Hatena::ブログ(Diary)

oogley raconter blog -オーグリーラコンテ ブログ- RSSフィード

京都のアイウェア・シーンを独自の路線でリードするオーグリーラコンテのブログです。公式ページもご覧下さい。

2017-09-25

[][] FA-201S 18:59


みなさま、こんばんわ!

気が付いたら9月も今週で終わり、あと3ヵ月で1年が終わりますね。

最近、時の流れの速さに驚いています。

それだけ充実しているともいえますが。

そして、これからの季節は個人的に好きです。

何せ、美味しいものがたくさん出てきますからね!

お米大好き人間なので、秋は嬉しい限りです。

と、私の好きな物を紹介するブログではないので、この辺で商品の説明に。



本日ご紹介させていただくのは

ファクトリー900 FA-201S 443 です!

語るより、見ていただきましょう。

先ずは、正面から。

f:id:oogley:20170925185032j:image

光の加減でフロントがブラックっぽく見えますが、実はブルーなんです。

(すいません写真の撮り方、勉強します)


次は、少し斜めから。

f:id:oogley:20170925185017j:image

フレーム内側は、3色使用したカラフルな仕上がりに。

内面が明るいとメガネをかけた時に、表情も明るく見えます。


そして、ちょっと上から。

f:id:oogley:20170925185047j:image

全面からブルー・ホワイト・レッド・ホワイト。

フレームカーブに合わせたライン。

特にホワイトで挟まれたレッドがとても綺麗です。

見た目より軽く、掛けやすいと私は感じました!


ご来店の際には、一度お試しくださいませ。

それでは、今日はこの辺りで失礼しますね。

2017-09-24

[][] 19:02

みなさん、こんばんわ。

私、先日無事に引っ越しを終えてホッとしております。

(まだ部屋の中はぐちゃぐちゃですが・・)

引っ越して良かった事はとにかく周りが静かです。

夜なんか誰も周りに住んでないんじゃないかと

思ってしまうほど静まりかえっております。

辛い事は最寄り駅まで坂なので歩くのが大変。

上りは太ももとふくらはぎがやられ、

下りは膝への負担がハンパない。

毎日歩くだけでかなり良い運動になりそうです。


そんな今日はクレイトンフランクリンからご紹介

CF−610 が届いておりましたが、まだ紹介出来てませんでした。


f:id:oogley:20170924181315j:image

スクエアベースの上品な雰囲気漂うフレームです。


f:id:oogley:20170924181307j:image

レンズを囲う部分にプラスチックが巻かれた

いわゆるセル巻きフレームですね。

このセル巻きがよりクラシック感を高めてくれます。


f:id:oogley:20170924181253j:image

テンプルやブリッジ部分に施された細かな装飾も

上質な感じがしていいですね。


f:id:oogley:20170924181245j:image

クラシカルですがラウンドじゃなくてあえてスクエアってのも

いいですね。

細いメタルフレームなのでゴールドでもいやらしい感じが無く

大人の色気を醸し出してくれるんじゃないでしょうか。

そんな大人なフレームを是非、店頭で掛けてみてください。


それでは今日はこの辺で失礼致します。

2017-09-23

[][] 鼻パット変えられます、その2 19:27




みなさんこんばんは。

今日はなんだかバタバタしたのでちょっとサラッとご覧頂きましょう。

昨日鼻パット変えられますというのを見て頂きました。

今日はクリアの鼻パットと黒の鼻パットの違いを見て頂きましょう!


本日も私の私物のフレームです。

f:id:oogley:20170923192221j:image

THEO by FACTORY900のフレーム。

ボリューム感があって非常にイカシテます。

最初は高さが足りないので透明の鼻パットに付け替えてました。

f:id:oogley:20170923192210j:image

それをちょっと思い立って黒いのに変えてみました。


f:id:oogley:20170923192215j:image

透明のでも別に全然おかしくなかったのですが

ボリューム感のあるフレームなので同系のカラーのパットにすると

より“塊”な感じがでて格好良いですね。



f:id:oogley:20170923192206j:image

土台のカラーは黒の柄なので、黒いパットを持ってくるとなかなか良いですね。




さて、いかがでしたか?

パットを変えるだけでも結構感じが変わりますよね。

またそんなことも相談しつつフレームを見て頂けたらと思いますよ。

では、今日はこの辺で。

2017-09-22

[][] 鼻パット変えられます。 18:48




みなさんこんばんは。

いろんなところで言われすぎてあれなんですが、安室奈美恵さんの引退宣言びっくりしましたね。

私同じ学年なのでなおさら考えさせられました。

なかなか綺麗に引退って難しいと思うのですが、安室さんは本当に格好良いですね。

まだ40歳。今後の人生もまた楽しいものになると同世代としては非常に嬉しく思います。



さて、今日はフレームのご紹介ではなく鼻パットのご紹介。

f:id:oogley:20170922183203j:image

こちらFACTORY900 RETROのRF−012

私も愛用しておるモデルです。

ボリューム感がありながらもうまく軽量に仕上げているのでかけ心地もナイスです。


f:id:oogley:20170922183156j:image

しかしこのRF−012、鼻パットが低い目なのです。

私も最初はこの状態でかけていたのですが、ちょっと高さが足りないんですね。

ということで↓

f:id:oogley:20170922183150j:image

鼻パットをもう少し高さのあるものに付け変えました。

私が使っているのは黒と茶色のツートンで、鼻パット部分はもともと茶色でしたが

あえて黒にしてみました。

これはこれでイカシてると思うのです。

通常のクリアでつけようかなとも思ったのですが折角ボリュームのあるフレームなので

鼻パットもフレームの色に近い物にしてみました。


f:id:oogley:20170922183143j:image

元の高さ。

それが付け変えると↓

f:id:oogley:20170922183137j:image

高さもしっかりでて、かけた時の安定感がより出るようになりました。

見た目的にもなかなか格好よしで気に入っております。

鼻パットの形はいくつかバリエーションがあるのでお顔、フレームにあわせてチョイスします。

カラーは今のところクリアと黒をストックしてます。

なので折角のお気に入りフレームが鼻パット低くて使いづらい

そんな場合はこんな感じで付け替えが出来ますよというお知らせでした。

2017-09-21

[][] 18:12




みなさん、こんばんは。

今日はロジータからのご紹介です。

AKITTO

kin

f:id:oogley:20170921173339j:image

以前にもご紹介したこのモデル。

『沈金』という伝統工芸を用いています。

f:id:oogley:20170921173416j:image

アキットさんのデザインを専用工具「沈金刀」で

一本一本手彫りしていきます。

f:id:oogley:20170921173412j:image

彫った部分には漆を塗って金粉を埋め込みます。

f:id:oogley:20170921173400j:image

その後にしっかりコートを施していますので

漆が直接肌に触れることはないのです。

f:id:oogley:20170921173352j:image

テンプルエンドの部分にも沈金が施されています。



都会的なアキットの眼鏡と伝統工芸のコラボレーションです。

シンプルな眼鏡にさりげなく映える月桂樹や線香花火の

デザインを是非お楽しみいただければと思います。

こちらのシリーズはカラーレンズが入ったサングラスバージョンも

ございますので、そちらも一緒にお試し頂ければと思います。


簡単でしたが、今日はこの辺で。

失礼致します。