日々記 観劇別館 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2017-07-13

NHK『ごごナマ』ご出演!(2017.7.13放映)

久しぶりのブログ更新です。

最近は、ブログのネタがあろうがなかろうが、気持ちが上に向かない時は無理して更新しなくても良いや、という心構えになりつつあります。ご容赦ください。

NHK BSプレミアムで7月9日から始まった、連続ドラマ『定年女子』。田渕久美子さんの脚本、山口祐一郎さんが助演ということで、もちろん見ております。

南果歩さん演じるヒロインの麻子さんのようにバリキャリとして働いたことも、ワーキングマザーの経験もなく、介護の悩みにもまだ直面していませんが、曲がりなりにも長年家の外で働いている中で、組織の事情による配置転換的なものも多少経験していますので、突然キャリアのハシゴを外された彼女の戸惑いにもイタさ加減にも「分かる」と感じる点をぽつぽつと見出しています。

ただ、あいにくと周囲に溝口くんのような若手爽やかイケメンや、丈太郎さんのような可愛い系で美声のアラ還は見当たりませんので、そこだけは今の所は「夢物語」として堪能しております。

というわけで、前置きが長くなりましたが、7月13日のNHK総合『ごごナマ』に果歩さんと祐一郎さんがゲスト出演されたので、録画視聴いたしました。

週末に録画をゆっくり見るのを楽しみにしている方もいらっしゃると思いますので、あまりに子細なネタバレは避けます。

また、どうも自分は人様と若干萌えの勘所が違うような気がしますので、そこは見逃していただければと思います。

祐一郎さんはとにかく番組全体を通して、あの浮遊感のある独特の語り口でにこやかにハイテンションを貫いておりました。

「格好良かったんですね」等の発言に「過去形かよ」などとお約束のツッコミを入れていましたが、もちろん現在進行形でお綺麗です。

……で、ええと、そこの背の高いお客様。画面からはみ出しますので、ホスト役がボケるたびに立ち上がって突っ込むのはお止めください(^_^;)。

確か三回ぐらい立ち上がっていたような気がします。一度、自分より大きい人は珍しい、というようなことをホスト役の船越さんが発言されていました。

デビューのきっかけになったオーディションの話などもされていました。

このいきさつは結構有名ですが、私、ファンとしてはかなり新参者ですので、実はご本人の口で直に語られるのを聴くのは初めてでした。

改めて、某先生に「その時、よくぞ見落とさず拾ってくださいました」と感謝したい気持ちになりました*1

番組の中で『定年女子』に絡めて「人生は50歳からだと思っている?」という問いがゲストのお2人に投げかけられていたのですが、何故か祐一郎さんの答えは「No」。

何で? と思っていたら、その心は「(人生は)還暦過ぎてからが良い」というものでした。そして「えっ、還暦なんですか?」というお約束のボケがあり、それに当人が立ち上がって突っ込むというシチュエーションに(^_^;)。

私、まだまだ還暦には随分時間がありますが、祐一郎さんの「還暦を過ぎてから楽になった」「早く還暦へいらっしゃい」というご発言に、少し勇気づけられた感があります。

一方で「還暦に近づくと年間300日の舞台登板はちょっと無理」というようなご発言もあり、なかなか奥が深いな、と思ったりもしています。

それから、「仕事の息抜きは仕事」という括りで、昨年アメリカ旅行に行かれた時のエピソード披露していました。

昨年某媒体で旅行のことを知り、何故アメリカ? と思っていましたが、今年に入ってから2018年春のお仕事の発表があり、ああ、と納得した経緯があります。

というわけで、「あ、あの橋の写真だ!」とか「私物のタブレットだ!」と浮かれていましたが、そこで写真に写り込んでいたご本人の服装が、何と申しますか、大変いつものテキトー感溢れる雰囲気でして(^_^;;)。

妙なポイントで和んでしまいました。何度も映像を巻き戻して確認したのは言うまでもありません。

……と、祐一郎さんのことばかりを語ってしまいましたが、果歩さんも実に堅実で素敵な雰囲気に包まれた方でした。

番組の最後の方でこのドラマのオファーを引き受けられた理由を、あえてご自身の苦悩(恐らくは、さり気なく番組側が触れるのを避けていた部分)に少々踏み込むことを厭わずに語られていて、ああ、しなやかに強い方だな、と感じ入った次第です。

次回のドラマ放送を心待ちにしています。

*1:離脱の時は、まあ、ごにょごにょ……。それでも見出していただいたのはありがたいことです。

2017-05-28

『CLUB SEVEN ZERO』プレビュー公演感想(2017.5.27マチネ)

キャスト:
玉野和紀 吉野圭吾 東山義久 西村直人 原田優一 蘭乃はな 香寿たつき

いつかは見ておきたいと思った『CLUB SEVEN』。

今年、『CLUB SEVEN ZERO』の上演がある。しかも自宅最寄り駅から乗換無しで行ける北千住でプレビュー公演。ということで、シアター1010まで出向いてまいりました。

ただ、良く知らずに行ったのですが、今回はCLUB SEVENの集大成公演だったようです。

客席も長年見続けて応援しているリピーターさんが多いように見受けられました。

公演中、毎回恒例になっているらしい、お馴染みキャラと思われる扮装もしくは着ぐるみ姿の玉野さんと西村さんによる客いじりがあったのですが、話しかけられていた2名ほどの方のいずれも、複数シーズンを見続けている(お一人は初演から!)ということでした。

カンパニーの皆さま、当方は今回が初回な上、クリエの東京本公演は観る予定がなく本当に申し訳ございません……。

本公演初日がこれからであり、しかもネタが命な内容ですので、以下、お馴染みと思われる基本構成以外はネタバレなしでまいります。

ちなみに構成はAバージョンとBバージョンの2種類あるとのことですが、今回観たのはBバージョンでした。

初めて観た者として内容を総括しますと「う〜ん、体育会系!」でした。

1幕は、実力派揃いのメンバーによるハイレベルなレビューで決めたかと思えば、コントあり、大喜利あり。衣裳も男装、女装、コスプレ、着ぐるみなど実に豊富です。

身体を張って爆笑させてくれた1幕と対照的に、2幕は人情ドラマなミニミュージカルでしんみりさせてくれます。

その後は一転してスピード感溢れる怒濤の五十音順ヒットメドレー、そして爽やかにエンディングへと突入。

キャストの体力、アドリブ力、そして豊かなショーアップ精神が隅々まで尽くされていて、色々な意味で「役者殺し」な演目だと感じました。

観客としても、過去最高の平均年齢(パンフより)にもかかわらず全力で持ち芸を炸裂させてくるキャストのパワーを受け止めるのに、相当の体力と精神力を要求されます。

ちなみに、私、半年前の体力だったら、多分パワーに撃ち倒されていたんじゃないかと思われます。体力がだいぶ回復していて本当に良かった(^_^;)。

この演目は、スタッフの皆さまもさり気なく良いお仕事をされているという印象です。

例えば照明さんが、あの場面転換が目まぐるしい舞台できっちり仕事し、あまつさえ歌の出だしで失敗して進行がだれた時にもしっかり対応しているのは、本当に凄いことだと思います。

何よりも、キャストもスタッフも全力な舞台というのは、視点を変えれば作り手や演じ手の汗水を包み隠さず見せることなので、一歩間違えると自己満足に終わりかねないのですが、『CLUB SEVEN ZERO』はそうではなく、「全力であること」も含めて質の良いエンターテインメントとしている所に好感を持てます。

レビューあり、涙と笑いありのエンターテインメントと言えば、基幹キャストのうち玉野さんと吉野さんとが重なる『ダウンタウン・フォーリーズ』を思い出します。

あちらも『CLUB SEVEN』シリーズと同様、大人が大人のために弾け、時に下ネタも厭わず、芸を尽くしておしゃれに楽しませてくれるショーですが、『CLUB SEVEN』にはおしゃれ感よりは疾走感、そして隠し味としてペーソスが感じられました。

なお、これはお芝居と無関係な部分ですが、原田優一くんの出演舞台を観たのは大変久しぶりでした。

しばらく彼を見なかった間に、何だかヒアルロン酸たっぷりぱつぱつ艶々なほっぺになっていたので、彼が登場するとまずほっぺが気になりまして(^_^;)(優一くんごめんなさい)。そんなわけで、今回の1日を表す私の漢字三文字*1は「艶福頬」に決定しました。

現在のところ、この演目を観るのは今回のみなのですが、Aバージョンも少し気になるところです。

*1:注:今回の本編に登場したネタです。

2017-04-23

『王家の紋章』感想(2017.4.22マチネ)

キャスト:
メンフィス=浦井健治 キャロル新妻聖子 イズミル=宮野真守 ライアン=伊礼彼方 ミタムン=愛加あゆ ナフテラ=出雲綾 ルカ=矢田悠祐 ウナス=木暮真一郎 アイシス濱田めぐみ イムホテップ=山口祐一郎

王家の紋章』再演を、今回は聖子キャロルで観てまいりました。

手持ちのチケットは今の所これが最後です。もう一度観るかどうかは定かではありません。

前回のブログに再演版の演出について文句ばかり書いていますが、今回改めて観て、

「初演版で削られた箇所を初めからなかったものとして、まっさらな気持ちで観れば、意外と素直に楽しめるかも」

と思い直しました。

観たものの感想や考察を書こうと思いますが、あまり気合いが入っておりません。

聞く所によれば2.5次元ミュージカル界(そんなものがあるのか)では「板が出るまでネタバレ厳禁」という掟があるらしいですが、そこまで書く気力が湧いてこない……。

とは言え、DVDは帝劇にて購入を予約しました。もう一度観たい、というよりは今後の舞台作品の映像化の継続に繋がれば、という思いから、投資のつもりで2バージョン予約しています。

では、以下、感想+考察にまいります。

前回初めて佐江キャロルを観て、カワイイ! 声も出ている! と思ったのですが、今回聖子キャロルを観たら、声の伸びが遙かに尋常ではありませんでした。

別に歌唱力だけで評価するわけではなく、聖子キャロルの方が気の強さにプラスしてキャロルの必死さや面倒くささの含有率が高いような気がして、個人的には好みです。さすが「王族」。

宮野イズミルは2回目でしたが、今回はあまり「うぜえ」とは思いませんでした。既に公演日程の中日が近かったためか、何と言うか、声の出し方とか、表現が洗練されてきたような印象です。

イズミルがキャロルに惹かれたタイミングが分かりづらいとか、イズミルの歌唱の出番が続きすぎるとか、全く役者さん方の責任ではない要素において、心境の変化の色づけをしていくのは本当大変だろうと思います。

ついでに、あのずるずるした衣裳で殺陣をこなすのもかなり苦労が多いのではないかと……お疲れ様です。

それにしても全体の物語の中で、アイシスとライアンとイズミルは本当に報われないですね。節目節目の出番も多くてこんなに頑張っているのに、弟は結婚は政治的駆け引きだから思い入れも何もない、みたいなことを言っておいてナイルの娘に走るわ、妹はやっと発見されたと思ったらまた失踪するわ(しかも存在だけは伝わってくる!)、戦争は撤退を強いられて思い人が手に入る見込みもないわで。

特に2幕で、せっかく目の前で眼福・耳福なデュエットやカルテット披露されているのに、繰り広げられるストーリーは叶わぬ愛や末端の兵士の死、という鬱展開なのは結構辛いです。

これは別に、2幕のカルテットで自分が眠ってしまった言い訳ではありません(^_^;)。でも本当に疲れてしまったのです。

そんな中で、宰相イムホテップ様が、出番が少なくなったにもかかわらず、ダイソンの掃除機並みの吸引力、もとい求心力を発揮し、しかも癒しパワーまで発揮していたのは救いです。

Twitterでどなたかも指摘されていましたが、最初の登場で大階段を老人らしくえっちらおっちらと杖を突いてゆっくり下りてくる姿とか、その後王様と再会して本当に嬉しそうな姿とか、終盤で愛を確かめ合っているカップルを横目に見て実に嬉しそうにしている姿とか、あとカーテンコールで隣のライアン兄さんにちょっかいを出しているさまとか、色々と眼福な癒し要素はございます。

何だか「エジプトの知恵」というよりは「エジプトの癒し」になっているような気がするのです。

なお前回、エンディングを変更するなら、いっそもっと婚礼衣装などでゴージャスにならないものか? という趣旨のことを書きましたが、今回観て、

「最後にメンフィスが羽根背負ってポーズを決めながら大階段を下りてきて、キャロルと踊るなどすれば良かったかも。ついでにイズミルとミタムン(あるいはイズミルとルカでも可)がデュエットダンスを踊って、そして全員集合したら宰相様とアイシス様とライアン兄さんとウナスとセチがシャンシャンを持って……」

と不謹慎なことを考えてしまいましたすみません(^_^;)。

というわけで消化不良気味ですが、この辺で失礼いたします。

2017-04-11

『王家の紋章』再演初日感想(2017.4.8ソワレ)

キャスト:
メンフィス=浦井健治 キャロル宮澤佐江 イズミル=宮野真守 ライアン=伊礼彼方 ミタムン=愛加あゆ ナフテラ=出雲綾 ルカ=矢田悠祐 ウナス=木暮真一郎 アイシス濱田めぐみ イムホテップ=山口祐一郎

めでたく再演と相成りました『王家の紋章』の初日公演を見てまいりました。

しかし、ちょっと困惑しています。何故なら、再演に付き物の脚本の手直しや演出テコ入れにより、物語の色合いが全く別物になっていたためです。

それでも1幕を見終えた時には、あれ? あのシーンもこのシーンもカットされた? と思いながらも、余分な細部を刈り込むことによりストーリーにメリハリが付いて分かりやすくなった、とそれなりに評価していました。

しかし。2幕を観た後には、
「刈り込み過ぎてつるっつるになってしまったんじゃないか、これ」
と当惑する自分がおりました。

カットされたシーンは、例えばメンフィスがキャロルに「腕ポキ」する場面。

キャロルについては、「私は未来から来たのだから歴史を変えてはいけない」などと逡巡して散々「面倒くさい女」ぶりを発揮する場面が細かく削られて、一途さや気の強さを発揮する局面が増えたような印象です。

あとセチ母子とキャロルの絡む場面も減っていたように思います。

もちろん場面の整理と料理のし直しで良くなったと感じた所もありましたし、ここ、残してくれてありがとう! と思った場面もありました。

前者の例は、1幕序盤のライアン兄さんの居方。エジプトとは異なる地のオフィスビルにいることがビジュアル面で分かりやすくなりました。それからルカの工作活動。彼が2幕のキャロル拉致に至るまでいかに動いたかが、初演より明確に伝わるようになっていたと思います。

後者の例は、2幕で戦闘に向かう前のメンフィスのソロと、セチのダンスとのコラボです。立場は違えど「キャロルを救いたい」という思いは一緒で、しかし対照的な結末を迎える2人の共演場面を残してくれたことは評価したいです。

残念なのは、メインのカップル+イズミルの3人以外の人物像の描写が全体に薄めになってしまったことです。

特に宰相様。確か初演では、戦いに赴く主君や軍勢に、初期の戦いの目的を見失うな、という言葉を贈っていた筈ですが、その場面が削られていました。

それから、王家には新たな血を加えるべきと考える宰相様が姉弟婚にこだわるアイシス様に苦言を呈する場面もカットされていました。

この対話場面なしに宰相様が嫉妬するアイシス様を眺めて、

アイシス様も恋をすると愚かになられる」

と嘆くので、宰相様がいくらキャロルの才覚を買っているとしても、何故アイシス様とメンフィスの結婚に反対するのかが見えづらくなってしまった気がします。

2人の対話の場面があってこそ、終盤の宰相様の祝婚歌が深みを持って伝わっていたと思うのですが……。

恐らく新しい演出の意図としては、初演のように多彩な登場人物にスポットを当てて見せ場を作るのではなく、メンフィスとキャロル恋物語を太いうねりとして見せるために、メリハリを付ける方向性に持って行こうとしているのだろうと分かります。

ただ、その割には2幕でイズミルのソロが延々3曲分ぐらい続く場面は初演からそのままなのですね(^_^;)。

エジプトに妹を惨殺されたイズミルの恨みの深さを示すことは、その後のキャロルにまつわる心境の変化と対比させる意味で大事とは思います。それでも、ちょっとイズミルに費やす尺が長すぎる、と感じました。

ラストに追加されたメンフィス&キャロルのデュエットも……良い曲なのですが、ええと、何か存在感が薄いような?

金ピカの婚礼衣装をこのラストナンバーで身に着けていないのも謎です。そして何故か婚礼衣装はカーテンコールで着てきます(^_^;)。

私、オギーさんの演出は3、4作ぐらいしか観ていないのですが、多分彼の演出の真骨頂は、割り切れそうで割り切れない、観客を突き放して「え? これで終わり?」と戸惑わせつつしっかり余韻を残す所にあると考えています。

ところが今回の『王家』では、恐らくは若い世代に伝わりやすいよう、枝葉末節の綺麗な剪定を試みるあまり、本来の持ち味である、観た者の心にこびり付く澱のようなものが薄まってしまったように思うのです。

とは言え、観に行く予定はありませんが、大阪公演ではまた少し変わるかも知れませんね。

とりあえず、帝劇でもう一度観る予定がありますので、その際に少しでも印象が改善されることを期待します。

2017-03-19

『クリエ・ミュージカル・コレクションIII』(2017.2.9、2017.2.25)セットリスト

こんにちは。大変に今更感がありますが、備忘録(主に自分の後からの反芻用(^_^))として『クリコレIII』のセットリストを記しておきます。
改めて見直すと、このキャストとセットリストで1ヶ月近く通し興行だなんて、本当ゴージャスで贅沢で素敵です。「反芻」と書きましたが本当に思い出すだけで何年も心の栄養補給ができそうに思います。
なお誠に残念ながら、最終週のセットだけは聴けておりません。観たかったし聴きたかったなあ……。

  1. エドウィン・ドルードの謎』より「ようこそ」(山口祐一郎&全キャスト)
  2. 三銃士』より「帰ってきたミレディ」(瀬奈じゅん
  3. 風と共に去りぬ』より「葉巻き」(岡田浩暉&男性アンサンブル)
  4. 『サンセット大通り』より「As If We Never Said Goodbye」(保坂知寿
  5. 『CHESS』より「アンセム」(田代万里生&アンサンブル)
  6. マイ・フェア・レディ』より「ラブリー」(大塚千弘&男性アンサンブル)
  7. 『She Loves Me』より「好きになってくれるかしら」(涼風真世
  8. 『42nd Street』より「42nd Street」(吉野圭吾&アンサンブル)
  9. ウエストサイド物語』より「マリア」(今拓哉
  10. ローマの休日』より「ローマの休日」(大塚千弘田代万里生
  11. 『パイレート・クイーン』より「フィナーレ」(保坂知寿山口祐一郎
  12. 『シラノ』より「栄光に向かって」(岡田浩暉&今拓哉田代万里生&吉野圭吾&男性アンサンブル)
  13. 『エニシング・ゴーズ』より「フレンドシップ」(瀬奈じゅん&吉野圭吾)
  14. モンテ・クリスト伯』より「地獄に堕ちろ!」(今拓哉田代万里生
  15. 『グッバイ・ガール』より「I Think I Can Play This Part」(岡田浩暉)
  16. レ・ミゼラブル』より「One Day More」(全員) (Act1終了)
  17. 『天使にラブ・ソングを〜シスター・アクト〜』より「さあ、声を出せ!」(大塚千弘涼風真世瀬奈じゅん保坂知寿&女性アンサンブル)
  18. 『シラノ』より「独りで」(田代万里生
  19. モーツァルト!』より「終わりのない音楽」(大塚千弘今拓哉
  20. 『パイレート・クイーン』より「ひとを愛する女こそ」(涼風真世保坂知寿
  21. エリザベート』より「最後のダンス」(山口祐一郎
  22. 『ニューヨークに行きたい!!』より「地獄からのメッセージ」(アンサンブル)
  23. アンナ・カレーニナ』より「待ち焦がれて」(瀬奈じゅん&岡田浩暉)
  24. ミー&マイガール』より「ミー&マイガール」(大塚千弘&吉野圭吾)
  25. エドウィン・ドルードの謎』より「おかしくなる」(今拓哉
  26. 『天使にラブ・ソングを〜シスター・アクト〜』より「天国へ行かせて」(瀬奈じゅん&アンサンブル)
  27. ロミオ&ジュリエット』より「エメ」(涼風真世&岡田浩暉&アンサンブル)
  28. 『サンセット大通り』より「サンセット大通り」(吉野圭吾)
  29. レベッカ』より「夢に見るマンダレイ」(大塚千弘&アンサンブル)
  30. レベッカ』より「何者にも負けない」(涼風真世
  31. レベッカ』より「レベッカI」(保坂知寿
  32. エリザベート』より「私が踊る時」(瀬奈じゅん山口祐一郎)(2月9日)*1/『エリザベート』より「闇が広がる」(田代万里生山口祐一郎)(2月25日)*2 *3
  33. 『ニューヨークに行きたい!!』より「未来は今、始まる」(大塚千弘涼風真世瀬奈じゅん保坂知寿・岡田浩暉・今拓哉田代万里生・吉野圭吾・アンサンブル)
  34. オペラ座の怪人』より「Music of the Night」(山口祐一郎
  35. ミー&マイガール』より「ランベス・ウォーク」(全員)

*1:2月9日〜16日まで同曲(公式サイトより)

*2:2月17日〜25日まで同曲(公式サイトより)

*3:未見ですが2月26日〜3月5日(千穐楽)までは「私が踊る時」(涼風真世山口祐一郎)であったと思われます。(曲目&歌い手は公式サイトより)