男のすなる「にき」といふもの ver.2

2018-01-11 惑いまくりの不惑。

2018年2杯目。


今日は昼イチでCOCON烏丸で打ち合わせだったので*1、打ち合わせ後に地下1階でごはんを食べることに。となると、選択肢は、豚カツかラーメン*2


というわけで、今日は「天天有・四条烏丸店」で今年2杯目のラーメン。「天天有」といえば一乗寺が本店で…と思っていたけれども、ウェブサイトを見ても本店が出てこない。少し調べてみたところ、どうやら暖簾分け先がチェーン展開しているよう。なるほど、そういうこともあるのね。本店との関係はうまくいってるのかしらと、勝手に心配になる。


f:id:sscraper:20180111134645j:image

↑ 「こってり」煮卵トッピング*3。 ↑


「天天有」は鶏白湯、いわゆる鶏ガラと野菜ベースのポタージュ系なわけやけれども、「天下一品」とはまた違う方向。本店に最後に行ったのはもうだいぶ前のことだから、本店とこの店とで味がどれだけ違うかについてはちょっと記憶があやふややけれども、本店の方がより野菜の甘みたっぷりのヘルシーなスープ、という印象がある。飲んだ後にちょうどいいというか、濃厚なんやけれども後口は案外さっぱりという感じ。「天一こってり」ほどの中毒性はないけれども、たまに食べたくなる味。


ただ、本店とは違うチェーン店で、かつセントラルキッチンということであれば*4、久々に本店に行ってみないとなぁ、という気分になる。昔は昼もやっていたけれども、今は昼は違う店になっていて*5、夜しかやっていないので*6、いつ行けるかしらん……。修学院界隈で飲んだ後に立ち寄ることを考えねばかしらん。

*1:短時間ながらもいい打ち合わせができた♪ Uさん、おおきにでした、来月はよろしくお願いします。

*2:老香港は未体験。行ってみたいけれども、いかんせん庶民には手が出ないくらいに値が張る。

*3:天天有は、チャーシューを減らす代わりに煮卵をつけて同額、というサービスをやっている。

*4:実は、この店、頼んでから出てくるまでが異様に早い。

*5:しかも僕の少し苦手な魚介系スープ、のはず。

*6:日・祝は昼もやっているみたいやけれども、そんな混んでるところには行きたくない。

2018-01-10 前途洋々か、漠然とした不安か。

30代最後の日。


……だからといって特別なことは何もないんやけれども(苦笑)。


30代、振り返ってみて、どうやったかなぁ、と。教員生活がそれなりに軌道に乗ってきて、京都に戻って、共編著もいくらか出して、歌って、結婚して、アメリカで1年住んで、という感じかしら。分担執筆を超えた共著・共編著は4冊、それも全部違う分野で出すことができて*1、それはそれでがんばったという感じがする。ゼミ活動も、関係者に迷惑をかけまくりながら*2、学生にも迷惑をかけまくりながら(あかんやん)、とはいえなんとか「伊吹ゼミとはこういう活動をするところ」というものが形となってきた気がする。なにより若い人達がわぁきゃぁ言いながらがんばっている姿を見るのは楽しい*3。直近では学会の常任理事を2つ引き受け、行政業界団体の委員もお引き受けし、学内でも統括やらリーダーやらという地位にもいくつか就かせていただいた。2009年4月に京都に戻ってきたんやけれども、有り難いことにその後も長岡のみなさんとは仲良くさせていただいている。京都に戻ってからは、京都の経済団体でも活動し、それがきっかけとなって妻と知り合い結婚に至った。結婚式直前に松葉杖姿となったのも今となってはいい思い出。長年の夢というほどの大袈裟なものではないけれども、ステージ上で歌うという経験が何度もできたのも嬉しかった。アロママッサージに出会ったのもここ数年のこと。そして直近はなんといってもアメリカ暮らし。何か特別なことがあったというわけでもなく、向こうで日常生活を送っていただけやけれども、人生の中でそうある経験ではないのは確か。


ただ、「これを成し遂げた!」という感覚は、あまりない。研究面で大きな実績を残したとは言い難いからではないかな、と思う。論文はそれなりに書いているし、研究していないわけではないんやけれども、査読付き論文の本数は相変わらず低空飛行やし、もっと言うと学会賞をもらうような業績とかは出せていない。それが端的に結果となって表れているのは、まだ昇進できていないということと*4、なによりまだ学位が取れていないということ。学位は、本当に、早々に、とってしまわないといけない。そのためにも、学位に値する研究をしっかりと積み重ねないといけない。


アメリカで1年間暮らした中で、研究テーマがそうであったということもあり、向こうの教員がどれだけ「追われている」か、生産性が高いか、研究も教育もがんばろうと思っているか、そしてその中で自分の生活というものを(趣味をはじめとする私生活も含めて)成り立たせようとしているか、散々見せつけられたということもあるのかもしれない。あれに負けているようでは、この国はどうにも立ち行かんと感じる。根性論ではなく、どうすれば全体最適を達成しつつ個々でも幸せを感じることができるようになるか、そしてそれをどう僕個人に落とし込むか(幸せの受益者として、そして幸せを与える人として)、考えて行動に移す年齢となってきているような気がする。


でも、全体的に見たら、幸せな30代だったんじゃないかな、と感じる。もちろんここに書けないような話もあるし、体調だっていつも万全だったというわけではないけれども。年齢を感じることももちろんある*5。ただ、なんというのかな、大学教員という職業が、僕にとってとても向いているという感じがする。それが、全体的な幸福感をもたらす源泉になっているんじゃないかな、と。学部生時代、某社の最終面接でアタマがまっ白になったことが僕の運命を大きく変えたわけやけれども、それこそが「神のお導き」だったんじゃないかな、と思う*6


40代はどんな感じになるのかしらん。醒めているというか、冷静というか*7、「こういう40代にするぞ!」みたいなのは特になくて、向こうからやってくるものをその時その時で楽しむという生き方しかできなくなってしまっているので、たぶん40代もそんな感じで進んでいくんじゃないかな。でも、幸運の女神と出逢ったときに、その前髪をちゃんと捉まえることができるよう、いろんな意味での準備はしておかないとな、とは常に思う。強いて言えば、それが40代の抱負かな。相変わらずのこんな感じですが、みなさん、これからもどうぞよろしくお願いします。





↓ こうやって並べて見ると、それなりにがんばった、かな。 ↓




課題解決型授業への挑戦

課題解決型授業への挑戦

*1:スポーツ,広報,広告,キャリア教育。まぁ見事にバラバラ。

*2:特に課題提供をお願いしているみなさま、本当にありがとうございます。

*3:学生と一緒になって楽しむ、とはさすがに最近は言えなくなってきた気がする。年齢が離れたということもあるし、職業的責任をようやく自覚したということもあるのかもしれない。めっちゃ寂しくもあるんやけどね。

*4:「昇進したい」という出世欲というよりは、「成果の1つとしての昇進がまだ手元にない」という感じ、

*5:特に、飲酒量の減り具合だとか、脂っこいものと胃もたれの関係だとかは、覿面。

*6:特定の宗教に深く帰依しているわけではない、典型的な日本人やけれども、こういう表現が一番しっくりくる。

*7:まぁ、いつものことです。こないだも久々に思い出したんやけれども、結婚式当日にコーディネーターさんに半ば呆れられながら怒られるって、そんな人そうはいないと思う(苦笑)。

2018-01-05 運転免許更新。

思い立ったが吉日。


ふと、思い立って、この1年は食べたラーメンをここでupしていくことにしようかと思う。


ラーメン、たまに食べたくなるものの、そんなにしょっちゅうしょっちゅう食べるものでもない。寄る年波には勝てず、脂っこいものよりは他のものを……となるということもあるんやけれども*1、最大の理由は、スープがはねて服につくと困ることが多いから。仕事は基本スーツ姿なんやけれども、Yシャツの汚れって案外と目立つし、着ているこっちも気になったりするので、食後に特に人に会う予定がないとき(含:授業がないとき)とかYシャツではなく違う私服を着ているときとかでないと、なかなか行こうという気分にならない。妻がラーメン屋さんとかにまったく興味がないというのもあるかもしれないし、炭水化物は控えめにしないとなというぼんやりした心持ちもないわけではない。


ただ、普段からSNSに上げているスープもそうだけれども、高価というわけでもないし、バリエーションは豊富。そしてなにより、たまに無性に食べたくなる。であれば、数を狙うわけでなく気軽にupするにはなかなかいい題材なのではないかと考えた次第。


何もルールがないというのもなんなので、次のようなことを考えてみた*2


  • 同じ店には行かない(除:担々麺*3)。
  • ラーメンの写真を載せる。
  • 味の感想もさることながら、お店の感想も書く。
  • 天一こってり」はラーメンではない*4

で、早速第一弾。免許試験場に免許の更新に行く道中で*5新年初ラーメン。帰国後初めてだから超久々の「ラーメン横綱・醍醐店」。京都ラーメンといえば「ますたに」のような背脂チャッチャ系が思い浮かぶけれども、なかなかどうして「横綱」の豚骨醤油もいい感じ。「天一」ほどこてっとしているわけでなく、ちょうどいいまろやかさというか*6


f:id:sscraper:20180105114641j:image

↑ 味玉トッピング*7。 ↑


ここはネギのトッピングが無料で、机の上にどんとおいてあるのだけれども、僕が個人的に気になったのはこちら。


f:id:sscraper:20180105114717j:image

↑ にんにく。 ↑


これ、販売者が株式会社横綱となっている。もちろんどこか他の会社が作っているのだろうけれども*8、衛生的な感じがするし、分量のコントロールもしやすそうだし、いいんじゃないかな、と。昔からあったのかしら、あんまり記憶にないんやけど。


f:id:sscraper:20180105115512j:image

↑ ニントン。 ↑


こちらは入れすぎ注意。美味しいんやけど、入れすぎるとスープの味がこの味だけになってしまう。今回は小さじ半分くらい入れたけれども、それでも多い感じがした。ただ、ないとないで寂しい。


12時前の入店やけど満席。ロードサイド店だということもあるんやろうけれども、基本、美味しいからかなぁ、と。近所にオフィスがたくさんあるわけでもないから、チェーン展開でこれだけお客さんが入れば、すごいよなぁ。


ま、こんな感じでゆるゆるとupしていきます。

*1学食では毎度のように甘酢タルタルたっぷりのチキン南蛮を食べているわけで、この理由に説得力はまったくない。

*2:要するに、今後のための自分向け備忘録。

*3:選択肢が少ないので、どうしてもかぶってしまう。

*4:あくまで「天一こってり」という別の食べもの。そしてなにより「禁断の秘薬」。体調が悪いときにはこれ。

*5:なぜ京都駅前ではないのかとか、訊いてはいけない。

*6:ちなみに、「天下一品」の創業は昭和46年、「横綱」の創業は昭和47年。どちらも屋台が発祥。この時代、なにかあったのかねぇ。

*7:ゆで卵って、そんなに好みではないのだけれども、ラーメン屋さんではついつい味玉を頼んでしまう。

*8:Aくんのところだったりして。ありえるよなぁ。

2018-01-04 おせちもいいけど仕事もね?

関係を継続するということ。


昨秋ある会を開催するにあたって久々にLINEを動かしたときに、既にその会に参加しにくくなっている数人が、LINEが久々に動き出したことを契機に「退出」するということがあった。これ、よくあることだとは思うのだけれども、個人的にはまったくと言っていいほど理解ができない。もちろん、自分にあまり関係がないところの通知がぴこんぴこん来るのはウザいだろうなぁ、とは思うんだけれども*1、「関係を断ち切ることを明示的に示す」ということをしなくてもいいのに、なんて考えてしまう*2


このツイート以前も紹介したけれども、本当にそうだと思う。特に、こちらは仲がいいと思っていたのに、先方は実はそうでもなかったりとか、いろいろと理由があって連絡を取りにくくなる関係が出てきたりとか(こちらからの場合も、先方からの場合も)、「それならそうと最初から言ってよ」とも思うし、「騙すんなら最後まで騙してよ」とも思う。FacebookInstagramで何度リクエストを申請しても受け付けてくれなかったりとか、メールを出しても返事が来なかったりとか、ここ数日の間にもいくつもあった。あれ、それくらいの関係やったっけ、みたいな。


「愛を勘違いしないでください」「誰かを愛するためには、もっと努力が必要」と歌ったのはマッキーやけれども、そうなんやろうなぁ、と思う。年明け早々に挨拶旁々寄った某所でKちゃんと話したのは、家族とか、身内とか、仲間とか、もっと大事にせなあかんなぁ、ということ。「挨拶みたいに思ってた」のは自分だけかもしれず、もしかすると自分にとって都合のいいように利用していると思われてしまっているのかもしれないわけで。


そして、僕ももちろん、生来のものぐさが災いし、自分としてはそのような意図はないものの結果として関係性が途絶えてしまっているものもあるわけで。年賀状なんて最たる例で、ここ数年はまったく出せていない*3。これではいかんよな、言ってることとやってることとが釣り合っていないよな、とも思いつつ。


割り切りと、執念と、それに自分視点と他人視点と、全部のバランスを取れるような大人になりたいなぁ、と思う、そんな40歳直前。明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。


新年早々届いた『組織科学』を見て。


落ち込む、というのとはなんか違うんやけれども、情けない気持ちになるなど。後輩にどんどんと抜かれている自分、これでいいのか、みたいな*4。がんばらねばなりません。

*1:実際に自分自身にとってのそういうグループもあるので、気持ちはわからなくはない。

*2:理由は簡単。重度のうさぎ病患者だから(苦笑)。

*3:結婚してからは、親類関係だけは妻がついでに書いてくれて、本当に助かっている。

*4:逆の観点からいくと、知っている後輩の晴れ姿を見ることができているわけで、その意味ではとても嬉しい、という気持ちも同時に持っている。

2017-08-01 Day 305。

90と205。


葉月朔日、である。


サンディエゴ生活も残り**日、と考えることが多くなってきた。ちなみに、9月10日に出国予定なので、今日で、あと40日。早いもんだよな、と思う。本当にあっという間。


土曜日に体重計を買いにTargetに行った。別に残り40日になって体重が量りたくなったわけではなく、帰国に際して引っ越しをせねばならないわけで、そのための箱の重さを量ったりするのに使いたいから。そして今日はこのあと、Leasing Officeに解約予告の手続きをしに行く。いよいよという感もする。


この1年間の在外研究という貴重な時間を、それなりに有効に使えていたのかしらと、ふと思ったりする。この間、書籍が1冊刊行。学内紀要に研究ノート*13本、学外の論文誌に2本、ここまでは刊行済。いずれも査読無しなれど、特に学外の論文誌に関しては、自分の今後の研究の基礎になるものが出せているのかな、と考えている。未刊ものとしては、英文書籍の1章を分担執筆するという話があってそれはメドがついたのと*2、別の日本語書籍の分担執筆(共著)が現在校正作業中、こちらは年内に刊行になるかな。今月中に締切があるのが、学外の論文誌1本、他大学から依頼されている紀要論文1本、秋の某学会の予稿集の原稿が1つ。できれば滞米中にメドをつけてしまいたいのが、査読付きの学会誌3本と秋の別の学会の予稿集の原稿が1本*3。学会は、報告は結局IPRRCだけだったけれども、AAA・ICAと参加できたし、明後日からはAOM・AEJMCと参加することになっている。


がんばってる方かしら。どうだろう。少なくとも、京都にいてはできなかったであろうoutput量だとは思うので、そういう意味ではちゃんと有効に使えていたのかしら。


持ってきたけどまだ手がついていない本があるのが心残り。明後日からの出張の移動時間に読めるといいんやけれども、どうだろうか。


ただ、どういうことをこれから研究していくかについては、ある程度メドが立ったというか、覚悟ができた気がする。こないだ、「分相応、分相応と、言い聞かす。」と呟いたけれども、僕は天才ではないということについての諦めが、少なくともアタマのレベルでは、ついた気がする*4。かといって努力家秀才タイプでもないので、少なくともそっち方向ではがんばれよ、とは我がことながら思う。世間様に認めてもらえ必要とされれば、自分の「分」は広がりかもしれないわけで、認めてもらえるなにかをちゃんと作り出せ、ということなのだろう。こないだ「永遠のアイドル」がくれたメールも、そういう内容なのかなぁ、と。それに、いつも学生に言っている通り、できる限りorではなくandで考えたいわけで、andで考えられるようにするためにいろいろがんばらねばならない。


それと、なんだかんだでこちらに来ても、教育のこと、特にゼミ生のことを考える時間が多かったように思う。考えているだけで、時折投げるメール以外は、なにかができているわけではないけれども。前からそうじゃないかなぁとは思っていたけれども、たぶん、僕は教育が好きなんだろうな。うちの先生(師匠)の影響かしら。好きこそものの上手なれ、だといいんだけれども、そこまでの自信はない。兄貴分のM先生ではないが、親はなくとも子は育つという側面が大いにある。やりたい人にやらせるのはよくないという謂があるが、そうならないようには気をつけないといけない。


サンディエゴは気候がとてもいいところで、夏はそこまで暑くなく、冬はそこまで寒くなく、なにより湿度が低いので、高温多湿の京都に戻って生きていけるかどうか、そこがまずは心配。帰国してすぐに出張があったりゼミ合宿*5があったりするので、体調を崩している場合ではないんやけどね。


帰国後の楽しみは、一番は、久々にいろいろな人に会えるということ。僕は周りの人に生かされているので*6。そして、日本でしか食べられないあれやこれやを食べること。アメリカにも、タコスからステーキまで、美味しいものはたくさんある*7日本食についても、レストランもたくさんあるし、日本食スーパーの品揃えも充実していて、困ることはまったくない。でも、日本のすき焼き・うなぎ・寿司天ぷら、あとは美味しい中華料理を、久々に楽しみたいなぁ、と思う*8。個別にはすごいお店はいろいろあるんやろうけれども、全体でみると、日本の外食事情って、すごいと思う。


ところで、タイトルの90と205。どちらもそんなことはないと思ってたけど、それぞれにショック。さて、いつまでに、どこまで、がんばれるのか。こちらもそろそろ真剣に考えないとなぁ。


今日はこんな日。
  • 家で原稿書き。
  • 解約手続き。
今日のごはん。
  • 昼:家=サーモンサラダサンドイッチ
  • 夜:家=(これから)

*1:細かくいうと違う分類のものもあるけれども、とりあえずこれで統一。

*2:現在、編者のみなさんによる確認中。すいません、ご迷惑をおかけしています。

*3:さて、実際にはどこまで書けることやら……(涙)。

*4:腹落ちするというか、悟りを開くにはもう少しかかる気もする。

*5:いろいろあって日帰りになったけれども。なんというか、指導力不足を痛感する。

*6:単なる「うさぎ病」だという気もするけど。

*7:妻が、どちらかというと、外食よりは家ごはん派なので、それになによりこちらの外食の価格はとても高いので、それほどお店の開拓をできているわけでもないけれども。

*8:こちらの日本食、それほど行ったわけではないけれども、ここはすごいわと思ったのは寿司大田さん。築地よりも美味しいものをいただけたと思う。