東川端参丁目の備忘録 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-07-25 どうしたんだ、岩波書店。 8月の新刊本 このエントリーを含むブックマーク

●辞典

『国際関係図書目録2001-2005(1)』日外アソシエーツ

紀伊國屋書店 7月下 34,650円

■日本とアメリカヨーロッパ中南米アフリカ諸国との国際関係に関する図書をさまざまな分野・テーマから7,600点収録。

『文献目録 憲法論の10年』1996〜2005日外アソシエーツ編

紀伊國屋書店 7月下旬 24,150円

改憲論・護憲論から憲法解釈まで、日本の憲法に関するさまざまな図書・雑誌文献15,000点を幅広くテーマごとに一覧できる。

憲法論は、読売新聞が改憲案を発表してから大きな変遷があったのではないか。1996年〜というよりも、1994年からというくくりにした方がよかったのでは。

アンソロジー内容総覧 評論・随筆』日外アソシエーツ編

紀伊國屋書店 7月下旬 37,800円

1945年から2005年までに刊行された、日本の評論・随筆・紀行などのアンソロジー1,500冊の内容細目集。

1500冊って少ない気がするぞ。筑摩書房から出ているアンソロジー集(「ちくま文学の森」などの全集ものも含める)だけでも1500冊突破するんじゃないか。

『外国地名レファレンス事典』日外アソシエーツ編

紀伊國屋書店 7月下旬 44,100円

■海外の都市名・山岳名・河川名などの地名36,000件が、どの地名事典・百科事典に、どのような見出しで載っているかがわかる索引

これは便利。ただ、使い勝手はいいのかどうか。

『日本人物文献索引 政治・経済・社会 1991-2005』日外アソシエーツ編

紀伊國屋書店 7月下旬 49,980円

戦国大名から活躍中の政治家・経済人まで5千人の伝記・日記・人物論・報道記事・年譜・著作リストなどの文献63,000件を収録。

『日本文学研究文献要覧 古典文学 2000〜2004』石黒吉次郎監修

紀伊國屋書店 7月下旬 51,450円

■日本の古典文学に関する研究図書、雑誌掲載論文書評、書誌など34,000点を収録、時代別・ジャンル別に一覧できる文献目録。

『文芸雑誌小説初出総覧1981-2005』勝又浩監修

紀伊國屋書店 7月下旬 49,350円

文芸誌、小説誌、総合誌など83誌・11,579冊に掲載された小説の初出情報を収録。作家の活動を時系列に俯瞰することができる。

この手のレファ本を出す出版社は、いまどき、紀伊国屋書店ぐらいしかない…。

『文章表現のための類語類句辞典』安田章編

三省堂 8月下旬 2,625円

■それぞれの語の用法とそれに類似する表現を示して、適切な表現を探すことができるようにし、個々の語の特徴をより鮮明にした辞典。

類語辞典だけに期待大。

『新編畜産ハンドブック』扇元敬司編/中井裕編

講談社 8月21日 9,975円

■畜産に関する情報をまとめたハンドブック。我国の畜産を俯瞰できる。今回の改訂版にあたり、用語解説を付加。自治体や現場の技術者必携。

講談社、こういう仕事もやるのか。社員の給料減らして、どんどんこういう仕事やりなさい。

『近代民事訴訟法史・日本(2)』鈴木正裕

有斐閣 8月下旬 7,350円

■第1部「明治19年に渡独した司法官たち」、第2部「司法官の定年制」、第3部「第三高等中学校(高等学校)法学部」で構成した続編。

<<

う〜む。

江戸刑事人名事典』釣洋一

新人物往来社 8月下旬 13,650円

徳川時代、江戸の凶悪犯を取り締まった「火付盗賊改」。この江戸時代の特別機動隊とも言うべき人物の詳細な初の人名事典。

どういう人が使うんだ、この事典。

『苗字と地名の由来事典』丹羽基二

新人物往来社 8月中旬 3,990円

■日本の苗字30万を調べるとそのほとんどが地名からきている。その由来を集めた事典。著者はその研究の第一人者である。

内容紹介になってませんよ。

>>

『日本総論(2) 人文・社会編』山本正三編/奥野隆史ほか編

朝倉書店 8月下旬 24,150円

■日本の人文現象の多様性を、経済的側面とともに社会的・文化的側面から多面的に捉える。

どんな内容なんだか、抽象的すぎてさっぱりわからぬ。

●科学

テレポーテーション……夢機械の物理学』デヴィッド・ダーリング著/林大訳

光文社 8月23日 1,890円

■人間やモノの瞬間移動。SFと思われるかもしれないが、素粒子レベルではもう実験に成功しているのだ。物理学のドラマをあなたに。

新書だと買う。


●社会

『よくわかる!公共サービス改革法(市場化テスト法)入門』公共サービス研究会編

ぎょうせい 7月下旬 1,200円

■民間が落札した場合はどうなる。市場化テストについて知っておきたいことをコンパクトにまとめた入門書。官民ともに必携。

ぎょうせい以外の出版社がこの本を落札するのかどうか…を「市場化テスト」すべきでした。

丸山眞男回顧談(上)』植手通有編

岩波書店 8月29日 2,625円

■自らの生涯を軸に語りおろした、昭和史への見事な証言。5年余りにわたるインタビューの記録。

岩波書店、丸山眞男でいくら儲ければ気が済むの。

>>

『公共の役割は何か』奥野信宏

岩波書店 8月25日 1,995円

■「大きな政府」への反省にたち、巨額な財政赤字を前にして、なお「公共部門」がなすべき事は何かを示す。

巨額な累積赤字を前にして、なお「岩波書店」がなすべき事は何か、じっくり考えた方がよい。

『国家論のクリティーク』イェンス・バーテルソン著/小田川大典ほか訳

岩波書店 8月30日 4,095円

■国家をめぐる思考の陥穽を明らかにし、国家とその権威とを従来の政治的批判の呪縛から解き放つ。

おお、青土社の本かと思ったよ

住基ネットの〈真実〉を暴く 管理・監視社会に抗して』斎藤貴男

岩波書店 8月4日 504円

■住基ネットの差し止めを求め、著者は訴訟を開始した。着々と築かれる監視社会の実態を浮き彫りにする。

住基ネットは、政府が「監視社会」を築こうとしているからではなくて、違う理由があるから(だと私は思う)。そこを指摘しないと、説得力が弱いぞ。

『「たら」「れば」で読み直す日本近代史 戦争史の試み』黒野耐

講談社 8月1日 1,575円

日清戦争後に三国干渉を拒否していたら。日米共同の満鉄経営が実現していれば。悲劇を避け得た「if」徹底検証。

三国干渉を拒否しても、日米共同の満鉄経営が実現したとしても、「悲劇」は避けられなかったのでは?

孫子兵法発掘物語』岳南著/加藤優子

岩波書店 8月22日 3,045円

■銀雀山漢墓からの出土竹簡をめぐって、当時の関係者に取材をした歴史ドキュメンタリー

『ラペルー太平洋周航記 海洋の空白に挑む』ラペルーズ著/佐藤淳二訳

岩波書店 8月8日 3,570円

■南北太平洋全域を一度の航海で探査し尽くそうとしたフランス海軍軍人の臨場感あふれる航海日誌。本邦初訳。

どうしちゃったの、岩波書店。いつもより面白そうな本が多いぞ

『オキナワ 沖縄戦米軍基地から平和を考える』立命館大学国際平和ミュージアム監修/石原昌家編

岩波書店 8月30日 4,410円

■沖縄戦から戦後の軍事支配、そして現在の米軍基地問題、書籍とDVDの豊富な映像・写真で伝える。

DVD付き!

『社会史史料集』アメリカ学会訳編

岩波書店 8月29日 6,930円

■近年の社会史研究の成果にもとづき、植民地時代から現代までを通史的に編集した待望の史料集。全28篇。

全28篇? 少なくない?

『剛腕維新』小沢一郎

角川書店 8月7日 1,680円

■小沢一郎が、日本の政治と日本について語る。「政治家・小沢一郎」の信念や素顔を知るだけでなく、日本の政治、日本を考える契機となる1冊。

「剛腕維新」…。センスが。。。

『虚像と実像 小沢一郎の真実』平野貞夫

講談社 8月28日 1,680円

政権交代を狙う真の実力者は梟雄か英雄か。自民党幹事長時代の「首相候補面接事件」の真実、次々と離れていった側近の思惑などを側近中の側近が全告白。

この本出る前に、「週刊現代」で短期集中連載やると思われる

『警察VS.警察官 ホイッスルブロワー』原田宏二

講談社 8月2日 1,785円

■裏金作りを拒み、たった1人の反乱を続ける「愛媛の厳窟王」、信じていた組織に裏切られた銃器捜査の辣腕刑事。これが警察の闇だ。

辣腕刑事に「巌窟王」の称号は似合わない。

『所有と国家のゆくえ』立岩真也著/稲葉振一郎

NHK出版 8月30日 1,176円

■社会の不平等化を憂い、「所有」や「市場」のあり方を原理的に問い直すことで真に豊かな国家像を創出しようとするスリリングな対論。

テレビの方も出版社なみになればいいのに、NHK

『人文学と批評の使命 デモクラシーのために』エドワード・W・サイード著/村山敏勝ほか訳

岩波書店 8月23日 1,995円

■人文学的価値観はいかにデモクラシーに寄与しうるか。人文学再生にむけた、サイード最後のメッセージ。

みすず書房かと思ったら、岩波書店の本だった。

『美酒と革嚢 第一書房長谷川巳之吉』長谷川郁夫

河出書房新社 8月21日 5,775円

■大正・昭和の出版界をリードした第一書房・長谷川巳之吉の謎の廃業までを丹念に追った傑作評伝。出版史であると同時に文壇史でもある。

『憑かれた鏡 エドワード・ゴーリーが愛する12の怪談』エドワード・ゴーリー編/チャールズ・ディケンズ

河出書房新社 8月21日 1,995円

■じっとりと迫り来る恐怖と怪奇。12作品すべてにゴーリーが描き下ろした挿絵付き。

埴谷雄高

河出書房新社 8月17日 1,575円

■2007年没後10年を迎える20世紀の最も異様な文学者思想家の真実と可能性を検討する1冊。さまざまな角度の視点が新たな埴谷を現す。

大丈夫か、河出。創業120年(その間、会社潰れること数回)だからって、ムリしなくていいんだよ。

『ノーサラリーマン・ノークライ(2) ミスター・シープ』中場利一

幻冬舎 7月25日 1,680円

■「これこそリアルな銀行員の毎日!!」と「日経ビジネスアソシエ」連載時から絶賛を集め続けた傑作小説が待望の単行本化。

中場が「日経ビジネスアソシエ」に「銀行員」の小説を連載していたのが驚き。

『洗濯屋しんちゃん』沢野翔著/大越秀武画

イーグルパブリシング 8月下旬 924円

■洗濯屋で働き始めた途端、主人公の周りは入れ食い状態。連日客の女性たちとイケナイ関係に。人気18禁ソフトのノベライズ

洗濯屋けんちゃん、クレヨンしんちゃんからクレームつけられそう。

『感動とは何か 映画音楽の現場から』久石譲

角川書店 8月10日 760円

■宮崎アニメなど日本映画音楽の第一人者として20年にわたり活躍してきた著者が、オリジナリティのあるものを作り上げるための心がけを伝授。

「オリジナリティのあるものを作り上げるための心がけ」を、「ゲド戦記」の監督に教えてあげてほしい。

『刺さる言葉 目からウロコの人生論』日垣隆

角川書店 8月10日 720円

■歯に衣を着せぬ毒舌であらゆる「嘘」と「まやかし」を撃ち抜く著者が、社会、人間の本質を辛辣な言葉とメタファーで解説。キケンな言葉事典。

「日垣隆版『悪魔の辞典』」。

『他人を許せないサル』正高信男

講談社 8月18日 861円

ケータイインターネットに四六時中つながった現代人。いつもイライラ、他人に厳しく、無責任。気鋭のサル学者がその生態にメスを入れる。

こういう本を何度も出す、こりないサル。

『芸術とスキャンダルの間 戦後美術事件史』大島一洋

講談社 8月18日 756円

■騙す方が悪いのか、贋作をつかまされた方がバカなのか。作者、画商、鑑定家の折りなす人間模様は、作品の価値以上に面白すぎる。

講談社には、「作品の価値」自体が疑われている某巨匠画家の絵が飾られている…。

『奪われる日本』関岡英之

講談社 8月18日 735円

米国に蹂躙される医療と保険制度。姉歯ショックに隠された規制緩和の無定見。米政府から日本政府への内政干渉・日本改造計画書に抗議する

講談社の2匹目のどじょう商法に抗議する…というか、あきれる(タイミング、遅すぎ)。

ミッチー・ブーム』石田あゆう

文藝春秋 8月21日 893円

■そのテニススタイル、そしてロイヤル・ファッション。若き日の美智子様のあざやかなイメージが戦後の「大衆天皇制」を決定づけるまで。

<<

上海狂想曲』高崎隆治

文藝春秋 8月21日 788円

■スパイと欲望の都「国際都市シャンハイ」。昭和12年夏、日中戦争開始直前の緊迫を歴史から発掘。その時、日本人にとって中国とは。

『論争 格差社会文春新書編集部編著

文藝春秋 8月21日 788円

貧富の差は広がるか、ニートは誰の責任か、格差社会を生き抜くには。「文藝春秋」から「世界」まで、重要論文・対談が1冊

なにゆえ「日本の論点編集部」ではなく、「文春新書編集部」編著のか。

大阪王将、上陸』文野直樹

文芸社 8月1日 1,365円

■焼餃子で有名な一大チェーン「王将」の2代目社長による経営戦略。お客様を大切にする精神を語る。

「お客様を大切にする精神」が経営戦略ってことはないよね。まさか、ね。

kbkkbk 2006/07/31 17:14 よくもまぁ、こんだけ長々と独り言連ねられるねぇ。

Connection: close