Hatena::ブログ(Diary)

風雲童話城ブログ

2018-07-17

[][][][]【更新2018/7/17】『ガラスの梨 ちいやんの戦争』#ポプラ社 について、大好きな作家さんたちが呟いて下さいました!

f:id:rieko-k:20180626182414j:image:left

作家/工藤純子さん↓

『ガラスの梨 ちいやんの戦争』(ポプラ社)越水利江子著、読了。数々の賞を受賞した著者の名作を彷彿させる筆致がすばらしく、戦争の悲惨さに涙しました。その人物の描き方は確かで、成年兄やんが戦死したとき、わたしも涙が…。大阪の大空襲がリアルで生々しく、著者の思いの深さを痛感しました。

 画家・漫画家/栗城祥子‏ さん↓

栗城祥子‏ @edokurigarden 「ガラスの梨 ちいやんの戦争」越水利江子著 読了 ちいやんの幸福な暮らしに少しずつ戦争の影が忍び寄り、皆を悲劇と困窮の中に突き落とす。成年兄やん、キラとクリ、ちいちゃん、ねずみのおっちゃん…優しく鮮やかに描かれた笑生子の生活が壊されていく様は辛いけど読後、心に希望と強さが残る。あと読んでいる時、戦争の経過がしっかり頭に残るのに驚かされます。あとがきにもその後の世界の戦争の歴史が記されていて、戦争が決して過去のものではないと訴えかけてきます。骨太の小説です。出来るだけ多くの子どもたち、そして大人たちに読んでほしい。

作家/小林栗奈さん↓

kurina1412『ガラスの梨』を拝読しました。成年兄やんとクリの「冷やし馬」のシーンが心に残りました。両親の生きた時代です。国家や政治よりも、近所の人や、みんな(特に声が大きい人)が恐ろしい存在であると痛感しました。過去も現代も未来も。

切り絵作家/久保修さんのブログ【久保修の徒然日記】↓

https://kubodiary.exblog.jp/238657433/

作家/佐藤竜一さん↓

越水利江子『ガラスの梨 ちいやんの戦争』(ポプラ社)読了。大阪大空襲など、戦争下の人々の生活もようがリアルに再現されていた。戦争は人々の命を奪い、生活を困窮させ、人心の離反を招く。読後、平和の尊さを改めて思った。#越水利江子 #ポプラ社 #ガラスの梨

越水利江子『ガラスの梨 ちいやんの戦争』(ポプラ社)。丹念な取材と行き届いた調査の上に書かれた本。戦争下の金属供出については知っていたが、犬の肉を兵隊に食べさせるため、犬の献納運動が行われたなんて初めて知った。#越水利江子 #ポプラ社 #ガラスの梨 

作家/佐々木ひとみさんのブログ【つれづれ草子】↓

http://kogensha.seesaa.net/article/460465944.html

作家/令丈ヒロ子さん↓(『若おかみは小学生』がアニメ放送中)

作家越水利江子の、渾身の一冊。"ガラスの梨 ちいやんの戦争''ポプラ社 刊。戦争中の関西の家族の生活が丁寧に描かれている。登場人物がそれぞれの生き方をするが、どの人間をも丸ごと包むような作者の視点が、話を大きなものにしていると感じた。たくさんの子ども読者、大人に読んでほしい。

作家/石黒謙吾さん

↓ さっきAmazonから届きました。わたなべひろこさんのカバーデザイン見て、これはいい本に違いないと直感で購入。わたなべさん情報で編集者も知人だったと知る!以前の版元でお世話になっていた女性編集者。こういう本を残していると心が澄んでいくだろうな。

f:id:rieko-k:20180626180550j:image:left

感激しています〜ありがとうございます❣

利き蜜師物語 銀蜂の目覚め

利き蜜師物語 銀蜂の目覚め

2018-07-07

[][][][]【更新2018/7/14】『ガラスの梨 ちいやんの戦争』#ポプラ社 について、大好きな作家さんたちが呟いて下さいました!

f:id:rieko-k:20180626182414j:image:left

作家/佐藤竜一さん↓

越水利江子『ガラスの梨 ちいやんの戦争』(ポプラ社)読了。大阪大空襲など、戦争下の人々の生活もようがリアルに再現されていた。戦争は人々の命を奪い、生活を困窮させ、人心の離反を招く。読後、平和の尊さを改めて思った。#越水利江子 #ポプラ社 #ガラスの梨

越水利江子『ガラスの梨 ちいやんの戦争』(ポプラ社)。丹念な取材と行き届いた調査の上に書かれた本。戦争下の金属供出については知っていたが、犬の肉を兵隊に食べさせるため、犬の献納運動が行われたなんて初めて知った。#越水利江子 #ポプラ社 #ガラスの梨 

作家/佐々木ひとみさんのブログ【つれづれ草子】↓

http://kogensha.seesaa.net/article/460465944.html

作家/令丈ヒロ子さん↓(『若おかみは小学生』がアニメ放送中)

作家越水利江子の、渾身の一冊。"ガラスの梨 ちいやんの戦争''ポプラ社 刊。戦争中の関西の家族の生活が丁寧に描かれている。登場人物がそれぞれの生き方をするが、どの人間をも丸ごと包むような作者の視点が、話を大きなものにしていると感じた。たくさんの子ども読者、大人に読んでほしい。

作家/石黒謙吾さん

↓ さっきAmazonから届きました。わたなべひろこさんのカバーデザイン見て、これはいい本に違いないと直感で購入。わたなべさん情報で編集者も知人だったと知る!以前の版元でお世話になっていた女性編集者。こういう本を残していると心が澄んでいくだろうな。

f:id:rieko-k:20180626180550j:image:left

感激しています〜ありがとうございます❣

[][][][]『結び蝶物語』#あかね書房

f:id:rieko-k:20180707142244j:image:left

結び蝶物語

結び蝶物語

私と同じ年に新人賞を得てデビューされた横山充男さんの新刊です。これまで、歴史ファンタジーシリーズの数々を世に送り出してきた作家だからこそ、現代と過ぎ去りし世の人々の魂をめぐり合わせ、さらに、つないでゆく物語を書いてくれました。殺伐とした現代でも、ロマンと出逢わせてくれる断片は、そこここに落ちていると気付かせてくれる一冊です。

中学生のあかりは、祖母の家で「二ツ蝶」の家紋に出会い、自分のルーツに興味を抱く。残っていた資料を調べたあかりは、滋賀の高宮神社、兵庫の生石神社、京都の下御霊神社を訪ね、その場でスケッチをしながら先祖に思いをはせると……。戦国時代の徳川家康と少女、古墳時代の石工職人と巫女、幕末から明治にかけての坂本龍馬と菓子屋の孫娘と、時空を超えた先祖たちの三つの物語を、子孫である主人公のあかりがつなげていく。 (BOOKデータより)

2018-07-06

[][][]『兄ちゃんは戦国武将!』#くもん出版 文/佐々木ひとみ・絵/浮雲宇一

f:id:rieko-k:20180707144826j:image:left

あの東北大震災の地震と津波を思い浮かべながら読みました。家族に相談もなく、勝手に、仙台のおもてなし武将隊に入ってしまった兄の夏樹を、お兄ちゃんが大好きだったからこそ、弟の春樹はどうしても理解できないのです。そんな春樹が、幼い頃のお兄ちゃんを思い出し、つい、追いかけて駆け出してしまって、お兄ちゃんの服のすそをギュッとつかんだまま涙ぐむシーンに、私まで泣きそうになりました。

あの地震、津波は、東北だけでなく日本中の人たちに、悲しみと恐怖をうえつけました。だからこそ、胸に迫る色々があったのだと思います。実在する「奥州・仙台・おもてなし集団伊達武将隊」を、心から応援したいと思いました❣

「どんなときも政宗公であることで、おれはこのまちの力になりたいと思ってる」…ある日届いた戦国大名・伊達政宗からの手紙。手紙を出したのは音信不通だった兄・夏樹だった。弟の春樹は兄に会いに行ったが大人のクセにコスプレみたいな格好で、チャンバラごっこをしている兄のことが恥ずかしく…(BOOKデータベースより)

2018-07-04

[][][][]『ミジンコでございます。』#フレーベル館 文/佐藤まどか・絵/山村浩二

f:id:rieko-k:20180704212349j:image:w360:left

小さな小さな命だって、このでっかい地球を支えている!小さな魚がミジンコを食べ、小さな魚を大きな魚が食べて……そんな食物連鎖の頂点にいる人間も、ミジンコのおかげで生きられる。

人間は、顕微鏡で見ないとミジンコがどんな姿をしているかも良く見えないけれど、

小っちゃすぎるミジンコを食べたりもしないけれど、命の循環の中では、どんなに小さくても、大きな大きな存在のちっちゃなミジンコ。

そう気づかされる絵本です。子どもたちにおすすめ❣

みんなみんな、いきている。

そして、「だれか」とつながっているんだ。

2018-06-26

[][][][]7月3日発売『ガラスの梨 ちいやんの戦争』#ポプラ社 見本が届きました!

f:id:rieko-k:20180626182414j:image:leftf:id:rieko-k:20180626180550j:image:left

とても美しい一冊になっていました。感動です。

かの戦争の悲惨に心を痛めながら、だからこそ、書かねばならないと、二年がかりで仕上げた物語です。

画家の牧野千穂さんも、お心を痛めつつ描いて下さったそうです。そして、物語の最後に、ほっと癒されたと。……そのお言葉に、私も癒されました。

担当編集さんも、版元さんも、精一杯力を尽くして下さいました。子どもたちにも、お父さんお母さんにも読んで頂ける一冊です。どうぞ、皆さま、親子で読んでく下さいませ。

2018-06-25

[][][]子どもの本ブックフェア(ほんのおまつり2018)が開催されます。

f:id:rieko-k:20180625151107j:image:left

五万冊の本に出逢えます❣

期間/2018年7月22日から24日まで。

時間/10:00~17:00)(最終日は16:00まで)

場所/京都市勧業館(みやこめっせ)第2展示場↓

https://www.miyakomesse.jp/

2018-06-21

[][][][]『ベートーベン』#学研プラス 見本が届きました!

f:id:rieko-k:20180620235329j:image:leftただ今、予約受付中です↓

ベートーベン (やさしく読める ビジュアル伝記)越水利江子

固定リンク: http://amzn.asia/iHeB0MV

【やさしく読める! ビジュアルで楽しめる! 新しい読み物伝記登場】

今から200年ほど前に、ドイツに生まれ、やがて美しい、世界的な名曲を作るベートーベンの伝記物語です。

小さなころから家がまずしく、努力をつみかさねて音楽家になりましたが、病気で、だんだんと音がきこえなくなります――。

1、カラーイラストがいっぱい! カラーイラストをたっぷり掲載。人物や人物が生きた時代について理解を深める手助けをします。

2、ひとめでわかる「人物ガイド」巻頭に図解ぺージつき。ベートーベンや、本文に登場する人物の紹介など、本文を読む前にイメージがわきます。

3、ひみつがいっぱい「ベートーベン新聞」ベートーベンについてのびっくりエピソードや、ゆかりのある場所の写真紹介など、人物についてもっと理解が深まる新聞です。ベートーベンの名曲クイズや、おさらいできる年表も掲載。(BOOKデータより)

2018-06-19

[][][][]『ガラスの梨 ちいやんの戦争』#ポプラ社 の配本は7月2日。予約が始まってます!

f:id:rieko-k:20180604133447j:image:left

親子で読んで 語り合ってほしい。

戦争のこと、家族のこと、このさきの平和について。

(以下はポプラ社さんが作って下さったリリース資料です)

昭和20年3月13日。大阪・御堂筋が火の川となった日。

鳴り響く空襲警報、雨のように降りそそぐ焼夷弾……。

あの時代、大阪にも大空襲があったことを、あなたは知っているだろうか?

今こそ読んでほしい本格的戦争児童文学!

【あらすじ】昭和16年。小学3年生の笑生子(えいこ)は、国民学校に通う女の子。「ちいやん」と呼ばれて、かわいがられている。働き者の両親と、京都に住む長女の澄恵美(すえみ)、今は家庭を持って別に暮らしている厳格な長男の正義(まさよし)、いつでも心やさしく家族を助けてくれる次男の成年(なるとし)、電車の車掌をしているモダンでマイペースな次女の雅子、わがままだけど愛嬌いっぱいの弟の春男という家族にかこまれ、しあわせに暮らしていた。しかし、徐々に戦争の影がしのびよる。大好きだった成年の戦死、成年が手伝っていた天王寺動物園の閉鎖、建物疎開で離ればなれになってしまった仲良しの千代ちゃん……戦争は笑生子から少しずつかけがえのないものを奪っていく。だからこそ、春男が拾ってきた子犬のキラを必死に守ろうとする笑生子。しかし、大阪の空をB29の大群が襲いかかる。火の海となった大阪の街で、焼き尽くされた笑生子の家。澄恵美と成年に買ってもらったガラスのままごと道具は燃え溶けてしまったけれど、成年が「おいしそうだ」と言ったガラスの梨だけが焼け跡から見つかる。小さなガラスの梨をお守りにして、笑生子は姉兄の思いを胸に、強く生きていく――。戦争のこと、家族のこと、このさきの平和について。

f:id:rieko-k:20180619134203j:image:left

2018-06-10

[][][]『カラスのジョンソン』著/ドリアン助川

『うばかわ姫』#白泉社 と『あん』#ポプラ社 を新聞紙面に一緒にご紹介下さった那須田淳さんのご縁で、感動的な物語を読む事ができました。

f:id:rieko-k:20180610132458j:image:left生きとし生きる者に、変わらぬ愛をそそぐ視点に、この作家さんに出逢えて、心から良かったと思いました。弱く踏付けにされた命に、人間もカラスも変わりないのだと伝えてくれるこの物語に、ぜひいつか、子どもたちも出会ってほしい。そして、弱くとも踏付けにされようとも、歯を食いしばって、光に向かってほしい!

そう願いながら読み終えた今、私はただ泣いています。

かつて読んだムツゴロウさんの本に書かれていたカラスの利口さを知っていたので、人のごとく愛し、葛藤するカラスの姿にも違和感はありませんでした。一方で、孤独な子どもである陽一の無垢な悲しみも重なって……深く深く胸に迫りました。

小学生の陽一は、傷ついたカラスの幼鳥を「ジョンソン」と名付け、母と暮らす団地でこっそり飼い始める。次第に元気になっていくジョンソン。だが、「飼ってはならない鳥」はやがて、人間たちの過酷な仕打ちを受けることに―。少年の素朴な生命愛が胸を打つ現代の神話。

(BOOKデータより)

YAブッククリップ:読売KODOMO - 風雲童話城ブログのページ↓クリック❣ http://d.hatena.ne.jp/rieko-k/20160203/P2

うばかわ姫 (招き猫文庫)

うばかわ姫 (招き猫文庫)

([と]1-2)あん (ポプラ文庫)

([と]1-2)あん (ポプラ文庫)

2018-06-05

[]市民による平和運動の原点を描いた群像劇。1963年に広島で初上演された「河」が、京都で上演されます

9月8日(土)9日(日)京都、黎明会館3Fホールにて。

今からでもおそくはない。

あなたのほんとうの力を

ふるい起こすのはおそくはない。

くずれぬ平和、ああその日、その日はいつか…

f:id:rieko-k:20180605004739j:image

私達は戦争を知っているのか?

原爆を知っているのか?

戦争体験者が失われつつある現代に問う

詩人/峠三吉と駆けた青春群像劇の名作舞台「河」54年ぶりの京都公演です!

入場料/一般2500円 大学生/1500円 高校生以下/1000円(当日+500円)

主催/2018「河」京都上演委員会/広島文学資料保全の会☎ファクス082-291-7615

協力/四國五郎追悼の会/三人社

f:id:rieko-k:20180605004730j:image