後進国

社会

後進国

こうしんこく
  1. 経済の発展が遅れている国のこと。使用者が他国に対して用いるのは差別的という理由で「発展途上国」という言葉が用いられるようになった。
  2. 特定の分野について後進性が認められる国を形容する場合は「人権後進国」などのように使用される。
    自国民が自国を憂いたり、為政者批判する場合に多用される。