原田治ノート

2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |

2009-02-10 ハリーとトント

osamuharada2009-02-10

先週NHK−BS2の深夜映画で、名匠ポール・マザースキー監督『ハリーとトント』(1974年)を久しぶりに観ることができた。老人ハリー&雄猫トントのロードムービー小津安二郎監督『東京物語』が下敷きになっているという。ハリーが笠智衆で、猫のトントが東山千栄子という役どころですね。 東京物語と同じようにハリーとトントは長男、長女、次男のところを転々として、ニューヨークから西海岸までのアメリカ横断の旅を続ける。'74年頃というと、オイルショックでアメリカも不況の時代。登場する様々な人物や風俗、風景が懐かしい。さらっと明るくてしかも奥が深い。  当時この映画については、イラストをある雑誌のために描いたり、映画評を書いたこともあるので愛着がある。ぼくにも飼い猫がいたから、さらに好きな映画だったのかもしれない。ハリー役のアート・カーニーはアカデミー主演男優賞をとった。いま調べたところ、ついに5月DVD化されるようです。嬉しいな。小津ファンの方にも必見映画!

久しぶりにトントをTVで見られた次の日、買い物から帰ったら、島のアトリエの前に、トントと同じようなオレンジ色のトラちゃんが座っていたんで、一瞬デジャ・ビュかというほどビックリしてしまった。島のトントは、近所(といっても1kmは離れた所)に住むお年寄りが餌をあげている、野良猫連中のうちのメス猫一匹。たまに道で見かけるので呼んでみると、すぐに林の中へ逃げ込んでしまうのに、何故かその日は向こうから鳴きながらそばに寄って来た。腹をすかしているのかと食べ物を与えたらよく食う。それにしても変にヒトなつっこいので怪しんでいたが、どうやらこれはサカリがついているということらしい。食べ終わっても、家の外にいて、いつまでも切ない声で鳴き続けている。満月の深夜にいたっても、ブルーの月明かりの下で時々鳴いている。いくら鳴かれても困るよね。猫がサカリのつく今頃、俳句で「猫の戀」は、やっぱり二月の季語でありました。 写真は、昼間アトリエに侵入してきて我が物顔にノシ歩く、雌猫トント。

    猫 の 戀 隈 な く 月 の 照 つ て を り  万太郎

Connection: close