Hatena::ブログ(Diary)

安心問答(浄土真宗の信心について) このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2018-02-18

「では『念仏に疑いのない関係』になるためにはどうしたら良いですか?

」(みそみそさんのコメントより)

前回のエントリー

「そもそも質問なのですが、他力の信心と念仏がセットになって往生が定まるのではないのですか?私はそう理解しているのですが、皆さんは無条件の救いとおっしゃいます。どっちなんですかか?」(みそみそさんのコメント) - 安心問答(浄土真宗の信心について)

について、みそみそさんよりコメントを頂きました。また、他の方からもコメントを頂きました。有り難うございました。

みそみそ 2018/02/15 22:44

では「念仏に疑いのない関係」になるためにはどうしたら良いですか?

http://d.hatena.ne.jp/yamamoya/20180213/1518514819#c1518702258

それについては、前回のエントリーで書きましたように、「関係」という方面から書いてみます。

仏様は私にとって不請の友であることを前回書きました。

友達といっても、友の「関係」であると書きました。その関係が、どうして出来たかといえば、阿弥陀仏から「お前は友達だ」と言ってくるのに対して、私が「そうですね」と言ったところで成り立ちます。


友達になった証拠と言うものは特に何もありません。例えば、何か神秘体験をしたから友達になったということはありませんし、私が何かをしたことによって友達になったと言うこともありません。何かをしたことの見返りとして友達になったと言うことであればそれは不請の友ではなく、取引相手と言うことになります。


阿弥陀仏と私の関係で言うと、私の方から阿弥陀仏に向かって友達になってくださいとお願いして友達になるのではありません。阿弥陀仏の方も何かしたからそれに免じて友達になってくれると言う事でもありません。


同じように、念仏に疑いのない関係と言うのは、阿弥陀仏の方から働いて下さる南無阿弥陀仏を、南無阿弥陀仏と念仏申すところに、私がその通りと頷くところに成り立ちます。


また、阿弥陀仏という「どこかにおられる仏様」を想像すると、何かの神話のなかの作り話のように思えると思います。

そのため、阿弥陀仏が救うと言っても具体的な理由がわからないところが疑いになっているのだと思いますが、その理由について仏願の生起本末が説かれているのですが、それも信じられないということで質問を書かれていると思います。


しかし、南無阿弥陀仏と私は実際に口に称え、耳に聞いております。この南無阿弥陀仏は、私というものなしには存在しないものなのです。


それについて、少し見方を変えてみます、先程の友達の話でいいますと「友達」と言う人間は世の中にはいません。例えばAさんが私の友達だといっても、Aさんの顔が友達なのでもAさんの髪が友達ということはありません。そういう意味で友達というのは関係性のところでいいます。ですから、Aさんという人は、私がいてもいなくても存在しますが、「私にとっての友達という関係」は私がいなければ、存在しないものです。


同じように阿弥陀仏と言う仏は、私を救うために本願を建てられた結果あらわれられた仏なので、「私を救う」関係において存在する仏様なんです。私がいてもいなくても存在する仏様ではありません。


ですから、南無阿弥陀仏も、単独で存在するものではありません。阿弥陀仏が私を救うと言う関係で成り立つものですから、南無阿弥陀仏に疑い無い状態には、阿弥陀仏のお前を救うお働きと言う関係が成り立っています。

阿弥陀仏も、南無阿弥陀仏も私なしには存在しません。私を救うということろの関係についての名前ですから、その関係そのもののことだと聞いて見ると、「念仏に疑い無い関係になる方法」は存在しません。

(82)

十方微塵世界の

  念仏の衆生をみそなはし

 摂取してすてざれば

 阿弥陀となづけたてまつる

(浄土和讃)

南無阿弥陀仏は、「摂取してすてない|という阿弥陀仏と私の関係をいわれたものです。「摂取して捨てない」は、すでにある関係なので、「関係に疑い無い関係になる方法は?」という問いは成立しません。「摂取して捨てない」南無阿弥陀仏を称え聞いたところに、疑い無いのが「摂取して捨てない救い」にあった信心です。