Hatena::ブログ(Diary)

星のソムリエの「星語り」(一番星のなる木)

2018-01-10 高度を下げる水星

水星の高度が下がりはじめています。

曇天や寝坊なんかで

1日開いてしまうと、ずいぶんアンタレスとの位置から

太陽に近づいて行く様子が分かります。


また、火星木星との位置から

動きがよくわかります。



f:id:tupichancosmos:20180110054609j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tupichancosmos/20180110

2018-01-06 まだまだ明るい水星

昨年末から東雲にいる水星

日に日に高度を下げて行きますが、

まだまだ明るく輝いています。

しかし、見落とされがちなのが東南にいる火星の動き。

このブログでも追っかけていますが、

火星の動きにも注目したいところ。

f:id:tupichancosmos:20180106055111j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tupichancosmos/20180106

2017-12-30 明け方の三惑星

f:id:tupichancosmos:20171230054959j:image


気分転換にいつもと違う場所にいってみたら、

すでに何人かのカメラマンがいました。

しかし、誰もカメラの前にはおらず…

みなさん、ここから昇ってくる太陽がターゲットのようですね。

このあと、あとからあとから車が入って来て

狭い船着き場にはズラーッと三脚にセットされたカメラの

ファインダーが煌煌と光っていました。

私はその前に退散。

ここは日野で撮影スポットでも地元では有名な場所。

朝が白々と始まる頃に駐車場から出て行ったのは私だけでした。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tupichancosmos/20171230

2017-12-29 東雲(しののめ)の水星、木星、火星

この時間帯は雲がもくもくと。

日が昇ってからはカラッと快晴!

水星西方最大離角に向けて高度を上げてます。

北風の影響でカラッとした空気の中、

それにしても明るい!

f:id:tupichancosmos:20171229055138j:image

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tupichancosmos/20171229

2017-12-28 明けの水星、木星、火星

f:id:tupichancosmos:20171228054451j:image

来年始に西方最大離角を迎える水星

夏に15年ぶりの大接近となる火星(すでにアンタレスより赤い)、

それらを見守るようにして輝く木星

赤く染まる東の空に出揃っています。

それらを待っている間、

千葉県出身の宇宙飛行士金井さんが搭乗するISS

頭上を横切って行きました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/tupichancosmos/20171228