Hatena::ブログ(Diary)

こころ世代のテンノーゲーム このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

  <意味>
  □1.電脳ゲームから刺激「゛」が抜けたもの
  □2.「個性」「アイデンティティ」「自分らしさ」などの、「こころ」の大切さを抽象的に教え込まれた世代
  □3.曖昧な「こころ」中心主義に毒された世代がそれぞれ自己中心的になった様
  □4.天皇遊戯ではない
  <注>
   このブログの現在の適正距離は半径3クリックです。

  ◆テンノーゲームのかなり前のおすすめエントリ◆
  ◆テンノーゲームの最近のはてブ人気エントリ◆
  ◇テンノーゲームのはてなブックマーク◇

  ■サイレントテロ入門 於:カフェコモンズ■


【お薦め一覧】■<障害学からテロリズムまで>■

  

2006-11-23

[]「外国人労働者神話の実情

FNN-NEWS.COM:日本で働く日系ブラジル人の子どもが義務教育からこぼれ落ちる現状を取材しました。

日本で働く日系ブラジル人たちが増えています。その子どもたちの多くが今、日本の義務教育からこぼれ落ち、行き場を失っています。


日本で働く日系ブラジル人たちが増えています。その子どもたちの多くが今、日本の義務教育からこぼれ落ち、行き場を失っています。

日本で犯罪を犯した外国人少年が口々に漏らした言葉は「日本語の壁」だった。

罪を犯した少年のほとんどが、日本の義務教育を受けていなかった。

労働力として親を大量に受け入れた日本、その子どもたちへの教育を整える責務はなかったのか。

群馬大泉町に住む日系ブラジル人のエドワルド君、ニコラス君兄弟1997年家族で来日した。

兄弟は、食品工場での夜勤で深夜に帰宅した母親といつもの朝を迎える。

母親のフナヤマ・シルレイさんは「ちょっと心配、夜はね。電話で『食べた? 食べた? 何食べた?』って(聞く)」と話した。

兄のエドワルド君は「毎晩3回、(お母さんから)電話がかかってくる」と話した。

2人が2004年から通っているブラジル人学校「日伯学園」は本来、祖国へ帰る予定の子どもたちが一時的に通う学校で、授業もポルトガル語で行われる。

エドワルド・ニコラス兄弟は来日当初、公立の小学校に通っていたが、日本語がうまく話せず、授業にも遅れ、学校に通わなくなった。

エドワルド君は「日本語わからないので、しゃべることができない。(小学校をやめて)何もしなかった。家にいるだけ」と語り、弟のニコラス君は「難しい、勉強としゃべること。ゲームとかコンピューター(ばかりしていた)」と語った。

この兄弟のように、帰国の予定がないのに、日本の公立学校に通わず、ブラジル人学校へ駆け込んでくる子どもたちが最近増えているという。

その背景には、1990年移民法改正による日系ブラジル人の増加。

そして、日本語のできない子どもたちの急増がある。

お昼の時間、母親の手作り弁当をおいしそうに食べる子どもたちがいる中、エドワルド・ニコラス兄弟はいつも、買ってきたお弁当を食べる。

エドワルド君は「お母さんがちょっと遅く仕事に行かないといけないから、毎日これ。(ちょっと寂しい?)うん。でも、おいしいよ」と語った。

日伯学園の中西智美先生は「ブラジルから来て、日本の学校に入ってなじめない、言葉がわからない友達がいない。勉強がついていけない。親にとっても子どもたちにとっても駆け込み寺になってるんじゃないかと」と話した。

そんな中、新たな取り組みを始めたところもある。

岐阜可児(かに)市に、2005年に開設された「ばら学園」は、外国人児童の不就学を減らすため、日本語や日本の習慣を学ばせている全国初の学園。

お昼は、近くにある公立小学校へ移動する。

義務教育が始まる前の2カ月間で、日本の学校の雰囲気に慣れさせるのが狙い。

給食にも参加する。

この日のメニューは納豆だった。

気に入って、中には何個も食べる子もいた。

ばら学園の小川裕美先生は「このばら教室があることで、ワンクッション。早く日本の学校に行きたいという気持ちで、前向きに行ってくれればいい」と話した。

現在、エドワルド・ニコラス兄弟はブラジル人の仲間に囲まれた毎日を送っている。

しかし、エドワルド・ニコラスの両親は、私学扱いのブラジル人学校の高い学費を払えていない。

中西先生は「ぎりぎり以下で赤字を抱えながら(ブラジル人学校を)やっている。でも子どもたちには罪がない。ここをやめてしまったら、この子たちが今度どこにいっちゃうんだろうと」と話した。

労働力として親を受け入れた日本に、子どもへの教育制度を整える責任はなかったのか。

「移民後進国」日本に、少年たちが投げかけている問題は大きい。

日本政府は、こうした事態を重く受け止め、外国人児童の実態調査に乗り出しているという。


これも一つのサイレントテロ

ま、どっちかってと政府企業の自爆なんだけど。

短期経済収益をのみ考えた効率的経営判断が、長期的な社会不安となって帰ってきているという事実

でも、まあジジイどもは安全圏で高みの見物だし、どっちみち不安が具体化する前にあの世におさらばできるのでまったくもって無関心というオチ。

少子化という合理的な判断を覆して、無理押しをして子供を作ってしまった人にはご愁傷様って感じ。



テロル機械 (エートル叢書)
ローラン ディスポ
現代思潮新社
売り上げランキング: 995490



テロリズム―歴史・類型・対策法 (文庫クセジュ)
J.=F. ゲイロー D. セナ
白水社
売り上げランキング: 210303
おすすめ度の平均: 4.5
4 フランステロリズム研究
5 本格的な入門書

temjinustemjinus 2006/11/24 20:33 フランスは移民受入国としては大国の一つなんですが、移民受け入れのための社会整備となると?ばっかりです。むつかしいですね、イギリスもたいへんみたいだし。
こういう笑い話もあるようです:
南からの大量移民に音を上げたEUが大決断を下した。『よし、我々がアフリカに移住して、ここは移民に渡そう』。大決断はすぐに実行に移され白人はアフリカへ、黒人はヨーロッパへと居を定めた。そして一年後、今度は北から南への移民がはじまった。
これ、注意書きをしておくて当方のページで紹介している黒人の賢者ガストン・ケルマンが引用しているものです。

umetenumeten 2006/11/24 21:36 この手の話になるとお手本はやっぱりアメリカになるんでしょうか?
それもまたそら恐ろしい気がしますが。
フランスでも移民問題はあるにせよ、まだ日本では「移民」どころか、「単なる労働力」扱いですからね。
下手すれば人格も人権もないという・・・
で、それ=「移民」を自前で自国で生産しようとしたのが中教審、ぼくらの世代から始まるゆとり教育ってわけでした。
なるほど「格差」は「改革」だ。

temjinustemjinus 2006/11/24 22:41 下手すれば人格も人権もない>これは国を変えて稼ごうという人についてまわるリスクのようですね。
できるだけ早くガストン・ケルマンの紹介をします。日本の状況を理解するのにあるいは役にたつかもしれません。

umetenumeten 2006/11/25 17:21 >ガストン・ケルマンの紹介 たのしみにしてます。
ガストン・ケルマンで検索すると、temjinusさんのブログがトップに表示されたんですが記事が見つからなかったもので。