Mちゃん、Sくん、K太郎のパパログ

2012-02-18 絵巻絵本「びっくり水族館」

絵巻絵本「びっくり水族館」

絵巻えほん びっくり水族館」は、本当にビックリ!



何がって?


それは、とっても長いから。


f:id:papanori:20120303161110j:image


どうよ、これ?


でもK太郎は大喜び (^o^)/


にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ←他のパパ育児ブログもチェック〜♪ 

2011-12-06 粉ミルクからセシウム?!

粉ミルクからセシウム?!

明治の粉ミルクからセシウム 最大30ベクレル」という記事によると、

食品大手の明治東京)が製造、販売する粉ミルク明治ステップ」から、最大で1キログラム当たり30・8ベクレル放射性セシウムが検出されたことが6日、同社の調査で分かった。詳しい混入経緯は不明だが、同社は東京電力福島第1原発事故に伴うものとみている。厚労省によると、原発事故後に粉ミルクからセシウムが検出されたのは初めて。明治は約40万缶を対象に、無償交換する方針。

とのこと。

そりゃーヒドい。うちのK太郎もこのミルクを飲んでいたけど...といってもずいぶん前の話だけれど^^;

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ←他のパパ育児ブログもチェック〜♪ 

2011-12-03 子供のサッカーはヘディング禁止とすべき?!

子供のサッカーはヘディング禁止とすべき?!

ヘディング、年1000回以上で脳損傷の恐れ - 米研究者が調査結果」という記事によると、

 サッカーのヘディングを長期間繰り返すと、記憶力などに影響を及ぼす脳損傷につながる恐れがある――。米研究者グループは1日までに、磁気共鳴画像装置(MRI)の最新技術を使って成人のアマチュアサッカー選手の脳を分析した調査結果を発表した。欧米で関心の高いヘディングの安全性を巡る議論に一石を投じそうだ。

 米ヨシーバ大(ニューヨーク)のアルバート・アインシュタイン医学部グラス磁気共鳴研究センターのマイケル・リプトン副所長らが、シカゴで開催中の北米放射線学会で発表した。

 調査対象者は32人で、平均年齢は30歳8カ月。全員が子供のころからサッカーを続けている。調査対象者をヘディングの頻度に応じて2グループに分け、それぞれの脳の状態を分析したところ、年間約1000〜1500回以上ヘディングする選手の記憶力や注意力などをつかさどる脳の領域に、交通事故などに起因する外傷性脳損傷患者と似た異常が認められたという。

 リプトン氏は「高い頻度で長期間ヘディングを続けると、外傷性脳損傷に近い変化が脳に起きる有力な証拠を得た」と指摘。その上で「サッカーは世界中で多くの子供がプレーしている。彼らを守るために、この調査結果をじっくりと考慮すべきだ」と述べた。

とのこと。確かに、ボールのスピードによるが、ヘディングをするとすごい衝撃を受けることがある。

実害があるのであれば、子供のサッカーは、ヘディングを禁止にすべきではないか?!

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ←他のパパ育児ブログもチェック〜♪ 

2011-11-27 絵本「クリスマスのおきゃくさま」

絵本「クリスマスのおきゃくさま」

いよいよ11月も終盤。12月のクリスマスに向けて気分を盛り上げつつある今日この頃。


図書館で「クリスマスのおきゃくさま」を借りてきたのだが、これがなかなか面白い。



たくさんのおきゃくさまが次々と訪ねてきて、いたるところで寝るというもの。


これは買い!ということで、K太郎のママが今後、ゲットすることになった(^o^)/


クリスマスのおきゃくさま

ダイアナ ヘンドリー (著), ジョン ロレンス (イラスト), Diana Hendry (原著), John Lawrence (原著), 藤井 美樹子 (翻訳)


にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ←他のパパ育児ブログもチェック〜♪ 

2011-11-19 K太郎の幼稚園の参観日で感じたこと

K太郎の幼稚園の参観日で感じたこと

今日はK太郎の幼稚園の参観日。朝から雨だけれど、K太郎は元気にレインコートを来て出て行った。

始業から30分ほど遅れて参観ができるということで、覗きにいってみた。

感じたのは、あまりに知的好奇心を刺激しない内容だったということ。幼稚園なんだから「幼稚」であっても仕方がないが、それにしても、あまりにもレベルが低すぎて面白くなさそう。家で遊んでいるときのほうが、断然知的レベルが高くて刺激的だと思う。だから、幼稚園のレベルはつまらないだろう。

先生方は一生懸命やっているし、意図もよく分かるのだが、それにしても、最低レベルに合わせていかなければならないという教育現場を見ると、その非効率さには目も当てられない。

集団での過ごし方を身につける場というのは、どこにでもあるし、機会もこれからいろいろとあるだろう。幼稚園でなければならない理由はない。来年度からどうするか少し考えたほうがよさそうかな?!

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ←他のパパ育児ブログもチェック〜♪ 

2011-10-29 レゴランドが名古屋に?!

レゴランドが名古屋に?!

レゴランド名古屋に進出するとのこと。

レゴランド:名古屋に15年開園へ 正式に発表

 玩具メーカー「レゴ」(デンマーク)のブロックのテーマパーク「レゴランド」を運営する英マーリン・エンターテイメンツ社は名古屋市役所で28日会見、15年開園を目指し、名古屋港金城ふ頭(同市港区)の候補地を所有する市などと協議を始めると正式発表した。世界で7番目、国内初の開園になる。

 レゴランドは、ブロックで組み立てた世界の名所のミニチュアを展示する「ミニランド」が特色。会見で同社は「地域の象徴的な建物を取り入れ、他のどのミニランドにもないものにしたい」と話した。今はデンマークと米英独計5カ所で、マレーシアで来年6カ所目の開園が予定されている。

f:id:papanori:20111029084730j:image

レゴランドにあるブロックで作った「ミニランド」=マーリン社提供

ただ、まだ、問題は残っているみたい。

レゴランド計画 河村市長が歓迎

今回の計画で必要な土地は10〜20ヘクタールとみられ、市は市国際展示場ポートメッセなごや」の駐車場を移転するなどして、同規模の土地を確保する方針。ただ、エリア内の土地の約6割を保有する名古屋港管理組合との調整など、課題は多い。

カリフォルニアレゴランドは、とても面白かった。開園前から行列ができるほどの人気ぶりは、ディズニーランドと同じくらいだが、中身は、ディズニーランドよりも数段面白い。

いろいろと乗り越えなければならない障害はあるかもしれないが、是非、日本にもレゴランドが進出してほしい。



にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ←他のパパ育児ブログもチェック〜♪ 

2011-10-19 富士山山頂はまだ黒い?!

2011-10-17

これからの時代を生きるための資質

中高一貫校通信というサイトで、本間正人氏のインタビュー「中学・高校時代に必要な国際教育とは」が掲載されていた。

現代社会における国際人の要件とは何でしょう。私は3つの条件を挙げながら中高生時代にすべきことをお話したいと思います。

国際人の条件として、まず、自己肯定感が高いことが重要です。

自己肯定感とは自分を肯定的に見て、自信をもつことです。国際舞台では、よく「自分の意見をしっかり述べる」ことが大事といわれます。でも実は、「述べる」ことが難しいのではなくて、「自分に自信がないと述べられない」ということなんです。

「こんなこと言っちゃっていいのかな」と親の顔色を見る、先生の顔色を見るというのが、日本の教育の一番うまくいっていないところなんです。日本の教育は「オマエはダメなヤツだ」とレッテルを貼って、「だから、もっとがんばらなきゃ」と発破をかける部分があって、それが本当に残念なところなんです。

ですからまずは、自己理解を深め、自己肯定感を高めることが大事です。

親は、学校というと、まず先生に意識が行ってしまいがちなのですが、実は友人との交流との中で自己理解は深まり、自己肯定感が高まります。だから中高生時代は何より友人とのコミュニケーションを大切にしてほしいですね。

その点、中高一貫校には、思春期の柔軟な感性を持っているときに、6年間という時間をかけて一生付き合える友人ができるメリットがあるといえます。これが財産になります。絶対ではないですが、総じて中高一貫校のほうがいじめも少ないんです。心に余裕がある子が多いんです。お互いに長い付き合いになるってことを本能的に感じ取って交流するから、お互いに傷つけ合うよりもお互いの友情を大切にし、お互いを尊重し合う関係性ができるのでしょう。自己肯定感を育む意味で中高一貫校というのは、いい環境といえるのです。そして実際に、大人になっても仲がいい、一生の友だちができやすいというのが中高一貫校の特徴です。



国際人であるための第2の条件は、「勉強嫌いにならないこと」です。

勉強嫌いにならないためには、どうしたらいいか。「勉強は楽しい」と感じることですね。たとえば日本人が英語嫌いなのは、英語への苦手意識を植え付けられてしまうからなんです。文法と和訳ばかりのわざわざ難しいことをさせられてバツを付けられるわけですから楽しいわけがありません。

その点、中高一貫校には名物教師的な先生がいて、教科書の内容をはるかに超えた、自分の体験談や自分の興味関心、趣味的な話をするみたいなことができます。中高の履修内容を効率的に並び替え、重複部分を最低限に抑えることのできる中高一貫校ならではのメリットです。これが実は知的好奇心を刺激し、「学問って面白いんだな」、「勉強って楽しいんだな」と感じさせてくれるのです。

そもそも、勉強嫌いにならないことが国際人の条件としてなぜ大事なのかというと、世の中の変化のスピードが加速度的に速まっているからです。教科書に書かれていることには、すでに陳腐化した情報もたくさん含まれています。常に知識やスキルバージョンアップしなければ、これからの社会では生きていけません。知識やスキルバージョンアップすることとは、すなわち勉強です。常に新しい知識やスキルを求めて勉強する姿勢が身に付いていない人は、これからの時代に取り残されてしまうのです。


国際人である条件として、3つめに挙げたいのは「多様性に敏感である」こと。

ここは中高一貫校の弱点でもあります。中高一貫校には、ある程度知的レベルも社会的バックグランドも似通った子が集まってしまうから、多様性を感じにくい環境といえるでしょう。そこは何らかの形で学校以外の交流関係を担保したほうがいいと思います。

たとえばボランティア活動に参加したり、地域のお祭りに参加したりでもいいと思います。世の中にはいろんな人がいて、学歴とか「お勉強」だけが社会の中で大切なんじゃないんだということを中高生の6年間のうちに感じ取るような体験をもつことが大事だと思います。国内で多様性を感じる体験を持っているだけでも、いざ海外に出たときに人種、文化背景の違いを単なる多様性の一部として捉えることができるようになります。

旅をするのでもいいでしょうね。中高一貫校の場合、高校受験がないぶん、時間的な余裕もあるでしょうから、できれば発展途上国を見るような旅の経験ができるといいと思います。今は修学旅行で海外に行く学校も多いですけれど、学校主体の旅では、なかなか発展途上国には連れて行けません。そこはやはり親が連れて行ってあげるべきだと思います。そうやって自分たちの境遇がどれだけラッキーかを知ったり、それでも世界とつながって生かされているんだということを肌感覚で学んだりすることが大事だと思います。


これら3つの条件が満たされれば国際人として羽ばたくことができます。

逆に、よくいわれる「英語」、「ロジカルシンキング」、「日本文化理解」などは、必要なときに短期間で習得できますから、中高生のうちに焦って身に付けなければならないということはありません。

中高一貫の教育に必要だとか、国際人に必要だとかいうことで書かれているが、これらの条件は、これからの時代を生きるための資質といえるのではないだろうか?

Mちゃん、Sくん、K太郎にも是非身に付けてもらいたいものだ。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ←他のパパ育児ブログもチェック〜♪

2011-10-02 Sくんの10歳の誕生日

Sくんの10歳の誕生日

今日はSくんの10歳の誕生日。ということでカリフォルニアに電話してみたが、どうも不在でつながらなかった。声が聞けないというのは、やっぱり寂しい...


メッセージは残しておいたが、お誕生日おめでとう〜♪


にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ←他のパパ育児ブログもチェック〜♪

2011-09-24 南極観測船しらせを見学〜♪

南極観測船しらせを見学〜♪

K太郎とママと一緒に、神戸港第4突堤に入港している南極観測船しらせ」を見学〜♪

f:id:papanori:20110924125341j:image:w360

ポートライナーにも乗ることができてまずはご満悦のK太郎(^^)

下から見上げると、かなり高い船だということが分かる。

f:id:papanori:20110924130142j:image:w360

しらせには2機のヘリが搭載できる。今年度は、予算が削られ、1機のみ。プロペラや尾翼が折りたたみ式で格納できるタイプ。イタリア製らしい。

f:id:papanori:20110924131350j:image:w360

スノーモービルしらせ2号と書かれていた。

f:id:papanori:20110924131628j:image:w360

南極の石が展示されていた。

f:id:papanori:20110924131454j:image:w360

操縦室に飾られていたラッパ。

f:id:papanori:20110924133531j:image:w360

進行方向に向かって右側が艦長席、左側が副艦長席。艦長席からみた前景。

f:id:papanori:20110924133554j:image:w360

船内の様子。観測隊長公室は、ちょっと豪華な感じ。一方、普通の居室は2人部屋。散髪屋もある模様。

f:id:papanori:20110924134320j:image:w360

f:id:papanori:20110924134236j:image:w360

f:id:papanori:20110924134124j:image:w360

しらせのTシャツを購入。

f:id:papanori:20110925112053j:image:w360

f:id:papanori:20110925112025j:image:w360

階段を上にいったり下にいったりウロウロしたが、なかなか面白かった〜♪


参考:神戸新聞記事

南極観測船しらせ 神戸港に11年ぶり入港


 2009年に就航した南極観測船しらせ」(全長138メートル、基準排水量1万2650トン)が神戸港新港第4突堤に入港し、24日、船内が一般公開された。南極観測船神戸港入港は初代「しらせ」以来11年ぶりで、2代目になってからは初めて。

 海上自衛隊が運航し、南極昭和基地に人員や物資を輸送するほか、南極圏の地質、生態調査などに携わっている。昨年11月〜今年4月の任務を終え、寄港した。

 分厚い氷に乗り上げ、割って進むための丸い船体や、氷山を見つける上部見張り所(海面からの高さ約38メートル)などが特徴で、訪れた人たちは南極から持ち帰った氷や観測の様子を写したパネル写真などに見入っていた。

 26日午前6時すぎに出港する予定。

にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ←他のパパ育児ブログもチェック〜♪

2011-09-19 レゴまつり〜♪

レゴまつり〜♪

K太郎が通う住吉レゴ教室レゴまつりが開催された。

f:id:papanori:20110919111145j:image:w360

普段、どんなところで学んでいるのか、ちょっと覗き見〜(^^)

なかなか楽しそうだった〜♪

2011-09-13 男の子と女の子の性差を活かして成績を上げる

男の子と女の子の性差を活かして成績を上げる

男と女の間には性差がある。当たり前なんだけれど、それを利用することで、成績を上げることができるかもしれない。


男の子のキーワードは「競争」。男の子は、他の男の子と競争する。それが仕事だ。


だから、勉強でも、ライバルがいると成績が上がる。


今振り返ると、個人的な経験でもそういえるかもしれない。小学校の頃、ライバルがいたので、成績が伸びた。


女の子のキーワードは「協力」。仲間と一緒に勉強することで、成績が上がる。


資格試験などでも、習い事でも、結局そうなのかもしれない。


カフェで勉強するというのがビジネスパーソンでも増えているが、知り合いと一緒に勉強しようというのが、女性的。そこにいる勉強している人をみて、自分もがんばろうというふうに奮い立たせるのが男性的。どちらにも使えるので、カフェというのはいいのかもしれない。


Mちゃんは、というと、やはり女の子との友達と一緒にいることが多いみたい。


SくんもK太郎も、どちらかというと、ひとりで黙々と遊んでいるし、勉強でも同じかもしれない。


小学校や中学校で、いい学校に行かせたいという親の気持ちがよく分かる。なぜなら、そういうところでは、友達もそれなりに優秀な子がいるだろうから、刺激を受けることになると思うのだ。


これまた個人的な経験でもそういえるかもしれない。中学受験して中高6年間一貫教育の中で知り合った友人には、さまざまなタイプがいるけれど、それなりにいろいろな刺激を受けたと思う。


そういう意味では、女子校や男子校というのは、それなりに意味があるのかもしれない。


とにかく、みんながんばって一回きりの人生を楽しんでほしい。そのためには、最低限の勉強は必要だ。だからこそ、がんばって身につけてほしいものだ。



にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ←他のパパ育児ブログもチェック〜♪

2011-09-11 36の子供の基本的な動き

36の子供の基本的な動き

ボーネルンドの「キドキド」という遊び場のコンセプト紹介冊子の中に、こんな挿絵が描かれていた。


f:id:papanori:20110911113801j:image:left


普段の動きのなかで、なかなかできないのは、「すべる」というかな。




Mちゃんは、スキーを教えたので、「すべる」という動作は分かるようだけれど、SくんやK太郎は、ちょっとまだ難しいかな^^;




Sくんは、「ぶらさがる」というのが上手だった。




K太郎は、「うつ」という動作はあまりやっていないかも。




こうやってみると、どんな動作を身につけさせればいいか、よく分かるね〜





にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ←他のパパ育児ブログもチェック〜♪ 

 

2011-08-10 素話(すばなし)がいい!ってこと

素話(すばなし)がいい!ってこと

父親の7つの行動―お父さん、今こそあなたの出番です」では、次の7つの行動をすべきと記されていた。



  1. 敬を訓える
  2. 忍を体得させる
  3. 愛を育てる
  4. 憤を起こさせる
  5. 個を学ばせる
  6. 志を目覚めさせる
  7. 夢を与える


この「憤を起こさせる」という項目で、絵本を読むのではなく、「素話(すばなし)」をしてあげることがいいと書かれていた。



自分が「ももたろう」の話を親から聞かされていたので、自分も子供たちに「ももたろう」を「素話」していたが、これはよかったということか。



よかった〜♪




にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ←他のパパ育児ブログもチェック〜♪ 

2011-07-13 おじぎ草

おじぎ草

K太郎が、幼稚園で植えたというおじぎ草。

f:id:papanori:20110713070955j:image:w360

触れると動くので面白い。大きくなるといいね〜♪



にほんブログ村 子育てブログ パパの育児へ←他のパパ育児ブログもチェック〜♪