大和但馬屋日記

この日記について

2017年03月31日金曜日 MAD CATZも倒産

iPhoneの畫面がまた割れた。キリがないな!

プレミアムフライデーなるものが實施されたのでいつもより長めの殘業をしてゐる。

ゲーム周邊機器メーカーのMAD CATZ倒産したと。e-sportsの大會スポンサーなどで羽振りが良かつた印象だがさうでもなかつたのか。同社の製品には縁が無かつたので、物として良かつたのか否かなども知らないままだ。前世代機まではアーケードスティックの改造やツインスティックの自作も厭はなかつた自分ですら今世代のXBOX ONENintendo Switch用の外部コントローラーの必要性を強くは感じてゐないので世間的にサードパーティーの周辺機器市場が滿足に成立するレベルにあるとも思へないが、そんな自分の狹い視野の外ではイースポーツでウハウハな世界があると何となく思つてゐたので結構驚いてゐる。あ、「今世代機に外部コントローラーの必要性を感じてない」と言ふ中に總額で十万圓を超えたステアリングコントローラーと三ペダルとH型シフトレバーと専用シートは含みませんよ惡しからず。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20170331

2017年03月30日木曜日 サクラサクラダダンデライオン

春から始まる新番組、「サクラクエスト」と「サクラダリセット」が地域によつては同時間帯に連續して放送されるので紛らはしいといふ話がある。前者はミニ獨立國の王樣になった若者が街與しに奮闘する話で、後者は特殊能力者が集められたサクラダといふ街で若者が何やら奮闘する話なので、もうついでに特殊能力を持つ王樣一家(姓がサクラダ)の若い兄弟姉妹が次期王樣を決める總選擧の爲に何やら奮闘する「城下町のダンデライオン」を併せて再放送すれば良いと思つた。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20170330

2017年03月29日水曜日 終るものたち

「初音ミク -Project DIVA-」などを開發したディンゴ倒産、といふニュースがネットを驅け巡つた。「DIVA」でディンゴが關はつたのはPSP版の二作のみなのではあるが、ディンゴが無ければ「DIVA」も「mirai」も今ある形で觸れられてゐた事にはならなかつた筈なので殘念だ。

「DIVA」二作は仕事としても少し手傳ひさせてもらつた。PSPの制約の中で工夫してステージを作るのは樂しかった。どうやつたらミラーボールがキラキラして見えるか、とかね。

二話切りした後ネットの盛上りに半信半疑で追付いたら面白くてごめんなさいした「けものフレンズ」。第十一話で不穏な終り方をして迎へた最終話、ヒトのフレンズであるかばんちやんがセルリアンによって元のけもの=ヒトに戻るまでは普通に豫想した後、自分はそこでかばんちやんがヒトの原形としてのみらいさんになつて、かつてジャパリパークを作つた人類の代表として色々種明し的なことを語り出したりしたら嫌だなあなどと勝手に思つてゐたのだけど、流石にそんな詰らない話を書く人たちではなかつた。かなり本氣で「冬の宮殿で今明かされる黒歴史月光蝶である」といふ展開を危惧したのだが杞憂で良かった。「けものフレンズ」は「ターンA」以後の物語だ。さらば二十世紀

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20170329

2017年03月28日火曜日 のけもの

忙しさに疲れた心を「けものフレンズ」で癒される日々ではあるが最終囘の放送がAT-Xではやや遅いのでネットを斷たねばならぬのだ。

とりあへず「VOEZ」を遊び倒す。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20170328

2017年03月27日月曜日 忙しい

さて、仕事が山ほど降つて來た。仕事の振りして日記を書けない程に。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20170327

2017年03月26日日曜日 イカとF1

スプラトゥーン2」先行試射會に參加。WiiUからswitchプラットフォームが代つて、一番變つたのがコントローラー。前作「スプラトゥーン」がWiiUゲームパッドに特化したゲームとして仕上つてゐたのに較べると、Switchで遊ぶ「2」はどうしても操作面で見劣りがする。コントローラーが物理的に輕すぎてジャイロによる照準が安定しないことについてはまだ馴れでどうにかなるとして、手許のサブ畫面に常時表示されてゐたマップがボタンによる表示切換式になつたのは想像以上に致命的だつた。致命的といふのは大袈裟でなく、うつかりボタンを押してマップを出して狼狽へてゐる間に殺される。これは困る。マップに影響するタイプのスペシャル攻撃やスーパージャンプを使ふのに馴れるのは難しさうだ。

ゲーム自體はいつもの「スプラトゥーン」のマップやブキが變つただけなのでまた樂しめばよい。敢へていふなら今囘の試射會に用意された三つのマップがどれも似た構成で、戰略的にあまり違つた味が感じられないのが氣になつた。バランスを重視しすぎて特徴を感じないといふか。どれもこれも可動ギミックを無くしたアンチョビットみたいな印象。前作の試射はたしか舊デカラインとBバスパークとハコフグ倉庫だつたと思ふが今考へてもそれぞれに特徴があつて良かつた。まあ本編で尖つたマップは幾らでも用意されてゐるだらうから氣に病むことはないと思ふが。

目下の心配は家の通信環境が極めて不安定なこと。有線LANアダプタは用意するとしても、あまり意味がないかもしれない。

さて、午後はF1開幕戰オーストラリアGP。マシンが大幅に變つてコーナリングスピードがとんでもなく速くなつて、ラップタイムも縮まつた。これがレースにどう影響したかといふと、オーバーテイクが難しくなつた樣だ。コーナーの脱出速度が上つたのはいいけど、車體が大きくなつた分空氣抵抗も増したのでストレートエンドでのスピードが飽和して、DRSを使つてもあまり効き目がないといふことにもなつてゐる。

そんな状況で退窟なレースにならないかと心配したが、ベッテルハミルトンがタイヤ戰略も絡めた上でコース上で對等の毆り合ひを繰廣げて、フェラーリのベッテルが優勝したのだから退窟どころか大變面白いレースだつた。これほど内容の濃いレースが觀られるのであれば規格變更は大成功といへるので、今後のレースにも期待したい。

特にトラブルも失敗もなくメルセデスが力負けしたといふのが衝撃的だし、かといつて車作りそのものに失敗してシーズンの敗けが確定した訣でも全くないのだから、面白くない筈がなからう。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20170326

2017年03月25日土曜日 豐橋探訪

父の實家で北條家の疑似體驗を樂しんだ後は當然映畫を觀返したくなるものだが、「この世界の片隅に」の近場での上映は生憎昨日で軒竝み終了してしまつてゐた。仕方がないので豐橋市まで自轉車を輪行して、驛からやや離れた處に在る映畫館まで走つて十四囘目の觀賞。ほとんど家の造りばかり見てた。小林さん夫妻が轉がりこんで來てからの北條家はさぞや手狹だつたに違ひない。ラストシーンの茶の間に全員居るところはあんなドタバタできるスペースはなからうな、と思ふ。あそこだけ欽ドンの様な舞臺劇のセットとして見る感じだ。

映畫を終へて外に出て、後は特に用もないので豐橋市内を自轉車で走つてみた。

道路に挾まれた、幅の狹い建物が延々連なつてゐる團地の様なものがある。「水上ビル」とあるから川か用水路を暗渠にしてその上に建てたものらしい。それにしても何でわざわざ水の上に。面白い街造りをするものだ。そして豐橋といへば豐橋鐵道。驛前から渥美半島へ向ふ專用軌道線と、市内を横斷する併用軌道線が出てゐる。併用軌道、即ち路面電車に沿つて自轉車を轉がしてみた。

十數分走ると終點。途中には分岐もあり、そこを曲る電車の擧動に驚いた。まるで信地旋囘の樣だ。後で調べたら日本の鐵道の最小旋囘半徑のカーブださうだ。道理で。他にも民家の間に捻じ込む樣に造られた退避線などもあり、樂しいことこの上ない。

f:id:yms-zun:20170522231056j:image

終點の傍らに車輛基地があリ、中で「パト電」なるものの整備が行はれてゐた。これがあれか、機動強襲室の豐橋支部か。

D

VR動画

終點から暫く併走してみた。豐橋は色々と面白い街なのでまた來よう。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/yms-zun/20170325
2000 | 07 |
2001 | 12 |
2002 | 01 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 |

最近の画像


管理情報