ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

るるむく日記 RSSフィード

2016-11-25 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

■[DW]DWチャット

本日DWチャット開催いたします。お時間のあるみなさまがたおいでいただいておしゃべりいたしましょう。

http://rurumuku.chatx2.whocares.jp/

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sunami_a/20161125

2016-10-13

[]夏目漱石没後100年企画展「漱石文庫〜文豪が遺した創作の背景〜」 夏目漱石没後100年企画展「漱石文庫〜文豪が遺した創作の背景〜」を含むブックマーク 夏目漱石没後100年企画展「漱石文庫〜文豪が遺した創作の背景〜」のブックマークコメント

f:id:sunami_a:20161010112322j:image:w360

東北大学付属図書館で、

夏目漱石没後100年企画展「漱石文庫〜文豪が遺した創作の背景〜」

夏目漱石没後100年企画展「漱石文庫?文豪が遺した... | プレスリリース | 東北大学 -TOHOKU UNIVERSITY-

を開催していたので、ふらっと立ち寄ってきました。

大学図書館、今は土日も解放されてるんですね。

今年は漱石没後100年(そして来年が生誕150年)東京でも記念企画がいろいろされているようですが、仙台でも!

寡聞にして知りませんでしたが、漱石の旧蔵書、日記・ノート・試験問題・原稿等の自筆資料、その他漱石関係資料等は、当時東北大学附属図書館長で、漱石の愛弟子でもあった小宮豊隆の尽力によって、早稲田の漱石山房から、仙台の東北大学に譲渡されたのですね。

早稲田界隈は太平洋戦争の空襲で、焼かれてしまったので、仙台に蔵書が譲渡されたので戦火を逃れることができたそうです。

(詳しいことはこちらのページ、漱石文庫について

図書館のエントランスには先生と僕を描かれている

香月ゆらさんの、漱石文庫にゆかりの深い4コママンガが展示、また香月さんの原画による漱石先生の等身大パネルもおいてあって気さくな雰囲気でした。

(東北大学付属図書館企画展紹介ツイート 、香月さんのツイート )

そして展覧会本展は、貸した本の書き付けや、日記、講義の筆記断片、幾何学の答案、水彩画、俳句、友人にあてた手紙、家族へあてた手紙、書き込みのされた蔵書など、どれも当時の知識人、文化人、だった漱石のいろいろな面を見ることができてとても興味深かったです。

来年の秋にメディアテークで、生誕150年の特別展を行うようなので、そちらも楽しみです。

漱石文庫グッズもいろいろ販売されていました。また今回、東北大学図書館と、在仙の和菓子店、白松がモナカ本舗で共同企画した、漱石文庫」オリジナル羊羹もあるとのこと。こちらは漱石の好んだ紅茶とピーナッツ味の2種類で、パッケージは本学が所蔵する「『吾輩は猫である初版復刻本」と「漱石土井晩翠に送った絵手紙」をモチーフだそうで、見かけたら買ってみようかな? と思いました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sunami_a/20161013

2016-09-30

[]真田丸展 真田丸展を含むブックマーク 真田丸展のブックマークコメント

f:id:sunami_a:20160928104329j:image

NHKの

大河ドラマ『真田丸』全国巡回展に いってきました。サイン色紙以外は写真OKとのことだったのでいくらか写真もとってきました。

宮城県は、真田信繁の子供たちが伊達家家臣の片倉家に縁づいた事もあってか、ゆかりの県南の白石市、壽丸(すまる)屋敷での開催です。壽丸屋敷は紙問屋や雑貨商などを営んでいた豪商・渡辺家の、明治〜大正に建てられた町屋建築とのことで、お庭も屋敷も立派です。

f:id:sunami_a:20160928104812j:image

f:id:sunami_a:20160928104802j:image

こういったお屋敷の中での展示はとても趣がありますね。

f:id:sunami_a:20160928105032j:image

f:id:sunami_a:20160928105024j:image

信濃時代の衣装と小物が展示されていて、麻(多分)の着物は冬は寒そうだなあ、と思ったり、昌幸父の毛皮はやっぱり暖かそうと思ったり。

改めてこの初期の頃は、在の小さな国衆だったんだなあ、などと思いました。

白石までは仙台から電車で50分ほど、明日、10月1日は鬼小十郎まつりhttp://onikojuro.jp/があるので、あわせて出かけるのも楽しそうだな、と思いつつ、一足先に、真田丸展を堪能してきました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sunami_a/20160930

2016-09-23

[]DWチャット DWチャットを含むブックマーク DWチャットのブックマークコメント

本日DWチャット開催いたします。お時間のあるみなさまがたおいでいただいておしゃべりいたしましょう。

http://rurumuku.chatx2.whocares.jp/

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sunami_a/20160923

2016-08-27

[]kindle unlimited kindle unlimitedを含むブックマーク kindle unlimitedのブックマークコメント

巷で噂の(今更?!)kindle unlimitedに登録してみました。kindle unlimitedアマゾンが提供するサービスで、日本では今年の8月3日から始まりました。「月額980円でkindle本を読み放題」、というものです。

アマゾンkindle本が全部対象、というわけではなく、読める本と読めない本があります。

ですので、このサービスをお得に感じるかどうかは個人差が出そう、という印象。最初は私もうーん、そんなに読める本がないんじゃないのー?? でした。

しかし、アルク社のEnglish journal

が対象雑誌と知り、これが毎月読めるなら、と登録してみることにしました。(今までは興味のある月だけ購入という買い方でした)

山と渓谷

山と溪谷 2016年 8月号 [雑誌]

山と溪谷 2016年 8月号 [雑誌]

 や、クロワッサン[asin:B01I8TWGII:detail]

オレンジページlite版、

なども雑誌のラインにあり、そこそこ楽しめそう。

それと、好きな作家さんのマンガが結構登録されていたので、これだけでもモトとれるかなーととりあえず登録してみました。

何冊でも読めますが、一度に登録できるのが10冊までなので、図書館というか貸本屋さんというかな感じ。ただ、読んだ本を一度利用終了してもまた登録すると、前回つけたハイライトやメモは保存されているので、気軽に登録、利用終了できます。

なんだかんだで、もう40冊くらい読んでるので、十分モト取ってる感じですね。

ただ、「これを読みたい!」というよりは、「何かおもしろそうなのあるかな??」で読む感じ。

なので、何か雑誌1,2冊定期購読してもいいのがあるから、ぐらいの立ち位置で試すのがストレスがなくて良さそうです。

ただ、気になるのが、結構対象本が変動していて、対象本がこの先減りそうな感じがあること。

Kindle Unlimitedでのリュウ本誌、リュウコミックスの配信についてのお知らせ

や、作家の鈴木みそさんのunlimitedから引き上げる予定発言もあるのでそのあたりが今後どうなるかな? です。

個人的にはシリーズものの長いものなどをunlimited 対象にしてほしいなあ、あとから追いかけるのって大変だから。たとえばペリーローダンとか・・・500巻くらいまでunlimited に入れて欲しい。 いまからまるまる400巻分とか買う気力も、本棚に入れるスペースもなくて・・

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sunami_a/20160827