なぜか数学者にはワイン好きが多い このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-03-10 関数推論と機械知能に関するワークショップ

立川市役所レストラン 03:07  立川市役所レストランを含むブックマーク

統計数理研究所には何度も来ているのですが,昔は昼食を取るという習慣が無かったので,今回は初めて昼飯を食べました.

研究所で売っているお弁当や裁判所の地下の食堂も興味があったのですが,取り敢えず立川市役所の3階のレストランに来てみました.

それほど混んでもいなく,食券を買って頼んでから時間もかからず,値段も安くてとても良かったです.

味は,本当に普通食堂レストランという感じでした.

f:id:tullio:20180220122928j:image

写真は,ハーフハーフです.

『ミートソースはドミグラスソース』by ちー&りー : 立川市役所 レストラン - 砂川七番/社員食堂 [食べログ]

なお,ラーメンチャーハンセットで食ってみましたが普通でした.

f:id:tullio:20180219124557j:image:w360

『市役所食堂のラーメンを頂きました!素朴で美味かった♪』by はぴ☆ぱら なおりん : 立川市役所 レストラン - 砂川七番/社員食堂 [食べログ]

普段職場近くで御飯を食べている感覚だと,普通じゃないのはお値段です.

セット系の,単品の1.5倍くらいのボリュームメニューは,500円台でした.安い.


1階にあるレストランも美味しそうだったのですが,入り口から入ってすぐに見えるところで落ち着か無さそうだったので,次回にすることにしました...

Workshop on Functional Inference and Machine Intelligence (FIMI) 03:07  Workshop on Functional Inference and Machine Intelligence (FIMI)を含むブックマーク

多分,7年ぶりくらいに統計数理研究所に行って来ました.

前に行ったのは,多分このとき.

阪神大震災から16年後の再び体験. - なぜか数学者にはワイン好きが多い

前まではバスを使ったり立川駅から徒歩で行ったりしてたのですが,今回は多摩モノレールで立川駅から高松駅に移動して,駅から研究所まで歩いて通いました.

本数も多いし,これが一番ラクな気がしました.

行った目的は,こちらのワークショップに参加するためです.

Workshop on Functional Inference and Machine Intelligence

f:id:tullio:20180219110616j:image

こんな感じに参加者が溢れていました.参加者が多くて,秘書さんの方々も相当に苦労なさってたようです.

講演内容は日によってある程度のジャンル分けがされていて,位相データ解析の講演があったりカーネル法の講演の日があったり深層学習の講演があったりと盛りだくさんでした.

f:id:tullio:20180220110549j:image

こんな感じにホワイトボードを使って説明を始める講演者の方もいました.

f:id:tullio:20180221134132j:image:w360

建物の前に雪があって,会議の期間中結構寒かったので西東京では雪が残っているのかと思って写真を撮ったのですが...

f:id:tullio:20180219123437j:image

そのことを知人に話していて思ったのですが,いくらなんでも雪が降ってからは期間があるので,ひょっとしたら統計数理研究所の隣の

国立極地研究所で何かやっていたのかもしれません.




3日間通ったのですが,取り敢えず,今回は無事に帰宅できて本当に良かったです.

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tullio/20180310

2018-02-06 「「イス倒していいですか」文化を本当に撲滅したい」という極論

そんな気を使わなくてもいいから,話し掛けなくてもいいから確認だけして頂ければ(ノートPC破壊されかかった) 23:54  そんな気を使わなくてもいいから,話し掛けなくてもいいから,確認だけして頂ければ(ノートPCを破壊されかかった)を含むブックマーク

https://note.mu/ayaniememo/n/ne5143a03b56d

「イス倒していいですか」文化を本当に撲滅したい

私は毎月新幹線に5,6回乗る生活をしています。

よく新幹線では「シートを倒す時は後ろのお客様にご配慮の上」と流れます。

椅子に全席リクライニング機能が付いていますが「倒していいですか?」と聞かなければならないという圧を、これを聞くたびに私は感じていて。

この話をすると、海外からの友人は「相手思いだね?」というポジティブな反応も多いし

「なんか面倒だね。全員に与えられた当たり前の権利なのに」「Too muchじゃないの?」と言った感想をよく聞きます。

海外では倒していいですか?なんて聞く人はいません。日本ならではの独自文化です。

新幹線で,シートの前のテーブルノートPCを置いていたら,もんの凄いガクッと前の方がシートを倒してきて,ノートPC液晶パネルが上下に挟まれて押し込まれて破壊されそうになったことがありました.とっさに引っ張って逃れましたが,40万円のパソコン破壊されるところでした.

それ以来,前の座席の人が急に動き出すとドキドキします.

後ろの方が何もしていなければ気を使わずに存分に倒しても良いかと思いますが,テーブルを使っているようでしたら,気付いて頂けるとドキドキが減ります.

「「イス倒していいですか」文化を本当に撲滅したい」という極論でネタを取る文化を撲滅したいです.

加藤 綾(あやにー)

2018/01/26 16:10

みなさんこんにちは、あやにーです。

タイに向かう飛行機の中で書いています。

良い身分ですなー

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tullio/20180206
人気blogランキングへ