Hatena::ブログ(Diary)

スペースふうら

 

みなさま

 厳しい暑さ お見舞い申しあげます。

八月

8月26日(金)午後7時〜 

      シリトンの会

 

 「手作り絵本の楽しみ方」

(佐藤和江)

※画用紙1枚から3見開きの絵本を作ります。

8月27日(土) 午後3時〜

   西崎想詩集出版記念会

朗読とパーティーが開かれます。日々の思いを綴った詩です。詩を書くことが、これほど生きる力を与えることになるのか、と感じました。 


九月

9月15日(木曜日)

     〜20日(火曜日)

 『いでし月かも』大阪

  =月を親しむ一週間=

 絵本『天の原 ふりさけみれば』の出版を記念しての月を親しむ展示、イベントの企画です。

作品展示

   午前12時〜午後6時

 □すずき大和著『天の原 ふりさ  けみれば』原画展示

 □中村幸代立体作品展示

 □池上博子篆刻作品展示

期間中のイベント

難波宮跡観月会

 9月15日(木曜日)

 場所 難波宮跡(谷町4丁目下車)

 19時〜20時30分

 ※雨の場合、金曜日に順延

090−8752−3307(関山)

 出口煌玲さんの篠笛演奏もお楽しみください。

 

□月を詠む句会 

 9月17日(土曜〉午後5時〜7時 頃 場所 スペースふうら

 参加費 500円

※桃園句会の皆様にご協力いただいて句会を開催します。お気軽にご参加下さい。

□月の詩を楽しむ集い

 9月18日(日曜)午後4時〜

            6時半

1部

 月を題材にした詩を読みあいます。自作詩でも、他の人が作った詩でも、「月」の詩をご紹介ください。詩を読み、それぞれの月観を味わいます。

2部

 シタールの演奏と詩の朗読

 シタール奏者田中峰彦さんに来ていただきます。朗読を希望の方は、9月10日までに詩をお送りください。


9月23日(金)

     午後7時〜

      シリトンの会

「イーハートーブの原風景

      (松田一郎・松田司郎)


9月24日(土)

    午後6時30分

 民映研フィルム上映会

  『下園の十五夜

参加費 1000円 

 

 ほんの50年前には日本の各地で見られた祭りや習俗。今ではどんどんとなくなっています。人々は何をしていたのかを知ることは、現代を考える上で、なにかしらの気づきを与えてくれるようにも思います。


  9月の自彊術教室

 6日、13日、27日

 いずれも火曜日、10時15分〜

 

7月の予定

 7月10日(日)14時から

伝承性のある文化を記録した民映研フィルムを上映します。第1回は「山に生きるまつり」

映像を見て興味を持っていただけたら幸いです。

座席の都合上 予約をお願いします。

問い合わせ  090−8752−3307担当 関山 090−1223−7120畑まで 

f:id:spacefuura:20160630220015j:image

f:id:spacefuura:20160630220016j:image