くじらのねむる場所@はてな このページをアンテナに追加 RSSフィード

2018-04-01

日本政府、気象ターゲット政策を採用へ

××××年4月1日(東京) 

 日本政府は早期の2%物価上昇を達成し景気を安定させるため、月の平均気温を平年の2%程度内におさめる「気象ターゲット政策」を発表しました。気象と景気の関係は古くから論じられており*1、近年においても気象の急激な変化が景気に影響を与えているというエコノミストもいます。

 具体的には気象庁を気象省に昇格させ、気象のコントロールを一任させる模様です。初代気象大臣には気象精霊のユメミ・ナイアス・スヒチミ・ウガイア氏が就任。ユメミ氏は就任直後の記者会見で「水不足解消のため、今後台風の襲来数を現在の2倍にしま〜す」との量的緩和策を表明しました。

 この発言を受けて為替市場は大幅な円安となり、周辺国からは「新手の円安誘導策ではないか」という懸念の声が上がっています。また、一部の保守派からは「『気象ターゲット政策』は日本が誇るべき四季をなくしてしまうものではないか」という声も上がっています。

 

 これからは台風が増えるのか((((;゜Д゜)))))))

*1これとか過去に紹介したこれなど

2018-01-01

お気に入りのグラスが割れる

 10年ぐらい愛用していたグラスを割ってしまった。こいつは新年そうそう縁起がいいや(ノД`)

 ……接着剤でくっつくかな?

あけましておめでとうございます

 あけましておめでとうございます。最近はあんまり更新していませんが、ボチボチとやっていきたいと思いますのでよろしくお願いします。

 それにしても忙しい。まあ、暇よりはいいことなのだろう。

2017-12-19

回転寿司を食べに行く

 今日は休みだったので回転寿司を食べに行きました。今日行った店は12月1日より料金システムが変わったらしく、皿の色によって値段が違うシステム(以前は均一価格だったような……)。これ自体は昔からあるシステムで一般的ですが、その細かさにビックリ。皿の色と価格は以下の表の通り。

皿の色価格
120円
190円70円
240円50円
280円40円
330円50円
480円160円
600円120円
800円200円
1000円200円

 細かいなあと思ってしまうのは100円寿司になれてしまったからでしょうか。少なくとも100円寿司と同じ感覚で食べると爆死するのはたしか(笑)*1 あと、わざとじゃないだろうけど、「白皿」と「銀皿」、「緑皿」と「黒皿」の色の違いがわかりにくい。けっこうな頻度で間違って取ってしまう*2(もういちど書きますが、わざとじゃないと思いますよ!)。

 どういう組み合わせで食べたときに一番満足度が高いかなあ。やはり、ここはミクロ経済学の力を借りないといけないだろうか(笑)

 もちろん、なにも考えず好きなものを好きなだけ食べるのが一番いいに決まってる。でも、なにごとも予算(と胃袋)の制約がありまして……

*1:会計の時、青ざめかけた

*2:まさか、レーンに戻すわけにもいかず……

2017-10-02

洗濯機が壊れた

 2010年に購入したパナソニック製の洗濯機がついに壊れてしまいました。洗濯機の横に書いてある「設計上の標準使用期間」を見てみると「7年」と書いてあったので「うむ。日本製の設計は完璧だ。」と思った次第。

 というわけで、新しい洗濯機を買うまで、家の倉庫に眠っていたハイアール製の洗濯機を引っ張り出してきて使用しています。容量が少なく機能がシンプルですがいまのところ問題なく動いています(よかった)。

2017-09-25

サイバーパンクといえば……

 

ノア・スミス「エアカーも宇宙植民もないけどサイバーパンクは実現した21世紀」(経済学101)


 楽しく読みました。

 読んでいて思ったんだけど、サイバーパンクものの小説や映画、ゲームなどでは企業がすごい力をもっていて国家をもしのぐ権力を持っていることが多い。だいたいサイバーパンクものの悪役は企業の重役が多かったような……。そういえば少し前にNHKスペシャルで国家対企業という特集をやってたなあ。

 

 シリーズ マネー・ワールド 資本主義の未来 第2集 国家VS.超巨大企業 〜富をめぐる攻防〜(NHKスペシャル)

 

 企業が国家を超える!……こんなことがあり得るのだろうか?

 一部分ではそうかもね。特にネットでは。たとえばTwitterは時の大統領首相が使っているし、他のネットサービスも同じようなもんでしょう。このブログだってはてなのサービスを利用している。明日いきなりはてなから「利用規約違反によりあなたのアカウントを停止します」といわれたらどうしようもない。というわけで、ウェブ企業がネット上の生殺与奪の権を一部握っているのはたしかなのかも。

 一方、トランプ大統領が「国内に投資しろや、ゴルァ」や「移民制限するぞ!」と発言しただけで、米国内の大企業が右往左往している(ようにみえる)のも事実。まあ、あれは単なる面従腹背なのかもしれないけど……。

 国家と企業の関係はこれからどうなるのかなあ。SF作家の先生お願いします(笑)(他人任せ)