津堅信之のアニメーション研究資料図書室 このページをアンテナに追加

2016-04-30

マチ★アソビ Vol.16

| 11:28 | マチ★アソビ Vol.16を含むブックマーク

 毎年春と秋に徳島市で開催されるアニメ関連イベント「マチ★アソビ」

 私はここ数年毎年参加し、トークイベントで喋ったり販売ブースに入って何やら売ったりしているのですが、徳島という街の「身の丈」に合った心地よいイベントで、楽しんでいます。

 このゴールデンウィークの5月3日から5日にも「Vol.16」として開催されますが、私はこのうち5月3日・4日の2日間、パラソル型のブース(名称はたぶん今回も「アニメビジエンス」)に入って、自著を販売する予定です。

 参加される方々、会場でお会いしましょう。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tsugata/20160430

2016-04-11

東映社内報「とうえい」

| 12:31 | 東映社内報「とうえい」を含むブックマーク

 4月からフリーランスになって、今年8月刊行予定の単行本の原稿執筆を毎日自宅でやっているわけだが、その仕事の参考文献のひとつがこれ、東映の社内報、その名も「とうえい」(月刊)

 写真の1966年10月号は、東映動画創立10周年の特集が組まれており、設立に関わった多くのスタッフのコメントが掲載されている。

 ただ、この「とうえい」を通しで閲覧できる公共図書館大学図書館などに、私は行き着いていない。写真の東映動画特集号はたまたま入手できたが、東映本社の広報室に問い合わせたら、所蔵はしているが「内部資料なので非公開」とニベもなく断られてしまった。

 どこかでまとめて閲覧できるところがあれば、情報を求めます!

f:id:tsugata:20141109123940j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tsugata/20160411

2016-04-01

近況 その1

| 14:47 | 近況 その1を含むブックマーク

 近況の報告です。

 昨日、つまり3月末で、ちょうど10年間務めた京都精華大学を退職しました。

 今月からは、日本大学芸術学部が、教職の拠点になります。ただし、専任ではなく非常勤です。なので、私の職業は「フリーランスのアニメーション研究家」ということになります。

 当面、関西圏と東京圏とが活動域になります。著作、講演など、仕事はどんどんお受けしますし、フリーになって時間ができますので、今年から来年にかけては、単行本の執筆を集中的にやっていきます。まずは、今年8月刊行予定の単行本の原稿執筆、その後、できれば2冊、企画を通したいと考えています。

 今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tsugata/20160401

2016-03-29

ブログ再開

| 08:34 | ブログ再開を含むブックマーク

 こちらへの書き込みは、なんと7年ぶり!

 ここ数年、外向けの発言はフェイスブックを使っていましたので、こちらは放置状態でしたが、4月から、文献紹介以外に近況報告というカテゴリを追加して、再開したいと思います。

 簡単ですが、ひとまず、予告まで。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tsugata/20160329

2009-02-27

外国テレビフィルム盛衰史

| 21:43 | 外国テレビフィルム盛衰史を含むブックマーク

 

●「外国テレビフィルム盛衰史」

 著 者: 乾 直明

 出版社: 晶文社

 刊行年: 1990年

 定 価: 5800円

 

 f:id:tsugata:20090227214257j:image

  

 私の専門が歴史なので、つい昔のことを調べるための文献に偏ってしまうが、しかしそれは、まだまだ調べられていないことがあることの示唆でもある。

 例えば、『鉄腕アトム』以前のテレビ放送史における外国(主としてアメリカ)テレビ番組の放送史もその一つで、そのプログラムの中には多くのアメリカ製テレビアニメがあり、その放送実績が、後の「テレビアニメ大国」日本の礎となったことは、ぜひ認識しておきたい。

 昭和30年代以前のテレビ放送史に関する文献は数多いが、まずは本書を紹介する。

 

 テレビ放送が開始された1958年から1992年までの、海外テレビ番組に関する総説である。情報として特に欲しいのは1970年代くらいまでなので、年代的にはやや広く扱いすぎており、このため各年代や作品群に関する情報は、概説にとどまっている。

 しかし、606ページもの大部に収められた情報は、海外テレビ番組放送に関する文字通りの総説として、本書をたよりにしつつ、細部の具体的な情報を他の文献に求めていくという順序になろうかと思う。アニメーションに関する記述も、けっこう多い。

 そういう意味では、参考文献に関する記述がほとんどないのは残念。

 また、巻末に「外国テレビ番組全リスト」が収められており、これはこれで貴重なのだが、邦題、放映開始年月、放映キー局のたった3項目しかリスト化されていないのは残念。すべての番組については難しいのだが、可能なものだけでも原題と話数はつけてほしかった。

 

 古書市場で入手可能。