Hatena::ブログ(Diary)

Ohnoblog 2 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2018-08-11

「幸せのかたち」は異性愛者と同じなのか、違うのか(「シネマの女は最後に微笑む」更新されました)

現代女性の姿を映画からピックアップする「シネマの女は最後に微笑む」第19回は、杉田水脈氏のセクマイ差別を含むテキストから広がった波紋を枕に、『キッズ・オールライト』(リサ・チョロデンコ監督、2010)を取り上げています。


異性愛者と変わらない、同性愛者カップルの危機と親子関係 | ForbesJAPAN



子どもたちが精子提供者と出会ったことで、レズビアン・カップルの家庭に巻き起こるさまざまな出来事を、コミカルに描いた作品。アネット・ベニングジュリアン・ムーアが子持ちカップルを演じています。

「レズビアン」ということを除けば、ここに見られる夫婦関係、親子関係、家族のかたちは普通に伝統的なものであり、異性愛者夫婦間で起こりがちな問題が、そのまま起こっています。

アメリカでの評価は高かったようですが、同性愛者の生き方を異性愛者の規範に従属させたものだとして、批判する向きもあるかもしれません。


精子提供者の中年男はとても感じのいい人ではあるけれど、結果的にはレズビアン家庭の破壊者として登場しています。子どもたちも、ジュリアン・ムーアも魅了されてしまい、”一家の長”然としたアネット・ベニングは彼を警戒し、敵視する。

その姿は「愛する家族を外敵から守る強い父」という、アメリカ映画で繰返し描かれてきた男の姿とダブります。話型としては古典的ですらあります。ここをどう捉えるかで評価は別れるでしょう。

子どもたちの成長をさりげなく描いている点には、個人的に好感がもてました。


連載4回目で扱った『ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気』では、ジュリアン・ムーアとエレン・ペイジの歳の差カップルで、経済力はジュリアンの方があるけれど、エレンが男の子っぽくて相手を「私の妻」と呼んでいました。

一方、『キッズ・オールライト』では、二人とも「ママ」と呼ばれるものの、明らかにアネット・ベニングが夫・父の立場を取っていました。

同性愛者カップルも、夫/妻、男/女を踏襲する人は多いのでしょうか。

2018-07-28

シミジミした味に毒の仕込まれた『すーちゃん、まいちゃん、さわ子さん』(「シネマの女は最後に微笑む」更新されました)

現代女性の姿を映画からpickupする「シネマの女は最後に微笑む」第18回がアップされています。

先月末、物議を醸し批判を呼んだ自民党二階幹事長の発言を枕に、3人の30代独身女性の生活と心情を淡々と描いた邦画『すーちゃん、まいちゃん、さわ子さん』(御法川修監督、2013)を取り上げました。それぞれ、柴咲コウ真木よう子寺島しのぶが演じています。


「もう男には期待しません」 ほっこり系独身者ドラマの妙味 | ForbesJAPAN


※本文、いきなり無関係の外国人女性の写真が添えられていますが、「映画関連画像がフォトストックになく、イメージ画にしております」(by編集者)とのことです。

※柴咲コウを、柴崎コウと書いていた! しかもそのまま通っていた‥‥。直しは少し後になります、すみません。



益田ミリの漫画が原作のこの作品、なんとなく自分の苦手な感じかもしれないなと敬遠していて、今回DVDで初見。

最初のうちは「うーん、ほっこり系かぁ」と思っていたのですが、登場する男たちがことごとく残念な人だったとわかってくるあたりから、じわじわ面白くなってきます。

特に、井浦新が演じる、基本的には優しい人だけど空気が読めず、鈍感さで知らず知らず女を傷つけるちょっとずれた男が、なかなかにリアル。

あと、年上女性にマウンティングしてくる若い女性とか、女同士のこういうコミュニケーションに疎い私も、観ていて「うわぁ」となるものがありました。30代女性にとっては、「あるあるネタ」だらけのようです。一人で観るより友人たちとツッコミ入れながら観るのが楽しそう。


まあわざわざ映画にするより、普通にドラマでもいいかなという感じはあって、画面作りもわりと平凡ではあります。細かいところで、主人公たちの味わう辛さや苦さにどのくらい共鳴できるかで、観た印象は変わってくるでしょう。

一応前向きな感じで終わるのですが、私は、寺島しのぶが演じたさわ子さんが救われないように見えて何かなぁ‥‥という気分が残りました。

2018-07-14

『ヘドウィグ&ザ・アングリーインチ』を通して、「女」について考える

ForbesJAPANに好評連載中の映画コラム「シネマの女は最後に微笑む」第17回が公開されています。


女とは一体何なのか? 「自分のかたち」を探すトランスジェンダーの旅 | ForbesJAPAN


先日の、お茶の水女子大のトランスジェンダー受け入れのニュースを枕に、『ヘドウィグ&ザ・アングリーインチ』(ジョン・キャメロン・ミッチェル監督、2001)を取り上げています。


ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ [DVD]

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ [DVD]


もともと、監督の一人舞台パフォーマンスにだんだん肉付けされて、人気のロック・ミュージカルとなったもので、日本でも過去、三上博史山本耕史森山未來が、主人公ヘドウィグを演じて評判になってますね。

音楽とビジュアルの訴求力や、ヘタウマなイラストの味、歌詞の意味など、いろいろ書きたいことはあったのですが、本文ではストーリー展開に絞り込んでいます。


この作品は作りがちょっと変わっていて、現在と過去が行き来しつつ進行し、情報が非常に圧縮されている上、ファンタジックな表現も多用されているので、初見ではわかりにくい人もいるかもしれません。講義で使っていますが、時代背景と終わりの方のストーリー展開について解説しないと、多くの学生には置いてきぼり感があるようです。

特にイツハクの位置づけは作品内で説明がほとんどないので、よほど丁寧に観ていないとラストで「えっ?」という感じに。有名となった舞台を観ているか、あらかじめ大まかな情報を入れていることが前提となっていると思います。

冷戦構造と性差を重ねているところを始めとして、さまざまな文脈が組み込まれているので、何度か観つつ徐々に解読していく楽しさがある、とも言えます。未見の方は是非。

2018-06-24

不法移民問題に揺れる今こそ観るべき『フローズン・リバー』(「シネマの女は最後に微笑む」更新)

ForbesJAPANに好評連載中の映画コラム「シネマの女は最後に微笑む」第16回が公開されています。


不法行為への追いやられる貧困の中の、ささやかな絆と倫理 | ForbesJAPAN


フローズン・リバー [DVD]

フローズン・リバー [DVD]


2008年のアメリカ映画『フローズン・リバー』(コートニー・ハント監督)を取り上げています。

ふとしたことから不法移民の「密輸」を手伝うことになってしまう、貧しい中年女性レイ。彼女をその仕事に引っ張り込むのは、アメリカとカナダの国境近くの居留地に住むモホーク族の女性ライラ。雪と氷に閉ざされた小さな町を舞台に、崩壊しかかった貧困家庭、闇のビジネス、人種間の軋轢など殺伐とした風景が描かれます。

DVD見直していて、ラストシーンで思わず泣きました。


レイを演じたメリッサ・レオはもちろん素晴らしいですが、幼い弟の面倒を見つつも鬱屈を抱える15歳の長男を繊細な演技で見せたチャーリー・マクダーモットという俳優さんが、なかなかいい。この後の映画作品には恵まれてないようですが。

グラン・トリノ』(クリント・イーストウッド監督、2008)とも比較されることのある本作、世界のあちこちで不法移民問題が取り沙汰される今こそ、再見したい作品だと思います。


この間の、メキシコ国境での不法移民親子引き離し問題は、原稿を出した後だったので前振りに入れられませんでした。一応の解決をみたようで良かったです。

貧困、犯罪、弱者、親密圏の最構築という要素から、『万引き家族』を連想する人もいるかもしれません(私はまだ観てないです)。



●関連記事

ヒーローなき時代の暴力と絶望と「父」の現れ - 『グラン・トリノ』と『ノーカントリー』

2018-06-10

プリンセスもののセルフパロディ『魔法にかけられて』(「シネマの女は最後に微笑む」更新)

昨夜は東海道新幹線で恐ろしい事件がありましたが、後続の便に乗っていた関係で巻き込まれるかたちになり、夜中というか朝方の3時半にやっと家に辿り着いた大野です。一日遅れで連載「シネマの女は最後にほほえむ」更新のお知らせを。


ディズニーのミュージカル・コメディ『魔法にかけられて』(2007)。ここ3回、子持ちのシングルマザー奮戦ものが続いたので、ぐっと毛色を変えてみました。話の枕は例のロイヤル・ウエディングとさまざまな「結婚の条件」です。ほぼラストまでネタばれしていますので、未見の方はお気をつけ下さい(まあわりと最初の方で結末は見えていますが)。


理想の相手とは結ばれない? 映画にみる「結婚の条件」への皮肉|ForbesJAPAN


魔法にかけられて [DVD]

魔法にかけられて [DVD]


ディズニー・プリンセスもののセルフパロディ満載の本作、細かい自虐芸とミュージカルシーンの楽しさで、公開当時、結構話題になりました。

ヒロインのジゼルを演じるエイミー・アダムスは、3回前に取り上げた『ビッグ・アイズ』でも主演をしていますが、こういう天然の役が嵌りますね。あと、リスのキャラクターに笑わされます。個人的にゴキブリのシーンは苦手ですが、こういう「厭なもの」が入っているところが面白い。


「いつか王子様が」を夢見る女が徐々に自立性を学び、現代的女性が実はとてもロマンチストだったというオチも、考えさせられます。

本文では言及していませんが、相手の弁護士ロバートの幼い娘モーガンが、最後はやっぱりプリンセスに憧れるような女の子になっているのが少し残念というか、もうちょっとバランスとっても良かったのでは?という気もします。ただそれも、この作品にたっぷり仕込まれている「皮肉」の一つとして描かれているのかもしれません。



●付記

アラーキーとモデルのKaoRiさんの件を枕にした『ビッグ・アイズ』を取り上げた回が、50000pvを達成しインセンティヴの対象になりました。

お読み下さった皆様、ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。過去記事へは、テキストの最後のリンクからとべます。