Hatena::ブログ(Diary)

otobokecatの日記

2016-12-01 跳んだ一か月

otobokecat2016-12-01

ついに師走です。

この前の月:11月はプライベートのドタバタの収集で、すっかり跳んでしまいました。

老老介護という、いまだかつて我が家では直面したことのない問題が、ついに破たんしたのでした。

フライング気味の降雪はあったものの、青年Rの結婚式などの冠婚葬祭も昨年のうちに終了して、私の膝痛も3年という月日をリハビリに費やしてほぼ全快していたので、なんとかこのピンチを乗りきる事が出来ました。

おそらく、夏から秋にかけて、私が多忙にしていたので、言い出せなかったのでしょう。

もう少し早く手を打っておけばと悔やまれますが、最善の方法で何とか切り抜けました。

二人揃って介護施設に入所し、それぞれのリハビリや医療的な問題に、医師や看護師、介護士の方々にお力を借りて、向き合うことに。

入所二日目、母の腰のリハビリが早速始まり、歯の検診も受けたようです。

自宅から出るということは大きなチャレンジでしたが、プロフェッショナルな介護を受けることがこれでできるわけです。

自宅にまた戻れる日まで、回復できるものならぜひそうあって欲しいと思います。

今回初めてこういう施設に入りましたが、特にこれからの季節、感染症予防にも工夫されていました。

おやつが持ち込めないのは甘党の人にはちょっと残念ですが…。なにしろ衛生第一です。

ケアマネージャーさんとか、相談員さんがどんな些細なことにも耳を傾けてくださって、初心者には心強いことでした。

しかし、帰りの新幹線を待つフォームで、足を止めた途端に、これでよかったのかと、心配になってきました。

「とも白髪」という神々しいおめでたいはずのことが、実は過酷な現状。

高齢化社会が目の前に突き付けられた11月でした。

我々はどうやってそこへ突入していくのか、はたまた、到達できないのか。

列車の窓にため息をついている自分が写っていました。

f:id:otobokecat:20161129185214j:image

2016-11-28 雨でよかった

雪が降って数日後、またお天道様は隠れるとのことで、雨??いやもしかしてまた雪?と少々びくついていましたが、幸い雨でした。(昨日 )

雨が降って嬉しく感じることも滅多にない…。

お蔭でだいぶ雪は雨によって融かされました。雨に感謝。

雪の後数日、また久しぶりにこちこちの地面を体験し、はたしてこのまま春まで??と恐れおののいていましたが。


では今日もこれから東京行きです。

バタバタしている私を見て、老猫が私の介護は??と廊下に普段はしない粗相をしてくれて、やれやれ。おまえもか。

わが身を含めて「老い」が重くのしかかる、一週間先のことも予想できない日々です。

昨晩のドキュメンタリー「ベガルタ」感動しました。

イギリスで作られたということにも。

その前の「真田丸」にしても、「希望を持たない先に明日はない」

ピンチでも最善を尽くしたいと。

2016-11-26 雪原の落ち葉

f:id:otobokecat:20161126095202j:image

雪の中東京へ向かい、世田谷区の自宅でのわずかながら積雪をみて驚きました。

東京の雪はさすがに翌日の晴天ですぐに消えましたが、昨晩追分に戻ってきたら、追分はまだ雪が残り、冷凍庫状態です。

とりあえず今日は日差しが降り注ぎ、少しでも融けそうです。

20数センチ積もった雪は、昨晩の段階で地上に残るのは10センチほど。なまじ融けたので、下の方は氷です。

昨日、一昨日と、番頭氏が孤軍奮闘で、雪かきをしてくれたようで、ザクザクながらも車はつかえます。路上も雪はありません。

まさか11月中に雪かきをするとは。

f:id:otobokecat:20161126095226j:image:right今朝、光り輝く雪の上に、申し訳なさそうに頭上から枯葉が舞い降りてきています。

そうですまだ完全に林の落葉は済んでいなかったのでした。積もった落ち葉の上に雪、そしてその上の落ち葉・・・。

昨年は暖冬で、県内のスキー場はこの一足早い雪を歓迎している模様ですが・・・

今日は軽井沢駅周辺で、ウインターフェスティバルの大々的なイベントがあるらしく、青い空と白い雪はそこにもいい付加価値を付けたかもしれませんね。室内で見ている分には雪景色も悪くはないけれど。

開店しますが、追分は静かそうだなー。

f:id:otobokecat:20161126111021j:image

2016-11-24 *冬のご挨拶*

天気に翻弄されているこの秋、ついに気の早い寒気が雪をもたらしました。

確かに浅間に冠雪も3回ほどあったとは思うけれど、予報通りの積雪となりました。

よりにもよって、東京へ私用で出かけるはずの朝です。どうしたものかと、夜が明けるのを待っています。

就寝時にはまだ雪は降りていませんでしたが、5時半、白くなっています。

まだまだ降っています。ちょっと氷片てき、落ちるのが早い雪です。一つ一つ結晶がはっきり見えますから、上空は寒そうです。

文化磁場油やの営業が終わってからの3週間、激動の日々でした。本来の本屋の仕事である買い取り、それもかなり大口のものが11月上旬にあり、運び出しに数日かかりましたが、その直前に風邪をひいてしまい、なかなか難儀な日々でした。

その後、私の実家の老老介護についに破たんがあり、東京に足しげく通うことに。

そこで、まだ11月ですが、本屋の店頭は週末と、祝日のみとさせていただいております。

そこへ地震速報です。6:23

今日は安全第一の一日を心掛けないといけませんね。

2016-10-31 お終いはやっぱりやってきた。

otobokecat2016-10-31

f:id:otobokecat:20161029103210j:image

信濃追分文化磁場油や、春の連休の前からひたすら走り抜けてきた半年でしたが、いよいよ今日が今年度の最終日となりました。

お天気に翻弄された感もありますが、大きな事件も事故もなく、無事に幕が引けそうです。

ご来場、御支援、まことにありがとうございました。

最終日の空は青空で始まりました。

遅い黄葉が照り映えています。

ラスト一日、楽しみたいと思います。

月曜だし、来店者は少ないと思いますが、私にとっての感謝祭です。

一進以外のすべての店がオープンしています。

パン屋さんも明日からは、春までお休みですよー。

そして、そして、「ダンスケ」ストーブ作の「何か」があるはず。

昨日までの二日間は、ぜんざいでした。焼き芋のトッピング、なかなか好評でした。

さて、今日は??ふたを開けてのお楽しみ…。

2016-10-15 月光

この秋一番の冷え込みとなり、その放射冷却のおかげで、見事な秋晴れとなりました。モトイ、放射冷却だから寒かったのでしょう。3℃くらいか…。昨晩は油やの泊り客にはこの秋初めて「湯たんぽ」が差し入れされ、好評でした。(最近その効力に驚かされたブリキの湯たんぽです。)

昨晩暗くなってから帰宅してみると、真っ暗な林の中で我が家の屋根が月光で白く光っていました。

f:id:otobokecat:20161015162712j:image:right見上げるてみると立派な丸い月が…

満月は今晩ですので、昨日はまだ十四夜?でしたが、その月光のパワーは強烈で、今朝の寒さはあの月光がもたらした冷気だったかなと。

遅れ気味の紅葉がこれで一歩前進しました。

今日は町の防災訓練日でしたが、まるでそれに合わせたかのように、浅間山からは久々に煙が…。

いい写真が撮れるなと出てみると、そうでした、実は今は家の真向いの国有林は、最近、工事の資材置き場になっているのです。

f:id:otobokecat:20161015111729j:image

今まで放置されていた草原が突如整地されて、重機が置かれ、仮設トイレが運び込まれ、悔いが何本も打たれて、すわ飯場でも?建てるのかと思ったら、長〜く大きい土管の置場でした。砂利の山もいくつかあります。

国有林を借りて、練馬区の保養所あたりから、大日向方面への山の中の道に水道管を埋設するための工事の資材置き場らしいです。

最近草原に戻り、アヤメやクルマユリなどが咲き乱れていた国有林でしたが、あらら、すっかり更地に。

春まで工事はかかるのでしょうか?

除雪は何時になくやっていただけそう…しかし、工事が終了して初夏になって、はたして花たちは咲くのかな?

見守りたいと思います。

借用だけですんでまずは佳かった(汗)。

2016-09-29 先が見えない

昨日今日と霧がひどいです。乳白色に包まれています。

霧は軽井沢の名物だからと思ったら、全県に注意報が出ているらしい。

特に昼間は視界が悪く、危険です。

車はフォグランプを搭載している方は、きょうこそ点けましょう。

f:id:otobokecat:20160929101237j:image


実りの秋を感じる日々です。

田んぼは黄金色に染まり、稲穂が首を垂れています。

稲刈りまでもう少し、どうか大型の台風にやられませんように。

このところ晴れる日はわずか一日、収穫のタイミングが難しいことでしょう。

駐車場にある栗の木は今年も?豊作。パンパンに張った実がごろごろ落ちています。

落ちたばかりの実は光っています。つい拾って品定め、ポケットに貯めこみ、それを忘れて、ふと気が付くと虫さんがお出まし…。

いち早く実をつけたツリバナは落葉が始まりました。芽吹きが早い木は、落葉も早いです。

f:id:otobokecat:20160928094303j:image:right昨日は日帰りで東京へ。

信濃追分駅では浅間は見えなかったけれど、アサマフウロ、桔梗、ススキが揺れていました。

花豆の朱の花も咲いていました。

立原道造の詩の一節を書いた看板も立っている風情のある駅です。

上りホームでは、軽井沢から出る観光列車「ろくもん」の食事を追分から積み込む作業をしていました。私の乗る電車の後におそらく来るのです。

軽井沢へ着いてみると、新幹線のホームから、しなの鉄道のホームに赤い「ろくもん」が停車しているのが眼下に見えました。

これから乗車されるのであろう観光客たちが、先頭列車前で記念写真を撮る風景がみえました。いいな。でも景色が見えないのはちょっと気の毒。

霧で始まり、降ったり止んだりの一日でしたが、夕方急激に冷えました。

紅葉がこれでまたすすむことでしょう。

そんな中、古盤堂さんが倉庫の片づけと、CDの補充に来てくださいました。