Hatena::ブログ(Diary)

照る日曇る日の日記

2017-04-26 水曜日

隊列の中から

| 21:43

ガードレールで車道と仕切られた、人ひとりがようやくという幅の歩道を、五、六人の小学生の隊列が真っ直ぐ学校に向かって遠ざかって行くのを、真後ろから見送った。一年生のひ孫一は隊列の真ん中辺りが定位置で後ろには上級生が数人歩いているが、整然と行進しているわけではないので、後ろの子の背中の隙間からひ孫一かどうかわからないが、小さな背丈の子の頭も見え隠れする。小さな背丈の子の頭が振り返った。ひ孫一だった。わたしを認めて手を振った。わたしも手を振った。それから前に向き直って歩き始めた。何秒も経たないうちにまた振り返ったひ孫一の顔が、後ろの子の背中の隙間から見えた。手を振った。わたしも手を振った。それから前に向き直って歩き始めた。何秒も経たないうちにまたひ孫一の振り返った顔が見えた。手を振った。わたしも手を振った。そこからは振り向かずに歩いて行った。

隊列の中で振り返った顔がひとつであったことと、三回という回数のためだと思うが、「西部戦線異状なし」のエンドロールの映像と、記憶の中のあの場面は似ているような気がするが、似ているだけであってほしい。

2017-04-19 水曜日

要洗米200CC+無洗米250CC

| 15:04

無洗米にした。残っていた要洗米(研ぐのが必要な米、とうことでこう呼んでみた。要研米の方が正確かもしれないがそこまではしない)が200CCだった。これを入れていつものように研いだ。無洗米を250CC入れた。今までの米だと水を540CC(450+450×0.1)入れるのだが、無洗米の袋に、少し多目にするように、と書いてあったので570CCにした。炊く時間は変わりなく、ガス中火で16分のつもり。結果は夕方にはでる。

照る日曇る日照る日曇る日 2017/04/19 20:29 固めで美味しく炊けました。

2017-04-15 土曜日

電気の購入先を変えた

| 11:03

電気の購入先を変えた。「原発由来の電気がない会社」の電気を買うことにした。すべての電気を天然ガスで発電しているガス会社の電気に変えた。五月の検針日に検針の方−−長いこと検針のときにちょっとした雑談の相手になってくれた−−に挨拶してから切り替える。新しいメーター(スマートメーターというらしい)では、メーターを見に来なくても使用量が分るそうで、また少し会話の相手が減ることになる。

2017-04-12 水曜日

登校姿

| 19:48

交差点に立っていた。三方向から来る子供たちが、そこから学校に向かう方向の同じ側の歩道を歩き始める。来る方向は分かっているからそちらを見ていると同じ班だと聞いている四年生の叔父さんを見つけた(叔父さんです。伯父さんでは????になる)。集団の一番後ろ(高学年が列の前後を挟むように歩く)にいた。ということはもう目の前を通り過ぎた。またの機会もあるし今日はいいか、と思ったが、ひと声掛けたいという思いが勝って、後を追いかけた。見覚えのあるランドセルがある。小さい。やはり一年生だ。ランドセルが重いせいか、前かがみになっている。顔を俯けてわき目も振らずに歩いている。行軍だ。ランドセルの背中をぽんぽんと叩いても気がつかない。もう少し強く叩くとようやく顔を横に向けてこちらを見た。何と声を掛けて良いか言葉に詰まった。「頑張って」のようなことを言ったと思う。あとは見送った。

○孫一よりの通信

給食がカレーでめっちゃ美味しかった(笑)だそうです。

食べたけれどおかわりはしなかった〜って言ってます(笑)

まずは完食するのが目標だからしなくていいよと話しました。

幼稚園のときより自分から今日あった事を話してくれます。

とにかく楽しいみたいでよかったです(笑)

でも友だちはまだいないみたい(笑)

2017-04-11 火曜日

新一年生

| 19:42

○「鈴の音」が学びの道を歩み出し

鈴の音」をかっこで括りました。それがひ孫一の名前です。「学びの道を歩み出し」とはオーバーかもしれませんが、そう言えば言えるでしょう。昨日が入学式でした。緊張するとすまし顔になる癖があるのですが、送って貰った写真の一枚では、おすましを通り越して恐い顔をしています。体育館を出るところでカメラの方を振り向いた瞬間です。写真は取り損ねたようですが、「このあと、ドヤ顔で手を振ってました」という連絡がありました。「りんりんは何よりも名札が嬉しかったみたいです」という連絡が入学式のまとめでした。思いもよらないところです。幼稚園でも名札は付けていましたが、やはり小学生の名札は違うようです。

今日は早速の雨の登校。帰りは昼前でこのときも雨。途中までお迎えだったそうです。午後は疲れて寝たそうです。いよいよ明日から給食です。本人は楽しみにしているようですが、時間という壁があります。明日は通学路の途中にあるコンビニで一応買い物をし、その駐車場からか道路を渡って通学路でか、三日目の登校の応援をしたいと思います。