Hatena::ブログ(Diary)

Commentarius Saevus このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter




電子書肆 さえ房」開業!電子書籍『共感覚の地平』を無料公開中

2017-10-16

しがらみから演じる楽しさへ〜『奈落のシャイロック』

| しがらみから演じる楽しさへ〜『奈落のシャイロック』を含むブックマーク しがらみから演じる楽しさへ〜『奈落のシャイロック』のブックマークコメント

 名取事務所公演『奈落のシャイロック』を下北沢小劇場B1で見てきた。堤春恵作、小笠原演出で、1907年明治座で初めて歌舞伎役者により『ヴェニスの商人』が演じられた時のことを大幅に脚色した作品である史実にはもとづいていないところも多いのだが(小山内薫が褒めたりとかしているのだが、こんなに派手な暴動が起きたという記録はないはずで、『西の国のプレイボーイ騒動とかをちょっと重ねてるんじゃないかと思う)、非常に面白かった。

 明治座座頭である二代目市川左団次(千賀功嗣)が、ジャーナリスト作家の松居松葉(吉野悠我)とともに洋行から帰ってくるところから話が始まる。二人は演劇改革燃えており、左団次洋装シャイロックを演じ、女優も使って芝居茶屋を通さずチケットを売るシステムを用いて『ヴェニスの商人』を明治座で上演しようとする。しかし芝居茶屋の反発が大きく、息のかかった者たちの画策により初演で暴動が起こる。驚いた左団次ポーシャ役の市川旭梅(森尾舞)は奈落に隠れるが…

 新しい芝居をやりたいと思いつつ、先代への憧れや歌舞伎界のしがらみ、自分の実力不足などさまざまなトラブルに悩んで試行錯誤する役者たちの心情を丁寧な台詞で描いたもので、いろいろと問題をかかえてはいもの最後は芸の心、演じることの楽しさ、将来に向けて芸術を創ることの重要性を称えて終わる、後味の良い作品だった。歌舞伎界の性差別容赦なく描いているところなども良く、改革派ぶっている松居が実はひどく狭量な性差別主義者だったり、実力では申し分ないのに女であるというだけで師匠と同じ舞台に立たせてもらえなかった市川九女八(新井純)が渾身の演技でシャイロックを演じたりするところなど、演劇におけるジェンダー差別や異性配役の問題に鋭く切り込んでいる。偉大な先代の陰で芝居なんかやりたくないと悩んでいた左団次と、同じく偉大な役者だった九代目市川團十郎の娘で常に舞台に立ちたいと思っていたが歌舞伎界では女優になれず悩んでいた旭梅の対比も良い。そしてこういう演目ではそれぞれの役者がちゃんと明治座スターに見えるように立派な演技ができないといけないのだが、全員、非常にしっかりした演技をしていて関心した。

 上演の後、芸術家在外研修に関するシンポジウムがあった。最初のほうしか見られなかったのだが、ロシア劇場の話とか、けっこう面白いことが聞けた。

2017-10-15

ジョン・キャメロン・ミッチェル来日!パフォーマンスは素晴らしいけどちょっとハコがデカすぎた、『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』

| ジョン・キャメロン・ミッチェル来日!パフォーマンスは素晴らしいけどちょっとハコがデカすぎた、『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』を含むブックマーク ジョン・キャメロン・ミッチェル来日!パフォーマンスは素晴らしいけどちょっとハコがデカすぎた、『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』のブックマークコメント

 東急シアターオーブジョン・キャメロン・ミッチェル来日して主役を演じる『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』を見てきた。『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』については論文を書いてるくらい好きだ。

 ジョン・キャメロン・ミッチェル演じるヘドウィグがステージに出てきた瞬間ボロボロ涙が出てしばらく神経がおかしくなってしまったためあまり冷静に分析はできないと思うのだが、パフォーマンスじたいに関しては大変良かったと思う。50過ぎてるのにきわめてパワフルなジョン・キャメロン・ミッチェルはもちろん、イツァークを演じる中村中も非常に熱演している。日本で上演するにあたって台本をかなりローカライズしており(台詞も「(東ドイツではなく)北朝鮮から逃げてきたバンドです!!」とか…)、日本語がしゃべれる中村中演じるイツァークがヘドウィグのかつらをかぶって台詞の部分をほとんど言うという展開にしている。おそらく字幕でやるとあまりライヴ感がなくなるからという苦肉の策なのだろうが、こういう展開にすると最後にヘドウィグがイツァークにカツラをかぶせてあげる場面に違う意味が出て、この二人は実は一心同体でヘドウィグがそれを認めたんだ…ということになるので、悪くはない。演奏もエネルギッシュだし、非常に満足した。

 ただ、ハコがデカすぎて照明プランちょっとうまくいってないと思った。この台本は親密感のある小劇場念頭に書かれたものだと思うので、大きい劇場でやる時にはけっこう大変だ。風船でできた大きな人形プロジェクションを使ってトミーやヘドウィグのお母さんを示すという美術は良いし、セットや背景の画像自体は悪く無い。ただ、場面によっては舞台後方に背景を投影して、人にはピンスポットをあてて、歌の字幕を背景に出すということをやっている。これは非常に見た目がうるさくなり、一体どこを見ればいいのかわかんないし、背景がボケて字幕も読みづらくなるので良くないと思った。字幕は両脇か上に出したほうがいいし、背景とピンスポットを一緒に使うときはもうちょっと控えめにしたほうがいいと思う…というか、ピンスポットはむしろ過剰すぎていらないのではという気もした。最近、手の込んだプロジェクションが舞台でできるようになったせいで、背景に何か投影して人にはピンスポットをあてるという演出をたまに見かけるのだが、プロジェクションの背景は絵や大道具で作った背景ではないので、ピンスポットを多用するとかえって全体の印象がボケちゃって見映えが悪くなることがあると思う。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/saebou/20171015

2017-10-14

After Party Tokyo「Female singer's song」

| After Party Tokyo「Female singer's song」を含むブックマーク After Party Tokyo「Female singer's song」のブックマークコメント

 初めて新宿のAfter Party Tokyoバーレスクを見てきた。タイトルは「Female singer's song」で、ショーをしたのはNina Galaxy、Miele Flavia、Olene Virginiaだった。絨毯などが敷いてあるオシャレなクラブで緊張した。ショーはどれもしゃれたもので良かったのだが、ショーとショーの間に30分ずつぐらい空き時間があるので、ひとりで行った私は間が持たなくて本を読んでいた(!)。あと、とくにステージなどがないただの部屋で、舞台部分はけっこう狭いのであんまり凝ったことはできないと思う。

2017-10-13

世界の終わりで愛を叫ぶ〜『散歩する侵略者』(ネタバレあり)

| 世界の終わりで愛を叫ぶ〜『散歩する侵略者』(ネタバレあり)を含むブックマーク 世界の終わりで愛を叫ぶ〜『散歩する侵略者』(ネタバレあり)のブックマークコメント

 黒沢清監督散歩する侵略者』を見てきた。イキウメ舞台映画化したSFである舞台のほうは未見だ。

D

 宇宙人侵略を描いたものなのだが、この宇宙人はまず偵察隊を別の星に送り込んで住人の体を乗っ取り、住人たちから概念」を奪い、ある程度地元情報理解した後で侵略をするという方針をとっているらしい。「家族」とか「所有」とかの概念を奪うわけだが、これを奪われたそれぞれの個人はその概念を失ってしまうので、たくさん奪われると意識障害のような病状を呈してしまう。宇宙人は2人の子ども(「天野」と「立花あきら」)と成人男性1名(「加瀬真治」)の体を乗っ取るのだが、天野立花あきらはすぐに出会ものの、加瀬真治(松田龍平)のほうはなかなか他の宇宙人出会えず、夫が急病になったと思い込んでいる妻の加瀬鳴海(長澤まさみ)としばらく一緒に暮らすことにする。

 思ったよりもかなりロマンティックな展開で、真治が最後に愛を盗もうとしてからの展開は怒濤の「世界の終わりで愛を叫ぶ」話だ。主演のキャストはもちろん脇役の配役がけっこう面白く、鳴海の妹である明日美(前田敦子)とか、最後にいきなり医者として出てくる小泉今日子とか、妙に豪華だ。ちなみに東出昌大牧師個人的にヒットだったのだが、ああいう表情のない顔はこういう映画にピッタリだと思う。

 話はまあまあ面白かったのだが、ただ撮影については妙なところで手持ち撮影が行われたりしてあまり好きになれないところもあった。あと、ベクデルテストパスしない。あきらが他の女性と話して概念を盗むところがあってもいいと思うのだが…あと、あきらはいったい誰からあんなにいっぱい概念を盗んだんだろうと思った。人を殺してからつかまるまでそんなに時間はたってないと思うし、血まみれの姿ではなかなか他人に近づいて概念を盗めないと思うのだが…

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/saebou/20171013

2017-10-12

境遇に似たところがあっても、わかりあえないつらさ〜『ドリーム』(ネタバレあり)

| 境遇に似たところがあっても、わかりあえないつらさ〜『ドリーム』(ネタバレあり)を含むブックマーク 境遇に似たところがあっても、わかりあえないつらさ〜『ドリーム』(ネタバレあり)のブックマークコメント

 『ドリーム』を見てきた。

D

 原題はfiguresに人物数字をひっかけたしゃれたタイトル『ヒドゥン・フィギュアズ』で、最初日本語タイトルが『ドリーム 私たちアポロ計画』になったのだが、アポロ計画ではなくマーキュリー計画主題ではっきり言って日本語タイトルウソなので『ドリーム』に変更になった。映画を見れば『私たちアポロ計画』でもおかしくないとわかる…という声もあったが、正直私はぜんっぜんそうは思えないし(最後のところでアポロ計画につながるからと言って実際にはほとんどメインの題材でないものタイトルに入れてはいかんだろう)、今の日本語題もちょっとどうかと思うのだが、内容は大変よくできたものだ。

 主人公キャサリン(タラジ・P・ヘンソン)、メアリージャクソン(ジャネール・モネイ)、ドロシー・ヴォーン(オクタヴィア・スペンサー)の3人だ。舞台1960年代はじめ、ヴァージニア州にあるNASAラングレー研究所であるアフリカ系アメリカ人女性たちが計算係として多数雇われていたが、待遇は悪く、出世の道もなかなかなかった。こうした中で抜群に優秀な3人の女たちが人種性別、二重にのしかかる重い差別と戦いつつ硬直したNASAシステムに風穴を開け、ジョン・グレン宇宙飛ばして無事帰還させるのに大きな役割を果たす。

 とにかく全体に無駄描写やダレる描写が一切なく、細かい描写の積み重ねで丁寧に差別を浮き彫りにする一方、ユーモアたっぷりあってあまり暗くならないし、盛り上がるところもたくさんあって、一度も飽きることなく最後までワクワクして見られる映画だ。ちょっとコーヒーを飲むとか、トイレ図書館に行くというような日常的な行動の制約を描くことで厳しい差別現代人にもわかるように表現している(史実に比べると時系列はだいぶいじってあるし、誇張もあるようだが)。キャサリンの家庭に関する描写なども細やかで登場人物たちの人柄がよくわかるものになっているし、小道具ファッション楽しい。ベクデルテスト最初の数分、女性たちが車を直しているところでパスする。

 面白いのは、この映画では境遇共通点がありそうな人でも少し属性が違うと他人に対して偏見を持ちうるし、わかりあえないこともあるというつらい状況が細かい描写でうまく表現されていることだ。白人男性であるエリート上司たちが無意識差別無理解を示すのはもちろん、この映画では白人女性黒人男性黒人女性に対してうっかり偏見を露わにしてしまう。ブスっとした白人女性上司ヴィヴィアンミッチェル(キルステン・ダンスト)は、見ているぶんには偏見まみれなのだが本人は全然気付いてないようで、終盤ドロシーに皮肉を言われてやっとドロシーが平等に扱われていないことがなんとなくわかるという展開がある。ヴィヴィアン女性としてNASAで不利な中頑張っているはずなのだが、人種が違うドロシーのことは全然自覚なくナチュラルに見下していて、そのあたりの無神経さが容赦なく辛辣に描かれている。さらに、子持ちの寡婦であるキャサリン一目惚れする軍人ジム(マハーシャラ・アリ)も、最初キャサリンに会った時におそらく褒めるつもりでうっかり「女性でそんな仕事を…」とか失言をしてしまう。ジム人格は立派だし優秀な軍人で、おそらく自身アフリカ系として不利な環境を乗り越えて成功した人なのではないかと思われるのだが、そういうキャサリンとおそらく似たバックグラウンドの人でもうっかり偏見を漏らしてしまうところがリアルだ。その後でジムがちゃんと後悔してキャサリンと対等な関係を築こうと頑張るあたりがほほえましい。

 終盤は打ち上げに向かって話が加速し、最後のグレンを宇宙に飛ばすところは、史実がわかっていてもハラハラさせられる。なお、グレンは既に第二次世界大戦から軍人だったはずなのだが、この映画ではえらく若くてカッコいいそうそうたるエリート軍人で、まるでキャプテン・アメリカみたいである(第二次世界大戦から氷漬けで保存されてたのかと思うほど若い)。最後キャサリン計算を頼むところはさすがにできすぎだろうと思ったのだが、かなり誇張はされているものの一応、打ち上げ数日前(映画では当日)にそういうことがあったのだそうだ。このへんは是非原作を読んで確認したいと思った。