Hatena::ブログ(Diary)

風雲童話城ブログ

2016-12-06

[][]『戦国の姫城主 井伊直虎』著/越水利江子・絵/椎名優

発行からほぼ20日。大好きな作家さんたちからも、ご紹介頂いているので、お知らせ致します。

作家/いとうみくさん↓

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1792778297659956&set=a.1616445618626559.1073741827.100007834095311&type=3&theater

作家/堀米薫さん↓

http://khori.asablo.jp/blog/2016/12/02/8266455

作家/高橋秀雄さん↓

http://red.ap.teacup.com/busofmoonnight/3568.html

(※附則 亀之丞は、直虎の祖父の兄弟の息子です。)

作家/佐藤竜一先生のツイート↓

佐藤竜一 @12842987

越水利江子『戦国の姫城主 井伊直虎』(角川つばさ文庫)を一気に読了。子供向けの本だが、時代背景や人物のつながりがしっかりと描かれていて、大人も十分に楽しめる。ℕHK大河ドラマの入門書として読むとよいと思います。#越水利江子 #井伊直虎 via Twitter Web Client

佐藤竜一 @12842987

徳川家康の側近だった井伊直政や安政の大獄で有名な井伊直弼についてはある程度知っていたが、井伊直虎のことは越水利江子『戦国の姫城主 井伊直虎』(角川つばさ文庫)で初めて知った。井伊家のルーツがわかりやすく紹介されていた。#越水利江子 #角川つばさ文庫

角川書店『戦国の姫城主 井伊直虎』の特設ページ↓

http://www.tsubasabunko.jp/special/sp1611-a.php

『戦国の姫城主 井伊直虎』の掲示板↓

http://www.tsubasabunko.jp/bookdetails/?pcd=321606000623

2016-12-02

[][]葛飾北斎 世界を驚かせた浮世絵師』著/芝田勝茂

七十二歳にして「富嶽三十六景」をかいて江戸っ子の度肝をぬき、すべてのものを「絵」というわくのなかにうつしとろうとした北斎。アメリカの有名な雑誌は「この一千年間で、世界の人びとに影響をあたえた百人」の中に、日本人からただひとり、葛飾北斎を選びました。かれこそは、今、世界中の若者に愛されている、日本のマンガ文化の先駆けでもあったのです。(BOOKデータより)

北斎は凄い〜と、日本人なら皆知っているけれど、どれほど凄いのかは、それほどわかっていなかったのかもしれない…と、この本を読んで思いました。

北斎の人生を、幼少時代から丁寧に追ったこの物語は、北斎の凄味を、面白く愉快に、如何なく語り尽くしてくれた気がします。

一方で、ある意味、一種の推理小説のようでもあり、これを読み終えた人は、きっと「あ、そうだったんだ!」と手を打つことでしょう。謎の浮世絵師といえば、思い至るあの人、あの人はいったい……と。

それを知りたかったら、ぜひ読んで下さい。

芸術家として、世界的に有名な北斎ですが、実はそれだけじゃないのです。お上に逆らえば、首が飛ぶ江戸時代に、百姓や町人など、市井の人々にこそ、愛と敬意を注いで生きたこんな凄い日本人がいたことは、今の日本人の誇りでもあります。

どの時代でもえらそうにする政治家、官僚たち(江戸時代は武士ですが…)より、どれほど市井の人々が見事だったかも、この物語で、再発見できると思います。

さすが、私が常々、敬意をこめて、「兄上」とお呼びしている芝田勝茂さんです。子ども向きの伝記だとなめてかかってはいけません。

[][][]新選組土方歳三ご子孫、土方愛さんから、歳さん墓所石田寺のお守り頂きました〜

f:id:rieko-k:20161202103702j:image:left

「…益々のご幸運♡ご活躍を、歳三の生家よりお祈りしております」と、メッセージが…。

今、歳さんの北の戦い編を書きたくて、『月下花伝』『花天新選組』の文庫化してくれる版元を探しているところなので、心に沁みました。

ありがとうございました、愛さま。

感謝致します〜♡

『月下花伝』『花天新選組』の文庫化については、こちらをご覧ください↓

http://d.hatena.ne.jp/rieko-k/20161123/P3

愛さんと↓ さすが歳さんご子孫、美人です〜

f:id:rieko-k:20161202104444j:image:left

2016-11-28

[][][][]フォア文庫那須田淳さん&十々夜さんの『井伊直虎 戦国時代をかけぬけた美少女城主』を読みました。

期せずして、競作になってしまったこの二作。ならばと、『戦国の姫城主 井伊直虎』著/越水利江子(角川つばさ文庫)を書いた作家として、『井伊直虎 戦国時代をかけぬけた美少女城主』著/那須田淳さん(フォア文庫)も読んでみました。きっと那須田さんなら、面白いに違いないから〜

すると、『井伊直虎 戦国時代をかけぬけた美少女城主』は、 直虎の少女時代は「おとわ」という名になっていて、大河ドラマと同じになってます。でも、少女時代のおとわについては、那須田さんの創作も入っていて、先に太閤秀吉となる藤吉郎や、凛々しい少年の竹千代(のちの徳川家康)も登場して面白いです。

私の『戦国の姫城主 井伊直虎』とはまた違っていて、読み比べて頂くと、さらに面白いかも。

でも、この二冊の共通項は、主人公の許婚、亀之丞が美しいこと。そう、史実上も、井伊家の系譜は美形の男子も多いのです。そして、井伊家の歴史上、裏切りの家老とも呼ばれる小野政次を極悪人には描いていないこともあるかもしれません。(二作の描き方は全然違うのですが)

あの時代、それぞれの武士の真をつらぬいた結果が、井伊家への裏切りだったとしても、それは、武士の魂を汚したことにはならないかもしれないと、書きながら、私は思いました。井伊家の真、小野家の真、徳川家康の真……と、それぞれの真が対立して絡み合うのが戦国の世かもしれないからです。

よかったら、読み比べて下さい。一冊だけ読むのより、戦国の世というものの世界が拡がるような気がします。

特に、書き手には、同じネタをどう描くかの勉強になるかもしれません〜

2016-11-27

[][][][]12/6更新 愛とは、存在を愛し抜くこと……

f:id:rieko-k:20161206124533p:image:left←ポスター製作/東洋平さん

物語に秘めた愛を感じて頂けなかった感想を目にして、悲しかった…。なので、『ヴァンパイアの恋人 運命のキスを君に』あとがきをアップします。愛は、受け取る人のハートの深さ、大きさ、そして、柔らかさによって、視えなかったりしますよね…

    愛は、とっても大きなもの(抜粋)

 怖くて、ドキドキするけれど、だからこそ、とってもロマンティックで、危険なラブロマンスが生まれる物語といえば、やはり、美しきヴァンパイアでしょう?

 でも、それは、私にとって、これまでの映画やドラマのヴァンパイア物語とは、一線を画したものでなくてはならなかったのです。

 なぜなら、これまでの映画やドラマのヴァンパイア物語は、狩る者と獲物、あるいは、宿命を呪うヴァンパイアと、恐怖にかられる人々を中心に描いてきました。

 まれに、獲物であるはずの人間と愛し合うヴァンパイアもありましたが、そこにも、常に、越えられない暗い深い闇がよこたわっていました。まあ、それが、ヴァンパイアの醍醐味ですから、そういう怖さも、血の香りも、闇の深さも、宿命の恋をいろどる大切なアイテムでもあるのです。

 でも、私は、それだけでなく、これまで描かれなかった物語をこそ、書きたかったのです。それは、ヴァンパイアと共存する人たちの「愛の物語」です。

 人と人が、思想、信条、民族の違いをのりこえ、戦争や殺し合いの恐怖や痛みさえものりこえて、愛し合うことがあるのなら、人間にとっての究極の異邦人であるヴァンパイアを愛する人たちがいても、人間を愛するヴァンパイアたちがあっても、すこしも不思議ではありません。

 心のある者同士が、たがいの障壁をのりこえ、自分より、相手が大切だと思えるようになったら、それはもう愛なのですから。

 でも、恋するのはかんたんでも、愛するのは難しいかもしれません。

 人を愛すれば、身を削ってでも、その人を護らねばなりませんから。

 では、護るってなんでしょう? 

 それは、その人の周囲までもを、愛することです。たとえば、花や動物を家族だと思っている人を愛したら、その人を護るというのは、花や動物もいっしょに護ることです。

 故郷の景色や、きれいな空気、森や川、山や海を深く愛している人を愛すれば、その人を護るためには、故郷も、空気も、森、山、川、海まで護らなければならないのです。

 それが、人を愛する(その人の心を、存在を愛する)ということです。

 かつて、人に愛されたことがないとしても、誰かを、あるいは何かを愛していれば、その人の人生は、とてもゆたかで、かけがえのない美しいものとなります。

 でも、どれほど多くの人に愛されても、愛したことのない人間には、真実の心は芽生えないし、ゆたかな人生を過ごすことはできません。

 なぜなら、誰かが傷つこうと、どんなに大切なものが破壊されようと、愛のない人の心は、さほど、痛まないからです。

 そういう人は、たとえ、多くの子どもたちが病気になって死んでゆこうと、多くの人々が家や故郷を奪われて苦しんでいようと、そんなことはどうでもいいのです。

 自分と自分の周囲だけ快適であればいい。山や川や海や、花や鳥や動物なんか、どうでもいいのです。

 本当の闇というのは、そういう人の心の中にあります。

 私たちは、そういう人たちと、真剣に、たたかわねばなりません。

 なぜなら、愛しているからです。お父さんやお母さんや、おじいちゃんやおばあちゃん、子どもたちや、友達や、鳥や花や、動物たちを、心から。

 愛する者たちや、その存在を護るということは、同時に、美しい山河、きれいな空気、青い海や空も、護らねばならないのです。

 愛とは、とてつもなく大きなものなんですね。

 ですから、私が書きたいのは、いつも「愛の物語」です。

 それが、ヴァンパイアであったとしても、狼男だったとしても、愛を胸に抱く者なら、かならず、美しい物語が生まれます。

 ここまで読んでくださった皆さまには、私のいうことを理解してくださるのではないかと思います…

ヴァンパイアの恋人 運命のキスを君に (ポプラカラフル文庫)

ヴァンパイアの恋人 運命のキスを君に (ポプラカラフル文庫)

2016-11-23

[][][][][]久々です〜11/23amazon売れ筋【第1位】『うばかわ姫』

呪いによって、一夜で老女に変貌した姫が視たのは、廃城の王と美しい若衆、森深くを彷徨う大首…

f:id:rieko-k:20161123141725j:image:left
















うばかわ姫 (招き猫文庫)

うばかわ姫 (招き猫文庫)

[][][][][]【再々報11/25更新】文庫化を望んでいます

f:id:rieko-k:20071208225715j:image:left拙著『月下花伝』『花天新選組』は、初版2007年、2008年に出版されました。読書メーターでも沢山の嬉しい感想が〜!ありがとうございます!中でも、作者にとっても嬉しかった感想の一つ↓

ゆめさんのご感想

秋飛がとにかく最初と比べると驚くほど成長して立派になったなと思った。沖田と秋飛の熱いきずなに涙した。秋飛は男の体に乗り移った少女だけど、男として生きようと女として生きようと、そんなことはどうでもいいくらい、みんなのことを愛していてその愛に胸を打たれた。さらに、新撰組のだいたいのことが物語調に進んでいくので、面白かった。とにかく切ないけど、彼ら(彼女?)の強さも感じた。

このご感想は、とても深くて、実は私自身が書いているうちに、主人公の少女秋飛の魂が成長して、結末に至る頃には、すっかり幕末のサムライになりきっていたのです。だから、彼女の魂はまだ現代に還れないのです。だから、書きたいのです。北の土方歳三編を!

このように、あちこちに濃いファンがいて下さるシリーズなんですが、版元が教科書会社の大日本図書さんのせいか、発行当時から書店ではほとんど見つからず、むしろ、複数の雑誌や新聞で取り上げられて読者を増やして、図書館では借りまくられて、ネットでも口コミで売れ続けて、『月下花伝』は2014年に5刷、『花天新選組』は2013年に4刷 されています。

児童書のサイクル(ヤングアダルトですが…)からいえば、下手をすると絶版になるような年月が経って、書店にもなく、これといって宣伝もないにしては、地味ですが売れ続けているのです。

f:id:rieko-k:20130308114525j:image:left

発行直後は、担当編集さんもご健在でしたから、続編をという声もあったのですが、その頃は一番忙しい時で、シリーズを5本も抱えていたので、時間がなくて、気がつけば、担当さんは定年退職されてしまって……それでも、このシリーズはハードカバーの上製本にかかわらず売れ続けています。だからこそ、安価な手にとりやすい文庫のかたちで続編を書きたいと思い続けているのですが、このシリーズはヤングアダルトで、しかもタイムスリップ物なので、大人の時代小説文庫枠には入れなくて、好きな仕事を優先しようと決めた今年こそ、文庫化して下さる版元さんを探しているんです。これまで書店にあまりなかったというのは、逆に、文庫化したら書店では、新刊のごとく売れるという強みもあります。続編は、北の土方歳三編ですが、月下、花天と同じように、その一冊でも楽しめる形式で書く予定です。月下、花天を読んで下さった方だけに、続編とわかるような仕掛けをするつもりです。

文庫化が叶えば、かつてこの本を褒めて下さった、NHK大河ドラマ時代考証&歴史作家の山村竜也さんに、ぜひ解説や帯の言葉をお願いしたいと思っています。

以下は、作者感涙(;▽;)の、ネットの反応です↓

すぴか @spica1029

いえ、本が好きなので

書くことが好きなので

尊敬する作家である利江子先生の声、届けたいじゃないですか。

作品には魂、宿ってますもん。

作家と書き手の間には大きな壁があるけど、意識は同じだと思うから。いつも生意気ですみませんm(_ _)m;

まゆか @yumayuka0816

取り敢えず私の想いを…笑

越水利江子先生の作品大好きです!!

忍剣花百姫伝も時空忍者おとめ組恋する新選組も揃えてます⸜(* ॑꒳ ॑* )⸝

月下花伝も霊少女清花も小学生の頃、図書館で読み漁ってた懐かしいものです(*ˊᵕˋ*)。

これからも応援しています(*Ü*)ﻌﻌﻌ♥

さくら @honyomisakura

文庫化賛成\(^o^)/

図書館で、中高生にコンスタントに人気あります。文庫化すればもっとたくさんの読者が手に取ると思う♪。

@O_bake:

この2冊は文庫版になって、もっと多くの若い人の手に届くべきだと思います。続編が読みたい!というのも、もちろんありますが(^^;

https://twitter.com/riekossy/status/797678253255237633

@kureha63114:

あああああぁぁぁぁぁ((

ほんとにもう,何百歳も何万歳も年取っても続編ずっと待ってる。続編読まなきゃ死ねないわ私。

毎回毎回,読む度に違うところで必ず泣くんだよ私。

「現代に帰ったら」と「帰れなかったら」で毎日毎日結末を空想してるんだよなぁ

https://twitter.com/riekossy/status/797678253255237633

悠樺@ダグくんやりたい @yuuka____24

月下花伝と花天新選組は本当に神作だと思う 

トシ @g___toshi

花天新選組もう一回読みたい

そして月下花伝借りた

おとは @0Uf0wldd9R5Q7mp

花天 新選組

という本が図書室にあったので読んでみた

泣いた。

凪宮雪(なぎんぬ)雪見だいふく @nagimiya0201

そうだ!月下花伝と花天新選組だ! 結構面白かったのよね

very @ronpa_werewolf

毎回だけど新撰組関連の本を見るとあの女の子がタイムスリップするやつ(ざっくり)が読みたくなる

平成新撰組 @rs45021436181

初めまして「花天新選組」胸がうたれました。特に沖田最後ですが秋飛に看取られたのはほんとよかったと思います。突然のコメント失礼しました。

鏡 どん吉 @Kagami_dnkt8

( 'ω')ふぁっ 越水利江子さんとか懐かしい!!! 新選組ハマりたての頃に花天新選組(だっけ)読んで感動して読書感想文はこれで書いた記憶があるぞ! 大好きだな〜(*´∀`*)

鏡 どん吉 @Kagami_dnkt8

本当ですか!!!??? 続編出るなら歓喜の涙です!!!。゚(゚^ω^゚)゚。 出版される時が来るのを心待ちにしています!!!。゚(゚´ω`゚)゚。

誠夜 ‏@kiran0643さんが越水利江子をリツイートしました

文庫化してもらえたら絶対買う。読んだのは中学の時に図書室で借りてということでだいぶ前だけど、今でも内容覚えているくらいに好きな作品

引用RT 越水利江子 @riekossy

わ、画像を間違えたので、もう一度ツイートしました↓ 『月下花伝』と『花天新選組』は若者に口コミだけで売れ続けている稀有なシリーズ、文庫化して下さる版元を探しています。続編を文庫書き下ろしで書きますから〜(^人^)なむなむ

 

卵丸@低浮上さんが越水利江子をリツイートしました

なんと!続編!?すごく読みたいです………(><)!

引用RT 越水利江子 @riekossy

わ、画像を間違えたので、もう一度ツイートしました↓ 『月下花伝』と『花天新選組』は若者に口コミだけで売れ続けている稀有なシリーズ、文庫化して下さる版元を探しています。続編を文庫書き下ろしで書きますから〜(^人^)なむなむ

誠夜 @kiran0643

文庫化されることを願っております(*'▽')

卵丸@低浮上 @kms0cls

こんにちは!中学校の時に出会って以来大好きな1冊です!! ぜひ文庫化して欲しいです(><)!!書店に走ります!

繚花 @cp_ep_ryoka

「月下花伝」とか「花天新撰組」

存在は知ってて探してたんだけど、地元のどこの本屋さんにも売ってなくて当時ネット通販なるものを知らなかった私は諦めた思い出がある

文庫版出たらとても嬉しい

sakune @39_sakune

あとは…越水利江子さんの月下花伝好きだったなぁ…今思うと懐かし、、、、

コマ @buchi_koma

「月下花伝」と「花天新撰組」続編出たらすごく嬉しいけど、もし続編なくて文庫化だけでも買う。ハードカバー持ってるけど。電子書籍もいつでも読めるの嬉しいから出たら買う。

コマ @buchi_koma

欲しいという読者さんたくさんいると思いますのでがんばってくださいね。

繚花 @cp_ep_ryoka

わざわざメッセージありがとうございます!感激です😭

先生の描く新撰組が本当に大好きです

文庫本が出るのはファンにとっても嬉しいですし、もっとたくさんの人に手にとってもらえるのではと思います

応援しています!

※『月下花伝』『花天新選組』の二冊は、朝日新聞「YA世代に贈るおすすめブックガイド」にも選ばれております!以下は本の雑誌ダ・ヴィンチ」の記事と河北新聞の記事(『月下花伝』も取り上げて貰ったけど、ファイルがみつからない…)です。

f:id:rieko-k:20161001164250j:image:left

f:id:rieko-k:20161001164036j:image

2016-11-15

[][][][][]11/15発売初日、角川つばさ文庫売れ筋【12位】でした!『戦国の姫城主 井伊直虎

なんと、素早く読んで下さった作家/沢田俊子さんが11/13に、感想をアップ↓して下さっています。

「作家/沢田俊子さんのブログ」  http://www.tombo-road.jp/

2016-11-14

[][][][][]明日、発売です!『戦国の姫城主 井伊直虎

ついに、この日がやってきました〜

ご予約下さった皆さまには、明日、お手元に届くと思います。

わたしが男になって、みんなを守る! 大河ドラマで話題の物語が登場! 戦国時代。井伊家のたったひとりの姫として生まれたまどか。馬や弓が得意なおてんばな少女だったが、許嫁の亀之丞にほのかな思いを抱いていた。ところが亀之丞の父が、井伊家の主・今川義元にそむいた罪で、婚約は破談になってしまう。その後、たくさんの戦いが起こり、井伊家をつぐ最後のひとりとなってしまったまどかは、名を井伊直虎とあらため、男として生きることに!? 大河ドラマで話題の井伊直虎の物語!(BOOKデータより)

2016-11-13

[][][][][]【再報11/22更新】文庫化を望んでいます

f:id:rieko-k:20071208225715j:image:left

拙著『月下花伝』『花天新選組』は、初版2007年、2008年に出版されました。あちこちに濃いファンがいて下さるのですが、版元が教科書会社の大日本図書さんのせいか、発行当時から書店ではほとんど見つからず、むしろ、複数の雑誌や新聞で取り上げられて読者を増やして、図書館では借りまくられて、ネットでも口コミで売れ続けて、『月下花伝』は2014年に5刷、『花天新選組』は2013年に4刷 されています。

児童書のサイクル(ヤングアダルトですが…)からいえば、下手をすると絶版になるような年月が経って、書店にもなく、これといって宣伝もないにしては、地味ですが売れ続けているのです。

f:id:rieko-k:20130308114525j:image:left

発行直後は、担当編集さんもご健在でしたから、続編をという声もあったのですが、その頃は一番忙しい時で、シリーズを5本も抱えていたので、時間がなくて、気がつけば、担当さんは定年退職されてしまって……それでも、このシリーズはハードカバーの上製本にかかわらず売れ続けています。だからこそ、安価な手にとりやすい文庫のかたちで続編を書きたいと思い続けているのですが、このシリーズはヤングアダルトで、しかもタイムスリップ物なので、大人の時代小説文庫枠には入れなくて、好きな仕事を優先しようと決めた今年こそ、文庫化して下さる版元さんを探しているんです。これまで書店にあまりなかったというのは、逆に、文庫化したら書店では、新刊のごとく売れるという強みもあります。続編は、北の土方歳三編ですが、月下、花天と同じように、その一冊でも楽しめる形式で書く予定です。月下、花天を読んで下さった方だけに、続編とわかるような仕掛けをするつもりです。

文庫化が叶えば、かつてこの本を褒めて下さった、NHK大河ドラマ時代考証&歴史作家の山村竜也さんに、ぜひ解説や帯の言葉をお願いしたいと思っています。

以下は、作者感涙(;▽;)の、ネットの反応です↓

さくら @honyomisakura

文庫化賛成\(^o^)/

図書館で、中高生にコンスタントに人気あります。文庫化すればもっとたくさんの読者が手に取ると思う♪。

まゆか @yumayuka0816

取り敢えず私の想いを…笑

越水利江子先生の作品大好きです!!

忍剣花百姫伝も時空忍者おとめ組恋する新選組も揃えてます⸜(* ॑꒳ ॑* )⸝

月下花伝も霊少女清花も小学生の頃、図書館で読み漁ってた懐かしいものです(*ˊᵕˋ*)。

これからも応援しています(*Ü*)ﻌﻌﻌ♥

@O_bake:

この2冊は文庫版になって、もっと多くの若い人の手に届くべきだと思います。続編が読みたい!というのも、もちろんありますが(^^;

https://twitter.com/riekossy/status/797678253255237633

@kureha63114:

あああああぁぁぁぁぁ((

ほんとにもう,何百歳も何万歳も年取っても続編ずっと待ってる。続編読まなきゃ死ねないわ私。

毎回毎回,読む度に違うところで必ず泣くんだよ私。

「現代に帰ったら」と「帰れなかったら」で毎日毎日結末を空想してるんだよなぁ

https://twitter.com/riekossy/status/797678253255237633

悠樺@ダグくんやりたい @yuuka____24

月下花伝と花天新選組は本当に神作だと思う 

トシ @g___toshi

花天新選組もう一回読みたい

そして月下花伝借りた

おとは @0Uf0wldd9R5Q7mp

花天 新選組

という本が図書室にあったので読んでみた

泣いた。

凪宮雪(なぎんぬ)雪見だいふく @nagimiya0201

そうだ!月下花伝と花天新選組だ! 結構面白かったのよね

very @ronpa_werewolf

毎回だけど新撰組関連の本を見るとあの女の子がタイムスリップするやつ(ざっくり)が読みたくなる

平成新撰組 @rs45021436181

初めまして「花天新選組」胸がうたれました。特に沖田最後ですが秋飛に看取られたのはほんとよかったと思います。突然のコメント失礼しました。

鏡 どん吉 @Kagami_dnkt8

( 'ω')ふぁっ 越水利江子さんとか懐かしい!!! 新選組ハマりたての頃に花天新選組(だっけ)読んで感動して読書感想文はこれで書いた記憶があるぞ! 大好きだな〜(*´∀`*)

鏡 どん吉 @Kagami_dnkt8

本当ですか!!!??? 続編出るなら歓喜の涙です!!!。゚(゚^ω^゚)゚。 出版される時が来るのを心待ちにしています!!!。゚(゚´ω`゚)゚。

誠夜 ‏@kiran0643さんが越水利江子をリツイートしました

文庫化してもらえたら絶対買う。読んだのは中学の時に図書室で借りてということでだいぶ前だけど、今でも内容覚えているくらいに好きな作品

引用RT 越水利江子 @riekossy

わ、画像を間違えたので、もう一度ツイートしました↓ 『月下花伝』と『花天新選組』は若者に口コミだけで売れ続けている稀有なシリーズ、文庫化して下さる版元を探しています。続編を文庫書き下ろしで書きますから〜(^人^)なむなむ

 

卵丸@低浮上さんが越水利江子をリツイートしました

なんと!続編!?すごく読みたいです………(><)!

引用RT 越水利江子 @riekossy

わ、画像を間違えたので、もう一度ツイートしました↓ 『月下花伝』と『花天新選組』は若者に口コミだけで売れ続けている稀有なシリーズ、文庫化して下さる版元を探しています。続編を文庫書き下ろしで書きますから〜(^人^)なむなむ

誠夜 @kiran0643

文庫化されることを願っております(*'▽')

卵丸@低浮上 @kms0cls

こんにちは!中学校の時に出会って以来大好きな1冊です!! ぜひ文庫化して欲しいです(><)!!書店に走ります!

繚花 @cp_ep_ryoka

「月下花伝」とか「花天新撰組」

存在は知ってて探してたんだけど、地元のどこの本屋さんにも売ってなくて当時ネット通販なるものを知らなかった私は諦めた思い出がある

文庫版出たらとても嬉しい

sakune @39_sakune

あとは…越水利江子さんの月下花伝好きだったなぁ…今思うと懐かし、、、、

コマ @buchi_koma

「月下花伝」と「花天新撰組」続編出たらすごく嬉しいけど、もし続編なくて文庫化だけでも買う。ハードカバー持ってるけど。電子書籍もいつでも読めるの嬉しいから出たら買う。

コマ @buchi_koma

欲しいという読者さんたくさんいると思いますのでがんばってくださいね。

繚花 @cp_ep_ryoka

わざわざメッセージありがとうございます!感激です😭

先生の描く新撰組が本当に大好きです

文庫本が出るのはファンにとっても嬉しいですし、もっとたくさんの人に手にとってもらえるのではと思います

応援しています!

※『月下花伝』『花天新選組』の二冊は、朝日新聞「YA世代に贈るおすすめブックガイド」にも選ばれております!以下は本の雑誌ダ・ヴィンチ」の記事と河北新聞の記事(『月下花伝』も取り上げて貰ったけど、ファイルがみつからない…)です。

f:id:rieko-k:20161001164250j:image:left

f:id:rieko-k:20161001164036j:image

[][]「童話塾in関西」の懇親会におじゃましました〜

頂きものです↓

f:id:rieko-k:20161113125502j:image:left

童話塾でお疲れの講師の皆さん、生徒の皆さんにまじって、ただ飲むだけに立ち寄った越水をお許し下さい!

「しかも、自作の宣伝までして〜ww」と、講師で、昔のプレアデス同人の野村一秋さんに突っ込まれました。「だって、ちょうど、沢田俊子さんに手渡そうと持って行ってたから…」という言い訳も、「昔は、もっと初々しかったのになあ〜」と、野村さん。

はい、すみません。初々しさは完全に失われました!(居直り断言)

でもそのかわり、「どーんと来いっ」ていうたくましさだけは積み重ねていますので、許してね♡

f:id:rieko-k:20161113124404j:image:left

そんなわけで、元プレアデスの古株が顔を揃えた夕刻でした。楽しかった!

童話塾の皆さんありがとうございました〜









2016-11-12

[][]『パン屋のイーストン』著/巣山ひろみ・絵/佐竹美保

パン屋のイーストン

パン屋のイーストン

イーストンは森のパン屋。粉としおときれいな水に、とっておきの魔法をかけて、おいしいパンをつくります。「イーストンのつくるパンは、どうしてこんなに、おいしいの?」へそまがりのお客さんや、つむじ雨がやってきても、やきたてをよろこぶかおが、みたいから。とびきりのパンをとどける、イーストンのおはなし。「ふんわりコック帽のジャムパン」レシピつき。 (BOOKデータより)

かぐわし森のパン屋さん、イーストンのお話。

佐竹美保さんの心憎い心配りの絵が、お話の魅力をさらに引き立てます。かぐらし森、つむじ雨……物語の舞台も心憎いセンスでネーミングされていて、作者、巣山さんのセンスも素晴らしいです。

しかも、巣山さんはパン屋さんで働いておられて、パン作りの色々が細やかに描かれて、お母さんと一緒にパン作りができるレシピ付き。絵本としても、ムーミンの森を思い浮かべてしまうような拡がりがありますが、親子絵本として、新分野なのかもしれません。

[][]『おたんじょうび、もらったの』著/服部千春・絵/たるいし まこ

きょうは、ハルちゃんの6さいのおたんじょうび。家族全員そろってパーティーでおいわいです。でも、ネコのミルクはちょっとさびしそう…。1ねんまえに、ひろわれたミルクは、おたんじょうびがわからないのです。そこで、おばあちゃんは、かんがえました!―あたたかな家族の物語。(BOOKデータより)

可愛くて可愛くて、抱きしめてしまいそうになる絵童話です。

たるいしまこさんのミルクの絵の可愛いことったら!猫好きにとっては、ちょっと泣いちゃうぐらい可愛いです。幼年絵童話の才能、作者&画家とも、素晴らしいと思います!

しかも、家族がみんな優しくて、読者もきっと、ミルクといっしょに幸せになること、請け合いです〜♡

2016-11-10

[][]『仙台真田氏物語 幸村の遺志を守った娘、阿梅』著/堀米薫

真田幸村に秘策あり。娘の阿梅は、大坂城落城が迫るなかで死を覚悟した父・幸村が口にした言葉に、耳を疑った。子どもたちを敵の武将のもとにのがす…「阿梅よ、そなたに、弟妹たちの命をたくすのだ。そして、わが家系をふたたび世に出すことをたくすのだ。ちかってくれ。かならずや、みなで生きのびると!」―大坂城落城が迫るなか、真田幸村が娘の阿梅に伝えたのは、子どもたちを敵の武将のもとにのがすという秘策だった。そのときから、阿梅の戦いが始まった。(BOOKデータより)

人が歴史と出逢う瞬間の、不思議と、必然を思う心温まる一冊。

『チョコレートと青い空』『林業少年』など、ノンフィクションの名著が多い福島出身の作家、堀米薫さんの書かれた歴史ノンフィクション。大阪夏の陣で壮絶な最期を遂げた真田幸村の娘、阿梅の物語。登場する戦国武将の綺羅々々しい事と言ったら! 真田幸村を筆頭に、独眼竜、伊達政宗、その家臣、鬼の小十郎の異名をとった片倉小十郎重綱……これら、戦国に生きた武将の魂、義と真に心打たれます。

物語は、普段現代ノンフィクションの書き手の堀米さんだけあって、時代小説を読みなれない人にもサラサラ読めます。なんといっても、常に時代小説ネタを探している時代小説作家ではない堀米さんが、この阿梅に出会ったのは、ある種必然だったのかもしれない。

みちのくという雪深い地に、脈々と語り継がれてきた戦国の愛の物語は、きっと、その地に寄り添う愛ある作家に出逢う日を待っていたのではないか……そんな気がしました。