Hatena::ブログ(Diary)

きりたのホビーナデイズ。 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2016-07-25

んー?

8月11日の門別競馬(ブリーダーズゴールドC・牝馬限定・ダ2000m)に登録し、選出されました。

 先日のスパーキングレディーCもJRA馬は3頭。結果、ヴィータアレグリアが軽く捻られる内容で、適性外距離のティンバレスは尚更出なくて良かったと思いつつも、この時期の牝馬重賞は1000万でも出走ワンチャンあるよなーとも。

 そんなこんなでド適性距離であろうブリーダーズGC。ここも例年条件馬が出られるレースで、ちょっと期待はしていました。登録馬を見てみると川崎でやられたアムールブリエと、件のスパーキングで良い競馬したタイニーダンサーがいます。ビービーバーレルも出てきたら格上ですが、クイーンSと両にらみ。3着のチャンスはありそうにも思えますが、連はほぼ無理っぽい(もっともここで2着しても稼げる賞金知れてますが)。本来ならば願ったりの条件ではあるのですが、前走の競馬を見る限り、しっかり時間を掛けて立て直した方が良さそうで、しがらきの短期放牧で何かプラスになるとは余り思えず。厳しい結果になりそうです。

 まあ、賞金は中央1000万特別と変わらないとはいえ、エンプレスとここと、ある意味夢だった交流重賞に2度も出てくれるのは嬉しいし、この後そのまま北海道で秋まで立て直し、とかにちょっと期待もします。当日はタイニーダンサーの門別凱旋で盛り上がるだろうし、アムールは帝王賞の競馬でちょっと「?」が付きますし、ティンバレスも盛り上げに一役買えるよう、少しでも良い競馬して欲しいものですねえ。

2016-07-23

僥倖やんさ。

 ディーパワンサ、中京2歳Sを勝利しました。

23日の中京競馬ではゆったりとしたスタートから道中は中団を追走。直線で外に持ち出されると鋭く伸びて優勝。「騎乗させていただくのは初めてだったのですが、非常に乗りやすく、小さいけどパワーのある馬ですね。いいスピードを持っていますし、道中は引っ掛かるようなところもなくリラックスして走ることができていました。直線に出してからの瞬発力は本当に素晴らしかったですよ。今はマイルくらいの距離が合っているのかなと思いますし、彼女は競馬が上手なのでこの先も楽しみです。今日はありがとうございました」(ルメール騎手)「馬体重マイナス2キロと前回からそう変わらない数字でしたし、いい状態で競馬に向かうことができたと思います。一度使ったことでレース慣れも見込め、終始スムーズに進めて最後はいい伸び脚を見せてくれましたね。この後はいったん放牧に出して秋に備えますが、さらに成長した姿をお見せできればと思います。今日はありがとうございました」(松下師)一度競馬を経験しての上積みは大きかったようで、最後は素晴らしい末脚を披露してくれました。暑い夏場に頑張って続けて走ってくれましたし、この後は秋に向けてリフレッシュ放牧に出す予定ですが、次走ではもう一段階成長した姿を見せてくれることを期待したいものです。

 出遅れて後ろからのレースになりましたが、少頭数&超低レベルのメンバーを利して勝負所ではスムーズに争覇圏内に。直線はヨレた2着馬の不利を被りつつも冷静に手綱さばきで抜け出して見せました。

 まずは最高の結果が出てほっとしていますが、同時にかなり明確にこの馬の限界も感じました。あの手応えで半馬身しか抜け出せないのは、2着馬の頑張りや流れでは無く、今の時期の平坦1600がギリギリごまかせる上限であろう事。その上で、一生で二度と無いであろうOP以上のクラスでこれだけ手薄なメンバーに恵まれたチャンスを活かす運と根性を持っていること。今日の雰囲気からも、今後大きく馬が化けることを期待するより、今の仕上がりのアドバンテージでどう逃げ切るかを考えていく方がずっと現実的なこと。諸々加味して、3歳春まではこのアドバンテージを活かして、G3や暮れのG1に顔を出しつつ、現実目標はディープやキンカメがベストパフォーマンスを発揮しない1200〜1400へどのタイミングでシフトして、空き巣レベルの高いレースを見つけるかという所ですね。できれば、暮れのG1までは良いとして、その後は早々に1400以下に明確にターゲットを絞って、実を取っていって欲しいと願います。ファルコンかフィリーズレビューでワンチャン期待です。

 まあ、色んな事はありつつも、この価格の馬がデビューから連勝でOPを勝つというのはもう奇跡と言っても良いレベルの成功。後の競走生活はお釣り感覚で楽しんでいきますよ。今日は陣営と騎手に感謝。空き巣レースを偉ぶってのは、誰にでも出来そうで、実は一握りの調教師(とそこに嘴を過剰に突っ込むバックボーン)にしか出来ないこと。色んなリスクに目をぶって松下厩舎に突貫して良かった。

2016-07-21

今週の出走馬

■2歳馬

  • 7/24(日)中京5R新馬戦 クライムメジャー(firstroad)
  • 7/24(日)中京5R新馬戦 エジステンツァ(ボーノ)
  • 7/24(日)福島1R未勝利 クロースリーニット(きりた)
  • 7/24(日)函館11R函館2歳S(G) モンドキャンノ(ボーノ)
  • 7/24(日)函館11R函館2歳S(G) バリンジャー(マッチ)
  • 7/23(土)中京1R未勝利 ラモントルドール(ボーノ)
  • 7/23(土)福島5R新馬戦 エイプリルミスト(ハーパー)

■3歳馬

  • 7/23(土)中京3R未勝利 ディライトクライ(レプティリア)

 函館2歳S。POG指名馬の2頭が最有力グループで楽しみ膨らむ一戦。どちらも適正はありつつ、一回の早熟スプリンターという感じでもないので、期待できそうですね。

 クロースリーニットは2戦目で相当有望ですが、なにも戸崎が函館行くタイミングで使わなくてもなあ、という印象。まあ、これも二ノ宮厩舎。勝っても負けても次は戻してください。血統的には新馬のエイプリルミストが楽しみ。キンカメの兄はダート馬ですが、この馬は芝で切れそうな気がしますな。

試金石やんさ。

20日は栗東CWコースで追い切りました。「今朝はCWコースで単走の追い切りを行いました。馬はもうほとんど仕上がっていますから、今日は余力残しでサッと。馬なりで流した程度ではありましたが、最後までしっかりとした動きを見せてくれていましたよ。先週は金曜日に坂路で時計を出し、その後の計測で馬体重426キロだったのでおそらく初戦と同じくらいの数字で出走できる見込みです。今度はもう少し楽に行き脚もつくでしょうし、引き続きいい競馬を見せてほしいところ。状態面の不安は特にありませんから、あとは今の荒れた馬場状態がどう出るか、そこだけですね」(松下師)23日の中京競馬(中京2歳S・芝1600m)にルメール騎手で出走を予定しています。

 登録段階で未勝利馬4頭を含む10頭。最終的には9頭立て。初戦の競馬ぶりからも少頭数はやりやすそうだし、アンノートルとエントリーチケット以外は初戦の内容からも大きな魅力はないメンツ。この馬とサトノクロノスは似りよったりな感じで、どちらももう一段階厳しい競馬をして上積みがある保証はなし。それでも掲示板は楽に望めるメンバー構成になりました。マイルの距離も2歳戦だったら誤魔化しききそう。

 まあ、前述のとおり、私の評価としてはサトノと並んで3番手かな、というところですが(向こうのほうが将来的な伸びシロは圧倒的に上でしょうが、初戦の厳しさと現状の仕上がりではディーパワンサが上、差し引きどっこい)、こんなにチャンスあるOP以上のレースはこの馬にはもう金輪際ない筈。是非頑張ってほしいですね。見せ場たっぷりで2〜4着あたりに来てくれれば、年内どこかで勝ち上がるチャンスもありそう。

 あとは追切前で426(+2)だった馬体重ですね。ここで−6以上減らして出てくるようであれば、あまり先行き明るくない。なんとか420キロ台保って競馬使っていきたいところです。

2016-07-16

期待と裏腹。

 クレオールは6着でした。

16日の福島競馬では6着。「終いまでしっかりと脚を使ってくれているのですが、今日は思っていたよりペースが落ち着いてしまったのが痛かったです。それによって集団がバラけにくかったですし、枠もあって余計に外々を回らされてしまいましたからね。それでも上位との差はほとんどないですから、展開が上手く噛み合えばもっと上に食い込める力はあるはずです。続けてチャンスをいただいたのですが、申し訳ありませんでした」(津村騎手

 前走の意図が見えづらい、消極的とも言える騎乗から一転。良い競馬をしてくれました。あれで差し届かないのは、今のこの馬の力では福島は厳しいということでしょうね。もちろん、流れ一つでチャンスはありますが、より確実性を求めるのであれば直線の長い競馬場か、流れ向きそうな北海道。確実に競馬で力出せるようになってきていますし、もうひと押し頑張ってもらいましょう。

 ティンバレスは13着でした。

16日の中京競馬では13着。「いつもはかかるぐらいの行きっぷりをなだめながら運ぶ馬なのですが、今日は返し馬から気持ちがまったく入っていない感じでした。道中も折り合っているのではなく、進んでいかないんです。レース後も気の抜けたような目をしていましたし、今日は久々が良くなかったとしか思えません。いい結果を出せず申し訳ありませんでした」(川田騎手)

 前走は道中良い雰囲気で最後だけダメでしたが、今回はスタートからずっとダメ。パドックではいい馬体に見える一方、何か覇気がない感じで嫌な予感はしたのですが…。精神的な影響がありそうで、ちょっと、いや、かなり心配です。しがらきではなく一度北海道へ戻して立て直してほしい気がします。

 かなり期待していたレースだけに私も凹んでます。なかなか、うまくいかないなあ…。

2016-07-14

今週の出走馬

■2歳馬

  • 7/17(日)中京5R新馬戦 レッドクライム(firstroad)
  • 7/17(日)中京5R新馬戦 マイティドリーム(きりた)
  • 7/17(日)中京5R新馬戦 プレスト(ボーノ)
  • 7/17(日)中京1R未勝利 アカカ(きりた)
  • 7/17(日)福島5R新馬戦 ディバインコード(ドゥトラ
  • 7/17(日)福島1R未勝利 タントミール(マッチ)
  • 7/16(土)中京5R新馬戦 ダノンオブザイヤー(きりた)

■3歳馬

  • 7/16(土)中京9RタイランドC タイムレスメロディ(レプティリア)

 3歳は今週から有馬枠のみです。2歳戦はきりた期待の新馬がデビュー。ダノンは使ってからというムードですが、ある程度は格好つけてほしいですね。マイティドリームのほうは少頭数ながら相手かなり揃った印象ですが、この馬も高評価。楽しみです。兄の分も無事に走っておくれ。

どっちも連続騎乗だけど

 昨日はJDDを生観戦してきました。一部の馬は出ていないながら、芝以上にハイレベルな今年の3歳馬の競馬を楽しみにしてたのですが、結果はびっくり。ストロングバローズは堀厩舎の地方下手(嫌い)や最近のコンディション作りもあってちょっと評価下げていたのですが、ゴールドドリーム、ケイティブレイブの前に馬がいるとはねえ。一応、2着までは買ってましたけど、頭は難しいや。まあ、1・2着はこういう競馬が向く馬で、中央ではまだ勢力図定まらなさそうです。今後のダート路線も大いに楽しみ。レパードを経て、早く古馬との競馬が見たいです。

 さて今週は2頭出走。まずはクレオール

13日は美浦坂路で追い切りました(53秒9−39秒3−25秒7−12秒5)。「問題なく競馬へ向かえそうと思えたので、この中間津村に再びレースで乗ってもらえるように依頼をかけておきました。すると土曜日の競馬で騎乗停止かと思う出来事があったのでヒヤッとしましたが、とりあえず停止にはならなかったということなので、引き続き乗ってもらって良さを引き出してもらえればと思っています。今朝の調教にも跨ってもらって坂路でサッと伸ばしていますが、見た目の印象は良かったですし、津村も順調に来ていることを肌で感じてくれたようです。良い意味で大きく変わりなく来ていて、馬は元気いっぱいです。舞台設定は変わりますが小回りコースも勝ってはいますので、上手く立ち回って良さを発揮して結果も出してくれたらと思っています」(武藤師)16日の福島競馬(3歳上500万下・牝馬限定・ダ1700m)に津村騎手で出走を予定しています。

 前走の津村騎手は実に中途半端な騎乗。この馬に関しては三浦君が手の内に入れている気がしますが、彼は北海道なので、まあ、仕方ないですね。今回は腹くくって乗ってほしいですが、福島だと仕掛けどころがやっぱりどっちつかずになりそうで、不安先行。掲示板あれば。次はティンバレス

13日は軽めの調整を行いました。「今週は土曜日の競馬を予定しているので、追い切りは火曜日に済ませています。先週末にCWコースで6ハロン84秒台、ラスト1ハロン11秒6とかなりびっしりと攻めていますし、昨日はゆったり、サラッと乗ってきてもらいました。時計自体は遅いのですが、もともと仕上げに苦労するタイプではありませんし、これで十分態勢は整ったと見ていいでしょう。休み明けではありますが、今回は降級戦ですし、中京コースも昨年強い勝ち方をするなど相性がいいですからね。いきなりから楽しみにしたいと思います」(吉田師)16日の中京競馬(インディアT・ダ1900m)に川田騎手で出走を予定しています。

 前走は相手云々ではなくマイルのペースを先行していって余力なくなった感じもありました。昨年の中京では逃げて圧勝しましたが、今回は1000万条件ですし、控える競馬で3走4走前のように乗ってほしいところです。エンプレス→府中への輸送で連続マイナスだった体重を戻してくることが大前提ですが、骨っぽい相手はマウントハレアカラくらいなので、ここは良い競馬を期待。リズム崩していたお兄さんもようやく勝てましたし、妹もまた追撃態勢でお願いします。