大和但馬屋日記

この日記について

2017年10月26日木曜日 冒險野暮天島

Surfaceが修理から戻つて來た。まあ修理といふより交換だろうが、ともあれ無料の樣だ。水漏れなので多少の出費は覺悟してゐたが助かつた。

目にして「うへえ」と思つてしまつた。あまり人のことは言へないが、とんだ野暮もあつたものだ。「首相があそこで發砲許可を出してゐたらあの時のゴジラ倒せてた」と監督が言つてゐたからさうしなかつた首相は保身に走つた無能。いや凄いわこれ。もう映畫なんか觀ずに監督の言葉だけ追つかけてればいいよこれ。

品川驛近邊の未確認生物に對する攻撃の可否判斷は、所謂「トロッコ問題」を分り易く映像にしたものだ。止める術なく暴走するトロッコの分岐の先の兩方に望ましくない結末がある時、どちらの分岐を選ぶべきかといふ葛藤がそこでは描かれてゐる。砲口の先に守るべき國民が居る時、そのトリガーを引く許可を與へる訣がない。その時の首相は決然とさう判斷した。

監督が言つたのは選ばなかつた分岐の先の提示にすぎなくて、映畫の中の人物にとつてはその分岐が正解であるといふ確証など何もない。民間人を巻添へにした擧句に未確認生物も倒せない可能性は當然あつた筈だ。あの時の首相の取り得る選択肢は二つだが、それで得られる結果は最低でも五つとなる。

  1. 發砲許可をして、民間人は無事で、未確認生物を倒せる。
  2. 同、民間人を巻添へにしながら未確認生物も倒せる。
  3. 同、民間人を巻添へにした上に未確認生物は取逃す。
  4. 同、民間人は無事だが未確認生物は取逃す。
  5. 發砲許可を出さない。民間人は無事だが未確認生物は取逃す。

この内、四つ目と五つ目は結果として同じスコアになる。最良のスコアは一つ目で、二つ目は苦澁を伴ふ次善のスコアで、三つ目が最低のスコアとなる。さてどれに賭けるね?

例へば米國大統領なら迷はず許可を出して、一の結果を得ようとするだらう。では日本の首相はどうか。籤の當落の判らぬ賭けの中で、五分の二の「最惡よりはマシなスコア」を引けて、しかもそれは選択肢の片方でほぼ確實に得られるのである。

咄嗟に突きつけられた決斷でそれを選ぶのを「保身」と評すべきかどうか。觀客に問はれてゐるのはそこ。監督の言葉は、見えない神樣が「あーあ、こつちを引いてれば大當りだつたのに」と言つてみせてゐるのにすぎなくて、その神託を見て「そつちを選ばなかつた首相は無能、何故なら神がさう言つてゐる」なんてね、馬鹿馬鹿しいにも程がある。

こんな物の見方をするくらゐなら作り手の言葉なんて見聞きしない方が絶對にいい。解釈に絶對はないとしても、だからこそ「総監督の出した裏情報が正解」なんてのは愚の骨頂だ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20171026

2017年10月25日水曜日 神話はかく作られる

”【追記】ジョブズがiPodを水没させる逸話はウソである、フェイクだっていいじゃない - ネットロアをめぐる冒険”

メーカーの偉い人が部下の作つた携帶機器を目の前で水没させて發生した氣泡を見て「まだ小さくできる」と指摘したといふ話。これがソニーの話であるのは人類の常識だと思つてゐたが、いつの間にかジョブズの事蹟に掏替へられてゐるらしい。ただ、自分もハンディカムではなくウォークマンの話と勘違ひして覺えてゐたのであまり偉さうには言へない。ともかくも、ジョブズのかうした神話化にはうんざりだ。ソ二ーの逸話自體も同じ文法で語られるものばかりでそれもうんざりだ。

逸話の掏替へといふと「パックマンは食べかけのピザの形から思ひついた」といふアレがあるなあ。パックマンのあの形を静的なデザインとしてしか見てない人の發想だよそれは。一九八〇年當時、日本人にとつてパックマンの樣な形に切取られたピザはそれほど一般的ではなかつた。まだ宅配ピザなんてものも日本には無かつたし、イタメシブームももつと後の世のことで、フルサイズの丸いピザを目にすることがどれほどあつたらうか。

そして何よりこの話にははつきりと元ネタがある。ピザの形から思ひ付いたとされる有名な造形物といへば「スターウォーズ」のミレニアムファルコン號で、それはパックマンの三年も前に世に出てゐるのだ。どう考へてもパックマンの話は後付けであらう。

パックマンのキャラクターデザインゲームシステムをそのまま形にしたものだ。迷路に配置されたエサを縦横無盡に喰ひ散らかす、その「動き」はピザの形から思ひ付いた「デザイン」から出てくるものではない。作者が假に昔さういふことを言つたのだとしても、きつとそれは本當ではないのだらうくらゐに自分は思つてゐる。これも八〇年代にあつたナムコの神話化の一端だつたのだらう、と。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20171025

2017年10月24日火曜日 鷲を足す(イーグル・サム)

アメリカGPの中繼中に變な映像が流れたのが氣になつた。

Twitterでも少し海外で話題になつたみたいだけど、種を明かせばCGによる鷲の影の合成だつた。米國アピールの一環で惡戯を仕掛けたといふことの樣だ。

しかし如何なエンターテインメントとはいへ生中繼の映像にかういふでつち上げを重ねるのは感心できることではない。公式でこれに觸れたツイートにも「下らないことをするな」といふブーイングかぶら下がつてゐるし、それが正しい反應だと思ふ。

決勝の最後に過剩氣味な演出について「これはこれでアリ」なんて書いたけれども、ちよつと度が過ぎてゐた樣だ。現地の人達は生でさういふ胡散臭さを嗅がされてゐたのだらう。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20171024

2017年10月23日月曜日 足下の見方がをかしい話

スーパーで七百余圓の買物の中に鶏卵を一パック入れてゐたら、レジの店員に「これ、千円以上のお買物ですと半額になりますがどうしますか?」と訊かれたので「いや、いいです」と應へた。すると「かしこまりました」といつて鶏卵を横にどけて精算から除外しようとしたので慌ててそれを止めて、「さうぢやなくてそのままの値段でいいです」と言ひ足した。

「いいです」といふ答が惡かつたのかもしれないが、しかし卵が必要だから買はうとしてゐるのにそつちで勝手に決めた割引對象に適用されないなら買ふのをやめるなんて思はれたことが不思議でならない。安いから要らないものを買はうとしてゐるのだと見縊られたのか。そんな客なら、割引のために殘り三百円分の要らない何かを買ひ足すに決つてゐるではないか。

値引きで客を釣る商ひをやつてゐると、客を「さういふもの」と見る樣になるんだらうか。客は物が要るから買ひに行くんですよ、賣り子は知らないかもしれないけど。情けないなあ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20171023

2017年10月22日日曜日 アメリカGP豫選・決勝

朝四時から始まる筈だつたアメリカGP豫選、早起きして待つてゐたら六時からになつてゐた。いつ變つたのか知らないが、FP3の後に確認した筈の録畫豫約の番組表も勝手にキャンセルされてゐたので直前だつたのだらう。寝過してゐたら見逃すところだつた。

http://pbs.twimg.com/media/DMuIancVwAE_jay.jpg

豫選結果。やたらピンクづいてゐるのはフォースインディア應援キャンペーンといふ訣ではなくて、乳癌の早期發見を促す啓發運動「ピンクリボンキャンペーン」への賛同といふ意味ださうだ。すべてのF1マシンにもピンクのマーキングがあり、ピットレーンの帶のペイントまでがピンク色。ウルトラソフトタイヤのマーキングまでがピンクである爲、こんな色のリザルト表になつた次第。

そして一日過ぎてまた朝の四時(日付は月曜)、こちら日本は颱風で窓の外が騒がしいがスカパー電波は生きてゐる。

そんな中で決勝スタート。ベッテルが一コーナーで前に出てちよつと期待したけど六周目にハミルトンに拔かれた。ヒュルケンベルクが二周でリタイア。そんなにピンクのマシンには乘リたくないのか*1

リキアルドがトラブルでリタイアする一方で、フェルスタッペンは十六番手スタートから一時的に首位に立つ力走。

日本GPの後トロロッソからルノーに移籍したばかりのサインツが九番手に浮上。移籍先ですぐに活躍してみせる役者つぷりは偉い。更にサインツはフォースインディアにも迫つてペレスを喰つた。ルノーつてこんなに速かつたつけ?

アロンソはまたリタイア、はいはい。

二番手を走つてゐたボッタスはタイヤに限界が見えて次々に順位を失ひ、殘り三周のタイミングで手後れすぎるタイヤ交換。この間にライコネンの助けも借りてベッテルが二位に上り、ハミルトン優勝の影でチャンピオンに一縷の望みを繋いだ。

http://pbs.twimg.com/media/DMxQxR8U8AAAkxg.jpg

フェルスタッペンにはコース外の追抜きで五秒のペナルティが付加され、ライコネンに三位を譲る破目に。

表彰式にはビル・クリントン元大統領とウサイン・ボルト氏が登壇。ボルトはインタビュアーも擔當したが、あまりの巨軀に驚いた。ボディウムの上のハミルトンと頭の高さが同じ。今まで氣にしたことなかつたけどハミルトンつて随分小柄なのだな。

スケール感がをかしい。

二人でライトニング・ボルトのポーズ。二人共樂しさうで何より。

F1の興業主が米國企業に移つて最初のアメリカグランプリとのことで、いつもと違つたアメリカナイズされた演出が隨所に見られた。現地での舊來の關係者の反應は必ずしも好評ではなかつた樣だけれども、さりとて今までが特別「良かつた」訣でもないから、これはこれでアリなのかなあと思つたよ。

*1:シーズン前の放言を根に持つてる

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20171022

2017年10月21日土曜日 十年一日

yms-zun2017-10-21

昨日の晩、所用で新横濱入りしてそのまま宿泊

明けて東京に出て青島食堂のラーメンをいただいていつもの冩眞を撮つてから歸る。もう少し遊んでいけばいいのに、と内なる聲も聞えるがそんな元氣もない。

偶々天候が惡くスカイツリーが見えなくなつたので十年前に似た景色になつた。

http://pbs.twimg.com/media/DMogdxOVwAAIkTQ.jpghttp://pbs.twimg.com/media/DMogdxRUMAAkxyE.jpg

しかし竝ベてみると隨分違ふ。橋の向う側はさう變らないが、此岸の建物はどちらも無くなつた。右側のあみ清の脱法建築は如何にも淺草らしさであつた樣に思ふ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20171021

2017年10月20日金曜日 古人曰く「貧すれば鈍す」

貧ドン。シャランランラランランラン。

”切ないタグ #くいもんみんな小さくなってませんか日本 実例をあげるとより切なくなる「食べ物だけじゃないよね」 - Togetter”

消費税8パーになってから」なんて頭の方にあるけれど、違ふよね。平成不況に入つてからずつとだよね。

所謂「百均」が臺頭して日用品や消耗品、食品への値段とそれに見合つた量に一般人の財布の紐の感覺がシュリンクされてしまつたから、今更量を戻してその分値上げをする訣にいかなくなつた。物價の上昇が正常なものとして認識されるには「百均でものを買はない」といふ意識が當り前の世の中になつてゐる必要があるけれども、今のところそれは繪空事にすぎない。

物の量が減つたのはインフレの所爲ではなくデフレで鈍つた消費行動に合せたから。個人的な感覺としては二〇〇一年に吉野家牛丼竝盛の値段を二八〇円に引下げた時に世の中が後戻りできなくなることを豫感した。「これまでの不況は一時的なものではなかつた」といふ感じ。今でも物が安いことを是とするならば、消耗品や食品の中身がケチ臭いことを嘆いてはいけない。

皆が安物買ひに走るのを正しい消費者目線などと言つてゐるから世の中の色々な物が質量共に下がつて行く。ディスカウントショップの跳梁、セコいポイントサービスによる囲ひ込み。飼ひ慣らされてゐるのはさういふ消費者心理の方である。行き着く先は日産だの神戸製鋼だのの大手企業による品質管理の不正問題で、然るべき費用をケチッた結果がこれだ。もう「ちやんとしたもの」を流通させる能力を失ひつつあるのかもしれんね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20171020
2000 | 07 |
2001 | 12 |
2002 | 01 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |

最近の画像


管理情報