Hatena::ブログ(Diary)

レノファ山口FCを応援してみる日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

レノファ山口FCを応援してみる日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

地元クラブを応援できるのが何よりうれしくて楽しい、一レノファサポのつづる日記です。

2018-05-20-Sun

GWにレノファをハシゴ応援してたら犬にかまれた件(後編)

前編からのつづきです。

4/29(日)(2日目)

この日は廿日市でレノファレディースの試合。

さすがにチャリは無理なので高速で向かいました。

f:id:shimoxx:20180429103453j:image:w400

レノファ 9-0 広島文教高校

 

サポーターも数十人ほど来てましたね。みんなで熱く応援しましたよ。

廿日市の会場は鳴り物禁止(太鼓とか)なので手拍子と口笛のシンプルな応援でしたけど、

かえってそれが一体感を生んだ感じで盛り上がりましたね。

 

f:id:shimoxx:20180429144539j:image:w400

この後、職場の同僚が所属してる小野田クラブ(県リーグ1部)を応援しに

おのだまで行ったんですが、同僚に「え?お前マジで来たの?」みたいな顔されました。

4/30(月・祝)(3日目)

GW3日目はユースの試合を見てきました。

おのだは遠いのでさすがにクルマです。

f:id:shimoxx:20180430111122j:image:w400

レノファU18 2-0 西京高校

 

県ユースリーグ1部の首位を争う直接対決は

どっちが勝ってもおかしくない内容でしたがレノファが粘りの勝利

それにしても見ごたえあるいい試合でした。西京も素晴らしいチーム。

レノファユースを見に行くとたいてい相手チームのことも好きになっちゃうんですよね。

5/03(木・祝)(4日目)

この日はユース×山口高校を見に行くことにしました。

会場の高川学園グラウンドまで家から約20km。

チャリで行くにはちょうど手ごろな距離です。

雨ならクルマで行こうと思ってたんですが、晴れてたので自転車で家を出発。

かなり快調なペースでぶっ飛ばし、気分はランス・アームストロング

 

事件が起ったのはそのときです!


散歩中の犬の横を通り過ぎようとしたその刹那

突然飛びかかって来て足のふくらはぎをガブリと噛んだ犬

牙でえぐられた足の肉、傷口からほとばしる鮮血。

とてもこれ以上自転車で走れるような状態ではありませんでした。


飼い主さんのクルマですぐ病院に向かい、

傷を縫うため傷口に麻酔を何回も打たれたときはそのたびに激痛が走り

「もう死ぬ!」「絶対死ぬ!」

と思いましたが、人間そんなことで死ぬわけがありません。

腕のいい先生のおかげで手術はあっという間に終了。

f:id:shimoxx:20180508184607j:image:w400


このときお世話になった山口病院さんはレノファのオフィシャルパートナー

病院内にはレノファのポスターがこれでもかと貼ってありました。

山口病院は先生の腕もいいですしホントおすすめです。


ちなみに結局見れなかったユースの試合は、

前半0-2とリードされた後半に3点取り返し、

3-2で劇的な逆転勝利をおさめたとのこと。

ぐわーめっちょ見たかったぞ。


病院から帰って家でおとなしくDAZN見てたら

トップチームも広大の劇的ヘッドで甲府に追いついてましたね。

相変わらず心臓に悪いゲームをしてくれます。

5/04(金・祝)(番外編)

この日はレノファじゃないんですけど

激痛の足を引きずりながらラグビーを見に小倉のミクスタまで行ってきました。

 

f:id:shimoxx:20180504152005j:image:w400

何ですかこの素晴らしいスタジアム。山口まで持って帰りたい。

いつかレノファにもこーゆースタジアムほしいですね。

5/06(日)(5日目)

この日は雨。かなりの雨。

足のケガを水にぬらすと化膿がひどくなるので、

よっぽど家で大人しくしてようかとも思いましたが

どうしてもレノファ愛をおさえることができず、

レディースを応援しに徳地まで行ってきました。

 

f:id:shimoxx:20180506145849j:image:w400

 

f:id:shimoxx:20180506151007j:image:w400

 

相手は昨季の覇者ディオッサ出雲FC。

正直ボロ負けも覚悟して見に行ったんですが、

格上の相手へ果敢にいどんでいくレノファ選手たち。


たしかに体格やスキルでは相手の方が上回ってるんですが

球際やデュエルでレノファは全然負けてません、つかむしろ勝ってます。

そしてボールを奪ったら一斉にゴールへ向かってく姿はトップチームとまったく一緒。

結果は1-2の敗戦となりましたが、チームにはきっと大きな自信になったはず。


サポーターもこの日はあまり多くなかったですが雨の中がんばって応援しました。

レディースほんといいチームなので応援もっと増えてほしいなー。

なでしこに昇格したらもう二度と見れない風景が今なら見れますよ。

集計

というわけでGW中のレノファの試合結果を集計してみると……

 

トップチーム 1勝1分1敗

ユースチーム 3勝0分0敗

ユースBチーム 2勝0分0敗

レディースチーム 1勝0分1敗

------------------------------

合計 7勝1分2敗

 

このうちワタシが見に行った5試合は、3勝0分2敗でした。

勝ちは何試合も見逃しましたが、負けはすべてこの目で見たという結果に。

5/12(土)(おまけ)

GW明けの週の試合はトップだけ。ユースもレディースも次の試合は6月。

というわけでヴェルディ戦を見て来ましたよ。

相手は奇しくも25年前にJリーグ開幕戦マリノスと戦ったヴェルディ。

 

f:id:shimoxx:20180512152759j:image:w400

いざみらスタへ!

 

f:id:shimoxx:20180512160832j:image:w400

前半2点とられて良いとこ全然ないけど逆転するぞ。

今日の勝利つかみとろう!

すると後半は……

 

f:id:shimoxx:20180512170522j:image:w400

4点とって逆転しちゃいました。

レノファまじ卍。この勝ち方ヤバみ。

 

f:id:shimoxx:20180514171727j:image:w400

美しいスコア……それは4-3。


それにしても毎回心臓に悪い試合しますね、レノファって。

レノファのおかげでだいぶ寿命が縮まったと思います。

みなさんも「レノファ中毒」がまたかなりヒドくなったんじゃないでしょーか。

そんな方はぜひ山口病院さんへ。

2018-05-19-Sat

GWにレノファをハシゴ応援してたら犬にかまれた件(前編)

ちょっと前のことになってしまいましたが

ゴールデンウィークはレノファの試合がめじろおしでした。

ちょっと一覧にしてみると……

  • 4/28(土)
  • 4/29(日)
    • 09:30 レノファレディース×広島文教高(廿日市
  • 4/30(月・祝)
    • 10:00 レノファユース×西京高(おのだ天然芝
    • 10:00 レノファユースB×成進高(高川学園G)
  • 5/03(木・祝)
    • 12:15 レノファユース×山口高(高川学園G)
    • 14:00 レノファトップ×甲府中銀スタ
  • 5/06(日)
    • 14:00 レノファレディース×ディオッサ出雲FC(徳地)
    • 15:00 レノファトップ×京都西京極

総計10試合!

ただし試合時間がカブってたりして実際に見に行けるのは最大6試合。

ここ数年はあまりレノファの応援に行けてなかったので

今年のゴールデンウィークはこの最大6試合応援にチャレンジすることにしてみました。

4/28(土)(1日目)

ゴールデンウィーク初日はまずレノファユース応援から。

会場は防府市の高川第2グラウンド。

ここんとこ成長する一方のお腹をなんとか引っ込めようと

山口市から自転車で行くことを決意。

会場まで約20km、相手にとって不足はない距離です。

出発 09:31

f:id:shimoxx:20180428093132j:image:w400

相棒の「Spirit of the Renofa Yamaguchi号」2代目(初代は7年前に廃車)

修理用具は一切持ってないので途中でパンクとかしたら完全に詰みますが

とりあえず出発です。

第1山岳ポイント 09:42

f:id:shimoxx:20180428094129j:image:w400

出発して10分後、最初の難関「山大の裏山」に来ました。

でも思ったよりスイスイこげてこの山岳ポイントは難なく通過。

 

f:id:shimoxx:20180428100003j:image:w400

この日は天気もよくピクニック日和。

小鯖の道端にツツジがきれいに咲いてました。

中間ポイント 10:02

f:id:shimoxx:20180428100259j:image:w400

ちょうど中間の10km付近。国道262号をまっすぐに進んでいきます。

しかし問題はこの道が微妙に長い上り坂なところ。

いつもはクルマで一瞬のうちに通り過ぎるこの道も

自転車だと意外ときつい上り坂でペダルが全然前に進みません。

しかも朝ご飯はリンゴジュースを2杯飲んだだけ。

急激に空腹の嵐がおそってきました。

 

f:id:shimoxx:20180428101010j:image:w400

そんな空腹のさなか、

パン工場からすごくおいしそうなパンの香りがただよってきます。

空腹チャリンコ乗りには拷問のような時間帯。

サッカー見に行くだけなのになぜこんなツラい思いをしなきゃいけないのか。

第2山岳ポイント勝坂峠(かっさかだお) 10:23

f:id:shimoxx:20180428102312j:image:w400

やっと市の境までやってきました。

トンネルの手前は死ぬんじゃないかと思うほどの急坂。

あとは坂を下るだけ!

防府天満宮 10:42

f:id:shimoxx:20180428104202j:image:w400

天神さんの前で休んでるとお宮参りのご家族連れからお願いされこころよくシャッターを押す。

とてもかわいらしい赤ちゃんでした。

くれぐれも修理道具も持たずご飯も食べずに自転車ツアーに出るような変な大人になりませんように(^人^ (^人^ )

高川第2グラウンド到着 10:46

f:id:shimoxx:20180428105137j:image:w400

グーグルマップでは全然気づきませんでしたが

このグラウンドの直前がまたすごい坂なのな。死ぬかと思いましたよ。

 

f:id:shimoxx:20180428105156j:image:w400

キックオフ予定時刻の11時になっても試合が始まる気配なし。

あまり遅くなると15時の新潟戦@みらスタに間に合わなくなるので非常にやきもきしましたが……

レノファU18×宇部高校キックオフ 11:11

f:id:shimoxx:20180428122733j:image:w400

ようやくキックオフ。

試合自体はレノファユースが2-0で勝ちましたが

宇部高校の球際&デュエルの強さはホント見事でした。

前半からガツガツ来てたので「これは最後まで足がもつかな?」と

思いながら見てましたが、結局ラストまで走り切ったのは宇部高校。

レノファを大いに苦しめたその戦いぶりは実に「あっぱれ」でした。


レノファで印象に残ったのは右WG#9ウッチーこと内田選手。

小野瀬康介ばりの鋭い突破で何度もチャンスを作り出しました。

あと途中出場の右SB#33吉田選手。

まだ高校入学したばかりの1年生ですが、物おじしないプレーと広いゲーム視野は将来がとても楽しみですね。

高川第2グラウンド出発 13:01

次なる目的地、維新みらスタに向かって出発です。

小郡を経由して約27kmのコース。15時キックオフまで2時間。走れメロスの気分です。

 

f:id:shimoxx:20180428131113j:image:w400

防府市内の旧山陽道を順調にひた走ります。

佐波川河川敷 13:19

f:id:shimoxx:20180428131901j:image:w400

しばらくすると佐波川河川敷に出ました。

かつて右田中と佐波中が何度も決闘したこともあるというこの血なまぐさい河川敷。

この日は何かのお祭りをやってました。平和が一番ですね。

長沢池 13:47

f:id:shimoxx:20180428134749j:image:w400

防府を出発したときからずっと西から吹き付ける強い風。

思ったより距離が伸びません。出発から46分でまだ長沢の池。

維新みらスタのキックオフに間に合うか暗雲がたちこめます。

旧山陽道の「立石」 13:54

f:id:shimoxx:20180428135405j:image:w400

四辻をすぎて旧山陽道にポツンとたたずむ「立石」。

一説には1300年前に古代山陽道がつくられたときの道標とも言われてます。

みらスタを視認 14:34

f:id:shimoxx:20180428143408j:image:w400

小郡から朝田に入ると遠くの方にみらスタが見えてきました!

あともう一息。

維新みらスタ到着 14:41

f:id:shimoxx:20180428144126j:image:w400

やっと着きました。空腹と疲れで今にも倒れそう、というか死にそう。

しかし試合はそろそろ始まります。休んでるヒマはないッ!

 

f:id:shimoxx:20180428160316j:image:w400

試合は始まり新潟が前半に先制。

でも新潟は選手の質が高いだけでやってるサッカーはそんなにすごくないぞ。

今日の勝利つかみとろう!

試合終了 15:54

f:id:shimoxx:20180428165826j:image:w400

ラストワンプレーでの不用意な反則でPKをとられあえなく敗戦。

それでもゴール裏からは選手たちに熱い励ましの言葉が飛んでました。

「俺達がついてるぜ」「下向くんじゃねーよ」「次こそ勝とうぜ」


このスタジアム風景。

山口の県民性がホントよくにじみ出てますよね。

ワタシは好きです(*'ω'*)


太陽が西の山に沈むころ、

サポ仲間のJちゃんといつものようにあれこれ試合談義しながら自転車を押して家に帰ったのでした。


後編につづく

2018-04-13-Fri

レノファの2018シーズンをセイバーメトリクス風に予測してみた

早いもので今シーズンも約1/5に当たる8試合が終わりました。

サポの度肝を抜く開幕戦にはじまり

f:id:shimoxx:20180225173027j:image:w400


負けに等しい引き分けもありましたが

f:id:shimoxx:20180321150020j:image:w400


勝ちに等しい引き分けもありました。

f:id:shimoxx:20180325170253j:image:w400


「もう十分おなかいっぱい」「すでに1年分は味わった」と言いたくなるほど濃密な2018年シーズンを送れてます。


できれば、もー少しサポの心臓にやさしい試合をしてくれないものですかね?やっぱ無理なんでしょうね。


「安定」より「劇的」を選ぶのは、もはやレノファの伝統です。クラブが誕生して以来、選手がどれだけ入れ替わってもこの伝統だけは変わりません。これからもレノファはサポの心臓にやさしくない試合をずっと見せ続けてくれることでしょう。


さて今回の本題ですが、毎年やってる企画なんですけども、MLBNPBの分析・予測で活用されてるセイバーメトリクスという手法を使って、今シーズンのレノファの行方を予測してみたいと思います。


このブログで何度も言及してきた「ピタゴラス勝率」。

長たらしいので以下「P勝率」と呼ぶことにしますが、セイバーメトリクスでは、得点と失点の比率から計算した勝率(P勝率)をもとに、現実の勝率が予測できる……と考えられてます。


P勝率を使えば、シーズンの1/5ぐらいが終わった段階でシーズン全体の予測が十分可能、とされてるらしく(だいぶ前に何かで読んだ)、実際、J2昇格後のレノファを見てみると……

f:id:shimoxx:20180413021224j:image:w300

8節時点の得失点(P勝率)から予測された年間勝ち点は、いずれも実際の年間勝ち点にかなり近い数字となってます。


というわけで、今季8試合終了時点のレノファのP勝率を計算すると約0.7となり、勝ち点に換算すると年間勝ち点73くらい……これは十分「J1昇格プレーオフ当確圏内の数字です。


もちろん話はそんなに単純ではなく、どのチームもシーズンのうちに山と谷を経験しますので、レノファも今のペースを維持できるとは限りません。J2が現在の年間42試合制になった2012年以降のデータを集計してみると、8試合終了時点でP勝率が0.70前後だったチームは、平均するとシーズン終了時点でP勝率が大体0.60まで落ちてるんですね。


ただ、バラつき具合も結構大きくて、標準偏差を求めると0.16となり、今季レノファの年間P勝率は0.60を中心に±0.16(0.44〜0.76)の範囲におさまるんじゃないか……と言えそうです。

f:id:shimoxx:20180413023547j:image:w400


これを勝ち点に換算すると、年間勝ち点64前後(最少51〜最大77)ということになりまして、とりあえず(今季最大の目標である)J2残留は何とかいけそうな雲行き。


勝ち点が64前後まで伸びるようなことがあれば、夢のプレーオフに手が届くかもしれません。

昨シーズンは残留争いでハラハラドキドキを味わいましたが、今シーズンはぜひプレーオフ争いでハラハラドキドキしたいものですね!


ただ、本音をいいますと、霜田監督が就任時に言われてたように、選手たちの躍動してる姿が見れればそれで十分という思いもあるんですよね。

今季のレノファの選手たちは本当に楽しそうに躍動しながらサッカーしてます。これってまさにスポーツの原点だと思います。

2018-02-25-Sun

2018年レノファ全選手チャント集(+原曲)

今年もいよいよシーズンが始まります。

ワタシたちサポーターにできることといえば……

愛するチームを声と拍手で後押しすること!

そして目いっぱいゲームを楽しむこと!


突き詰めるとこの2つだと思うんですよね。

f:id:shimoxx:20160626173850j:image:w450


というわけで、今年もレノファ選手チャント(応援歌)を背番号順でまとめてみました。

今回もヤマグチスタYouTubeの動画にリンクを貼らせてもらってます。

あわせて原曲の動画リンクも付記してます。

ぜひ原曲を聞いてみて、そしてぜひCDなり音源を購入されてみてください!

きっとレノファ応援や音楽の幅がひろがって人生もっと楽しくなりますよ。


本当はブログに動画を埋め込みたいんですが、

表示がものすごく重くなってしまうので、リンクだけ貼っておきます。

みなさんすみませんが、その都度リンクを開いて動画をご覧ください(^^ゞ

#1 GK村上昌謙

チャント動画:https://www.youtube.com/watch?v=hFf7xNAAw1Y

いかにもウルフルズらしい魂のこもった曲(2007年)です。

#2 DF坪井慶介

チャント動画:https://www.youtube.com/watch?v=1oKQtRJX9As

スカパラの2001年の曲。

タイトルに「オレンジ」が入ってますね。いい曲です(笑)

#3 DF渡辺広大

チャント動画:https://www.youtube.com/watch?v=6fRHI52A0HI

「しゃっ!しゃっ!しゃ!しゃっ!しゃっ!しゃ!」で有名なヤバTの代表曲(2016年)です。

#4 DF福元洋平

チャント動画:https://www.youtube.com/watch?v=RtL5nRC-9mk

ダンの2013年の曲です。

#5 MF佐藤健太郎

チャント動画:https://www.youtube.com/watch?v=8siEyUPYLnU

誰でも一度は聞いたことのあるあのメロディ。

もとは2013年に在籍した市瀬勇樹選手チャントとして使われ、

2015年に在籍した前田晃一選手チャントとしても使われました。

#6 DF前貴之

チャント動画:https://www.youtube.com/watch?v=lHiUaj8sSyw

原曲は世界を代表するエモバンドFall Out Boyの2013年のナンバー。

印象的なイントロが見事にチャントとしてしっくりハマってます。

#7 MF大崎淳也

チャント動画:https://www.youtube.com/watch?v=u_yRp1TTqrk

ピロウズの2007年の曲。手拍子が非常に重要です(だそうです)。

この原曲の「変えられるのは未来だけなんだ」「歩き続ける限り道は続くんだ」って歌詞がいいですね。

#8 MF小野瀬康介

チャント動画:https://www.youtube.com/watch?v=1ldvXk88XZw

フレデリックの2015年の曲。

#9 FW岸田和人

チャント動画:https://www.youtube.com/watch?v=DK57vty6czY

この曲はアメリカスポーツ界での超有名曲。

どのスポーツでもホーム勝利がほぼ確実となったとき、

試合終了間際にこの曲の大合唱が自然発生的にわきおこってます。

元々は1969年のスチームのヒット曲。

#11 MF鳥養祐矢

チャント動画:https://www.youtube.com/watch?v=u4Wt28DP0YQ

原曲はNHKの2011年Jリーグ中継のテーマ曲。

レノファでは、2011年在籍のFW市原大嗣選手チャントとして歌われ

今はトリチャントとして受け継がれてます。

#13 DF楠本卓海

チャント動画:https://www.youtube.com/watch?v=TCuc3PiltnU

レノファではおなじみサカナクションの2012年の曲。

#14 MF高柳一誠

チャント動画:https://www.youtube.com/watch?v=ExAUJbhK1i0

元ネタは1995年にヒットしたスーファミの名作ゲーム「マザー2」の挿入曲(エンディング曲)です。

#15 MF池上丈二

チャント動画:https://www.youtube.com/watch?v=cvNrU-sRzLw

1980年代後半、ティーンズに人気のあったジュンスカの曲。

#16 DF瀬川和樹

チャント動画:https://www.youtube.com/watch?v=kZSiuCIqEhE

ブルーハーツの1989年の名曲。

かつて鈴木修平選手(2009〜2012年在籍)チャントとして2010年から使われ

孫正倫選手に引き継がれ、このたびセグチャントとして復活。

#17 GK吉満大介

チャント動画:https://www.youtube.com/watch?v=Cc-HxmSdgNg

この曲も元々は2013年在籍のGK高宮大輔選手チャントでしたが

同じくGKの吉満選手に引き継がれました。

#18 FW高木大輔

チャント動画:https://www.youtube.com/watch?v=AKQdt85zzI8

大輔選手の父、高木豊さんのプロ野球選手時代の応援歌。

豊さんは山口県出身(多々良高卒)で横浜大洋ホエールズの名二塁手としてとても有名。

#19 FWオナイウ阿道

チャント動画:https://www.youtube.com/watch?v=K7YxReHbtb0

ブライアン新世界の今年1月に発表されたばかりの曲。

#20 MF清永丈瑠

チャント動画:https://www.youtube.com/watch?v=D1HwHtaTwDI

2013年のNHK朝の連続ドラマ『あまちゃん』の劇中歌。

レノファでは最初、岩渕良太選手(2014年在籍)チャントとして使われました。

清永選手が中学時代までプレーしたレオーネ山口は、レノファの母体の一つ。

原曲タイトルの『地元に帰ろう』はまさに清永選手にぴったりですね。

#21 DF廣木雄磨

チャント動画:https://www.youtube.com/watch?v=yCktsrrwwJc

かつて佐久間大樹選手(2008〜2012年所属)のチャントとして歌われ、

松元亮仁選手(2013〜2014年在籍)に引き継がれ、

今は廣木選手に受け継がれています。

#24 FW山下敬大

チャント動画:https://www.youtube.com/watch?v=bRvUFQ0jhwY

元は古澤慶太選手(2015年在籍)のチャント。

山下選手に引き継がれたのは、ケイタつながりだからなんでしょうか……(´・∀・`)

#27 FW大石治寿

チャント動画:https://www.youtube.com/watch?v=QWkhoed_HFI

原曲はWANIMAの2015年の曲。

#28 MF高橋壱晟

チャント動画:https://www.youtube.com/watch?v=bdf6H6xBXpc

1993年の世界的ヒット曲。

マンチェスターシティではかつてトゥーレ兄弟(コロ&ヤヤ)のチャントとして歌われてたようです。

#29 MF三幸秀稔

チャント動画:https://www.youtube.com/watch?v=I6DXGrlFcHU

2009年に柏原渉選手(2006〜2011年在籍)チャントとして歌われはじめ、

その後、石田聖雄選手(2014年在籍)チャントとして歌われ

そのチャントを受け継いだ三幸選手は今季キャプテン

#30 DFミン・キョンジュン

チャント動画:https://www.youtube.com/watch?v=c2Z1gizaIH4

韓国の人気グループ、ノラジョの曲。

2016年にユン・シンヨン選手(2016年在籍)チャントとして使われ、

このたび、同じ韓国出身のキョンジュン選手に引き継がれました。

#32 MF丸岡満

チャント動画:https://www.youtube.com/watch?v=G9IpewiQ4bc

大原さんの2016年の曲。

#33 GK山田 元気

チャント動画:https://www.youtube.com/watch?v=LhTFPWxnXOw

元々はGK折見健治選手(2010〜2011年在籍)チャント。

キーパー用チャントとして定着してきました。

#41 MF廣田隆治

チャント動画:https://www.youtube.com/watch?v=7hHW4QjBEOU

アニメ『銀魂』の主題歌だったこの曲(2017年)。

#44 GK藤嶋栄介

チャント動画:https://www.youtube.com/watch?v=-VGfAitS5wQ

元々は1959年の曲だそうですが、クラッシュのカバー(1979年)が有名ですね。

------------------------------

最後に、過去のレノファ選手チャントがどんな感じだったのか

ご興味のある方は以下のリンク先をご覧ください。

2018-02-11-Sun

ヤマグチスタのサポミに行くか迷ってる方へ

明日2/12にヤマグチスタのサポミ(ミーティング)が開かれるみたいですね。

「ヤマグチスタ」とはレノファのサポグループの名前です。

 

 

どんな様子か見に行ってみたいけど何か怖そう……

と行くのを迷ってる人もきっと多いんじゃないかと思います。


実は昨年11/26に開かれたヤマグチスタのサポミに行ってきました。

ヤマグチスタはとてもオープンな組織でして、サポミは誰でも出席可。

この日も何人か「どんな感じか怖いモノ見たさに初めて来てみた」という方がおられました。


他にもゴール裏の住人だけではなくて「いつもメインスタンドで見てる」という方も来られてました。

「メインスタンドからゴール裏はこう見える」という話や、

逆に「ゴール裏からメインスタンドはこう見える」という話で盛り上がりましたよ。

↑○とし×ラファさんが言われてるような自由な雰囲気ですので

行くかどうか迷われてる人は、行って後悔することはないのかなと(/・ω・)/


どこのクラブのサポーターも大体そうですが

応援の中心になってる人たちとその他大勢のお客さんとの間にはどうしても自然と温度差が生まれがちです。


その点ヤマグチスタはオープン志向の組織なので

そーゆー温度差を極力なくす、というのがみんなの共通理解になってますね。

 

 

 

 

このブログを読んでるあなたもそう!

レノファが好きという時点ですでにヤマグチスタなのです!(ドヤァ)


f:id:shimoxx:20170816210337j:image:w450


サポーターの応援って基本的に「有志」です。

誰かからの強制とか義務とかでやるもんじゃなくて

「このチームを応援したい」「この選手たちを後押ししたい」

という自分の中から湧き上がる思いをよりどころにして、やるだけのことです。


ヤマグチスタの応援を支えてるみなさんには人知れぬ苦労があったりします。

例えばアウェイまでの応援道具(太鼓とか横断幕とか)の運搬だとか

スタジアムをいろどる横断幕の作成作業だとか、雨にぬれた横断幕の干し作業だとか

他にもたくさんありますけども、

これらすべてサポーター有志の個人的な自腹負担のおかげで何とか成り立ってるのが実情です。

応援という営みって、個人の「有志」にものすごく依存してるのです。

有志のみなさんにはホント感謝です。

(おそらく有志のみなさんは「好きでやってるだけなので感謝される筋合いはない」とか言いそうですが)


アタシはヤマグチスタの役員でも何でもありませんが

応援を支えてる人たちの苦労や大変さを皆さんにも知ってほしいと思いまして

今回の話を書かせてもらいました。


最後にくどいようですが、

サポミ行くかどうか迷ってる人は、行ってきっと損はないですよ。

アタシは行くかどうかわかりません(笑)

ではでは。