Hatena::ブログ(Diary)

趣味と物欲 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

「たのみこむ&復刊ドットコム_観てみたい、読んでみたいものがあったら投票お願いします(^^)」

面白かったらポチっとお願いします(^^)/ にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ
Subscribe with livedoor Reader Twitter

2050-01-01 Sat

古典ブルーブラックインク関係の記事で主なものを未来の日付で紹介します。

| 古典ブルーブラックインク関係の記事で主なものを未来の日付で紹介します。を含むブックマーク 古典ブルーブラックインク関係の記事で主なものを未来の日付で紹介します。のブックマークコメント

※ この記事は先頭に来るように未来の日付で書いてあるので、本当の最新記事はこの次です↓

鉄を含む万年筆用インクである古典ブルーブラックインクについて、色々な実験をし、記事を書いているのですが自分でも何を書いたか、どこに書いたか分からなくなることがあるので、ブログのトップに表示されるように未来の日付でここに纏めておきます。

古典ブルーブラックという言葉は、2chのインクスレが起源のようです(古典ブルーブラックという便利な言葉 - 趣味と物欲)。

古典ブルーブラックは、そこそこの耐水性・耐光性はある。比較的裏抜けや滲み難い。書いた後の色の変化が楽しめる。昔ながらのインキ消しで消すこともできる。ペンが汚れたらアスコルビン酸できれいに落とせる。そして何より万年筆でしか使えない。インクなのです。

機能的な面だけで、古典ブルーブラック不要論をとなえる人もいますが、そもそもそれを言い出したら、何でわざわざ万年筆使うんだってことになりそうな(^^; 個人的にはインクは好みが9割だと思っています。

正直なところ、耐水性、耐光性、耐薬品性が必要な用途では、水性顔料ボールペンをお薦めします。ちなみに私はユニボール VISION ELITEユニボール アイが好きです。

そして最近では、油性顔料ボールペン ぺんてる ローリーヌルヌル感が癖になってきて、ユニボール VISION ELITEと気分で使い分けています。

続きを読む

継蓬継蓬 2015/05/27 12:06 がりぃさん、はじめまして。

いつも有益な情報発信ありがとうございます。楽しく拝読させて頂いております。

ご存知かもしれませんが、先日こんな記載を見つけました;
http://www.youhishi.com/shop.html#ink

...生皮をレザーにする成分が含まれているため、羊皮紙に書くことで文字部分が表面的に「レザー化」するため、文字が消えにくくなるインクです...

ちょっと分かりづらい言い回しですが、要するにインクに含まれるタンニンが革を鞣した状態にするということですね(タンニンは鞣すのtanからきています)。
http://ja.wikipedia.org/wiki/タンニン

古典インクに含まれるタンニンの役割が鉄の酸化と革を鞣すという二重の目的があったとしたら、周到なアイデアです。
また、時代がかなり下っても各種証明書などに羊皮紙は使われていたそうですから、公文書品質登記官用インク(Registrars' Ink)というのは羊皮紙用インクとほぼ同義語だったのかも知れませんね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/没食子インク

尚、Wikipediaのパリンプセストで実例を見ることのできる白い文字は、鞣された部分かも知れません。
http://ja.m.wikipedia.org/wiki/パリンプセスト

pgarypgary 2015/05/27 22:20 継蓬 さん、こんにちは。
情報のご提供をいただきありがとうございます。
伊達ペン倶楽部の継蓬 さんでしょうか、仙台のWAGNERは色々独自の企画があって盛況なので、いつか行ってみたいと思っています。
タンニンの言葉の由来は知っていたのですが、それにより羊皮紙が鞣された状態になるというところまでは考えていませんでした。
皮への筆記では、以前どこで見かけたのだったか、「鉄釘のようなもので皮に字を書き、植物から取ったタンニンの液に漬けて文字を浮き出させる」という方法があるというのを聞いたことがありました。
http://d.hatena.ne.jp/pgary/20120914/p1
また、パイロットの「インキと科學」には、革の上に書くインキとして、「タンニン酸液に革を浸し、乾燥させ、硫酸第一鉄の液で字を書く」という方法が紹介してありました。
また、ご紹介いただいた、Wikipediaのパリンプセストのページによりますと、「羊皮紙に書かれた文字は、オレンジの絞り汁と海綿を使えば簡単に消すことができる。」とあるので、これはタンニン酸鉄(没食子酸鉄)を可溶化して、海面のスポンジで吸いとっているようですね。
ひさしぶりに、「萬年筆の科學」と「インキの科學」を読み直してみましたが、羊皮紙にも言及しているところがあり、古今東西の書くという行為に関して本当に良く調べてあると感動を覚えます。
エイ出版あたりから復刊してくれないかな。

2015-05-21 Thu

Windows用Markdownエディターでオープンソースのもの

| Windows用Markdownエディターでオープンソースのものを含むブックマーク Windows用Markdownエディターでオープンソースのもののブックマークコメント

IBM Security Trusteer Rapportについて調べる。

| IBM Security Trusteer Rapportについて調べる。を含むブックマーク IBM Security Trusteer Rapportについて調べる。のブックマークコメント

無料だけど、採用している銀行を使っている人だけ使える?

2015-05-20 Wed

万年筆インクが使えるモンテベルデのメガインクボールは直接インクが吸えるんです。

| 万年筆インクが使えるモンテベルデのメガインクボールは直接インクが吸えるんです。を含むブックマーク 万年筆インクが使えるモンテベルデのメガインクボールは直接インクが吸えるんです。のブックマークコメント

以前紹介したモンテベルデのメガインクボール(ローラーボール)はコンバーターを付けて、直接ペン先からインクを吸入できるので、そういう物だと思っていたら、カキモリなどのローラーボールは吸えないと教えていただきました。

モンテベルデ メガインクボールにパイロットのブルーブラックを入れて耐水性のペンにする。 - 趣味と物欲

インクを入れるときは、コンバーターで直接吸い上げます。

前略 カキモリより Blog Archive カキモリのローラーボール 販売開始しました。

確かにカキモリの公式ページには、コンバーターを外して、コンバーター単体で吸入するように書かれていました。

f:id:pgary:20150520214355j:image

モンテベルデのメガインクボールは分解すると、こんなパーツで構成されています。

f:id:pgary:20150520215136j:image

ペン先だけインクに漬けていれば吸入可能です。

f:id:pgary:20150520215134j:imagef:id:pgary:20150520215133j:image

ペン先の周りの丸い部分から吸入しています。コンバーターを逆に回したら、そこからインクが出てきました。

2015-05-17 Sun

LOOX U/C40でもLinux Mint、やっと音の問題を解決

| LOOX U/C40でもLinux Mint、やっと音の問題を解決を含むブックマーク LOOX U/C40でもLinux Mint、やっと音の問題を解決のブックマークコメント

うちのLOOX Uは、富士通直販のU/C40N XPモデルで、Atom Z530、メモリ 1G、HDDはZIFのSSD換装しています(LOOX UにSSDを入れて、でっかいザウルスにする)。XPのサポートは終了したので、例によってLinux Mint入れようぜということになるのですが、GMA500というチップセットLinuxでは鬼門なので、ちょっと面倒です。

ただ先人の皆様のおかげで、画面の解像度的なことはLinux Mintではあまり悩まずに解決できました。5.6型で1280x800という当時としては高精細の画面がちゃんと活かされています。

さすがにそのままだと目が辛いので、設定>外観からdpiを120に変更しました。

f:id:pgary:20150519222640j:image

サスペンドさせると画面が黒くなったまま復帰しないのですが、ハイバネートの方は動作します。

その他、画面を回転させたときのポインティングデバイスの動作変更やキーボードライト、指紋認証など動かないものもありますが、普通のパソコンとして使う分には問題ありません。

最後まで残っていた問題がサウンド関係でした。

sudo gedit /etc/modprobe.d/snd-hda-intel.conf として、下記の設定を書きます。

options snd-hda-intel enable_msi=0

options snd-hda-intel model=auto

音は出るようになるのですが、Youtubeを見てみると、音が途切れ途切れになってしまいます。

この原因がなかなか分からなかったのですが、pulseaudioを停めるのがみそでした。

sudo gedit /etc/pulse/client.conf として、下記の設定を書きます。

autospawn = no

Youtubeもニコニコも小さい画面ならあまりカクツキもなく観ることができます。最大化するとちょっと辛いです。

2015-05-16 Sat

MarkdownエディタとしてLinuxにAtomを入れてみよう。

| MarkdownエディタとしてLinuxにAtomを入れてみよう。を含むブックマーク MarkdownエディタとしてLinuxにAtomを入れてみよう。のブックマークコメント

入れただけだとフォントが化け化けです。

2015-05-10 Sun

ヤフオクドーム何個分?

ヤフオクドーム何個分?を含むブックマーク ヤフオクドーム何個分?のブックマークコメント

東京ドームとかいう謎単位

ほんとだドーム球場はヤフオクドーム(福岡ドーム)しか行ったことがないので、今まで東京ドーム何個分と聞いたら、何となく福岡ドームでイメージしていたんだけれど。

建築面積は46,755m2、容積は約124万m3

東京ドーム - Wikipedia

建築面積は69,130m2

福岡ドーム - Wikipedia

建築面積だとヤフードームの方が約1.48倍大きいから、これからは控えめにイメージしないといけないですね。

2015-05-08 Fri

トラックボーラーとしてお安めのトラックボール3つを比較してみた。

| トラックボーラーとしてお安めのトラックボール3つを比較してみた。を含むブックマーク トラックボーラーとしてお安めのトラックボール3つを比較してみた。のブックマークコメント

1年弱くらいLOGICOOLのM570tという親指トラックボールを使っていました。ARCHISSの茶軸のキーボードを購入し、MacBook Airで使うようになってから、ポインティングデバイスも必要なので一緒に使っていました。単独で話題にはしていなかったようで、ELECOM ワイヤレスタッチパッド M-TP01DSWHを試したときに、ちらっとだけ話に出していました。

それまでトラックボールは、ボールが中央にあるLogicool マーブルマウスを使っていたので、親指トラックボールの操作感はどうかと思っていたのですが、M570tにはすぐに慣れました。M570tに不満は無かったのですが、ボールを取り出して掃除しようと、ひっくり返した時にうっかり落としてしまい、左ボタンが少し浮いてしまいました。

f:id:pgary:20150508184546j:image

この状態でもクリックはできますし、使えないことは無いのですが、微妙に深く押さないといけなくて違和感があるので、買い直すことにしました。

f:id:pgary:20150508184545j:image

M570tが一応まだ使える状態なので、同じものを買うのもと思い、若干安いELECOMEX-G (M-XT1DRBK)を買ってみました。レビューを見ると、M570tに比べて、カーソルの動きが悪いという書き込みがあったのですが、ボールをM570tの青いものと取り替えると改善されるという書き込みもあったので、最悪交換すれば良いかと買ってみました。

心配していたカーソルの動きは、ボールの交換などせずとも問題ありませんでした。M570tよりボールが少しだけ側面に付いているため、私の持ち方だと手の筋が楽な感じで、なかなか良かったのですが、ホイールが今一でした。

ホイールの見た目はLOGICOOLっぽくて、良く回りそうなのですが、実際にはガクガクしていて、思ったところにスクロールできません。ストレスが溜ってだめでした。

f:id:pgary:20150508184544j:image

そこでトラックボールの老舗、ケンジントンのOrbitTrackball with Scroll Ringを買ってみました。有線ということもあり、この3つの中では一番安いです。ケンジントンですし、ボールの動きはまったく問題ありません。ボタンはシンプルに二つ、スクロールはボールの回りの灰色の部分が回せるようになっていて、これでスクロールします。このスクロールリングが思ったところに止められて、速くも遅くも自由自在で非常に使いやすいです。

画像左側にあるのは、後ろに繋いで使うパームレストですが、私の持ち方では、パームレストが無い方が楽だったので付けずに使っています。

面白かったらポチっとお願いします(^^)/ にほんブログ村 その他趣味ブログ 趣味文具へ