Hatena::ブログ(Diary)

otobokecatの日記

2017-07-19 いよいよ盛夏なり

otobokecat2017-07-19

いよいよ明日から9月4日までの45日間マラソン営業がスタートします。

その寸前の一日は、ちょっと緩やかに過ごしました。東京の市場に赴く番頭さんに佐久まで車で送ってもらって、月一の膝の定期診察へ。これからの日々に備えて薬も処方してもらい、リハビリを終えて、帰りは鈍行列車の旅。

f:id:otobokecat:20170719110913j:image:left岩村田駅から10:55に乗ったら車内はガラガラ、運転席の横から進行方向が見える特等席に座りました。

沿線のすっかり濃くなった緑を楽しみながら、三岡駅では反対から来る上り電車とすれ違いました。

単線の旅は風情があります。

小諸駅では、しなの鉄道のホームに観光列車「ろくもん」が停車中、ホームで駅員さんに記念写真を撮ってもらっている人もいたりして、連休後ののどかな光景です。

私は小諸駅で下車して、仕事を終えたMさんと落ち合って、「停車場ガーデン」のテラスでお昼ご飯を。野菜たっぷりが添えられた鳥のローストを頂きました。スパイスと岩塩が効いていて夏にぴったり。途中、Mさんのお知り合いが次々と通りかかり、ご挨拶したり、歓談したりしました。帰りの時間を気にしないで良いのも、オフ日ならでは!停車場ガーデンの手入れをする庭師の男性が、剪定や水撒きをしていて、このガーデンもどんどん良くなります。

小諸駅改札前には野菜の直売所があり、レタスやキャベツが山積みになっていました。

二人で信濃追分駅迄まで戻ってきたら、駅にはNさんが。馬子唄道中の際に浅間神社で販売するるばーぶのジャムつくりでお忙しいとのこと。

タクシーに相乗りして、私は追分宿で途中下車して、京都からいらしたルーサイトギャラリーの野田姉弟や、一進で明日から展示のノノクラフトの岡さんにご挨拶。

夕刻、ヒグラシの声を聴きながら林道の家に歩いて帰ってきました。

f:id:otobokecat:20170718175435j:image:right噴水みたいだった栗の花もお終い、地面には毛虫みたいな花殻が沢山散っています。⇒花盛りの栗の樹を見て感動していた母がこの残骸を見たら、さぞかしがっかりするでしょう。栗の花は梅雨の間に咲き、雨の中の花姿が印象焚きですが、今年は雨が少なく、こういう年ははたして豊作なのかどうか?湿度がなかった分、あの栗のなまめかしい匂いが充満する日はあまりなかったような。

カンゾウ↑が咲き始めました。

キリンソウも。

いよいよ盛夏の始まりです。

2017-07-12 土の上を歩く

f:id:otobokecat:20170710111307j:image:right私事で恐縮ながら、ホームで生活している母が外出許可をもらって、二泊だけ山へやってきた。

本人は10年ぶりと言っていたが、実際は2012年以来であるらしく、つまり5年ぶりである。

やってきたのは梅雨とは思えないくらい雨のない数日間のことで、追分としては少々暑かったけれど、杖を突きつつゆっくりとしか歩けない母にとっては、傘の心配がなかったのは幸いだった。

開館した文化磁場油やを見ること。ごんざさんで昼ご飯を食べること。墓参りをすること。山荘の一階の自分の部屋で休むことなど、したいことをいくつもこなした。

車窓にみたのが栗の花だったこと、群生するドクダミ、そして、久々に土や草の上をあるいて、感慨にふけっていた。草の上を歩くことは、いまやなかなかできないこと。

転ぶことだけは何としてもさせてはいけない。小石に毛躓いたりしたら大変なので、3日間ひやひやだったが、医者に駆け込むことは何一つ起きなかった。

f:id:otobokecat:20170701173248j:image:left帰った翌朝、皮肉なことに久々に浅間山がくっきりと姿を見せた。

浅間山の姿を見る事だけはかなわなかった。

また来られるといい。





母にの枕元に置いた本。気に入ったらしく、持って帰った。

2017-07-07 晴れ間に

冊子の編集の末席におり、ちょこちょことお手伝いをしていました。

無事、昨日入稿!!ささやかにメデタイ。

校正をやっているうちに、首がこりまくっています。ふと気が付いたら、もう7月に突入していました。

今日は7日、七夕です。

九州の豪雨の被害のすさまじさをテレビの画面で見るにつけても、雨期のまとまった雨の凄さを見せつけられ、被害にあった方、避難されている肩のご苦労を思うと、胸が痛みます。

経験したことのない豪雨と、90歳のおばあちゃんが嘆いた姿が、テレビに映っていました。

避難されているかた、孤立しているかたに高齢者が多い印象です。

どうかご無事で。救いの手が早く及びますよう。

本日浅間山麓は日差しがありますが、被災地九州は再び雨という話もあり、ここの七夕の空模様などどうでもいい気がします。

油やの庭では骨董市をやる日です。おそらくもう始まっているはず。

私は、トッ散らかった我が家の修復作業をすこししてから、出かける予定です。

ささくらの女将さんが足にけがをされて、営業に差しつかえているとのこと。こちらも心配です。

2017-07-05 緑の霧が立ち込める中

otobokecat2017-07-05

大変ご無沙汰でございます。

元気にはしておりますが、シーズン前にすでに少々くたばっております。

冊子を発行することになりました。

創刊ですので、難産の様相を呈していますが、できる限りいいものにしようという努力が、今まさに実を結ぼうとしています。私はその端くれに居て、少し手伝っています。アートディレクター、編集長の攻防もあり、イラストレーターさんの踏ん張りもあり。大いに見ごたえがありました。

みんなの頑張りに感謝するばかりです。

こういう時代にあって、活字や写真がしっかりと入った印刷物を出すことは、大いなるチャレンジ。でも今だからこそ、やらねばならぬと感じています。文化磁場油や総力を挙げて制作中です。

今朝は霧中ながら、最終稿が出来てきて、霧から一歩ふみだしたところです。

これは乞うご期待です。


追分は台風の影響はここはあまりなかったものの、水不足気味だった大地はぐっしょりです。

池にもだいぶ水が入りました。

コロニーの裏は雨水が流入するのか、濁っています。

わたしは低気圧にやられてか、頭が重いです。

落ち着いていた膝も鈍く痛みはじめ、ちょっと沈んでいます。

でも青空崇拝の私のこと、空が晴れ、浅間の顔でも見たら、機嫌も直っていることでしょうが。

f:id:otobokecat:20170627103039j:image

ヤマボウシが綺麗でしょう。

テラスの工事が進んでいますが、幌をかける工事のまえに大雨。水入りです。

8月5日の尾尻先生のギターコンサートがこけら落しです。お楽しみに。

この野外桟敷に名前を付けなくては。

天神桟敷なんかどうかなあ。

2017-06-13 鈴の連想

追分地区で、このところ俄かに別荘地として売地の看板があちらこちらに立っている。

林を整理する箇所も増えている。

何十年と放置してあったあちらこちらの林に手が入り始めている。

f:id:otobokecat:20170607085705j:image:right一方、熊が白昼目撃された。

石尊山登山道入り口から北へ300mだという。

この売地からも遠くはない。

重機が唸りを上げれば、彼らを追っ払うには少しは役に立つかもしれないが。

そこにはベニバナイチヤクソウが群生している。そのことを売りにしてくれるといいけれど。おそらく、あたりに伐採の印がたくさんついているので、その作業の際に踏みつぶされてしまうだろう。

元来追分原にベニバナイチヤクソウは生えていなかったのではないか?と思うと、これも時の流れではある。

花盛りに見納めしてきた。

来年の今頃はどうなっているだろうか。

自然団体のFさんによると、熊を目撃した時は注意深く観察する必要があり、(もちろん安全第一!!)

熊が「一頭か、親子か、けがなどしていないかなど状態によって、対応はどんどん変わる」という。

特に畑荒らし防止で熊を捕まえる仕掛けを設置するケースがあって、そこから逃れてきた手負い熊だと、人間を敵視し大変危険だという。

また親子連れも危ない。学習能力の高い時期に、ゴミなどの在処を親子で学習したり、鈴の音を怖がらなくなると、むしろクマよけ鈴が人間の居場所を教えることになり、鈴をつけるのがかえって危険だという。

いままで、車のない時に夜道を自宅まで歩いて登ってきたが、案外これは怖いことかもしれない。

サクランボや桑の実がなるこれからの時期は、注意が必要とのこと。

熊の生息地に住む覚悟は要るのかもしれない。

こんな山に近いところではない郊外で、野獣;猪や熊などが出没して騒ぎになっているけれど、ここは紛れもなくその逆で、我々人間がお邪魔しているのは明らか。

「結界」とはそういうところでもある。

テレビのクイズ番組で、神社の鈴は、神様にお出ましいただくためのお知らせの鈴とのことだった。

一方、猫の鈴は居場所を知らせるためのもの。

かつて、山歩きする人は熊に人間の居場所を教えて、よけてもらうために鈴をつけた。(←猫鈴的)

これからはもしや、神社の鈴的に、鈴音でかえってクマがお出ましになるということもあるのかも。

f:id:otobokecat:20170607085952j:image:left

鈴のように愛らしい、ベニバナイチヤクソウの花を見ながらの幻想であります。

2017-06-07 アヤメの似合う館

f:id:otobokecat:20170606175751j:image

今年も咲きました。アヤメ。

毎年ここに出現します。

そしてこの風景大きく変わりました。

テラスにベンチが着いたのです。

実はこの後ターフが付きます。

この風景は、今限定なのです。

2017-05-31 ハリエンジュ道中

今日は午前中にあれこれ仕事をしてから、午後久々の行楽へ。

サントミューゼ上田市立美術館へ念願の「吉田博展」を見に行ってきました。

テレビの日曜美術館で吉田博を知り、展覧会が上田に巡回するのを知り、前々から是非行きたいと思っていました。GWから6月18日までなので、五月の連休後に行くと決めていたものの、行く事が出来ないまま5月もお終いになってきたところに、ちょうど追分に来ているHさん夫妻が同行してくださることに。

吉田博という風景画家の存在を実はその特集のテレビ番組を見るまで知らなかったのですが、水彩、油彩の後に49歳から本格的に始めた木版画がそれは素晴らしくて、すっかり虜に。

色の重ね方の素晴らしさ、そこに山や滝の空気感が染み出てきます。スケッチや水彩、油彩での鍛錬が、木版画に昇華されて、特に光のとらえ方が秀逸です。

イギリスの故ダイアナ王妃が購入されたという「光る海」という帆船の版画や、山をモチーフにした版画をぜひ肉眼で見てみたかったのです。

若き日に浅間山を書いた水彩画も観られればと期待をして行ったら、運よく後期の展示に入っていて、現物を見られました。

若き日の吉田博は上田所縁の丸山晩霞と信州の旅に出てもいました。

一貫して自然を崇拝するというスタンスにあり、スケッチ帖が何より素晴らしかったです。行けて良かった。

この新しい美術館ものびのびとした会場、大きな駐車場、ホールも併設していて、素敵でした。

大きなガラス窓の向こうに近隣の商業施設がドカーンと見えるのは、ちょっともったいないと思いました。あとから美術館が出来たのならば、窓の位置や設計で、商業施設が見えない工夫をしてほしかったな。

しなの鉄道で行くつもりだったのが、車に乗せていってもらいました。

カーナビのない行き当たりばったりの旅で、迷い込んで上田の町も裏側なども少し見物できましたし、帰りにはサンラインで、おしゃれな永井牧場のカフェに寄り、珈琲となんとアスパラのフライを頂きました。これは珍しい!なにしろサンラインはかつての広域農道ですから。Hさんは揚げ餅と珈琲。甘辛の味付けのやわらかい御餅でした。目先の変ったおやつでした。

帰宅途中にもう一軒寄り道して、小諸の「夢ハーベスト農園」さんにもお邪魔して、薔薇やハーブの咲き始めた夕刻の庭園を散策して、美味しくきれいな翡翠色のハーブティーをご馳走になりました。

実に20年ぶりの訪問。ここはラベンダーが大好きな母との思い出の地です。

植物という生き物を扱うお商売のご苦労も農園の奥様に伺いました。

今年は雪の少ない冬で、ラベンダーの株には過酷だったとのことです。

ずっと走り続けた日々でしたが、久々に一息入れる事が出来ました。

Hさん、連れて行ってくださって有難うございました。

吉田博 作品集

吉田博 作品集

夕刻は遠雷。稲光を久々に見ました。

夜半にi一時強い雨が屋根を叩きましたが、案外あっけなく終了。

(最近激しい高原の雨にお目にかかれていません。)

カレンダーがめくられました。

さて6月です。