Hatena::ブログ(Diary)

fold/unfold

折り紙に関するあれこれをメモ的に。
written by 小松英夫(id:origami) from 折り紙計画

折り紙アンテナ計画(Netvibes)
 ・折り紙ブログアンテナ
 ・折り紙作品アンテナ
 ・折り紙情報アンテナ
折り紙ブログリンク集(livedoor Reader)
Flickr: origamiplans

2016-8-27

初音ミク折り紙まとめ

初音ミクとは……と改めて説明の必要もないだろう。2007年に発売された音声合成技術を用いたボーカル音源であり、その声の主として設定された架空のアイドルキャラクターだ。

本来のボーカル音源としての使用に留まらず、キャラクターとしても後続する同種のキャラクターと比較してダントツの知名度を誇り長期の人気を獲得している。理由の1つには「(青緑色の)巨大な2つ結びの髪型(ツインテール)」を押さえるだけでそれと認識できる分かり易いキャラクターデザインの力があるだろう。

折り紙においては、やはり巨大ツインテールのカド出しが興味深く挑戦心をそそることも相まってか、非常に多くの創作家が手がけている。以下にまとめてみた。今回改めて検索したものであっておそらく漏れもあると思う。記憶があるのにウェブで見つからなかったものもある。

(追記8/28:みねおさん通常版、柏村さん、阿超さんの作品を追加)

(追記8/29:Dr.オリィさん、暗黒王子さん、奥家さんの作品を追加)

(追記9/25:モニョニョさん、生誕祭2016近辺に創作された作品を追加)

(追記9/26:(@皿@)さんのver1.1とみねおさん通常版新作を追加)


さて、8月31日が初音ミクの誕生日(発売日)ということらしく、現在進行形で何人かの若手作家が創作しているようで、Twitterで試作などを目にすることができる。それに触発されて……というわけでもないが、たまたま待ち時間に紙をいじっていたらそれっぽいものができたので最後に紹介。

f:id:origami:20160827222310j:image:w360

f:id:origami:20160827222309j:image:w360

f:id:origami:20160827222308j:image:w360

▲中央緑のみ髪の仕上げが違う。

f:id:origami:20160827222311p:image:w360

▲展開図。基本は8等分。

問題のツインテールをカドとして折り出さない、いわばレリーフ式のインチキ構成だが、折り紙においてはこれもまた正攻法と言えるのではないだろうか。

折り線は少ないものの、最後に半開折りの角度を調節しなくてはならず、難易度を上げているのがよろしくないところ。体の折りはちょうど良く自立するようなものを探してみたのだけれど、もっと良いのがあるような気配がある。ネタとしてパッと数分で折れるところは良い点かな。

*1ニコニコ動画に投稿されたもので現在は見られないがサムネイルが残っていた

2016-6-22

9鶴の畳み方

f:id:origami:20160623031549j:image

9鶴の畳み方に関しては舘知宏さんが明快な解説記事を公開されているが、本記事では、いくつかの折り畳みテクニックとともに、より具体的なステップの一例を紹介する。

続きを読む

2016-6-19

新作「サイ」

Rhinoceros

(リンク先Flickrに別アングル写真あり)

パピヨン以来5年ぶりに四つ足獣の作品を作った。足を1対1+2の直角三角形で折り出すというのがアイデアの核になっていて、これ自体は10年以上前に遡る。当時のテーマとして「足のカドを素の22.5度で折り出さない」ということがあり(ポニー、日本猿など)その流れだったのだが、結局途中で放置してしまっていた。この分だと自分が作る前に誰かにやられちゃいそうだなと思っていたのだけど大丈夫だったようだ(多分)。


f:id:origami:20160620001748p:image:w300

全体の基本構成はライオン・オオカミ系統で、造形面はデフォルメ感が少し強めの、カバに近いテイストになった。実のところ自分の中での新味は足の面構成のみであって、後はほぼいつものやり口でまとめあげた感覚(これ以上盛り込もうとすると作品ができない)。

創作過程は足のパターンをはめ込むことがまず最初の課題だったが、前足をはめこんだ段階で想定外の僥倖として「前足つけ根のシワ」を表現できる構造を得た。そこからはこれを如何にして残すかが中心課題となり、こういう予想外の展開が創作していて胸躍るところだ。頭部は予め別パーツとして考えていた候補を、前足〜首との整合性を取りつつ、変形させて使っている。

テーマから言うと足を素のパターンで残したい気持ちがあったが、ちょっと大き過ぎたので四角柱(錐)状に折り込むことにした。その結果「前足つけ根のシワ」の基本形段階での面白さ(少し足からずれるところ)が少し失われてしまったのが心残り。

f:id:origami:20160620001747j:image:w300