Hatena::ブログ(Diary)

趣味と物欲 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

「たのみこむ&復刊ドットコム_観てみたい、読んでみたいものがあったら投票お願いします(^^)」

面白かったらポチっとお願いします(^^)/ にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ
Subscribe with livedoor Reader Twitter

2050-01-01 Sat

古典ブルーブラックインク関係の記事で主なものを未来の日付で紹介します。

| 古典ブルーブラックインク関係の記事で主なものを未来の日付で紹介します。を含むブックマーク 古典ブルーブラックインク関係の記事で主なものを未来の日付で紹介します。のブックマークコメント

※ この記事は先頭に来るように未来の日付で書いてあるので、本当の最新記事はこの次です↓

鉄を含む万年筆用インクである古典ブルーブラックインクについて、色々な実験をし、記事を書いているのですが自分でも何を書いたか、どこに書いたか分からなくなることがあるので、ブログのトップに表示されるように未来の日付でここに纏めておきます。

古典ブルーブラックという言葉は、2chのインクスレが起源のようです(古典ブルーブラックという便利な言葉 - 趣味と物欲)。

古典ブルーブラックは、そこそこの耐水性・耐光性はある。比較的裏抜けや滲み難い。書いた後の色の変化が楽しめる。昔ながらのインキ消しで消すこともできる。ペンが汚れたらアスコルビン酸できれいに落とせる。そして何より万年筆でしか使えない。インクなのです。

機能的な面だけで、古典ブルーブラック不要論をとなえる人もいますが、そもそもそれを言い出したら、何でわざわざ万年筆使うんだってことになりそうな(^^; 個人的にはインクは好みが9割だと思っています。

正直なところ、耐水性、耐光性、耐薬品性が必要な用途では、水性顔料ボールペンをお薦めします。ちなみに私はユニボール VISION ELITEユニボール アイが好きです。

続きを読む

2015-03-28 Sat

ダイソーのiPad mini用クッションケースが中々良いので2個買った。

| ダイソーのiPad mini用クッションケースが中々良いので2個買った。を含むブックマーク ダイソーのiPad mini用クッションケースが中々良いので2個買った。のブックマークコメント

クッション記事で、機器をスポンと入れて、簡単なフリップの蓋もある。iPad mini用ということだけれど、色々な機器に使える大きさ。

f:id:pgary:20150328214238j:image

今は、久し振りに出してきたNetwalkerとSIIの電子辞書に使っている。

f:id:pgary:20150328214237j:image

黒っぽい方は実際はこげ茶に青のラインで良い配色、でも、最初似合わないかなと思っていた赤の方が、鞄の中で見つけやすくて重宝している。

2015-03-15 Sun

Linux Mint 17.1 xfce版の日本語入力など初期設定

| Linux Mint 17.1 xfce版の日本語入力など初期設定を含むブックマーク Linux Mint 17.1 xfce版の日本語入力など初期設定のブックマークコメント

拾ってきたパソコンにLinux Mintを入れる遊びを始めてから、パソコンが増えてきた、やばい。万年筆もそうだけど、同時に使える数は限られているので、そんなに何台もはいらないのだが、つい増やしてしまう。

Linuxディストリビューションをいろいろ試してみて、シンプルなデザインが気に入って、Linux Mintのxfce版を使っている。MATE版よりxfce版の方がXPなどのWindowsに操作に近い感じがする。

Linux Mintはインストールするだけで、日本語が読めるようになっているけれど、日本語入力のためにはインストールが必要。以前インストールした記憶を元に、Synapticパッケージマネージャーでfcitx-mozcを検索して入れたら設定ツールなど入らなかったので、調べたら先に下記の設定をしておく必要があった。

設定 - 設定 を選び、依存関係で推奨したパッケージを考慮するを有効にします。

ここで一度再読込を行い、設定を反映させます。

日本語化 - リナックスミントをつかおう

また、いじっているうちに、タスクバーの右下に表示されるネットワークや音量のアイコンが消えたので、復活させる設定を探したら、ツールバー右クリック>パネル>パネルの設定>アイテム でインジケータープラグインを追加することで出てきました。

2015-03-14 Sat

子供の頃からずっと見てみたかった、おもちゃの缶詰が届いた。

| 子供の頃からずっと見てみたかった、おもちゃの缶詰が届いた。を含むブックマーク 子供の頃からずっと見てみたかった、おもちゃの缶詰が届いた。のブックマークコメント

20個入りの箱買いをすることで銀のエンゼル5枚ゲットしました。20個に1個銀のエンゼルが入っていることは分かったけど、金のエンゼルは出なかった。つまり100個買いました^^;

f:id:pgary:20150315134610j:image

白星白星 2015/03/24 09:32 凄い〜〜!懐かしい〜!(笑)
4歳の頃は、黄金バットマントが入ってました。それをつけてラジオ体操に行ったのを覚えてます。グリコが10円の頃(笑)
2ヶ月お小遣い貯めてライダースナックを箱で買った時は、1枚しかライダーカードが入ってなくて、ハズレでした(笑)
面白かった昭和(笑)

pgarypgary 2015/03/25 07:48 白星さん、こんにちは。
自分はおもちゃの缶詰といえば、田中星児さんのイメージで、丸い缶だと思っていたのですが、今は丸くないんですね。

2015-03-13 Fri

2015-03-11 Wed

MacBook Pro retina 13インチの設定 mid 2014だけどね。

| MacBook Pro retina 13インチの設定 mid 2014だけどね。を含むブックマーク MacBook Pro retina 13インチの設定 mid 2014だけどね。のブックマークコメント

2月24日に発表があるかもという噂があったけど何も無かったので、MacBook Pro retina 13インチをApple Storeで見積もる遊びをしているうちに、ついポチってしまった。そしたら次の日に3月9日のイベントが発表され、あれよあれよと言う間に3月9日にmid 2014のMacBookが届く。それから十数時間後には、early 2015のMacBook Pro retina 13インチが発売されて、1日経たずに旧機種になってしまった^^;

昔からMacをベストのタイミングで買えたことが無いので、3月9日のイベントが発表された時点で嫌な予感はしていたんですよね。ただ今回は円安補正による値上げも同時だったので、心の折り合いは若干つけやすいです。

mid 2014はMacBook Pro retina 13インチの真ん中のやつを16Gメモリにして、USキーボードにしたもの。これまでのメイン機はlate 2010のMacBook Air 13インチで今でも十分使えるのだけれど、時々キーボードからの入力がパラパラと劇遅になることがある、メモリが4Gしか無いからだと思うので16Gにしてみた。USキーボードなのは、せっかくApple Storeから買うのだからと毎回やっている。

MacBook Airへの移行の時は結局移行アシスタントでそのまま丸ごと移行してしまった。MacBook 白 early 2006 → MacBook アルミ late 2008 → MacBook Air late 2010と3世代もそのまま移行していたので、今回は一からボチボチと設定しはじめることにした、その記録。

MacBook Airを購入したら一から設定をやり直そうとか考えていたけれど、やっぱり今回もTime Machineからの移行をやってしまった。 - 趣味と物欲

  1. 最初の起動、移行を選ばすに普通にユーザーとパスワードを決める。
  2. 途中でApple IDを聞かれる、よく見るとApple IDとiCloudで別のIDとパスワードを使うという選択肢があるので、そちらを選んで入力する。
  3. Mail.appのメールは、/user/Library/Mail/V2 以下を外付HDDにコピーして新しいMacの同じフォルダに上書きする。ライブラリFinderの移動メニューをoptionキー押しながら開くと出てくる。
  4. Mail.appの設定はiCloud経由で設定されたようで、そのまま使えた。
  5. App Storeアップデート
  6. Office:Mac 2011を入れる。Officeのアップデート。
  7. FireFox入れる。Syncは使っていないのでブックマークのみ書き出したものを読みこんで移行。
  8. アンチウイルスソフトを入れる。
  9. AquaSKKを入れる。みずぴーさんによるretina対応版 AquaSKK 4.2.3(Retina対応) - みずぴー日記
  10. キーボードの入力ソースにAquaSKKの「ひらかな、カタカナ、全角英数、ASCII」を追加。
  11. SKK入れたことで、キーボードの設定をしていないことに気づく。キーボードの修飾キーでCapsをControlにする。
  12. 同じく、キーボードの設定から、「F1、F2などのすべてのキーを標準のファンクションキーとして使用」と「メニューバーにキーボードビューアと文字ビューアを表示」にチェックを入れる。
  13. App StoreからAlfred入れる。Spotlight検索のキーボードショートカットをオフにしてAlfredに割り当てる。
  14. Dockを左に移動。
  15. アクセシビリティのディスプレイで透明度を下げる。
  16. DropboxとEvernoteを入れる。
  17. Papersを入れる。Papers
  18. CotEditorを入れる。CotEditor -Text Editor for OS X
  19. App StoreからTransmitを入れる。
  20. GraphPad Prismを入れる。Home - graphpad.com

2015-03-09 Mon

1962年の暮しの手帖 ブルーブラックインクの記事

| 1962年の暮しの手帖 ブルーブラックインクの記事を含むブックマーク 1962年の暮しの手帖 ブルーブラックインクの記事のブックマークコメント

masahiro万年筆製作所のブログの『暮しの手帖』の万年筆記事というエントリで、昭和37年5月号の暮しの手帖にブルーブラックの記事が載っていると知り、探していたのですが、ようやく古本で手に入れることができました。

f:id:pgary:20150314195118j:image

「インクは国産品で十分です」という記事で、「アテナ・セーラー・パイロット・プラチナをテストしました」と副題が付いています。

f:id:pgary:20150314195119j:image

丸善アテナエース60cc50円
セーラーセーラーインキ30cc30円
パイロットパイロットインキ60cc60円
プラチナプラチナインク60cc50円

上記のインクのうち、アテナエースは廃盤、パイロットとセーラーのインキはいずれも染料に変わっていますので、当時と同じ所謂古典的なブルーブラックで残っているのはプラチナのみです。

万年筆ではなくて、鉄の付けペンをインクの中に漬けて重さの変化を測定し、腐食性を試験しています。またグルグルと書いた筆跡の紙の半分を水に漬けて耐水性を試験しています。

腐食性は大差ないけれど、若干プラチナに腐食が目立つ、また耐水性の良いものから並べると、パイロット>セーラー>アテナエース>プラチナとなったそうです。

インクを購入するときの注意点として、瓶をよく透かして見てから買うこととあり、アテナエースは5個中5個、セーラーは15個中14個に、ごくわずかながらカスが入っていたそうです。

印象的だったのは、

大事な記録を後世まで残したいというときには、インクではまずダメで、墨の方がずっと長い保存がきくということはご承知の通りです。

と書かれていたことで、役所などで、正式なインクとしてブルーブラックが推奨されていたこの当時でも、記録を長期間残すには、ブルーブラックインクよりも墨の方が優れているということが、一般的な意見だったということです。

ちなみにこの号の暮しの手帖の価格は190円、インクが50円とか60円なので結構高い?

1962年は、リポビタンD発売、YS-11完成、堀江謙一氏ヨットによる太平洋単独横断成功、映画は椿三十郎、万年筆関係では、ヌラヌラの山口瞳氏が直木賞受賞など。

面白かったらポチっとお願いします(^^)/ にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ