Hatena::ブログ(Diary)

撫子の花びらたち このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-07-16

[]運転のお供は

しばらく慌ただしい日々を送っていた気がする

ふと家を見廻すとどこもどこか中途半端で

なによりなんだか暑苦しくてもたついていた

三連休はそのまえにすこし詰めて仕事したおかげで

すこしだけ余裕を持って過ごせた

なのでひさしぶりの模様替え&中掃除(笑)

二日間、半日ずつかけてなんとか落ち着いた

風が通り抜ける気分が心地よい


数日前からカーステレオにはユーミン

懐かしい歌を一緒に歌いながら車を走らせる

それでもふと気づく

とても好きな曲はカラオケで歌うようなものではなく

その曲のふとした場所で心を持って行かれるような曲

そして4位から30位あたりは混戦模様

というのはよくある話(笑)


カセットテープに入っていた

いくつかの曲とその音を遠い記憶の中に思い出す

鉛筆でメモ書きされた曲名とその文字

それはあのひとが誰のために作ったもの?

置き去りになった子猫を拾うように部室から持ち帰った一本

自分でダビングしたあの曲は誰のために作ったテープだったかしら?

行き場所無く長いこと本棚のすみに立ててあった

雑誌の切り抜きをはさんだそのケースの傷さえも

しばらく忘れられずに心の中にあった気がする


とうの昔に捨ててしまったものを

その不在をすこしだけ淋しがってみる

あのころのアルバムの曲順すらもう忘れてしまったくせに

最初は違和感のあったベスト盤の

次の曲が思い浮かぶ自分のことを苦笑いする

2018-06-16

[] 物語は始まったばかり (ラグビージャパン、イタリア戦に寄せて)

久しぶりのラグビーカテゴリーです

ラグビー熱が冷めていたわけではありません

ラグビー場に行くことは昔よりすこし減ったかな

それでもワールドカップは刻一刻と近づいています

あ、もちろん来年のラグビーワールドカップのことです


6月はジャパンの試合が3試合もあって

これは注目するしかない!です

サンウルブズも調子をあげてきたことだし期待は大きい

先週の土曜日9日にあったイタリア代表との試合は

もう見事としか言いようのないほどの出来でした

中でも地元出身福岡選手の活躍は目を見張るほど!

快走トライはもちろんのことその仕事量の多さと的確さに

やっぱり彼のラグビーセンスと性格の素晴らしさそのものだよな

と、知り合いでもないのに得意げに頷いて嬉しがっておりました


さて一週間経ってのイタリアとの第二戦

会場を大分から神戸に移しての試合

先週の大分銀行ドームに続き今回のノエビアスタジアム神戸

来年のワールドカップの舞台となる競技

それをテレビでとはいえ一足先に観られるのはちょっと嬉しい

選手たちも実際にそこでプレイできるのは意味のあることに違いないですね


入場する選手たちの表情がいい

先週の勝利がひときわ落ち着きとプライドになって

そこに輝きを添えている気がする

どの選手も静かな闘志を内に込めたいい顔をしている

括りから言えば新人と言える若手の選手たちも負けてない

稲垣選手ってこんなに男前だったっけ?とちょっと惚れ惚れ(笑)


試合内容の詳しいことはいつものごとくほかの方にまかせるとして

まあ、ティアワンというものはやはりあるのかなと思える内容

先週の結果を踏まえた対応がきちんとなされていて

相手に手ごたえがあるとみればそれだけ人数をかけてくるし

危ないと思った相手のことはきっちりマークしてくるし

自分たちのやるべきことためにはいささかわざとらしくでも

ペースダウンのための行動をとったりプレッシャーかけたり

そこいらへんの駆け引きやなんやは良くも悪くも経験豊富な感じ

田中選手が世界に出てそしてジャパンにかえって来てくれたとき

おお!ちょっと違う!と思ったそのあたりの機微というかなんというか

そういうものはやっぱりあるにはあるのだろうなあと思う


でもまあそれはいい

どんなプレイをどんなニュアンスでするにしろ

やるべきことは小手先ではなく本来の自分たちの強みを出し

ラグビー本来の技術の精度を上げること

ワールドカップ前年にこんな素晴らしい試合がいくつもできることが嬉しい

2015年のワールドカップでいい試合をしたからこそ

これだけのカードで戦えるチャンスが訪れたのだから

間違いなくジャパンは素晴らしい財産を残し繋いでいると思う



試合中にシビレた場面をいくつか・・


相手チームとの接触か、しばらく蹲っていた福岡選手

メディカルのひとが近づいて手当をしているところが映っていた

どうやら左目上ぎりぎり瞼のあたりに傷を負い出血していた模様

手当を終え大丈夫!と手を挙げプレイに戻る彼の左目の上は明らかに色が変わっていた

それでも顔をしかめることも何かを気遣うそぶりも見せず

先週の試合の直後と同じように涼しい顔

その表情と佇まいがまさにクールでもうカッコいいったらありゃしない

以前より体つきも逞しくなってゾクゾクしてしまうほど男を感じさせられた


試合もいよいよ終盤

もう一本!トライとゴールを、そして願わくばもう一本トライを!というあたり

待望のトライを決めたのはフルバックで活躍する松島選手

先週八面六臂の活躍をした福岡選手は相手チームからのマークが厳しく

思うように動けない中、今日は松島の動き、働きがとても効いていた

見事なトライを決めた彼はチームメイトがナイス!と近寄ろうとするのを

するりと躱すかのように見えるほどすばやく

自らトライしたそのボールをそのまま拾い上げ

ゴールキックを蹴る松田選手に渡すためにそのキック地点へと運ぶ

このトライで終わらせようなどと思っていない

目指すは勝利だ!

たとえあと20秒しか残っていないとしても

そこにワンチャンスの可能性があればそれに挑まない手はない

彼の瞳はまっすぐに目指すものを向いて澄んでいる

カッコいい!カッコ良すぎる!!!


前回2015年のワールドカップからこちら

その彼らが残したものが大きすぎて

なにかと比較され続けたジャパンではあった

それでも選手たちはその中でやはり成長し続けてきたのだと思う

苦しみながら足掻きながら前へと進んできたのだ


その間、ファンである私たちは何をしてきたか?

と、自分に問うてみる

彼らの必死のトレーニングと苦悩に比べれば

ちょっとお休み気分ではなかったか?

反省をそうする半面、もしできたことがあるとすれば

ラグビーを通じた友人たちの数を増やしてきた

ラグビーの話を出来る場所を少しずつ増やしてきた

それならばこれからできることは・・・


少しでも選手たちが気持ちよくプレイできるようにすること

少しでも応援する人を増やす手助けをすること

4年前から比べればそれはもっとなにかできる力を蓄えていると思う

さあ!

物語はこれからだ!

来年に向かってもうひとつギアをあげて始めることにしよう


おまけ

試合が終わったあとにはホントにすぐにノーサイドの場面

日本選手とイタリア選手がそのジャージを交換しているのが素敵

その双方のナイスバディが映るのもちょっとした眼福でした(笑)


試合開始前に映った観客席の様子

ジャパンのジャージを着て応援するひともいれば

中にはイタリアのジャージを着ている人も

あら!みんながジャパンの応援じゃないんだ!と一瞬思ったものの

それってラグビーを楽しんでるってことだよね!

自分の中でまだまだの部分を感じてちょっと苦笑いでした






さて私事ですが(って私事しか書いてないけど)

ご縁をいただき地元のフリーペーパーウェブ版に

不定期的にコラムみたいなものを書かせていただけるようになりました

来年のラグビーワールドカップを少しでも多くのかたに知っていただくことを

第一の目標にしてあれやこれやと綴っております

もしよろしければどうぞご一読ください

ラグビー仲間のカメラマンさんが写真を提供してくれているのも

有り難く楽しみにしております

ファンファン福岡 特集カテゴリー

「このときめき 恋に似てる」

https://fanfunfukuoka.com/pink-blossom-2019/

現在の最新記事『つないだ手組んだ腕から伝わるあなた』

https://fanfunfukuoka.com/feature/127174/

よろしくお願いします♡

2018-06-03

[] 依子さん

死なない人

わたしが生きてるあいだ中わたしといてくれるひと


理想の人を聞いたらそう即答した依子さん

その日はそれ以上一言も話せなかった

いつもにこやかで私が落ち込んでいるのを励ましてくれる彼女が

そのあと一言もしゃべらず

何曲かじっと曲をきいたあとごめんねってつぶやいて

ふいと店を出て行ったのだった



ねえ、マスター

わたしなんか悪いこと言ったかなあ?

うん?どうかなあ・・

え?そんなことないよって言ってくれないの?マスター!

ははは、そんなことないよ〜

もう!今頃いってくれても遅いし〜!


マスターはあちこちで映画に関してとか

音楽に関してとかの文章を書いていて

それを読むととてもロマンチックでまた理論派で

なるほどなるほどとあんまりわかんないことも

すっごくよく分かる気がしてこういうのいいなあと思うのだけど

実際に会うととっても礼儀正しくてシャイなおじ様

早くからその文章に出会っていた私は

依子さんに連れられてこの店に来るようになってから

随分と経ってからそのこととこのマスターが一致した



まあ、ね

大丈夫だよ

依子さんは相手に文句があれば

ちゃんと相手に言うひとだから


マスターは依子さんのこと

ずっと前から知ってるの?

ん〜・・いつからだったかな

知ってはいたけど話すようになったのは割とこのごろ

だって依子さん人見知りじゃない?

大切なことはきちんと言うけど

あんまりおしゃべりでもないしね


ええええ〜〜〜!

マスター・・それほんと?

私の知ってる依子さんと違うかもです・・・

はてなハイク