ノスタル爺の日記

2017年06月28日(水) 童心といえば忍術

nostalji2017-06-28

友人から送ってもらった東映時代劇少年猿飛佐助三部作)』(1958年/監督河野寿一)を観る。中村嘉葎雄東映娯楽版出演作品です。

姉のおマア(丘さとみ)とさすらいの旅を続ける少年・佐助(植木基晴)は、戸隠山で術者・山中山城守(薄田研二)に見出されて忍術修行をします山城守も舌を巻くほどの術者となった佐助は、ひょんなことから真田幸村里見浩太朗)と知りあい上田の城へ。幸村の妹・百合姫松島トモ子)と仲良くなります沼田城北条に返すように言ってきた徳川家康要請を断ったために、上田城徳川軍に包囲されますが、佐助の活躍徳川軍は撤退

それから3年後、百合姫山東昭子)とおマアがおぎん婆(金剛麗子)にさらわれ、徳川家榊原玄馬(永田靖)に売り飛ばされます。佐助(中村嘉葎雄)は幸村と二人を追う途中で裏切者の山賀弾正(富田仲次郎)を成敗し、駿府へ。術者・夜霧の源助(吉田義夫)の岩牢に閉じ込められていた百合姫とおマア救出して駿府城で大暴れ。

幸村に命じられて倉島主水(徳大寺伸)が新型大砲製作ますが、使者が襲われて連絡がとれない状態となります。佐助が使者として製作所に行き、工事場で働くお絹(丸山英子)を間者と見破り、榊原玄馬に命じられた夜霧の源助と山賊・熊坂甚内(須藤健)が大砲を狙っていることを知るのね。大砲が完成して悪党一味が襲ってきますが……

予算東映娯楽版には珍しく総天然色・東映スコープ製作されており、中村嘉葎雄売り出しが目的ですね。徳川軍を大水で襲ったり、落雷駿府城破壊したりと、特撮も大掛りなものになっています。カラフルな忍術合戦も愉しいですよ。華やかな錦之助に比べて嘉葎雄は地味で、この手の映画の主役には向いていませんでしたね。演技の幅では、錦之助より嘉葎雄の方が上なんですけどねェ。

2017年06月27日(火) 童心に戻って

nostalji2017-06-27

友人から送ってもらった東映時代劇夕焼け童子(二部作)』(1955年/監督小沢茂弘)を観る。お子様向け東映娯楽版です。

戦国時代出羽の国、対立する佐竹勢と出羽勢には、それぞれ“二度払い”の登舎庄五郎吉田義夫)、“乱突受手”の大内無辺(月形龍之介)という槍の名人がいます夕焼け童子と呼ばれる飄吉(伏見太郎)は魚突きの名人で、無辺の弟子になるのね。“乱突受手”の極意を探ろうとした野武士の熊太郎(百々木直)をやっつけて無辺の気に入られ、次いで庄五郎に挑戦して“二度払い”の秘密を見破ります。庄五郎の一門に追われているところを、熊太郎の一味に捕まったところで第一部は終わり。

飄吉は熊太郎の母・いたち婆(金剛麗子)から自分が無辺の子であることを知らされます。一方、無辺も友人の宇田川大膳(原健策からそのことを知らされ、飄吉の在所へ行って確認。庄五郎は飄吉を奪おうと野武士の山塞に乗り込みます。飄吉は、庄五郎一門と野武士たちが争っている隙に、救出にきた山彦小僧山手宏)と脱走。庄五郎は熊太郎といたち婆を殺し、無辺の屋敷を襲いますが、駆けつけた飄吉に倒され、メデタシ、メデタシ。

敵も味方も、全て槍の殺陣というのは珍しいです。中村錦之助東千代之介大人向け時代劇に移り、東映娯楽版は伏見太郎エースとして活躍子供たちの間で人気急上昇中で、活き活きしていて、快調、快調で〜す。

2017年06月26日(月) 本日も

nostalji2017-06-26

友人から送ってもらった気になる映画『銀蝶渡り鳥』(1972年・東映監督山口和彦)を観る。梶芽衣子東映出演第一作品で、彼女が歌う主題歌レコードを持っているものの未見だったのでね。

番長だったナミ(梶芽衣子)は、ヤクザを殺して入所しますが、ヤクザの妻・小枝子(青柳三枝子)と子どもの悲しむ姿が脳裏に焼きついて離れません。出所したナミは、列車の中で大和田興行に追われている紳之助(梅宮辰夫)を助け、銀座へ。父の友人でビリヤード屋を経営している原田清水元)の許に身を寄せます。紳之助の弟分・隆次(渡瀬恒彦)と知りあったナミは、小枝子が大和田興行にバーを乗っ取られ、病気がちであることを知らされ、紳之助の愛人・佳代(小山明子)が経営するクラブホステスになって小枝子を援助。大和田南原宏冶)は佳代のクラブを乗っ取ろうとしており……

梅宮辰夫が殺され、ドスを片手に着物姿で渡瀬恒彦と殴り込みというのは、現代物なのに、かなりアナクロ演出です。梶芽衣子は、“野良猫ロック”のキャラを引き継いだような“女囚さそり”シリーズで、再ブレイクするんですが、もう一つの魅力キャラ修羅雪姫”につながる冷たい色気のある着物姿もグッド。だけど、現代風俗と古い任侠物を融合させようとした試みは成功しているとはいえませ〜ん。

2017年06月25日(日) 昨日に続き

nostalji2017-06-25

友人から送ってもらった気になる映画『女番長スケバン)』(1973年・東映監督鈴木則文)を観る。ピンキーアクションとしてカルトファンのいるシリーズでして、私が唯一観ている作品です。シリーズ第1作目かと思っていたのですが、第4作目でした。

少年特別院送りの護送から関東小政(杉本美樹)や学ラン摩耶池玲子)たち不良少女が脱走します。鈴江(太田美鈴)・ラン子(丘ナオミ)・桃子(西来路ひろみ)の3人は小政を女番長と仰ぎ、流れ流れて大阪へ。北竜会の縄張りカツアゲしたため、小政たちは北竜会に追われることになります。ブルーフィルム製作している一郎(荒木一郎)や、一郎の兄き分・達夫(宮内洋)と親しくなりますが、北竜会の組長・淀(天津敏)は達夫の恋人摩耶に傷を負わされことから摩耶の命を狙っており……

“女番長”モノは、太田雅子から名を変えてブレイクした梶芽衣子の“野良猫ロックシリーズのヒットで注目されました。スタイリッシュハードアクションだった日活の“野良猫ロック”と異なり、任侠路線凋落の後の東映が打ち出したのがポルノ路線でして、このシリーズもその一環です。オッパイ丸出しのキャットファイトリンチセックスシーンと、中年オヤジが歓びそうな内容ね。『仁義なき戦い』の併映作品で、リアルタイムで観ているんですが、内容なんてすっかり忘れていました。池玲子杉本美樹も私好みじゃないし、追っかけて観るようなシリーズじゃありませ〜ん。

2017年06月24日(土) 気になる作品

nostalji2017-06-24

友人から送ってもらった『風来坊探偵・赤い谷の惨劇』(1961年・ニュー東映監督深作欣二)を観る。深作欣二の初期の作品で、第二東映位置けがよくわかる作品です。

新日本開発会社セスナ機が赤岩岳に墜落し、事故死したパイロット小嶋一郎)の妹・美佐子(北原しげみ)が赤岩山麓上田牧場にやって来ます。上田太郎宇佐美淳也)と娘のちか子(小林裕子)は事故死した新日本開発の青雲社長から土地を借りて、孤児たちのために牧場を営んでいるのね。事故現場で美佐子が北東観光チンピラに絡まれているのを救うのが、新日本開発に雇われた風来坊探偵五郎千葉真一)です。五郎が墜落事故不審を抱き調査しているところへ現れたのがスペードの鉄(曽根晴美)で、二人は拳銃ライフルで腕比べ。赤岩山麓一帯の観光事業を独占しようとする北東観光の鬼頭(須藤健)が上田牧場土地権利書を持って現れ、清太郎に立ち退きを要求します。手がかりをつかんだ五郎は様子を探りに北東観光事務所へ……

時代劇東映が、新しい観客層の開拓を目指したのが現代アクションを中心とした第二東映でした。ターゲットとしたのが日活ね。これは、明らかに当時全盛だった日活アクション意識した作品です。千葉真一曽根晴美は、“渡り鳥シリーズ小林旭宍戸錠ね。日活のようなスマートさがなく、全体的に泥臭いんですよ。テレビ映画『新・七色仮面』と『アラー使者』で人気の出た千葉真一の動きは小林旭に負けていませんが、いかんせん演技がド下手。ニュー東映は、1960年3月にスタートした第二東映を61年2月に社名変更したものです。しかし、1年ももたずに同年11月に幕を下ろしま〜す。