スマートフォン用の表示で見る

皿うどん

皿うどん

さらうどん

長崎県郷土料理。麺は、主に二種類、油で揚げた細麺(通称パリパリ、バリバリ、バリ麺)と、中華めん(ちゃんぽんの麺)を焼いたものである。店によっては専用の太麺や中くらいの太さの麺を用いる。ちゃんぽんの応用としてちゃんぽん発祥の店として知られる中華料理店「四海楼」が始めたものはちゃんぽん麺である太麺だが、その後堅焼きそばが伝わり、長崎で発展したのち同じように皿うどんと呼ばれるようになったといわれている。

観光客や長崎以外の地域の人には細麺の方が一般的と思われ、太麺は地元以外ではあまり知られていない。地元でも太麺派と細麺派に分かれる。