dock days

2018-01-18 半世紀到達

誕生日です。50歳になりました。

こんな軽い人間が50歳になって

良いのかしら?

「50歳検定試験」なんてものが

あったらどうなっていただろう?


『えーお仕事は?……写真家。はあ。

収入は?……ま、無いようなもん

ですな。え、他に仕事を?

赤バイク?それは正社員ですか?

……バイトね。で、ご家族は?

……お一人ですか。そうですか。

ツルタさんねー、これじゃ50歳とは

言えませんよ。せいぜい38歳』

落第である。


まあいい。朝から病院に行く。

レントゲンは異常なし、傷口もきれい。

これで通院も終わりか?と思ったら

お医者さんが「腕を上げてみて」と

言った。


横も上も、後ろに回すのもまだ不十分

なのだが、「では頑張って動かして

ください。来月また様子を見ましょう」

との事。もし動きが戻らなかったら

通院してリハビリしましょう、と。

ちょっとでも良くなると「はい終わり」

という医者が多いのに、完全に動く

まで親身になってくれるのだ。

これはありがたかった。


その後家に戻り、カメラを持って

外へ。「DOG RUN」シリーズの撮影を

やったのだが、天気が悪くなって光が

無くなったので早めに終了。

横浜に戻る。


誕生日なので寿司屋(廻るやつ)へ。

「サービスでウーロン茶かビールを

お付けしますが、どちらにしますか?」

と聞かれた。答えるまでもなかろう。

ありがたく頂いて、たくさん食べて

帰った。


所々想定外の事が起きた1日だったが、

穏やかに終える事ができた。

さ、50代だ。

2018-01-17 昨日・今日・明日

今日は午前中が割と穏やかな天気で、

午後から大荒れだった。

ここ10年間の僕の人生みたいな

天気でありまして、何だか感慨

深かったのであります

(何言ってんだか)。


40代も残り数時間になりました。

30代後半からの穏やかな時間が続くと

思ったら、途中から経験した事の無い、

未知の出来事がたくさん起きました。

良い事も悪い事も、本当にたくさん。


良かった事は、今までになく僕を

強力に支えてくれている。嬉しい。

悪かった事は……「鍛えてくれた」と

言いたいけれど、まだ克服できてない

からなあ。


同年代の友達を見ていると、みんな

なにかひと仕事成し遂げたんだなあ、

と思う。仕事にしても家庭にしても。

すごいなあ、と本当に思う。

ずっと頑張り続けて来たんだな、と。

友達から届いた年賀状を見ていると

つくづくそう思う。


僕はと言えば相変わらずフラフラして、

何一つ成し遂げていないペーペーの

ままだ。

同年代がそろそろ人生の総括を始めよう

としている時に、まだ駆け出しみたいな

顔をして無責任に過ごしている。

なんてこったい。


そんな事を言ってるうちに残り時間

だけは刻々と減って行く。

来た道よりこれから行く道の方が短い

のだ。

いい加減何とかしなきゃな、もう遅い

かな、なんて考えたのであった

(そう思うなら動け)。

2018-01-13 ニュー・カマー

5連勤が終わった。色々あった。

今日はめちゃくちゃ仕事が多かった上に

突発で休んだ人がいて、1人で2人分

近く配達しなければならなくなり、

夜7時過ぎまで配達していた。


でもまあ、楽しいこともある。

最近越してきた人の家に初めて配達

しに行ったら、ドアポストの真ん前に

犬小屋が置かれていた。


「ああ、これか」

話は聞いていた。ポストの前に犬小屋が

あるから、噛まれるのが怖くて配達

できないんですよ、と。

荷物が結構溜まっていた。


そうかあ、どんな犬なんだ?と顔を覗き

込んで、思わず笑った。

すごく愛嬌のある優しい顔をした犬

じゃないか。大丈夫だよ。


ゆっくり近づいて、声をかける。

「こんばんは。初めまして」

「………」

「怪しい者じゃないですよ。

 ちょっと配達させてね」

「………」

「ありがとね……はい、全部終わり」

「………」

「お邪魔しました。じゃあね」

「………」


よくこのブログに出てくる「ロック」

にどこか似ているところがあって

(吠えないけどね)、一発で好きに

なった。

配達するのが少し楽しくなった。


配達先の犬、猫が少し老いてきて、

これから段々いなくなるのかなあ、と

思っていたので、余計に嬉しくなった。

ま、配達の楽しみなんてそんなもんです。

2018-01-07 復帰第一戦

撮影に行く。一番やりたかった

「DOG RUN」の新作、渋谷区編を

撮ることにした。


渋谷駅はますます訳が分からなくなって

いて、電車を降りた後、思った場所に

出られない。何とかハチ公前に出て

(ほんとにそんな感じなんです。大工事

中なので)、公園通りを歩いて行く。

この辺まではただただ楽しい撮影。


神山町富ヶ谷と歩いて行き、代々木

八幡駅に着く。「富士そば」で昼食。

不味い。せっかくの鴨南蛮なのにー。


代々木上原に向かう辺りから段々

難しくなる。駅前の商店街は陽射し

が少ないし、日の差す所に出るとそこは

住宅地。これが難しい。


東京はどこまで行っても人が住む土地。

延々と住宅が続く。歩けど歩けど、

四方八方に動けど、どこまでも住宅が

続く。川が無ければ草原も無く、勿論

海が現れる事も無い。

これをどう見てどう捉えるかが本当に

難しい。


珈琲屋にて一休み。「うーむ」と唸る。

またマンネリに陥ったな。

さて、これからどうするか。

でもこれが「DOG RUN」だよなあ。

だから面白いのだ。


それからまたしばらく歩いて、

あちこち撮る。こうやって撮影できる

ようになった事が、本当に嬉しい。

やっと今年が始まった。


帰りに蒼穹舎に寄ろうかと思ったが、

疲れていたので諦めた。

横浜まで戻り、外で夕食を食べた後、

ちょっと酒を飲んだ。

贅沢して、好きなスコッチ・ウイスキー

を少し飲む。美味い。正月だなあ。


年初めから色々あるけど、今年は

昨年以上に撮るぞ!内容は別としてな。

2018-01-02 日々の始まり

久々の休み。やる事は決まっている。

まずは朝から洗濯。昨日2回やったので

(!)、今日は1回で終わり(もう少し

大きな洗濯機が欲しいなあ)。


それから年賀状書きを。今年も年明けに

書いてます。また遅れます。

半日かけて何とか終了。すぐ出しに行く。

これでやっと正月が来た。


あとは、久々に3食全て自分で作った。

これは大事なこと。生活が戻ってきた。

相変わらず大したものは作れないけど、

素性の分からないものばかり食べる

よりはいい。


自分の写真を見たりもした。

昨年夏に横浜の金沢区で撮った写真で、

このブログでも書いたが、いつもと

ちょっと違う写真が撮れて興奮した

記憶がある。


いつ撮ったんだっけ?と思って見たら

8月13日。事故の3日前かー。

先の事は分からないなあ。

それはともかく、今回見てやはり

面白いなと思った。またやろう。


それから酒を飲んで(これも控えなきゃ

ならないんだろうけど)、ラジオを聴き

ながら年末に蒼穹舎で買った辻まことの

「画帖から」を開く。ずっと欲しかった

本で、骨折全快記念で買ったのだ。

やっと見れた。


始まって数ページ目の版画?と山道を

スキーで行く画にノックアウトされた。

ああ、こんな写真を撮りたいなあ。

大事に大事に見て、読む。

ちょっと酒が進んでしまったので

途中で止めた。楽しみはまた後で。


そんな訳で良い休みでした。

宝くじは外れたけどね。