ノスタル爺の日記

2018年06月21日(木) 文芸時代劇

nostalji2018-06-21

録画していた『花戦さ』(2017年・東映監督篠原哲雄)を観る。華道家元池坊専好芸術豊臣秀吉に挑む鬼塚忠小説映画化です。

京都頂法寺六角堂の花僧・池坊専好野村萬斎)は、天下布武を目指す織田信長中井貴一)の前で花をいけ、居合わせ千利休佐藤浩市)らの心をつかみますが、思わぬ失態をしでかし秀吉市川猿之助)の機転に助けられますそれから十数年が経ち、秀吉天下統一。専好と利休は親友として互いの道を高めあっていき専好ますしかし、秀吉は驕り高ぶり、秀吉の意に沿わない利休は切腹暴君と化した秀吉に町衆の吉右衛門高橋克実)たちも犠牲になり、専好は前田利家佐々木蔵之介)の屋敷で、花でもって太閤秀吉一世一代の戦さを仕掛け……

生け花に興味のある方は、花を見ているだけで楽しめると思います野村萬斎の表情豊かな演技が作品全体を昂め、物語を面白くしていますね。説明セリフを少なくして、できるだけ映像だけで表現しようとしており、篠原哲雄演出にも好感が持てます権力芸術という暗く重苦しくなりがちな題材をユーモアあふれるものにした快作で〜す。

2018年06月20日(水) 本格時代劇

nostalji2018-06-20

昨夜は、W杯の日本コロンビア戦を観る。全く期待していなかったんですが、2−1で勝っちゃいましたね。相手自爆ハンドの一発退場という運の良さがありました。相手が10人になったので、勝って当たり前。決勝トーナメントに行くには、もう一つ勝たなきゃなりません。予想外を楽しみに、期待せずに観ることにしましょう。

録画していた『忍びの国』(2017年・東宝監督中村義洋)を観る。“天正伊賀の乱”を舞台にした和田竜小説映画化です。脚本和田竜ね。

伊賀忍者百地党の下忍・無門(大野智)は伊賀一の腕を誇るも無類の怠け者で、女房お国石原さとみ)に稼ぎのなさを咎められ、百文の褒美目当てに下山家の次郎兵衛(満島真之介)を殺します。兄の平兵衛(鈴木亮平)は弟の死に何も感じない父(でんでん)や仲間に愛想をつかし、伊賀の国を狙っている織田信雄知念侑季)に寝返り伊賀侵略の手引きをしますが……

焦点が定まっておらず、小説ダイジェストといった感じです。自分作品脚本化した為、和田竜はどれも捨てきれず、ドラマとしては薄っぺらいものになりました。織田軍に勝つことで、伊賀の評判をあげ忍者ビジネスで儲けようとする上忍たちの陰謀を基軸に、下忍たちの行動哲学をじっくり描いたら深みのある内容になったと思いますよ。土の中に潜ったり、木の上を飛び回ったりと、忍者アクションは悪くありません。大野智の動きもいいし、鈴木亮平との対決は見応えがありました。忍者映画は、いくらでも面白くできる題材で〜す。

2018年06月19日(火) SF時代劇

nostalji2018-06-19

録画していた『銀魂』(2017年/監督福田雄一)を観る。宇宙人によって鎖国を破られた架空江戸時代末期を舞台とした空知英秋ギャグ漫画実写化です。

宇宙からやって来た天人(アマント)が実験を握り、高層ビルが立ち並び、空には宇宙船が行き交う江戸時代末期、かつて“白夜叉”と恐れられた元攘夷志士の坂田銀時小栗筍)は、攘夷志士仲間だった桂小太郎岡田将生)が行方不明になったという知らせに、志村新八菅田将暉)、神楽橋本環奈)と調査を開始。市中警備の真選組近藤勲中村勘九郎)、土方十四郎柳楽優弥)、沖田総悟吉沢亮)らに絡まれ、テロリスト岡田似蔵(新井浩文)に命を狙われながら事件の核心にせまります陰謀の背後には同じ攘夷志士仲間だった高杉晋助堂本剛)の存在が……

底の浅いギャグばかりで、苦笑するだけです。バカ笑いできるのはガキだけ。孫は歓びそうだけどね。所詮マンガですよ。シリアス部分のアクションは悪くないです。続編が予定されているみたいですが、もっと毒のある笑いが欲しいで〜す。

2018年06月18日(月) チャンバラ時代劇

nostalji2018-06-18

録画していた『無限の住人』(2017年/監督三池崇史)を観る。不死身の用心棒の生きざまを描いた沙村広明マンガ原作とするアクション時代劇です。

目の前で妹を殺された万次(木村拓哉)は生きる目的がなくなりますが、八百比丘尼山本陽子)によって、斬られても傷が再生する不老不死身体を与えられます。50年後、万次は妹そっくり少女浅野凜(杉咲花)に出会い彼女用心棒を引き受けることになるのね。凜は無天一流の道場主の娘でしたが両親を殺した逸刀流の天津影久(福士蒼汰)を仇として狙っています。万次は凜を守って影久率いる剣客集団と戦うことになりますが……

最初から最後まで、チャンバラチャンバラモノクロ映像で始まり、不死身になってからカラー演出で、たっぷりスプラッターを見せてくれます。だけど、斬られては再生の繰り返しで、飽きてきますな。殺陣も細かいカット編集処理で見せており、生身の迫力が今イチ。斬られ役が少なくなった現在大人数を相手の立回りシーンは、昔のようにいかないのは仕方ないことと、我慢しましょう。出演陣は豪華ですが、キムタクにはオーラを感じなくなりましたァ。

2018年06月17日(日) 今週のテレビは

nostalji2018-06-17

サッカー・ワールドカップが開幕。いつもは各局とも大騒ぎするのですが、今年は意外と静かです。これまでの試合ぶりで期待感がないみたいですね。だけど、予想外の結果が出るかもしれないよ。

今週は、BSプレミアムの『鳴門秘帖(全10回)』が最終回。見返りお綱役の野々すみ花が抜群に良いです。NHK総合では、『そろばん侍 風の市兵衛』を放送中。主人公の市兵衛(向井理)をつけ狙う女剣士役の山本千尋殺陣から目が離せません。

先週は野球中継殆ど放送のなかったBS12トゥエルビ時代劇達磨大助事件帖』が今週はちゃん放送されますね。『達磨大助事件帖』は、テレビ朝日で1977年10月13日〜78年5月11日に放送(全29回)されましたが、私は1回も観ていなかったんですよ。『遠山の金さん捕物帳』『伝七捕物帳』などでお馴染みの中村梅之助が主演しており、彼が歌う主題歌レコードも持っていて、気になって観たのですが、これが結構面白いんですな。

主人公達磨大助(中村梅之助)は南町奉行所の御用部屋同心上司小島三児からは“昼行燈”と馬鹿にされていますが、奉行鈴木瑞穂から絶対の信頼を得て秘密裏事件捜査配下は、牢番の辰吉山崎竜之介)・密偵の仙太(鈴木慎)・忍者のお柳(和田幾子)の三人。山崎竜之介鈴木慎・和田幾子は前進座役者で、テレビでは殆ど見ることのない顔です。庶民事件から大掛りな陰謀まで、事件の幅が広いのが特徴。

画像は、『達磨大助事件帖』のレコードジャケット。A面は主題歌達磨音頭」で、B面は挿入歌夜明けまで」(まだ番組中で聞いたことがない)ですが、はっきり言って中村梅之助の歌は下手くそ時代劇主題歌を集めたCDのどれにも収録されていないのがわかります。欲しがる人のいないレアレコードを持って喜んでいる私は、♪〜めでたいなぁ、めでたいなぁ〜