大和但馬屋日記

この日記について

2018年04月30日月曜日 突然ですが

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20180430

2018年04月29日日曜日 アゼルバイジャンGP決勝

スタート後の三コーナーでライコネンとオコンが接觸。後方でも事故があり、オコンとシロトキンがリタイアセーフティーカーが出てライコネンはウイング交換となつた。事故の顚末はといふとヒュルケンべルクの幅寄せによつてシロトキンが行き場を失くしアロンソと接觸、シロトキンが衝撃で下がつた後にヒュルケンべルクは再度アロンソに當つてゐる。

レース再開、ベッテルはうまく後方を制した。ヒュルケンべルクはサインツと共にレッドブルを追ひ囘しては前に出た。ルノーがレッドブルを制したのだから凄い。しかしヒュルケンべルク自分のミスで壁にヒットしたのが原因でリタイア。このレースの前半を大いに騒がせた。ハミルトンはタイヤに苦しんで前との差が開く。ちよつと勝ち目が遠のいた。べッテルは手堅いレースをしてゐる。

四十周目にフェルス夕ッペンとリキアルドが共倒れとなるクラッシュ。何やつてんだ。これでセーフティーカーとなり、ここまで無交換で引張つたボッタスがトップを維持してコースに復歸。これは面白い。

http://pbs.twimg.com/media/Db9ERnrVQAE3Vke.jpg

セーフティーカー中の順位。グロージャンがタイヤに熱を入れようとウェービングしてゐる最中にスリップしてクラッシュ。下り勾配でウェービングなんかするからリア荷重が拔けたんだよ…

グロージャン車を運ぶトラックがコースに入り、ハミルトンか「危ない」と文句を言つてゐる。今宮氏がそれに苦笑してゐるが、冗談ぢやないよ、ハミルトンはビアンキのことを思ひ出してるんだよ。笑つちやいけない。

再スタートでベッテルは一コーナーに突込みすぎて失敗、ハミルトンを前に出してしまふ。そして首位のボッタスが突然タイヤバースト。勝利を確信した途端に地獄へ落ちた。

http://pbs.twimg.com/media/Db9KOt2VQAA4XeD.jpg

結局ハミルトンがライバル達の脱落に助けられる形で優勝。前戰とはうつて變つてリタイアの多いレースとなつた。ハミルトンは勝つてもあまり嬉しくなささう。運に助けられたと思へばそんなものだらうか。ペレスの表彰臺は立派。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20180429

2018年04月28日土曜日 F1アゼルバイジャンGP豫選

http://pbs.twimg.com/media/Db33zvZVQAI1-Ub.jpg

Q1、ウィリアムズが辛うじて二臺共に通過。ガスリーはパンクでスローダウンしてゐたハートレイを避けようとしてコースアウトデブリがある状態でセッションが續行したのも不運の元だが、トロロッソはついてゐないな。

http://pbs.twimg.com/media/Db39DGjVAAI9CMW.jpg

Q2、リキアルドがギリギリの通過。危ないところだつた。ライコネンはスーパーソフト表記になつてゐるが表示ミス。實際はウルトラソフト。

http://pbs.twimg.com/media/Db4BVC2VQAEbPZC.jpg

最終アタックでベッテルはミスしてやめたにも關らずポールを獲得。ライコネンはトップを狙へる速さがあつたものの最後にミスして沈んでしまつた。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20180428

2018年04月27日金曜日 表記テロリズム

排外主義は怯へから來るものであると自分は思ふ。今の社會は排外主義的である。所謂ネトウヨの跋扈がそれであり、氣に入らない意見にネトウヨのレッテルを貼つて排除しようとするのも同樣。

舊字舊假名への嫌惡も全く同樣で、それを目にした時の態度でその人の排外主義的な程度が面白い程に露になる。彼らは怯へてゐるのだ。戰爭に敗けたといふ理由で捨てた筈の傳統の亡霊だとでも思つてゐるから。過去の文化は捨ててもよいと本氣で思つてゐるから。それで見た目だけを弄くつた不出來な表記を纏つて、まるで別の何かになれたと思ひ込んでゐる。ただのコスプレで。

彼等の理窟は中東テロリストがそこにある古いものを手當り次第に破壞して周るのと何も違はない。今の自分に必要ない、邪魔だから、主張に合はないから、毀しても構はない、毀すことが正義だと言つてゐる。言葉の表記的には、ISIS勝利した社會が今の日本であり、多くはそれの支持者だといふことになる。

俺は嫌だ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20180427

2018年04月26日木曜日 アンインストール

まあ何も知らなければさう見えるのだらうが、ちやんと經緯を知れば「現代假名遣こそ假名のコスプレ」であるとしか言ひ樣がない。

コスプレとは、實用的でなく傳統にも即してゐない、ただ見た目を眞似ただけの衣裳を着て遊ぶこと。現代假名遣の成立ちそのものである。それを學校で教へてゐるといふのはつまり、ドンキホーテかどこかで買つてきた安つぽい布地のセーラー服を制服として採用し、それを着て學校やフォーマルな儀禮に參列するのと變らない。よくそんなみつともない眞似ができたものですね。

とまあ、最近この手の話題を目にするにつけ思ふこととしては、言語的な部分といふのはどうしても民族的な感情を刺激されるんだらうなと。アンチ舊假名の人と、街中のサイン表示にハングルや簡體字を見て苦々しく感じる人は共通するものがあるのだらう。

昔、歴史的假名遣を使ひ始めた頃に「舊假名は見た目がバロックだからなー」とある人に言はれたことがある。まあ言はんとするところは解るけれども、正則に從つたものが「バロック(歪)」だとは酷い言ひ草もあつたものだ。それが單なる違和感の表出だとしても、何故皆現代假名遣が「普通」だと思へるのか、今の僕には理解出來ない。「皆がさう言つてるから」以外の理由を誰か持つて來てよ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20180426

2018年04月25日水曜日 偉さうな村社會民

見知らぬ他人をこの樣に詰る人、人間の行動の動機が自己顕示欲によるものとだけ考へてゐるらしくて幼稚極まりない。「目立ちたいからそんなことするんでしょー」とか、そもそも「目立たうとするのが惡い」とか、どれもこれも小學生から一歩も進歩しない感性である。これが一般的だといふなら日本人の一般論とはガキの理窟そのものだ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20180425

2018年04月24日火曜日 憂き世に

「まるでジブリ」SNSで話題の森、人出急増で困惑 踏み荒らされ渋滞が頻発 福岡県篠栗町|【西日本新聞】

「緑が見たいと誰もが車走らせ行くから嗚呼緑が消えさう」といふ唄がオフコースにありましてな。進歩しねえな人間。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20180424

2018年04月23日月曜日 でんでん太鼓を上手く扱へなかつた

スプラトゥーン2」フェス、今囘は勝ち筋が見えにくかつた。

http://pbs.twimg.com/media/DbUAxJzVAAAGyXx.jpg

線對稱マップで、中央のT字型の廣場を制壓すれば奥の圓形廣場への敵の侵入を抑へられるので樂勝…と最初は思つてゐたが、奥から自陣側に上られては爲す術もない。

http://pbs.twimg.com/media/DbUDWw9UQAAhvhj.jpg

敵陣に上つてリスキルが定石になつてしまつたやうで、やりにくかつた。件のロングブラスターカスタムの塗り力がノーマルに較べても弱すぎたのも敗因だらう。カスタムはもう捨てる。個人戰績は慘敗だつた。畜生。

続きを読む

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20180423

2018年04月22日日曜日 無責任すぎる

ジャーナリストがこんな雜な話を埀れ流すの、どうなんだ? ソースが確認できないのをいいことに惡評を擴めようとしてる風にしか見えない。何が「この手の話はあっという間に広がる」だ。かなり呆れた。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20180422

2018年04月21日土曜日 ゲームは自覺を持つて賣つてほしい

限定商法つて、その限定されてゐる物に價値があるといふ場合にしか效果がないと思ふ。狹いファンに向けて限定的に賣るつてやり方はまとまつた收益として讀み易くはあるけれど、届く範囲は決して擴がらない。むしろ狹める一方となる。

自分の好きな物を手に入れるだけならそれでもいいが、「これ良かつたから買つてみ?」と人に薦めようとした時には既に入手機會が失はれてゐるか、特典まみれで氣樂には手を出せない値段のものしかないのだ。本當にそれでいいの? つて話。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20180421

2018年04月20日金曜日 一本話が書けさうな

愛媛の刑務所から逃走した男が向島に潜伏してゐるらしいといふ話、絶對ゆりえ樣が卷込まれてゐるよな。

ロングブラスターカスタムは待ち望んでゐたけれども、サブもスペシャルも相性惡い感じだなあ。シールドかと思つたらカーリングボムとは。上手く使へるイメージが湧かない。

ニンテンドーラボは兩方共買つたけど未開封

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20180420

2018年04月19日木曜日 ジジイはつらいよ

ニンテンドーSwitchで「ワイルドガンズ」配信。大分前に「東京エンカウント弐」でやつてたやつだな。杉田氏と中村氏の樣なリア友が居ればかういふのをさぞ樂しめるのだらうがボッチなので獨りでやる。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20180419

2018年04月18日水曜日 平和ボケつてレべルぢやねえぞ

公開された陸自の日報が読み物として面白いと話題に!『バグダッド日誌文学』『ゲームの道端に落ちてるアーカイブ』と盛り上がる - Togetter

面白い讀み物だとは思ふけど、これを讀んで「平和でよかつたな」って感想が出てくるのはどうかと思つた。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20180418

2018年04月17日火曜日 常識を履すことは難しい

和泉さんはわりと魔女 2巻 | 雪白いち | eBookJapan

和泉さんはわりと魔女」面白かつたが二巻で完結。長く續けば良いといふものでもないがこれは名殘惜しい。

D

ニンテンド一Switch用「アンエピック」。コナミ感湓れすぎる横畫面アクション。メトロイドヴァニアといふかグーニーズといふかガリウスといふかそんな感じ。面白い。

生活が夜型の人が朝型生活に変えると死亡リスクが高まるらしいという説…でも「社会的には朝型」「だから体壊したのか」などの声 - Togetter

この論文が正しいといふ立場でものを見るとそれに對して「朝型に修正しないからだ」と反駁するのは滑稽を通り越して恐ろしい。歐州の白人は日本人より酒に強い、何故なら酒に弱い白人は酒によつて淘汰されたからだといふ話がある。つまり習慣が人を殺してできた社會で「習慣を改めれば濟む」といふ話をするのは端的に「死ね」と言つてゐるに等しい。

この論文の指す「夜型」がマイノリティであるとして、自分がそのマイノリティに属するとも知らないで「だらしない」と思ひ込まされたまま早死にする人が少なからず居るとしたら何とかするのが人類の知惠つてもんだと思ふが、さう思ふこと自體を批判する人が少なくない。ヤレヤレだ。

入眠劑や睡眠藥を必要とする人は多いのだから、つまり社會の無理が個に押し付けられてるつてことなんだよな。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20180417

2018年04月16日月曜日 俺が引張る話でもないが

昨日のフェラーリ敗戰が何故か心に重く壓しかかつてゐる。マシンは速い。とりあへず極端な弱點がある風には見えないし、メルセデスよりもバランスが良ささうにも見える。ドライバーのスキルも不滿を言ったら罰が當るレべル。それなのに。

前戰バーレーンでタイヤ選擇を誤つて、仕方なくソフトタイヤで無理なロングランをさせたらべッテルが腕で勝つてしまつた。メルセデスを相手に一囘ストップにしたい氣持ちはわかる。それが唯一絶對の必勝法と見込んだまま上海に來て、ロングランテストを重ねた。それあもう、素人目にも手の内を晒しすぎてゐた。バレバレやんけ。そこにレッドブルのつけ入る隙があつた。

レッドブルがセーフティーカーにすかさず反應して勝つたのは開幕戦のフェラーリと似てゐるが、違ふのはフェラーリが特段タイヤ戦略にアグレッシブだつた訣ではないといふこと。偶々ピットストップのタイミングにVSCが轉がり込んだだけ。レットブルは今囘、二回のピットストップをどちらも二臺同時ピットインといふ離れ業で成功させてゐる。對するフェラーリはライコネンに無駄な周囘をさせてタイムのマージンを失はせ、ボッタスの妨碍役にさせた。つまり、持つてゐたタイムを戦略的に捨てて、勝敗をドテイバーのスキルに委ねた。これが敗因だ。ドライバーのスキルを他車の足を引張る方向に使ふなんて、戰略として間違つてゐる。

レースで勝つといふことをチーム戰略の面から捉へれば、あらゆる手を盡して無駄なタイムを少しづつ削つてライバルを上囘るといふこと。今回、フェラーリはすべての局面でそれと反對のことをした。過去二戰の成功體驗を誤つた方向に活かさうとして、その通りになつて敗北した。フェラーリがこの後何勝してもチャンピオンを獲れてゐる氣がしないのだ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20180416
2000 | 07 |
2001 | 12 |
2002 | 01 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 |

最近の画像


管理情報