大和但馬屋日記

この日記について

2017年03月01日水曜日 人氣ゲームの海賊版

ゲームの話を殆ど書いてないが毎日遊んではゐるのだ、「スーパーマリオラン」とか「さよなら! ハコボーイ!」とか「セガ3D復刻アーカイブス3」の「コラムス」とか。

今日は3DS用「かいぞくポップ」を購入。面白い。昔の「ポンピングワールド」や「スーパーパン」を遊ぶのと同じくらゐ面白い。ハドソンの「キャノンボール」は遊んだことがないけれどあれよりはきつと數段面白い。要するにまんま「それ系」のゲームである。「かいぞくポップ」だから面白いといふ要素は殆どない。3DSの中にゲームボーイの樣な架空のゲーム機を構築してその中で遊ぶといふ體裁の爲に画面が小さくて遊びにくいので怒りすら沸いてくるが、ゲーム自體が面白いのだからしやうがない。そんな感じ。

「かいぞくポップ」ならではの新機軸としては重力の働く方向が上下左右に頻繋に變化するといふのがあつて、それだけならウザいだけだが變化した方向に「落下」してゐる間は泡を體當りで消したり上から踏んだりできる。「床」に接地しない樣上手く踏んで跳ね續けてゐれば長時間その状態を維持できるので、無敵で得點稼ぎができてゐることになる。粗削りといふか強引な仕様ではあるが、ここは評價したいところ。これ絶對、方向變化時に爲すすべなく死ぬ事故が多發したから後付けで足した要素に極まつてるよね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20170301

2017年02月28日火曜日 ミラーに映る相手を嗤ふ周囘遅れ

フィクションにおけるジェンダーの扱ひに關してはアメリカの方がよつぽど遅れてるよね」なんてツイートまでが目に入つて溜息しか出ない。ハヤカワや創元が八十年代以降に日本語訳で出したSF・ファンタジーに限つてもジェンダーやフェミニズムマイノリティ問題に斬込んだものが相當數あるといふのにね。SF小説なんていふサブカルチャーの分野で一大ジャンルを成す程度にさういふものがあつたのは、社會的にさういふ問題を抱へてゐてそれに自覺的であるからに他ならない。マーベルの漫畫だけがアメリカのサブカルチャーだと思つてんだらうが、そんな訣があるか。

そんな認識だから戰隊の中に紅一点のメンバーがゐてそれが二人になつたりリーダーを勤めたことがあるといふ程度のことで冒頭の様なことを拔かす。そんな痩せた土壤に生煮えのジェンダー論を投げ込んでも當然まともな議論に育つ訣もなく。日本社會も當然同種の問題は抱へてゐるが無自覺でゐられる樣に皆で目を背けてゐる。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20170228

2017年02月27日月曜日 F1進化中

昨日のを言ひ方を變へれば「ニチアサからナージャが消えた」といふのが時代の象徴だつたのかもしれぬ。それはさておき。

F1マシンも各チーム出揃つて、バルセロナテストが始まつた。早速發表時には無かつたデバイスが追加されてゐて、メルセデスですらシャークフィンをテストしてゐる。しかもただの背鰭ではなく、薄い煙突の樣な構造を盛込んできた。その後ろにはTウイングまでも。この形振り構はない感じが堪らない。いいねえ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20170227

2017年02月26日日曜日 緩くて苦しい同調壓力

ニチアサの子供向け番組を餌にジェンダーロールが云々といふ雜な言説があつて一部が紛糾してゐる。大きなお友達はニチアサにも色々あるといふことをすぐ言ひたがるものだが、子供にとつては目の前にあるものが人生の期間の大半を占めてゐる訣でスーパー戰隊にしろライダーにしろプリキュアにしろ、物心ついてから觀るのは精々二、三本くらゐでそれが全てなのだから、五年前や十年前の作品のことを一々例に舉げることには意味がないし、それぞれの差異を樂しむなんてのも大人にしかできないことだ。だから、子供の親が抱いた感想に對してオタク視點で揶揄するのは的外れとしか言へない。

一方で、生煮えのジェンダー論を雜に當てはめて一括りに語れる程日本の漫畫・アニメ特撮史は淺くも薄くもないので、それはそれで筋が惡い。全體を俯觀してジェンダー論から見た社會的な役割についてちやんと考へることは必要だらう。

憂ふべきは名作劇場枠に類するものが盡くバラエティ番組に潰されて久しい世の中だと思ふがね。問題はニチアサ枠以外の子供番組の枠が減つた分番組の多樣性も失はれてゐることだらう。「ニチアサ」といふ言葉である程度の傾向が固定され、その周辺番組のフォーマットもその模倣に留まつてゐるものが多く見えてゐる現状はあまり良いとはいへないとは思ふ。ニチアサっぽい展開のアニメが嫌ひな子供にフィットするものが今はあまり無いからね。何なら「へボット」があることが救ひにすら見えるのだから子供の頃の俺には正直地獄だ。多樣性の缺如はそれ自體が同調壓力なのだから。

勿論これに對する有效な反論は「TVに頼るな」であり自分はさうしてゐるが、それだけでいいといふ訣でもあるまいよ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20170226

2017年02月25日土曜日 電車と戰車

今日も今日とて茶屋までサイクリング

「劇場版列車大行進」鐡道の映像ソフトを多數制作してゐるビコム社がイオンシネマと協カして作つた映晝、といふことなのかな。豫告を見て氣になつたので觀てみたら、大變に樂しかつた。長年の蓄積なのだらう、同社が持つてゐる一番いい繪面を惜しげもなく一時間の映畫に詰め込んでゐる樣であり、その上で全體の構成の目配りも行届いてゐるので、「今の日本の鐡道の魅力を知りたいなら、先づこれ一本を觀るといい」と言へる決定版になつてゐると思ふ。一時間の尺の中でこれ以上の内容を誰が求め得るだらうか。

構成だけでなく個々の題材の選び方も上手い。阪急電車三線同時發車、京阪電車複々線區間、品川驛と田町驛の間で京浜東北線山手線を跨ぎつつ竝走する処など、その路線の格好良さを象徴的に表す場面が的確に選ばれてゐる。「わかってるなあ」と感心するよりも、俺なんかより映畫のスタッフの方が「わかつてる」のは當り前なので、むしろ「俺が格好いいと思つてたところはやつぱり格好良かったんだ」と安心したといふのが本當だ。

列車に乘つて車窓を眺めてゐると、「この瞬間を動畫に殘せたらどれだけいいだらう」と思ふ機會が誰しもあるだらう。この映畫はさうした瞬間の集大成である。非常に良かった。贅澤を言へば阪急京都線特急東海道線新快速の山崎附近でのレースもあると尚良かつた、くらゐのものか。あそこは本當に凄いけど映像に殘すのは難しさうだ。是非乗つて體驗すべし。ともかくも、大好きなものだけが映つてゐる一時間の映像に浸る幸せを實感。しかも全編沢城みゆきさんのナレーションだ。

電車映畫を堪能した後は戰車映畫を。「ガールズ&パンツァーOVA これが本當のアンツィオ戰です!」と「ガールズ&パンツァー劇場版」二本立て。何度目だ。二十七囘か二十八囘くらゐだと思ふ。今頃になつて岩浪美和音響監督が來館して9.1chセンシャラウンドの調整を行つたといふことでそれを味はひに來た。勿論實に樂しめたのだけど、やはり二十數囘目なので「音響がどうなつてゐるか」にばかりに注意を向ける樣な觀方になつてしまつてゐるのも否めないところで、本當に贅澤なことなんだけど「一年とは言はず、半年前くらゐにこれがあればなあ」と思つてしまつた。…半年前なら囘數的にはあまり變らんか。

音響ではカールや觀覧車先輩などよりむしろ、今までどちらかといふとスルーしてゐた最終決戰の廣場でのパンジャンドラム型回轉ブランコがV2ロケットの直撃で倒壞する場面が凄かつた。四號がその下を潜る時の音響たるや。どこも手を拔かれてないなあと今更な感想。

そしてやつぱりアンツィオ戦が樂しい。カトキハジメ氏のコンテは絶品だ。そんなこんなで乘物映畫を樂しみ盡したのであつた。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20170225

2017年02月24日金曜日 F1新車續々々

フェラーリマクラーレン新車發表。メルセデスに較べて一見特徴が無ささうなフェラーリだけどよく見るとサイドポンツーンの吸入口が今までに見たことのない形をしてゐる。前から見て空氣が眞直ぐ當る位置にはボディ下面に向ふ傾斜しか見えない。攻めてるなあ。

マクラーレンは橙色と黒のツートンに。成程、やはりロン・デニスの匂ひは完全に消すつもりのやうだ。こちらもノーズ周りが面白いが、それよりパワーユニットがが心配だね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20170224

2017年02月23日木曜日 F1マシンの長大化

メルセデスF1新車が手堅い出來に見える。

それにしても今年のマシンはホイールベースが長い。レギュレーションでタイヤ幅とトレッド幅がそれぞれ大きくなつたので、そのままではジオメトリが横方向にばかり擴がつて擧動がナーバスになつてしまふから、前後方向も長くしてバランスを取つたものと思はれる。つまりマシン全體が一囘り大きくなつたといふことだ。一九九一年頃のフットワークやローラの如き馬鹿長いV12エンジン搭載車の様で、コンパクトなマシンが好きな自分としてはちよつと殘念な傾向だ。ドライバーに走るパーツを貼付けた様なのが理想。F1マシンは「めちやくちや速いカート」であつてほしい。

めちやくちや速いといへばフェラーリが先日發表した新しい市販車。フロントエンジンの北米向けGT車の系譜なのはいいが見た目がまるでSRTバイパーそのもので、ちよつとプライド捨てすぎではないかと思つた。そいつの名前が「スーパーファスト」。「めちやくちや速い」。ちよつとプライド捨てすぎではないかと思つた。トランプ政權下のアメリカ市場を睨んだらかうなつた、といふことでもなからうが。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20170223
2000 | 07 |
2001 | 12 |
2002 | 01 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 |

最近の画像


管理情報