スマートフォン用の表示で見る

長門

キーワードの候補

4件

一般

長門

ながと

長門は、旧日本海軍戦艦で、長門型戦艦の1番艦。

世界で最初に16inch(41cm)砲を搭載した超弩級戦艦で、八八艦隊計画艦の一番艦だったが、ワシントン条約ワシントン海軍軍縮会議で締結された条約)によって計画は中止され計画艦では、「長門」と「陸奥」のみが戦艦として保有を許された。

建造当時、姉妹艦の陸奥イギリスネルソン級戦艦2隻、アメリカ合衆国コロラド級戦艦3隻を含めて、「世界のビッグセブン」と称され、第二次大戦終結まで大日本帝国海軍象徴として君臨した。

なお、終戦時に帝国海軍で唯一行動可能だった戦艦でもある。

降伏後、連合国に接収された。巡洋艦酒匂とともに核実験(第一実験1946年7月1日、第二実験7月25日)の標的に使用された。しかし、他艦が軒並み轟沈したのに関わらず、第二実験後約4日間は洋上に姿を留め日本の建艦技術を見せつけ関係者を驚愕させた。7月29日未明までにひっそりと海中に没した。

大日本帝国終焉象徴する出来事だった。


青島文化教材社 1/700 艦船 フルハルモデル 戦艦 長門 1942

青島文化教材社 1/700 艦船 フルハルモデル 戦艦 長門 1942

地理

長門

ながと

現在の山口県の西北部。長州

明治時代までの令制国(りょうせいこく)としての地名。

南に周防、東に石見と隣接した。

読書

長門

ながと

地理

長門

ながと