うさたろう日記 はてな版。 このページをアンテナに追加

2012-08-20-月

[][][]中国地方の旅(その1)美作滝尾中国地方の旅(その1)美作滝尾駅を含むブックマーク

これ、もう結構前に行った旅の写真なんだけれど、せっかくなんでぼちぼちアップしていくことにした。よって、もしかすると現況と異なる可能性もあり、ということでひとつよろしく。

実はこの旅、18きっぷを使ってひたすら西へ向かうという旅行だった。当日夜に東京を出発、とりあえず浜松まで向かい一泊。翌日東海道線をさらに西へ向かった。これはその途中、車窓から見た明石海峡大橋

f:id:usataro:20090822122703j:image


明石駅から見た明石城跡。

f:id:usataro:20090822122921j:image


姫路駅の名物駅そば。ラーメンに近い麺を使っている、この駅の名物。

f:id:usataro:20090822125601j:image


その後岡山津山線に乗り換え津山へ。さらにそこから乗り換えて美作滝尾駅へ。

f:id:usataro:20090822170905j:image

f:id:usataro:20090822171219j:image


この駅は、当時見ていたNHK-BS「にっぽん木造駅舎の旅」にも出てきた。国の登録有形文化財となっている。 にっぽん木造駅舎の旅 - Wikipedia

f:id:usataro:20090822171255j:image


しかしこの駅を語る上で外せないのは、「男はつらいよ」シリーズの最終作「男はつらいよ 寅次郎紅の花」の冒頭シーンに登場したこと。

f:id:usataro:20090822171246j:image

f:id:usataro:20090822170638j:image

f:id:usataro:20090822171501j:image

f:id:usataro:20090822172425j:image

駅には記念碑やポスターもあり、まるでロケのセットがそのまま残されたようだったが、15年が経過し、映画の記憶も風化が進んできているような感じだった。


一方、テツとして興味深かったのは、貨物扱いの設備が自転車置き場として活用され、保存されていたこと。こうした設備はほとんど解体されて残っていないので、けっこう貴重な建物だ。

f:id:usataro:20090822170952j:image


われわれ以外には列車を降りた乗客もおらず、駅を見に車で観光客がやってくるまでは、本当に静まりかえっていた。とはいえ意外と近くに道路があるので、あまり時が止まったような感覚はない。映画のロケ地としての賑わいも今は昔。田んぼを渡る風がホーム脇の花を揺らしていた。

f:id:usataro:20090822171808j:image

f:id:usataro:20090822172054j:image

f:id:usataro:20090822172456j:image

2012-07-08-日

[][]こっそり更新してみる こっそり更新してみるを含むブックマーク

お仕事が学期モードから夏休みモードに切り替わりつつあって、ようやく文章書いたりする余裕が出てきつつあるので、こっそりと更新してみる。

ちょっと写真なんかをアップしていきたい。もう2年ほど前の中国地方旅行とか、史跡系の巡検とか、まあそれもぼちぼち、やっていくつもりです。

3月のときにはほんとに言ってみただけになっちゃったもんな。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/usataro/20120708

2012-03-26-月

[][]ご無沙汰でした。 ご無沙汰でした。を含むブックマーク

ふだんの話はtwitterの方でぽろぽろ書くようになっちゃって、こちらはとんとご無沙汰状態になっていたんだけれど、twitterの字数制限ってけっこう大きくて、まとまった話をちゃんと展開できないことに、やや不満を感じてた。

なので、こちらの方もぼちぼち復活させてみようと考えている。

ただ、研究関連のこととか、実名で書いた方がいいのかなと思うようなことも多くなってきている。「うさたろう」という名義を今後どうしていくのか、ちょっと考える時期に来てるのかも知れないな。

ま、とりあえずは以前と同じような感じにしますんで、よろしくお願いします。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/usataro/20120326

2011-07-11-月

[][][]テキスト庵の「解散」。 テキスト庵の「解散」。を含むブックマーク

今日、何とはなしにネットを巡っていて、id:fujiponさんのサイトに、「2011-07-09」というタイトルを見て驚いた。その後、kous37さんのサイトなど、テキスト庵に言及しているサイトをいくつか見て、閉鎖に至ったことを理解した。

僕は、テキスト庵では0293番という、成立期に近いかなり古い登録番号を持っているんだけれど、特にここ数年はかなりいい加減な参加者で、オフ会があったことすら、かなり後になるまで知らなかった。だから今回の事態も、全てが終わったあとに、閉鎖という事態を突然知ることになった。

こんなていたらくの僕には、事の顛末に関して何かを知る由もなく、ましてや論評するような情報も資格も持ってはいない。けれど、不真面目な一参加者として、テキスト庵、そしてそれ以前のテキストサイトの「コミュニティ」であった「日記猿人」や「日記才人」の頃から知っていたサイトと、ここでつながりが途切れてしまうのだけは、やっぱり寂しく感じる。どういう人がどういうサイト名で文章を書いていたのか、正直なところ正確には覚えていない。けれども、テキスト庵に時々アクセスして、名前とサイト名を見ると、「ああ、この人だったか」といった具合に思い出す。こういうリンクサイトを運営してくれていた人々のおかげで、僕はそういう人たちとの、ゆるやかなつながりを感じられていた。

だから、ここまで運営を続けてくださった【な】さんには、改めて感謝申し上げたい。また、江草さんはさっそく登録者を把握して後継サイト「テキスト餡運営ブログ」を立ち上げている→こちら。この素早い動きにも感謝したい。僕みたいな参加者でも、かつてのつながりを失わなくてすみそうだ。

2011-04-17-日

[][][]ツイッター連動は解除。 ツイッター連動は解除。を含むブックマーク

直接記事を書くのは久しぶりかもしれない。2月から開始していたツイッター連動だが、正直こんなログを残しておく価値あるんだろうかという気が大きくなってきたのと、僕とやりとりしてた他の人は残す気がないかもしれないということ、そしてともかく同じようなタイトルばかりできわめて記事が読みづらい、読む気を失せさせそう、という気がしてきたので、やはり連動を解除することにした。それにあわせて、ツイッターの記事も削除した。

ツイッターそのものはこれからもぼちぼちやっていきますので、ここにまとめつぶやきが載らなくなるだけ、ということで。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/usataro/20110417