Hatena::ブログ(Diary)

Ohnoblog 2 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2017-09-20

「美」とルッキズムをめぐるメモ

もうほとんどの人が忘れたと思われる宮崎県日向市のCMへの「ルッキズム」観点からの批判、ルッキズムに囚われがちな一人として悩ましい部分があった。

たとえば、スマートな人の外見が(そうでない人より)好みだということと、それを一般化して語ることとは区別すればいい‥‥‥で本当にいいのか。

厳密に言えば、区別するのは難しい。世の中にスマート>デブという権力勾配がある中では、「私は太った人よりスマートな人が好きです」という"個人的"言明も、ルッキズムだと見なされるかもしれない。


ルッキズムは単に容貌差別(容貌至上主義)というだけではなく、太っているより痩せている方が、背が低いより高い方が、顔が大きいより小さい方が、鼻が低いより高い方が、目が小さいより大きい方が、肌が黒いより白い方が‥‥(相対化されてきた部分もあるが)という西欧中心的価値判断を含んだものだ。

「太っているより痩せている方が美しい」という価値観が現在主流である以上、逆に誰かが「太った女性が美しい」として写真に撮ったりしても、それは「痩せている女性への差別」にはならない。世の中には圧倒的に、痩せた(というか所謂”ナイスバディ”と言われる)女性のビジュアルの方が多く、デブ賞賛的な場は限定的だから。


日本の場合も「美」の基準なるものは西欧の影響を強く受けているが、一方には「小さくてあどけなくて可愛い」という日本人的な基準もある。

「美」およびルッキズムは文化支配の産物でもあるから、アジア人が大昔から政治、経済、文化面で世界をリードしていたら、アジア人的体型や顔がもっとも美しいとされたかもしれない。

急に思い出したが、小津安二郎の『秋刀魚の味』の中で加藤大介が、「これで戦争に勝っててごらんなさい、アメ公がちょんまげ結って三味線弾いて」みたいなことを言う。


「どんな体型、どんな顔の人も、差別される謂れはない」とは言えるが、「どんな体型、どんな顔の人も、美しい」ということにはならないだろう。「美」とは常に特権的なものであって、すべてが美しいとなったら「美」そのものは消滅する。

「美」による差異化が一切なくなったら、平和な世界にはなるかもしれないが、快楽の一つは確実に失われる。


ルッキズムが最後まで残るだろうと私が思うのは、それが欲望(広い意味での性欲を指す)に深く関わっているからだ。言い換えれば、「美」に対する感覚は一方でエロティシズムと結びつき、個人の中に深く根を降ろしている。それはもちろん、現在主流の「美なるもの」と時々ずれる。

というより、個人の美の基準は、「それ」を見た後に「ああ私はこれを美しいと感じるのだ」という感得によって、その都度作られる。

故に、何が本当に美しいのか、私はまだ知らないことになる。


(夏のtweetから抜粋してまとめ直しています。https://twitter.com/anatatachi_ohno

2017-09-08

太陽フレアのせいで

太陽フレアのせいで犬が日本語を喋り出した。

虫の話し声も聞こえてくる。

自分が聞いたことのない言語で喋っているのを聞く。

という朝が来たら素敵だったな。


太陽フレアのせいでネット上の

すべての論争がどうでもいい些事になり、

夕ご飯に何食べるかが最重要課題になっていた。

そんな朝は来ないんだな。


でもみんなわかっているはずよ。

犬や虫のお喋りはなんとなく聞こえてくるし、

自分が何言ってるかはちっともわからないし、

ネットの論争なんかどうでもいいことで、

今日の夕ご飯が一番大切だってことを。



Twitterで詩がひとつ書けたので私もパターソンに一歩近づけた気がする。

 気に入った人は勝手にメロディつけて歌っていいですよ♪ )

2017-09-02

構図とか余白とか、難しいと思いませんか‥‥連載「絵を描く人々」更新

絵を描く人々 第17回 構図と余白 - WEBスナイパー *1


絵を作る要素の中で、一番難しいのが構図だと私は思っています。小・中学生の頃は、白い画用紙を前にうーんと考え込んで手が動かなかったこと、色を大半塗ってしまってから「なんか違う‥‥」と思ったことが、何度もありした。

お絵描きツールだとそういう失敗はないのかもしれませんが、基本的な構図センスがあるかないかはやっぱり浮上してきます。これは、たくさんの絵を見て学ぶこともできますが、もって生まれた勘のようなものもあるんじゃないかと思っています。


対象をスマホで撮ってネットに上げることが一般化した現在、そういうところで案外、構図感覚が養われているかもしれません。いわゆるインスタ映えする構図ってありますね。

今回は絵の構図のことしか描いていませんが、マンガの構図も影響力が大きいと思います。一コマの四角のプロポーションや大きさ、それを1ページ(あるいは見開き)にどう配置するかというところから始まる、構図作り。そして、それぞれのコマの中の構図の決定。考えてみると、もの凄い量の構図を一つの作品の中で作っているわけですね。

映画もそうです。そしてマンガも映画も、ほぼ一瞬で全体が見渡せる絵画と違い時間にかかわる表現なので、構図の考え方も微妙に違ってくると思われます。映画のスチールが作品の一こまの流用ではなく、よく似た感じで別に撮影された写真を使ったりするのも、それが動きの止まった「絵画」として見られるものだからでしょう。


さて、今回のイラストは梅干しのデッサンです。

詳しくは最後のキャプションをお読み頂きたいと思いますが、画像は元絵を縮小しているので「実寸」ではありません。画像をクリックすると大きくはなりますが、まだ実寸より小さいです。でも幾らか細部は見やすくなると思います。

一時間半描いていて、口の中がとても酸っぱくなりました。あの酸っぱさが、余白にも滲み出ているといいのですが。


次回は最終回です!

*118禁サイト。サイドにエロ広告が出てきます。見たくない方は紙か何かで隠してお読み下さい。スマホだと広告は途中に一つくらいになります。

2017-09-01

ジム・ジャームッシュ監督作品『パターソン』を観て

f:id:ohnosakiko:20170901121328j:image

『パターソン』 Photo by MARY CYBULSKI ©2016 Inkjet Inc. All Rights Reserved.


プロではなくても現在、たくさんの人が仕事をしながら絵を描き、バンドや劇団に参加し、詩歌や小説を書いている。

『パターソン』は、そんな名もなき芸術家たちの一人であろう青年の、平凡にして非凡な七日間を描いた佳作だった。


ニュージャージー州パターソン市*1に住む、パターソンという名前のバス運転手が主人公。

こぢんまりした家に妻と愛犬と暮らし、朝起きて簡単な朝食を摂って仕事にでかけ、終日バスを運転し、帰ってきて妻の作った食事を食べ、犬の散歩に行き、バーに寄って一杯飲む。そんな日々の中で、パターソンはひっそりとノートに詩を書いている。


彼が見ている普段の情景映像に、ノートに綴られゆく詩の筆跡が重なり、そこに彼自身の呟きが重なっていくシーンは、生活の中で作品が生成されていく場面そのものだ。

芸術のもっとも古くプリミティヴな形式である詩歌の、何度も吟味した、あるいは降って湧いたように呟かれる言葉を通して、彼は一見平凡な生活に非凡な輝きを見出している。

その詩心に寄り添うように、丁寧に描き出されていく日常の細部。朝起きて見る腕時計。妻の幸せそうな寝顔。飼い犬の表情。バスの運転中に聞こえてくる乗客の、他愛ないが興味深い世間話。昼食を摂るいつもの場所の空気感。ランチのデザートにつけられたカップケーキ。ミュージシャンの写真の貼られたバーの壁。泡立つビールの表面。

パターソンを演じるアダム・ドライバーは、微妙な表情の変化と思索的な眼差しによって、詩を書く若い労働者の繊細な内面をよく表現している。


主人公にとっての「天使」が、3人登場している。その1人目は妻。

パターソンの「詩人の部分」が奥ゆかしく秘められたものであるのに対し、妻のアーティスティックな部分はあけっぴろげだ。夫の詩の才能を賞賛しつつ、カントリー歌手に憧れてギターを購入し、独特のグラフィックセンスを生かして家中をペインティングする。

この、自分とは正反対の彼女のユニークで無邪気な気性を、パターソンがいかに愛おしく思っているかが2人の会話や表情から伝わってくる。彼の詩は、愛する女(妻)が重要な詩作の源泉であり、彼女が彼にとって「天使」のような存在であることを示している。


2人目の「天使」は、仕事帰りに遭遇する小学生と思しき少女だ。3人のうち、もっとも天使っぽい外見で現れる彼女は、詩人としては無名の孤独なパターソンに、「意外なところに自分の仲間がいる」という喜びをもたらす。

いつもは家で寡黙なパターソンが、彼女が朗読した自作の詩の冒頭部分を思い出して妻に口ずさんで聞かせる様は、アーティストがもう一人のアーティストに共鳴している純粋な姿だ。


他人同士のトラブルの現場に居合わせた時、パターソンの「受け身」だけではない強さと真面目さが垣間みられるところも、この青年の人物造形を奥行きのあるものにしている。

そして、週の終わり頃に仕事上で遭遇したアクシデントの苦い後味は、カップケーキを焼くのが得意な妻のささやかな「成功」によって相殺されるが、その後にまさかの「不幸」な出来事が待っている。

それを結果的に救ってくれるのが、永瀬正敏演じる旅行者の中年男。3人目の「天使」だ。

この日本人の詩人との思いがけない出会いは、ややブルーになっていたパターソンにとって光明となる。「失われたものに囚われることなく、新しい創作に向かえばいいのだ」という励ましを得て、詩人としての彼の生活は続いていく。*2


三人の「天使」は、それぞれ立場も人種も年齢も異なる人々だ(妻はスペイン系、少女は白人、旅行者は日本人)。地方都市のバス運転手であるパターソンの中にひそやかに息づく芸術家の魂は、同じ魂をもつ人々と、さまざまな位相の違いを超えて響き合っている。

「誰もがアーティストである」という時々耳にする文言の、もっとも美しいかたちがここに描かれていると感じた。


余談だが、観ていてアキ・カウリスマキ監督の『浮き雲』も過った。そこでは夫は市電の運転手であり妻が主人公となっているが、淡々とした情愛が伝わってくるところは共通するものがある。カウリスマキのオフビートな物語空間の中に、パターソンが紛れ込んでいても違和感がない。

そう言えば、『浮き雲』と同様、『パターソン』もカンヌ国際映画祭で「パルム・ドッグ賞」を受賞している。でも、『パターソン』の「マーヴィン」と名付けられたブルドッグの方が、はるかに重要な役だ。


● 公式サイト

http://paterson-movie.com

*1:ちなみにこの街は、アメリカの著名な詩人でありながら医師としての生涯をまっとうしたウィリアム・カルロス・ウィリアムの生誕地であり、この詩人の名や詩集も何度か登場する。

*2:永瀬正敏と、翻訳はどうしても原文のニュアンスを失うよね、てなことを確認し合っているところがいい。

2017-08-24

温厚なクマと利発なリス‥‥中年夫婦の店に見る安定のパターン

私は普段外食はほとんどしないけれど、夫が単身赴任先から帰ってくると、一緒に行く近場の店が何軒かある。

いずれも中年の夫婦でやっている、カウンター中心のこじんまりした和食屋や居酒屋。値段はわりとリーズナブルで料理は普通に美味しく、何よりくつろげて居心地がいい。

自分たちと年齢の近い夫婦がやっているからそう感じるのかと思っていたが、それ以外に共通点があることに気づいた。


包丁を握る旦那さん *1 は見かけノッソリしていてあまり喋らないが、こちらから何か聞いたおりに口を開くと、どことなくユーモラスな人柄がうかがえる。奥さんは小柄で、シャキシャキしていて明るい。

動物に喩えると、温厚なクマと利発なリス、みたいな感じ。

今月初めに観光で新潟に行き、夫のマンションの近くの鮨屋に連れられていったら、やや年代は上だったがやはり見事に同じパターンだった。良い店、旨い店はたくさんあると思うが、自分たちが安心できるのは、こういうバランスの夫婦の店だと思った。


これが逆に、旦那さんが陽気で口数が多くて、奥さんがいかにも陰で支えてますという風味だと、なんか落ち着かないのだ。

まあ調理担当の人は仕事中あまりペラペラ喋ってほしくないし、接客の人は明るい方がいいという基本的なこともあるが、夫婦の関係性として見ていても、その方が何となく収まりが良く見える。

‥‥という話を夫とした後で、ちょっと考えた。


今の50代から60代というと、その親世代は高度経済成長期、夫が外で働き、妻は家事育児に専念していたケースが多いと思う。自分たちの生活スタイルはそれとは違ってきているし、「男女平等」は当たり前のこととして頭では理解しつつも、感情や感覚的なところは保守的な部分を残している。

お店でも、包丁を握っているのは旦那さんであり、夫の側が店の「主人」となっている構図は従来的なものだ。でも見た目の関係性としては、旦那さんが大人しめで奥さんが活発、旦那さんがボケ役で奥さんがツッコミ役、となっている。

それによってある種のバランスがとれて、安心できる感じが醸し出される。そこに、長年一緒に暮らし一緒に仕事をしてきた人同士の、一朝一夕では作れない安定感が加わる。


もちろんこちらの知らないところでは、いろんなことがあったんだろう。それはこちらも同じ。でも、何とかかんとかここまで来た。お互い、まあ頑張りましたよね‥‥‥。そんな同世代・同族意識が、カウンターの向こうのクマさんとリスさん見てると、自然と共有できるような気がしてくるわけです。

旦那さん=リス、奥さん=クマのパターンも、乙なものだと思う。小柄でよく動く職人肌の旦那さんと、どっしり構えた貫禄のある奥さん。ノミの夫婦。


ちなみに私のところは2人とも小柄なので、ビジュアル的には面白みがない。夫はいろんなことを次々思いつきで喋る人で、こっちはもっぱら聞き役。そして時々変なところをツッコむ。口数は(外では)夫の方が多めだが、やはり同じボケとツッコミのパターンになっているようだ。

*1:「旦那」や「主人」という言葉、夫婦に上下関係が持ち込まれている感があるので、あまり好きではありません。「その言葉は性差別を含んでいる」と批判する人もいると思います。が、世間では通りのいい言葉なので、対人的には「旦那さん」「ご主人」などと使うことがあります(自分の夫は「夫」です)し、ここでも他に適当な言葉が見当たらないので使ってます。「奥さん」も同様。あえてカタカナで書くことも考えましたが、不自然に見えたのでやめました。