサポーター・みゃこ12歳は、この日中日さんに勝ってトーチュウの一面をFC東京に染めるのを手伝ってくれた古田監督率いるヤクルトスワローズさんも応援しています。

東京中日スポーツ東京中日スポーツ 2006/09/04 15:38 「365日FC東京 ゴール裏!」編集部より:相互リンクのお願い

---------------------------------------------------------

【お詫び】
※書き込みの場所が分かりかねましたので
 こちらに書かせていただきました。
不適切な場合は削除ください。

前略

はじめまして。突然のコメント失礼致します。

東京中日スポーツ『365日FC東京 ゴール裏!』
(http://365fctokyo2.jp/)編集部です。

今年7月にスタートした当サイトですが、
一層のコンテンツ充実を図るため、
9月7日にリニューアルを予定しております。

この機会に、東京サポーターのサイトを紹介するコーナーを
新設したいと考えております。
つきましては、ぜひ貴サイトと相互リンクさせていただけないでしょうか。
当サイトのバナーは、以下のアドレスの「このサイトへのリンクについて」
に置いてありますので、ご自由にお使いください。
http://www.365fctokyo2.jp/others/sitepolicy.html

誠に勝手ではございますが、ご検討の上、お返事を頂ければ幸いです。
宜しくお願い申し上げます。

草々

**********************
東京中日スポーツ(中日新聞社)
「365日FC東京 ゴール裏!」編集部
E-mail/info@365fctokyo2.jp
**********************

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/myako/20060824

2006-08-20

[]阿部に始まり阿部に終わるフクアリ

 ……れしたねー。

 実はテレビをつけるのに試合開始10分くらい遅れてしまって、その時にはもう2失点しててうはー、なんて状態らったんれすけど、れも試合をよく見てみると何か動きがいい感じれした。

 るーさんが決めてからしばらくはゴールこそなかったものの、終始押し気味の展開れす。

 後半には追いついて逆転して、追いつかれて勝ち越して、というスペクタクルな有様れした。

 追いつかれた直後、後半40分に登場したゆんたん*1も、出場時間こそ短いものの、勝ち越しゴールのアシストアシストをしてくれたのれす。

 よしろくんの変な踊りもちょっと懐かしかったれす。ピンクレディーさんの「UFO」れしょうか?

 これは次節のアビスパ戦も楽しみれすね!

 

 この試合の前に、ガーロさんが更迭されたのれす。

 結果がすべてのプロスポーツれ、結果を出せていなかったのは事実れす。れもガーロさんに率いられて、迷っていたことも価値のあることらと、意味があったのらとみゃこは思いたいれす。

 そして今は倉又監督れすね。幸先のよいスタートれすけど、いつか壁に当たるときもあるかも知れません。(いつももそうれすけど)その時こそ、声を上げて応援したいと今から決意を固めるみゃこれす。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/myako/20060820

2006-08-02

[]セレッソ戦のゆんたんゴール!

 ビデオを何度も繰り返し繰り返し見ながらほくそ笑むみゃこれす、こんばんは。

 とはいえ、解説の野々村さんも言ってたんれすけど、なんらか素直に喜びにくい試合らったような気もしますれす。

 れもれも、ガーロサッカーの目指す形というのが、この試合に生きているのかなあ、なんておぼろげに思ったりもしたのれす。

 前はジュビロさんとの試合らったのれすけど、時々「ガーロさんが目指しているのはこういうことなのかな?」みたいなサッカーを見せてくれるのれ、いつかそれをコンスタントに魅せてくれるようになるんじゃねえかと、みゃこは今からワクワクれす。

 

 みゃこは、今年はとりあえずは降格さえしなければ、順位が下から三番目とかれも仕方ねえかなあ、と思っていますれす。

 監督が変わるということはチームが変わるということれす。もともとコーチを務めていて監督に昇格、とかいうのれなく、さらに日本のサッカーを未経験の外国人監督れあるならなおさられす。

 これは原路線を強く継承するのれなく、思い切って変革してみよう、というフロントの決意らったのらとみゃこは思うのれす。

 チームを変えるというのは、変えることそのものだけが目的れなく、「変わる」ということに慣れさせて、未来選択肢を増やして、より強く愛されるチームになるための、ひとつの賭けなのらと思いますれす。

 就任発表をするときにちょっとしたゴタゴタはあったのれすけど、それれも、みゃこはFC東京フロントさんを信じていますれす。

 ガーロサッカーが今の東京の選手に合っているとか合ってないとかいう技術的なことは、みゃこにはよくわかんねえれす。ただ、現実問題としてそこにいる監督ガーロさんれすし、メンバーは少しずつ替わってても大好きなFC東京の選手れす。

 それに、さっき書いたように、仮にガーロサッカーとは合わなかったとしても、「変わること」に適応する力をつけられたら、この先いろんな成長がれきるようになる予感がするのれす。

 勝てなくても、迷ってても──勝てないからこそ、迷っているからこそ、その気持ちを支えられたらいいなあ、と、みゃこは思うのれす。

 

 Jリーグは百年構想れす。一年とか二年とか足踏みしたとしても、チームが存続していれば、前進れきる可能性は必ずあるのれす。

 ルーカスさんらって昨シーズンは絶不調れ、一度は退団まで考えたのに残ってくれて、それが今年の大活躍に繋がったわけれす。

 原さんがレッズさんの監督時代にまだ若かった小野さんを我慢して使い続けた(という話を聞いたことがありますれす)ように、すぐに結果が出なくても、信じて戦い続けることが、時には大切なんじゃねえかと、みゃこは思いますれす。

 

 ……というような話をお兄ちゃんにしたら、「みゃこはベルマーレも応援してるから、なかなか勝てないとか、監督が変わるとかいうことにも慣れてるんだよな」と言ってました。失敬れすね!

 

 そんなこんなれ、バーチャルネットサポーター・みゃこ12歳はひたすらポジティブシンキングFC東京を応援していますれす。

pucchi_cpucchi_c 2006/08/03 01:48 私は2001年暮れの大熊氏→原氏のとき精神的に大変だったですよ。なんでクマさんじゃダメなんだって、フロントのやることなすことすべて信じられなくなって。
まぁ2002年の開幕戦で荒れはおさまりましたが。それまで辛かった。

それに比べて今回の監督交代劇では特に何も感じるところはないですね。私としましては。周囲は大騒ぎですが。
この差はなんなんだろうなぁー?と不思議に思ってましたらみゃこ様のこのエントリー。すっと腑におちました。

確かに原監督は4年間いらしたのですから、その間にサポになった人にとっては「変わること」に慣れてないのは当り前です。
監督があんまりコロコロと変わるのもナンですが、「J経験ないどころか初めて来日した外国人監督」ということで当分の間は「変わること」そのものには適応していけそうですね。

myakomyako 2006/08/04 23:52 コメントありがとうございますれす。
それすね、みゃこは原監督の時代に東京サポになったのれ、原監督以外の東京はなかなかイメージれきませんれした。
それれも監督が新しくなって、出場する選手もちょっと変わって、変わっていくのがとても楽しみらと思っていたのれすよ。
選手も、サポーターも、変わることにもっと慣れられたらいいのかなあ、なんて思いますれす。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/myako/20060802