Hatena::ブログ(Diary)

Ohnoblog 2 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2017-10-15

きもののボンデージ性とは

週一平均できものを着始めて2年と9ヶ月。きものの持つ拘束感にはまっている大野です、こんばんは。


ボンデージ(拘束)のコスチュームはいろいろありますが、全身を締め付ける特殊なものを除くと、基本的に洋装下着が原型になっていますよね。ブラジャー、コルセットボディスーツ、ガードルは、乳房と臀部を丸く持ち上げ、主にウエストを締めつけて、女っぽくセクシーなボディラインになるよう身体を成形するアイテム。

もっとも強く締めつけられるのは、今も昔もウエスト近辺でしょう。私も昔、ウエストマークのスカートのホックが掛からなくなって、泣く泣くウエストニッパーで締めつけたことが。あと、寄せて上げる系のブラも、胃のあたりが結構きついですね。年齢的に、もうそういうのはしないけど。


きものの場合、洋装のように身体を誇示する思想がありません。基本的かつ古典的な洋装女服は、下着で成形された身体ラインを活かすように立体裁断、縫製されますが、きものは直線裁ち・縫いの衣服で身体全体を包みます。きものは、身体の存在を曖昧化する衣服なのです。

その中に、きもの独特のボンデージ性があります。たしかに女性のきものは、紐が多くて拘束的な点も帯巾が広いのも、封建制の反映と言えるかもしれません。でも、着る過程で味わう、洋服とは異なるフェティッシュな感覚や、着終えた時の身体感覚が私は好きです。それらについて、日頃感じていることを書いてみたいと思います。


フルコースだと足袋以外に、胸の膨らみを押さえるきもの用ブラ(または晒し)、補正タオル、肌襦袢長襦袢、長着(きもの)、帯、帯板、帯枕、帯揚げ、帯締めと、身につけるものが多いきもの。ここにそれぞれを装着・固定する紐類が加わって、胴体は下手をするとボンレスハムのような状態に‥‥。

しかし、しっかりキツめに締めねばならないのは、きものがずり落ちないように固定する腰紐、お太鼓を固定する帯枕の紐、帯自体を固定する帯締めの三本だけ。それ以外の紐類は、合わせた身頃や衿が動かない程度の強さに締めれば大丈夫です。


下ごしらえ(下着と長襦袢)ができたら、きものをマントみたいに肩にはおってから、袖を通します。片腕を通してから着る洋服と順番が違うのは、布地の面積が大きいためです。

その分、重さもあり、重さもある分、「まとう」という感じになります。これがいい。生地の種類によって、結城紬のようにふわっと包まれる感じだったり、大島紬のようにひんやり滑る感じだったり、縮緬のようにしんなりとまとわりつく感じだったり。この最初の段階でフェチな感覚が刺激されて私はワクワクします。


裾を上げ左右の身頃を合わせてかける最初の腰紐は、裾が下がってこないよう、キツめに締めます。紐の位置は私は、腰骨から臍の下、やや前下がりで、後ろは尾てい骨の上部あたり。

相当ギュッと締めてもここは別段苦しくも痛くもありません。むしろ気持ちがいい。褌やまわしを締めるとはこういう感じだろうなという、キリッとした体感があります。ついでに下腹のお肉も持ち上がって一石二鳥。

衿を合わせ、動かないよう胸紐を締め、最後は伊達締めです。後ろで交差させた時にやや強めに左右に引いてシャキっとさせる瞬間が、「きもの完成だぜ!」という感じがして好きです。


この時点で体に巻き付いている紐類は、最低4本。それに加え、私はきもの用ブラの下のラインに、補正と汗取りと帯枕の紐を受けるクッション用に、畳んだハンドタオルを挟んでいます。

こうして、ウエストのくびれに乏しい中年は、ほどほどに寸胴の、帯の巻きやすい形に体が成形されます。


きものの帯は、世界の民族衣装の中でも特異な存在です。衣服を帯で固定する形式は多いですが、ここまで巾と長さがあり、さまざまな意匠を凝らすようになったものは他にない。

帯を締める時は、巻く方向と逆回りの方向に自転しながら、一巻きごとに下側を持ってキュッと締めるのがコツです。自分が帯を巻いているのか、帯に自分が巻かれているのか。とにかく長くて美しいものが、シュッ、シュッという絹ずれの音をさせて胴体に巻きついていく拘束感はたまりません。


帯枕の紐は肋骨の上で少しキツめに結んでから、前帯の内側でぐっと下に押し込みます。ここでお太鼓が背中にピタッとついてくるのが気持ちいい。前帯の上部にはハンドタオルを挟んでおいて後で抜くと、胃のあたりに余裕ができて楽です。かさばる財布を持ち歩きたくない時は、ここに直接お札と小銭入れを挟んでます。スマホを突っ込んでる人もたまにいます。

ほぼ飾りの帯揚げはふんわりと。帯を胴に二重に巻いている(場合によって間に帯板も挟む)ので、最後の帯締めをしっかり締めても苦しくはありません。


着付け完成。

一番締めつけ感がある箇所は、前は胃の下から臍下あたりまで、後ろは尾てい骨あたりから肩甲骨の下まで。このエリアが幾重にも布で巻かれて固定されている感じは、きものに守られているようで、安定感があってとてもいい。ぎっくり腰をやってから、特にそう感じるようになりました。帯がコルセット代わりになっています。

胸元はきっちり衿が重なり合い、腕も脚も隠されていて安心。肩、腕、脚には見た目ほど窮屈感はありません(大股では歩けませんが)。気持ちいいところをしっかり締めつけつつ大事なところを守り、襟足や脇や袖口や裾はスースーと風を通す。

私にとってきものを着る楽しみの一つはこの、一度はまると病みつきになるボンデージ感を味わうことです。

2017-10-07

「不気味なもの」の現れる瞬間を・・・「絵を描く人々」更新のお知らせ

一年半に渡って連載してきました「絵を描く人々」、最終回です。


絵を描く人々 最終回 美しいもの、不思議なもの、不気味なもの - WEBスナイパー*1


単純に「美しいもの」を絵の中に求め、やがて「不思議なもの」に惹かれ、その中で「不気味なもの」に出会う。最後のはもちろんフロイト論文に書いたあれです。

この三つが、子ども時代から少女時代にかけて、私が絵に惹かれ、絵を描く動機になった要素だったということで、今回のタイトルにしています。


重要なのは、不気味なものを描いた絵が「不気味なもの」というわけではないということです。それが出現するのは、不意打ちのような一瞬のこと。

むしろ「不気味なもの」は、「絵を描くこと」の中に現れる瞬間があるのではないか。絵を描く人々なら、その瞬間を知っているのではないかと思います。


イラストは、数年前に描いたデッサンから切り取りました。元絵はこちらの記事の最後に小さく載せています。どうぞよろしく。

ご愛読どうもありがとうございました。

*118禁サイトです。サイドにエロ画像が出てきますので注意。

2017-09-20

「美」とルッキズムをめぐるメモ

もうほとんどの人が忘れたと思われる宮崎県日向市のCMへの「ルッキズム」観点からの批判、ルッキズムに囚われがちな一人として悩ましい部分があった。

たとえば、スマートな人の外見が(そうでない人より)好みだということと、それを一般化して語ることとは区別すればいい‥‥‥で本当にいいのか。

厳密に言えば、区別するのは難しい。世の中にスマート>デブという権力勾配がある中では、「私は太った人よりスマートな人が好きです」という"個人的"言明も、ルッキズムだと見なされるかもしれない。


ルッキズムは単に容貌差別(容貌至上主義)というだけではなく、太っているより痩せている方が、背が低いより高い方が、顔が大きいより小さい方が、鼻が低いより高い方が、目が小さいより大きい方が、肌が黒いより白い方が‥‥(相対化されてきた部分もあるが)という西欧中心的価値判断を含んだものだ。

「太っているより痩せている方が美しい」という価値観が現在主流である以上、逆に誰かが「太った女性が美しい」として写真に撮ったりしても、それは「痩せている女性への差別」にはならない。世の中には圧倒的に、痩せた(というか所謂”ナイスバディ”と言われる)女性のビジュアルの方が多く、デブ賞賛的な場は限定的だから。


日本の場合も「美」の基準なるものは西欧の影響を強く受けているが、一方には「小さくてあどけなくて可愛い」という日本人的な基準もある。

「美」およびルッキズムは文化支配の産物でもあるから、アジア人が大昔から政治、経済、文化面で世界をリードしていたら、アジア人的体型や顔がもっとも美しいとされたかもしれない。

急に思い出したが、小津安二郎の『秋刀魚の味』の中で加藤大介が、「これで戦争に勝っててごらんなさい、アメ公がちょんまげ結って三味線弾いて」みたいなことを言う。


「どんな体型、どんな顔の人も、差別される謂れはない」とは言えるが、「どんな体型、どんな顔の人も、美しい」ということにはならないだろう。「美」とは常に特権的なものであって、すべてが美しいとなったら「美」そのものは消滅する。

「美」による差異化が一切なくなったら、平和な世界にはなるかもしれないが、快楽の一つは確実に失われる。


ルッキズムが最後まで残るだろうと私が思うのは、それが欲望(広い意味での性欲を指す)に深く関わっているからだ。言い換えれば、「美」に対する感覚は一方でエロティシズムと結びつき、個人の中に深く根を降ろしている。それはもちろん、現在主流の「美なるもの」と時々ずれる。

というより、個人の美の基準は、「それ」を見た後に「ああ私はこれを美しいと感じるのだ」という感得によって、その都度作られる。

故に、何が本当に美しいのか、私はまだ知らないことになる。


(夏のtweetから抜粋してまとめ直しています。https://twitter.com/anatatachi_ohno

2017-09-08

太陽フレアのせいで

太陽フレアのせいで犬が日本語を喋り出した。

虫の話し声も聞こえてくる。

自分が聞いたことのない言語で喋っているのを聞く。

という朝が来たら素敵だったな。


太陽フレアのせいでネット上の

すべての論争がどうでもいい些事になり、

夕ご飯に何食べるかが最重要課題になっていた。

そんな朝は来ないんだな。


でもみんなわかっているはずよ。

犬や虫のお喋りはなんとなく聞こえてくるし、

自分が何言ってるかはちっともわからないし、

ネットの論争なんかどうでもいいことで、

今日の夕ご飯が一番大切だってことを。



Twitterで詩がひとつ書けたので私もパターソンに一歩近づけた気がする。

 気に入った人は勝手にメロディつけて歌っていいですよ♪ )

2017-09-02

構図とか余白とか、難しいと思いませんか‥‥連載「絵を描く人々」更新

絵を描く人々 第17回 構図と余白 - WEBスナイパー *1


絵を作る要素の中で、一番難しいのが構図だと私は思っています。小・中学生の頃は、白い画用紙を前にうーんと考え込んで手が動かなかったこと、色を大半塗ってしまってから「なんか違う‥‥」と思ったことが、何度もありした。

お絵描きツールだとそういう失敗はないのかもしれませんが、基本的な構図センスがあるかないかはやっぱり浮上してきます。これは、たくさんの絵を見て学ぶこともできますが、もって生まれた勘のようなものもあるんじゃないかと思っています。


対象をスマホで撮ってネットに上げることが一般化した現在、そういうところで案外、構図感覚が養われているかもしれません。いわゆるインスタ映えする構図ってありますね。

今回は絵の構図のことしか描いていませんが、マンガの構図も影響力が大きいと思います。一コマの四角のプロポーションや大きさ、それを1ページ(あるいは見開き)にどう配置するかというところから始まる、構図作り。そして、それぞれのコマの中の構図の決定。考えてみると、もの凄い量の構図を一つの作品の中で作っているわけですね。

映画もそうです。そしてマンガも映画も、ほぼ一瞬で全体が見渡せる絵画と違い時間にかかわる表現なので、構図の考え方も微妙に違ってくると思われます。映画のスチールが作品の一こまの流用ではなく、よく似た感じで別に撮影された写真を使ったりするのも、それが動きの止まった「絵画」として見られるものだからでしょう。


さて、今回のイラストは梅干しのデッサンです。

詳しくは最後のキャプションをお読み頂きたいと思いますが、画像は元絵を縮小しているので「実寸」ではありません。画像をクリックすると大きくはなりますが、まだ実寸より小さいです。でも幾らか細部は見やすくなると思います。

一時間半描いていて、口の中がとても酸っぱくなりました。あの酸っぱさが、余白にも滲み出ているといいのですが。


次回は最終回です!

*118禁サイト。サイドにエロ広告が出てきます。見たくない方は紙か何かで隠してお読み下さい。スマホだと広告は途中に一つくらいになります。