Hatena::ブログ(Diary)

samakikakuの今日もワハハ SAMA企画

2011-04-05

【訂正しました!】非常用の水の確保(水の専門家小島貞男さん)→こうすれば冬は3か月持つ!

───────────────────────────

【注意】高度さらし粉は皮膚についたり目に入ると藥傷を受けるので使用するときは保護手袋、保護眼鏡を着用する。取り扱い後はよく手を洗うこと。飲み込まないこと。吸入しないこと。

高度さらし粉は酸化性物質なので可燃物と一緒にしない、また熱から遠ざける(たとえば喫煙しないこと)。

───────────────────────────


 ※方法に抜けた部分があったので訂正しました(4/13)。

  4/5か6にこれをやった人は1週間ちょっとなので今の水を捨てて新しい水に入れ替え。今日のブログには都水道局のもの等情報付加。

※さらし粉は内部殺菌のためです。高度さらし粉(ふつうさらし粉はこれ)は固形状、顆粒状、粉末状があると思います。どれでもOKです。高度さらし粉は食品添加物ですが、念のために溶かした水は飲まないように!


 「阪神大震災に学んだ、非常用の水の確保」を、小島貞男『水道水』(宙おおぞら出版)から紹介しましょう。小島さんは水道水の専門家です。ぼくは彼の言うことを信頼しています。


 人間が生きていくためには最低でも1日に2リットルの水が必要。顔を洗ったりするのもふくめれば3リットルはどうしても必要。

 1週間生き延びる水の確保を。1人あたり約20リットル。4人家族ならその4倍。1週間たてば給水車による応急給水が可能になるだろうから。


【水道水を利用した非常用飲料水の作り方】

 用意する物:飲料水用の新しいポリタンク(20or10リットル。10リットルなら女性でも比較的楽に持てる)、さらし粉(or次亜塩素酸ソーダ)、大きめの黒いポリ袋。


1.ポリタンクに水道水を2,3リットル入れて、ふたを閉めて手で持ち、上下左右に激しくふり動かして予洗いをして水を捨てる。

2.さらし粉を20リットルのタンクなら大さじ1杯。10リットルなら大さじ半分入れて、水道水を勢いよく注いで、口からあふれるぐらいまで一杯に詰める。(ふたをしたときにタンクに空気が残らないように!)

3.ふたをきっちり閉めて、よく振ってさらし粉を全体に混ぜ込み、1週間くらい暗い場所に保管。これで内部は無菌状態になります。


4.1週間たったら水を捨て、再び1.の要領で内部をよく洗い、水道水を口いっぱいまで注ぎ入れます。このとき、空気が残らないように、あふれるまで注ぐのがポイントです。

 ※これで容器が完全に殺菌された状態になります。

  高度さらし粉は食品添加物ですが、念のために溶かした水は飲まないように!


5.黒いポリ袋に包んで光を遮断して、直射日光が当たらない温度変化が少ない場所に保管します。

6.夏は1か月、冬は3か月で入れ替え。入れ替えるときは、気陵徇里覇睇瑤鬚茲洗い、水道水を口いっぱいまで入れます。ふたをしたとき空気が残らないように水があふれるまでがポイントです。

 古い水は風呂に入れたり、庭の水まきなどに使って下さい。


 保存期間(入れ替え期間)ですが、小島さんは実験をして夏は1か月、冬は3か月を出しています。

 水道局が「3日しか持たない」というのは、水道水と同じ残留塩素が1リットルに0.1ミリグラム以上を判断基準にしているからです。

 きれいに洗浄・消毒した容器に安全な水道水を詰めて密閉した状態で保存するので、途中で病原菌が入る恐れもないし、有毒物質に汚染される可能性もありません。

oTooTo 2011/04/05 12:25 http://digimaga.net/2011/03/sodis-safe-drinking-water-in-6-hours
 ワシントン大学の学生が、飲用に適さない水を太陽とペットボトルだけで安全な水に変える方法を考案し、ロックフェラー財団から4万ドル(約330万円)の賞金を得ました。

上記記事は基本的に飲用に適さない水でもペットボトルに入れて6時間以上直射日光に晒すことで、紫外線殺菌の作用で飲むのに適した水を得られる、というものです。
ペットボトル汲み置きを習慣化して(保存するほど放射性ヨウ素は減る)、飲む1〜2日前にはお日様にさらす、というのを習慣づけるほうが一番低コストで誰にでもできる方法なのではないかと思います。

samakitasamakita 2011/04/05 14:55 元の水を水道水にしたほうがよいと思う。紫外線では溶存有害物質は除けないが、水道水は元から基準値以下で安全だから。

echoecho 2011/04/06 04:23 菌や沈殿物と、ヨウ素やセシウムは違うよ。
特にセシウムは自然環境下では水と反応して水酸化セシウムになって、水に解けた場合(塩水をろ過しても塩を除去できないのと同じように)ろ過では除去できない。もちろん日光でなんとかなるものではない。
ヨウ素の半減期は8日で、毎日一定の割合で減り続けるとすると、ヨウ素の物質量は等比数列と同じような振る舞いをするはず。8日で5割なら二日では8割以上がまだご存命。1〜2日放置したところでこれも意味がない。
ヨウ素の自然環境下での化合物がなにかはおれは知らないが、東大のツイッターを見る限りでは完全に水和するようだから、セシウムと同様に※1のやり方は意味がないだろう。

一番簡単で確実な方法は、毎日水道局のHPを見て自分の水の摂取量をコントロールして、放射線の積算記録を取ることだよ。

samakitasamakita 2011/04/06 06:20 これは放射性物質にほとんど汚染されていないときの水道水を使うという前提です。

@sitesirius@sitesirius 2011/04/06 09:58 ということは、今回の場合、被災地を含む周辺エリア(主に東北、関東)では使えない、ということでしょうか?

samakitasamakita 2011/04/06 11:54 水道水の汚染度に寄りますね。放射性ヨウ素は半減期が短いので時間をおけば初め基準値より少し高くても放置で下がっていきますが、セシウムなどは基準値を超えていたら駄目ですね。

samakitasamakita 2011/04/06 11:55 放射性物質に汚染されている場合はechoさんの考えでよいと思います。

mimonmimon 2011/04/08 04:22 20Lの水にさらし粉(次亜塩素酸カルシウム)を大さじ1杯(15mL)ですと、初期の塩素濃度が500mg/Lほどにもなりますから、かなり臭くなります。
中性・常温で次亜塩素酸の不均化は、遅いので、初期濃度が高ければ、何箇月も持つと思いますが、水道水質基準では、pH5.8まであり得まして、その場合に次亜塩素酸の分解が加速されますので、注意が必要でしょう。
私でしたら、徐々に塩素が遊離していくジクロロイソシアヌル酸ナトリウム(要するに花王のふろ水ワンダー)を使うところです。
http://www.kao.com/jp/furomizuwonder/fmw_furomizuwonder_00.html
有機炭素の低い水道水(3mg/L以下)でしたら、1錠3gで、おそらく、さらし粉20gに匹敵するほど遊離塩素濃度が持続すると思われますし、何といっても取り扱いが安全です。
いずれにしても、初期の水質によって、水質が維持できる期間は変わります。阪神・淡路大震災のときですと、ちょうど阪神水道企業団が高度浄水処理に切り換えている途中でしたので、場所によって水質が大きく異なっていたころになります。

nishifunishifu 2011/04/12 22:00 どうも合点がいかないので、図書館で借りて調べました。
本blogでの引用に誤りがあります。

借りた本は1997年6月2日初版第1刷で、p190の記述を見ると、
本blogの作り方の
「3.ふたをきっちり閉めて...」と「4.黒いポリ袋に包んで」
「1週間たったら水を捨て、再び1.の要領で内部をよく洗い、水道水を口いっぱいまで注ぎ入れます。このとき、空気が残らないように、あるれるまで注ぐのがポイントです。」という記述が抜けています。

本blogの記述のままでは、さらし粉が入ったままの水が"1週間生き延びる水"のように誤解を受けますし、「口からあふれる寸前ぐらいまで一杯に詰める」という詰め方では、空気が残り、嫌気性分解発生しやすくなると思います。

samakitasamakita 2011/04/13 00:49 お礼。誤解されるとまずいので直しておきます。

nishifunishifu 2011/04/13 05:53 コメントを編集ミスしたので、混乱をさせてしまいました。恐縮です。まだ記述を修正する必要があります。

手順3と手順4の間に
「1週間たったら水を捨て、再び1.の要領で内部をよく洗い、水道水を口いっぱいまで注ぎ入れます。このとき、空気が残らないように、あるれるまで注ぐのがポイントです。」という手順を入れるのが正しい手順です。
さらし粉が入った水は飲料水ではなく容器の殺菌に使うということです。

お手元にある小島貞男『水道水』(宙おおぞら出版)を再度ご確認ください。

samakitasamakita 2011/04/13 09:41 nishifuさん、本当に有り難うございました。ツイッターでもお詫びを出しました。

accolynxaccolynx 2011/04/13 09:54 そそっかしい方が間違えないように、2の手順のところに、「内部殺菌のため」「このさらし粉入りの水は飲めません」と書かれたほうが良いかもしれません。

mitimiti 2011/04/13 13:25 手順4番文章内「あるれる」は「あふれる」のミスタイプでしょうか。

samakitasamakita 2011/04/13 14:46 お礼 mitiさん、直しました。

nishifunishifu 2011/04/13 20:14 素早い修正ありがとうございました。良い情報を教えていただいたので私も早速実行に移したいと思います。今までは毎日ポリタンクの水を取り換えておりました。

samakitasamakita 2013/10/06 06:35 安全上の注意を入れておきました。

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されません。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

ページビュー
2721813