Hatena::ブログ(Diary)

こころ世代のテンノーゲーム このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

  <意味>
  □1.電脳ゲームから刺激「゛」が抜けたもの
  □2.「個性」「アイデンティティ」「自分らしさ」などの、「こころ」の大切さを抽象的に教え込まれた世代
  □3.曖昧な「こころ」中心主義に毒された世代がそれぞれ自己中心的になった様
  □4.天皇遊戯ではない
  <注>
   このブログの現在の適正距離は半径3クリックです。

  ◆テンノーゲームのかなり前のおすすめエントリ◆
  ◆テンノーゲームの最近のはてブ人気エントリ◆
  ◇テンノーゲームのはてなブックマーク◇

  ■サイレントテロ入門 於:カフェコモンズ■


【お薦め一覧】■<障害学からテロリズムまで>■

  

2017-03-05

[]ただ今絶賛「冬季鬱」&気になるアイテム「光療法」


冬季うつ病 (季節性うつ病

http://portal.lighttherapy.jp/sad/post_105.html

冬季うつ病の症状

冬季うつ病は、その季節が終わると症状は良くなるということと、うつ気分と共に過食、眠気といった症状が現れやすいのが特徴です。

毎年、秋から冬にかけて、夕暮れが早くなるにつれ心に変化が現れ、気分が落ち込んで何もやる気がしなくなり、ひどい場合日常生活にも支障をきたします。

冬季うつ病の代表的な症状

冬季うつ病の代表的な症状をまとめると、

なぜか、ただただむなしく、自己否定的になる

無気力感に襲われる

睡眠時間が長くなっているにもかかわらず日中も眠気がある

人付き合いがおっくうになり、外出がつらい

集中力がなくなり、普段やり慣れた家事仕事ができない

食事炭水化物や甘いものに偏り、体重が何kgか増える


と言うわけで、一松の、もとい一抹の期待を抱いて、「光療法」を試すべく、こんなのがフィリップスから販売されてたので、とてもとても気になるところ。



医者お墨付きやら、臨床効果やらもあるらしいので、マジちょっと気になる。

2017-03-03

2017-02-27

[]上野千鶴子の「日本的」に正しい移民論について一言


考える広場 2017年2月11日 紙面から

この国のかたち 3人の論者に聞く

http://www.chunichi.co.jp/article/feature/hiroba/list/CK2017021102000006.html



キーワードは「多文化共生」という単語意味する「枠」。ないしは、その定義


今回の上野発言への批評バッシングは、そもそも上野千鶴子の想定する「日本的」な要素を、常日頃から批判してそれを「飯の種」にしているようなタイプの層。*1


抗うことを良しとする、軋轢があることを前提とする理想的な「多文化共生」が、そのバッシングの背景にはある様に見える。


上野千鶴子は、そこを(恐らくは)「戦略的」に「乗り越え」て、現実的な「日本的な多文化共生」のあり方を想定して発言している。


それがポピュリズム大衆迎合主義に近いものではあることは確か。


抗うこと、軋轢があることを「なかったこと」にする、それが「日本的な多文化共生」。


今上映中の、スコセッシ監督の『沈黙』においてもテーマとされている、寛容と「日本的な寛容」のズレが根底にはあるのではないか


上野千鶴子という、でかい重箱の隅をつつくのは、批判するのは簡単だ。


しかし、セカイ系=救済願望系アニメオチのほとんどが、「現実へ帰れ」≒バカ人間の方が多いのだからそれを無視した「理想」など現実たり得ない、と言うように、どのような側面をいかに鋭利理想論で切り取ろうとも、そこからこぼれ落ちる「啓蒙されるべきとされる層」がいることは確かだ。


それはまた、(使い方が難しい言葉ではあるが)「反知性主義」≒反リベラル主義≒反リベラルアーツ主義≒反教養主義の流れとも、通底している。


が、しかし、上野千鶴子という大権威から発せられるその奇妙なポピュリズム的側面がなければ、昨今「新聞紙面の一面が割かれる」ということすらもなかったのではないか。*2






または赤坂飯店で、アベに一杯おごられたのかもしれない。(今日のオチ





差異の政治学 新版 (岩波現代文庫)
上野 千鶴子
岩波書店
売り上げランキング: 456,763

*1:飯になってない人もいるだろうけど

*2経験者は語る

2017-02-25

[]改めて確認「外出」は「仕事」。

休日に外出」というただそれだけのことが、自分にとっては「躁的」な症状であり、

想像」を超える反動で、労苦を脳にもたらすということ。






瞬間最大風速的な脳への刺激は、以後よくよく慎むべきか、それとも・・・・・・・・・






リハビリにはちょうどいいくらいかなあ」などというナマクラ漠然とした思いは持ってはいたが、

流れる「時間」という「現実」というシロモノの「壁」の何と強靱なことか。

曖昧さ」が介在する余地カケラも容赦もない。






「鬱だ死のう」を越える何かがいまここに。

2017-02-14

[]「来年から頑張る」といった結果。



今月今晩この月まではせめて勘弁してください。。。


ねがいします。


イヤマジでほんと、なんか、もう、無駄にヘトヘト。

2017-02-10

[]いつの間にかブラッシュアップされていた、「サイレントテロ十戒


50までスレ立てが続いてるとか、これはすごい

サイレントテロで経済どん底に叩き落とそうぜ50

http://tamae.2ch.net/test/read.cgi/eco/1480500004/


ついに「ST」とか略され始めてた。(いつからかは調べてない)

2 : 金持ち名無しさん貧乏名無しさん 2016/12/01(木) 09:35:23.52

ST十戒

1. テレビは見るな、売ってこい

2. スマホ格安SIMしろ

3. 新車は買うな、中古を乗れ

4. 外食はするな、自炊しろ

5. 美食は週一回、味より健康を重視しろ

6. 暴飲暴食は控えよ、居酒屋へ行くな

7. 酒、タバコギャンブルはやめろ

8. 服はしまむら古着屋で揃えろ

9. 情報ネット図書館で揃えろ

10. 値段は時給換算して妥当判別しろ


「究極の快楽」とまで書かれていたりする。


ここまで一人歩きするとは、正直、考えてもみなかった。


十人十色、百人百様のサイレントテロの有りようが、多様的な解釈考察につながったのか。






と、ここで、ふと映画スノーデン』(映画『スノーデン』公式サイト)を思い起こしてみる。

この該当スレも、このブログも、とっくの昔に「監視対象」になっていたりするのだろうか?

だとしたら、それこそ、まさにこちら側の思う壺、か。

政府警察公安の貴重な人的・物理リソースを、「無為に消し去る」という意味において。



D

2017-02-09

[]むせる




何この上からお値段。。。。。。


たしかにさあ、だんだんモニター使ってるウチに「なんとなく」大きさを求めてしまいがちな今日この頃ですが、さすがにちょっとこのお値段は、苦い。


「これは・・・いいものだ!」とか言って買い物したらマジで爆死しそう。


せめて半額くらいに投げ売られてくれはしまいか。(発想がひどい)