Hatena::ブログ(Diary)

おりぐち勲の全力投球 Twitter

2016-09-24 枚方革新懇談の総会に出席

 本日、枚方革新懇談の第23回定例総会が開催され、記念講演を楽しみに出席しました。総会は1時間ぐらいで閉会し、2016年度の運動方針案と予算案を確認し、代表世話人事務局を選出しました。

 第2部は、元大阪城天守閣館長の渡辺武さんによる記念講演でした。「『戦国ゲルニカ』(大阪夏の陣図屏風)の語るもの」題した講演で、屏風に描かれている戦争の非道さを説明いただきました。

 いま、NHK大河ドラマでは、「真田丸」が放映され、大阪冬の陣・夏の陣が最大のクライマックスとなりますが、どうしても、真田幸村のヒーロー性がドラマの視点になりますが、今も昔も戦争というものがいかに非人間的で、武士だけが殺戮されるわけでなく、何の関係もない庶民が巻き添えにされる。この屏風はそんな点が詳細に描かれています。まさに「戦国ゲルニカ」なのです。

 太平洋戦争が終わって、今年で71年が経ちましたが、日本は再び「きな臭い」道につき進もうとしていますが、こんな危険な道を絶対に許してはなりません。講演を聞いて、平和を守り、憲法を守る決意を新たにしました。

f:id:origuchiisao:20160924183830j:image

講演する渡辺武さん

2016-09-21

昨日、台風16号が本州南端を通過

 昨日、台風16号が本州南端を通過し、各地に大きな被害をもたらしました。枚方は午後3時ぐらいが一番風が強く雨も激しく降りました。本日、淀川の河川敷を歩きましたが、水位がかなり高くなっていました。宇治川桂川木津川の水が翌日になって合流して水位があがったと思われます。

 今年は9月になって次々と台風がうまれていますが、地球温暖化の影響がだんだん大きくなってきています。将来、スーパー台風が日本を襲う日がやって来るかもしれません。人類的課題である地球温暖化、世界観や立場の違いを超えたとりくみが求められます。

f:id:origuchiisao:20160921104112j:image

f:id:origuchiisao:20160921104106j:image

本日朝の淀川

2016-09-19 伊根町の「棚田収穫祭」体験へ

 昨日、日本共産党くずは西ファンクラブ主催の「棚田収穫祭」体験に参加。台風16号の影響で小雨まじりのなか、早朝からマイクロバスで伊根町へ向かいました。高速道路大山崎町から宮津市まで一本でつながっているために、約3時間で目的地の「収穫祭」広場に到着しました。そこで、稲刈り説明をうけて軽トラック棚田に向かい、作業開始です。各地から多くの方々が参加されていることもあり、約1時間で稲を刈り終えました。子ども連れの参加者の方も大勢おられ、泥んこまみれで子どもちも稲刈りを楽しんでいました。

 稲刈りが終わったら元の広場に集まり、楽しみの昼食です。バイキング形式で地元の方が作っていただいた炊き込みごはんやブリ・イカのお刺身、イカのバーベキューなど、お腹が満杯になるまで食事を楽しみました。稲刈は子どもの頃に経験しただけで大阪に来て41年、初めての体験となりました。帰りはバスのなかで交流しましたが、丹波地方は大雨となりました。運転手さんご苦労さまでした。

f:id:origuchiisao:20160919123504j:image

黄金色に実った棚田の稲

f:id:origuchiisao:20160919123502j:image

有名な伊根町の舟屋(休憩所から)

2016-08-19

戦争法強行から11ヵ月、樟葉駅前で訴える

今日、8月19日は、戦争法が強行されて11ヵ月になります。くずは戦争法を廃止する会のみなさんと樟葉駅前で宣伝行動をおこないました。

先月の参議院選挙改憲勢力が3分2を占めたことで安部政権は、戦争法の発動や改憲に踏み出そうとしていますが、国民は戦争法の発動や改憲をよしとしたわけでもなければ、白紙委任を与えたわけでもありません。なぜなら、安部政権は自分達がやりたいことを国民に正直に説明せず、国政の大事な問題を隠し続けて選挙戦をたたかいました。たとえば憲法改正問題です。FNNの調査では、選挙中、安部首相は街頭演説で「経済アベノミクス」という言葉を321回も使ったのにたいして、「憲法改正」はゼロだったと報道しています。選挙中は改憲を隠し、選挙が終わったら「国民の信を得た」となし崩しに改憲に着手する。こんな「だまし打ち」は絶対に 許されるものではありません。

f:id:origuchiisao:20160819175025j:image

2016-08-18

長尾元町のパルコープ前の交差点改善で交野警察署の懇談

 住民の要望で長尾元町のパルコープ前の交差点に信号機が設置され、交通事故がかなり減りました。しかし、パルコープの駐車場の出入りとの関係で、まだ十分に改善されているとは言えない状況があり、広瀬市議や地域のみなさんといっしょに交野警察と懇談をいたしました。

 警察の方も、この場所はまだ危険な状況が残されているという認識を持っておられました。住民の方から問題意識を話しさせていただき要望も提出しました。懇談しているなかで、横断歩道の設置などの対策案が出され、警察としても検討しているみるとの返事をいただきました。

 大阪府土木事務所への要望に続くもので、改めて身近な地域改善も重要性も感じました。

f:id:origuchiisao:20160818112625j:image

懇談が終わっての交野警察署前での写真