YAMDAS現更新履歴

このページは YAMDAS Project の更新履歴ページです。

Twitter はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS1.0

 | 

2010-11-29

YAMDAS更新(ジェームズ・スロウィッキー『「みんなの意見」は案外正しい』) YAMDAS更新(ジェームズ・スロウィッキー『「みんなの意見」は案外正しい』)を含むブックマーク

yomoyomoの読書記録ジェームズ・スロウィッキー『「みんなの意見」は案外正しい』を追加。

「みんなの意見」は案外正しい (角川文庫)

「みんなの意見」は案外正しい (角川文庫)

今更感まるだしだが、断続的に読んでたらとんでもなく時間がかかってしまった。

今週末はいろいろ訳したい文章があったのだが、一度なおったはずの風邪をこじらしてしまい寝っぱなしで、何もできなかった。

今年は紅葉ひとつ満足に見ることが適わなかった。

[] 現在利用可能なクラウド志向オペレーティングシステム5選  現在利用可能なクラウド志向オペレーティングシステム5選を含むブックマーク

初の Chrome OS ネットブックが数週間後に出る予定らしいが、現在既に利用可能なクラウド志向の OS として以下の5つが紹介されている。

  1. JolicloudUbuntu LTS 上の Chromium ベース
  2. Peppermintlubuntu のフォーク
  3. gOS Cloud
  4. EasyPeasy
  5. MeeGoNokia の Maemo と Intel の Moblin のマージ

gOS が最も以前からあるのかなと思うが(3年前はコンピューティングの未来形とか言われていた)、今最も注目を集めているのは Jolicloud なのかな。自社製のネットブック機を売るという噂があるし、ちょうどマイコミジャーナルに後藤大地さんのレビューが公開されているね。

Ubuntu をベースとするところが多く、いくつかは Mozilla Prism を捨てて Chrome(Chromium)に乗り換えている。

Google 本家の Chrome OS 搭載のネットブックが出たとき、これらの OS は吹っ飛ばされてしまうのか。それとも生き残る道を見つけるのか。

[][] Linuxにおけるウィルスの歴史  Linuxにおけるウィルスの歴史を含むブックマーク

コンピュータウィルスというと Windows OS を対象とするものばかりが話題になるが、Mac だって Linux だってウィルスはあるんだよ、とは口では言うものの Linux ディストリビューションを使う際に Windows と同じくらいウィルス対策をやってるかというと怪しいもんである。

このページは1996年の Staog ウィルスに始まり、Linux におけるメジャーなウィルスの歴史を辿っている。今年までほとんど毎年何らかのトピックがある。

2007年の Badbunny ウィルスが OpenOffice ユーザ、今年の Koobface ウィルスが Facebook ユーザをターゲットとしているなど、時代を感じるね。

ネタ元は Hacker News

後に間違いだと判明した科学理論で最高のものは何? 後に間違いだと判明した科学理論で最高のものは何?を含むブックマーク

『実践 行動経済学』といういかにもそそらない邦題が損している Nudge の著者リチャード・セイラーが Edge で、新作本の調査の一環で、長い間正しいと信じられていたのに後になって間違いだと判明した科学理論、科学に関する信仰で最高のものは何かと問いかけている。これは確かに面白い問いかけだ。

Edge なので答えるメンツも豪華で、ぱっと見ただけでもクレイ・シャーキー、ニコラス・G・カー、ジョージ・ダイソン、ジョージ・レイコフなんかがコメントしてるね。

ネタ元は Boing Boing

実践 行動経済学

実践 行動経済学

[] ザカリーに捧ぐ  ザカリーに捧ぐを含むブックマーク

ザカリーに捧ぐ : 松嶋×町山 未公開映画を観るTV [DVD]

ザカリーに捧ぐ : 松嶋×町山 未公開映画を観るTV [DVD]

「松嶋×町山 未公開映画祭」から早速レンタルして見た(予告編)。

一言でいえば、カナダ版『そして殺人者は野に放たれる』だった。

本作は、2001年に殺害されたアンドリュー・バッグビィの子供時代からの友人だった監督によるプライベートムービーとして始まる。

ジャック・ブラックにもちょっと似たアンドリューは偶然にもワタシと同い年だが、本当に多くの人に愛されてたところがワタシとは大違い。しかし、彼は十歳以上年上で子持ちのシャーリーという明らかに不釣り合いな女性と付き合い、別れ話のすえ彼女に射殺されてしまう。

そのときシャーリーはアンドリューの子供を妊娠しており、生まれた子供はザカリーと名づけられる。ザカリーはアンドリューの幼児時代の写真と瓜二つで、重ねられた写真に息を呑んだ。

そうしてこの映画は、そのザカリーに対して、父親であるアンドリューがどういう人間だったかを伝えるという目的が生まれた。

しかし、ザカリーの誕生は、シャーリーとアンドリューの両親との間の戦争の始まりでもあった。そして、その果てに待っていたのは……

本作はアンドリューの友人の手によるものだから、シャーリー並びに彼女に与する人間に対する描写には注意を要する。裁判にずるずると時間がかかるのは多くの国で共通する悩みだろう。しかし、「(アンドリューの父親のデヴィッドの言葉を借りれば)殺したい相手は殺したからもう危険はない」とばかりに保釈のための便宜をはかり、保釈金もとらず(なんのための制度なんだ)にまさに野放しにしてしまうカナダの裁判所には呆れるより他なかった。

もうどうしようもない気持ちになる映画だが、その最後にいたってこの映画が実はアンドリューの両親のための映画だと分かる。生き地獄という言葉が大げさでない状況に立ち向かうその忍耐力と気高さには胸を打たれた。

2010-11-25

発言小町大賞2010と忘れがたきあのトピのその後 発言小町大賞2010と忘れがたきあのトピのその後を含むブックマーク

気がつくと発言小町大賞2010が始まっていた(これって昨年はあったっけ?)。締め切りは11月30日とのことなので、最近は小町についての言及がすっかり減ったのが寂しい id:hagex さんや、結婚生活が順調なのは、「発言小町」を反面教師としてとことん読み込んだことも大きかったとのたまう id:yto さんは是非投票するといいと思うよ!

もっともワタシも、ネットウォッチャーの大家である id:kanose さんに以下のように書かれて頭を抱えたわけだが。

ただざっと見たところ、ワタシが好んで Twitter で紹介するようなトピは「発言小町大賞2010」の候補には入らないようだが……

さて、ワタシが発言小町に注目するようになったのは、ご多分に漏れず今は亡き発狂小町id:komachimania)がきっかけだったわけだが、そこで知った忘れがたきトピに「覗く友人」があった(参考:はてなブックマーク - 覗く友人 - 発狂小町)。

トピ主の発言だけでも65というかなりのボリュームなのでおヒマなときに読むといいが、小町によくある「常識外れな友人(たち)に振り回されるトピ主」の典型であり、トピ主がアドバイス通りに動かないと「さっさと行動しないあなたにイライラします」みたく容赦なくトピ主に牙をむくコマッチャーの凶暴性も堪能できる。

このトピはトピ主が異常な友人たち(?)に立ち向かうものの、尻切れトンボでしかも何とも寂しげなトピ主のモノローグとともに終わるため、その後「その後が気になる小町のトピ」に次々と彼女の名前があがったわけだが、実はアローンさんはこのトピに降臨していた。

2009年4月29日 21:04から始まる5連投でその後が語られているわけだが、癌にかかっていることが分かり仕事を一年間休業する羽目に陥ったこと、それを知った「覗く友人」たちの反応(予想通りのクズっぷり)、しかし恋人ができ、彼があいも変わらず押しかけてくる連中をシャットアウトしてくれることが綴られており、癌との闘病は予断を許さないものの、素敵な恋人ができてよかったじゃないの、とほっこり(←誤用)したものである。

しかし、である。

ワタシはここでこのトピを読むのを止めていたのだが、少し前に調べものをしていてこのトピを再読し、その後にも一度だけアローンさんが書き込んでいるのに気付いた。2009年5月26日 12:23のコメントである。

皆様、暖かいレスありがとうございます。
残念ながら、更に後日談が…(泣)

彼は既婚者でした。
彼が大好きで、その愛を疑ってもいませんでした。
本気で好きになった人でした。
生きようと、彼の愛でもう少し生きたいなと思った矢先のことでした。

「子供がいるから別れる事は出来ないが、アローンを愛している」と…

お子さんも3人いらっしゃるそうです。
奥さんの写真も見ました。彼が好きと言う芸能人によく似た人でした。

既婚であることは彼の口から直接聞きました。

どうしたら良いのか…
勿論別れるべきという事は頭では分かってます。
ただ気持ちがついていきません。

こんなことがわかった今でも彼を愛おしく思う自分がいます。
今彼がいなくなったら、生きていく望みが無くなりそうです。

憎んで忘れようとも思いましたが、闘病の一番つらい時期を支えてくれた彼、感謝しても憎む気にはなれません。
元の友達に戻ろうとも思いましたが、自分の中のあふれる思いをどうすることもできずにいます。

気持ちの持って行き方がわかりません。

……これには言葉を失った。何で善人がひどい目にあい、悪人ばかりがのさばるのか。発言小町は「神なき時代の井戸端アゴラ」なのだろうか(んなわけはない)。

発言小町

発言小町

[] OpenStreetMap創始者がマイクロソフト入り  OpenStreetMap創始者がマイクロソフト入りを含むブックマーク

自由に利用できる地理情報データを提供する OpenStreetMap については、「OpenStreetMapへの期待と課題」という文章を書いているが、その創始者である Steve Coast がマイクロソフトで Bing Mobile の主任アーキテクトの職を得たとのこと。

マイクロソフトもやるねぇ、と思ったが、話はそれに終わらず、マイクロソフトは OpenStreetMap に航空地図データを提供するみたい。これはでかいな!

Steve Coast も興奮を隠さないが、これをもって OSM がマイクロソフトのものになるわけではなく、常に independent であることもちゃんと書いている。

ネタ元は例によって O'Reilly Radar

Openstreetmap: Using and Enhancing the Free Map of the World

Openstreetmap: Using and Enhancing the Free Map of the World

Openstreetmap

Openstreetmap

Zappos創業者の本『Delivering Happiness』が面白そうだ(し、邦訳も出る!) Zappos創業者の本『Delivering Happiness』が面白そうだ(し、邦訳も出る!)を含むブックマーク

Zappos というと靴のネット通販業者にして、Amazon が12億ドルで買収してまでその企業文化を欲しがった会社として知られているが、その創業者にして CEO の Tony Hsieh の本が出ていたのね。

Delivering Happiness

Delivering Happiness

この本についての詳しい情報は本の公式サイト、著者の Tony Hsieh については、現代ビジネスの記事が参考になる。彼ってワタシと同い年なのか……

あれ? Zappos の本って既に出ていたのでは? と調べたら、日本人著者による翻訳でない本だった。

『Delivering Happiness』は Linda Stone も激賞しているが、これは邦訳出るだろうね……と思ったら、来月にダイアモンド社から邦訳が出るみたい。さすがやね。これは売れると見た。

オープンガバメントと「次世代民主主義」 オープンガバメントと「次世代民主主義」を含むブックマーク

旧聞に属するが、アメリカ中間選挙は民主党が敗北した。それは事前の予想通りとして、オープンガバメント運動というか「プラットフォームとしての政府」を目指す流れが滞るのはまずいなと気になっている。

ここでも何度も紹介したオライリーの『Open Government』(asin:0596804350)は残念ながら邦訳が出なかったが、『Next Generation Democracy』という新刊にティム・オライリーが序文を寄せている。こちらは邦訳出るかねぇ。

ティム・オライリーのオープンガバメント論としては、ここでも以前紹介した論文 Government As a Platform が詳しい。

少し前に International Open Government Data Conference というカンファレンスが Open Government Initiative によって開催され、そのレポートが Creative Commons のブログに載っている。ニュージーランドやオーストラリアからの報告が紹介されているが、果たして日本はこういう場に持っていける成果が何かあるだろうか。

2010-11-22

[] はっぴいえんどシュガー・ベイブピチカート・ファイヴとワタシの故郷  はっぴいえんどとシュガー・ベイブとピチカート・ファイヴとワタシの故郷を含むブックマーク

今日はワタシが生まれた長崎と関係する音楽の話をしたい。

以前坂本真綾の「DOWN TOWN」について書くついでに、シュガー・ベイブの Wikipedia ページを見ていたとき、彼らの実質的なデビューライブが長崎で行われたことを知って驚いた。

それは長門芳郎という人物が開催した「大震祭」というイベントで、シュガー・ベイブが出たのが「大震祭 Vol.4」ということは、それまでに少なくとも Vol.1 から Vol.3 までがあったことになる。

調べてみたが「大震祭」についての詳しい情報は分からなかった。ただ、「大震祭Vol.3」については同じページに情報があり、それがかのはっぴいえんどを招いて開かれたとのこと。

個人的にはこれを知ってめまいがした。はっぴいえんどシュガー・ベイブという今では伝説的なバンドが、長崎市公会堂、長崎NBCビデオ・ホールというワタシの実家から目と鼻の先でライブをやってたなんて! しかも Vol.4 は1973年の8月23日、ワタシが生まれるほんの少し前じゃないか。

俄然長門芳郎という長崎生まれの人物が気になって調べ始めた。はてなキーワードにある記述は他のページにある情報と同じだが、そのソースの一つであるライブハウス Tin Pan Alley のページを見てあっと驚いた。

ワタシも一度このライブハウスに行ったことがあったのだ。あれは2008年の3月にベンジャミンとバーJで飲んでいたときのこと、一仕事終えた風情のMさんが入ってきた。Tin Pan Alley で踊ってきたとのことで、結局踊り足りない彼に連れて行かれてこの店で70年代ソウルの演奏にあわせてワタシも(ぎこちなく)踊ったものである。

そのときはかのバンドと同じ名前をつけるなんて大それた……と思ったものだが、細野晴臣のマネージャも務めたことがある長門氏がスーパーバイザーの店ならば別におかしい話ではない。

Tin Pan Alley のサイトには、その細野晴臣のソロアルバム『泰安洋行』のタイトルが長崎の中華街新地にある中国雑貨の店の名前をズバリいただいたものである、そして彼とシュガーベイブとのかかわり、そして前述の「大震祭Vol.4」についてのなど長崎との関わりについての貴重な文章がある。

長門氏はブログも持っており、彼が責任編集を務めるミンツ・マガジンにもはっぴいえんどからシュガー・ベイブにいたる昔話があるので時間を見つけて読んでみたい。長崎市公会堂での大震祭 Vol.3 におけるはっぴいえんどのライブは『はっぴいえんどBOX』に収録されているそうだ。

泰安洋行(紙ジャケット仕様)

泰安洋行(紙ジャケット仕様)

SONGS 30th Anniversary Edition

SONGS 30th Anniversary Edition

長門芳郎について調べてもう一つ驚いたのは、70年代末から80年代末にかけて彼は南青山の輸入レコード店パイド・パイパー・ハウスの店長/オーナーだったのだが、それだけでなくピチカート・ファイヴのマネージメントにも携わっていたこと。確かに手元の資料を見直すと、彼の名前がある! そういえばピチカートは最初細野晴臣の事務所に属しており、そのつながりだろう。

そこでふと思い当たったのだが、ピチカート・ファイヴと長崎のつながりは、実は長門芳郎だけではない。1994年までメンバーだった高浪慶太郎(高浪敬太郎)も長崎の生まれなのだ。

ピチカート・ファイヴというと小西康陽の才能ばかりに脚光が浴びるが、特に田島貴男がメインボーカルの時代は、楽曲提供の面で小西、田島、そして高浪の三人が拮抗していた。

ベリッシマ

ベリッシマ

女王陛下のピチカート・ファイヴ

女王陛下のピチカート・ファイヴ

女性上位時代

女性上位時代

高浪慶太郎は、長崎の人間であれば名前を出せば知らない人はいない眼鏡屋の生まれで、彼の実弟である高浪高彰は長崎雑貨の店たてまつるの主人だが、高浪慶太郎自身も近年故郷の長崎に居を構えている。

ワタシがそのことを意識したのは、バーJと並んでいきつけであるPで飲んでいたときのこと。このPは一応スナックという分類になるはずだが、実際にはロックバーに近い。映像の品揃えが半端なく、何よりマスターの音楽に関する知識が尋常でなくてワタシなど足元にも及ばないのだが、およそ一年ぐらい前に(大抵はここもベンジャミンと行くところを)珍しく一人で飲んでいたとき、マスターから「高浪さんもたまに来るよ」と言われ、自然と背筋が伸びたものである。

実は高浪氏は自身のブログで、長崎で音楽の匂いのする店としてこの店を真っ先に紹介しているのだが(あえてリンクしない)、それはともかく高浪氏の長崎の音楽探究から、今年『龍馬のハナ唄』というアルバムが生まれた。退屈なローカル性や臭い伝統主義を押し出すものではなく、「幕末のラウンジミュージック」という副題がぴったりな和洋混合はさすが元ピチカートというべきか。

「今回30年ぶりに長崎に戻ってきて、長崎を離れる前の自分とは違う視点で故郷を見ることができるようになったと思う。同じ九州でも福岡にはめんたいロックと呼ばれる独特の音楽土壌があり、ライブハウス「照和」というステージが多くのミュージシャンを生み出した。彼らには福岡発の音楽だという文化が根付いている。しかし長崎からは多くのミュージシャンが出ているにもかかわらず、独自の音の文化というものはない。別に長崎にこだわった音楽を作り出す必要はないが、いい意味で長崎の保守の部分と革新の部分のバランスを取った新しい長崎発の音楽文化の一翼を担えたら嬉しい」

CD「龍馬のハナ唄」話題に- 元「ピチカート・ファイヴ」高浪慶太郎さんが制作 - 長崎経済新聞

高浪慶太郎は、実弟とは違う形で、しかしとても氏らしい形で自らのルーツを辿り、作品に結実させたのだ。

D

龍馬のハナ唄(赤盤)

龍馬のハナ唄(赤盤)

2010-11-18

[][][] モーフィンのアルバムとマーク・サンドマンの伝記映画について  モーフィンのアルバムとマーク・サンドマンの伝記映画についてを含むブックマーク

Amazon で980円以下で売ってる輸入盤を取り上げる「Amazon980円劇場」だが、皆がビートルズの曲がようやく iTunes で買えるようになったことを取り上げてるのをガン無視して、今回は90年代に活躍したローファイロックグループのモーフィンのアルバムをご紹介。

Like Swimming

Like Swimming

Night

Night

これらのアルバムがロック史に残る作品かというとはっきり言ってそれはないだろう。ならばなぜモーフィンを取り上げるのかというと、このバンドのフロントマンだったマーク・サンドマンの伝記映画 Cure for Pain: The Mark Sandman Story が作られたことを Hotwire Japan で知ったから、そして何よりワタシがマーク・サンドマンを大好きだったから。

モーフィンというとマーク・サンドマンの2弦ベースにサックスとパーカッションというユニークなバンド編成と彼らが作り出す癖のあるローファイなサウンドが特徴的である。

そして、ワタシにとっては、バンドの顔であるマーク・サンドマンのダンディーでありながら肩の力の抜けたユーモアととぼけた味わいのある存在感もこのバンドに独特のニュアンスを加えていた。

上に取り上げた2枚のアルバムは、映画のタイトルにもなっている出世作『Cure For Pain』の後に作られた後期の作品で、バンド編成のユニークさに依存しない音を作る、そして彼ら最大の持ち味と言われたライブの良さをアルバムに再現するという二つの命題にチャレンジし、正直それを乗り越えられてはいないが、その糸口が見えてきた作品とも言える。

それだけに1999年にサンドマンが心臓発作でこの世を去ったのは残念だったが、死後10年経って伝記映画が作られるのは、彼の人間的な魅力がそこまで周りに認められていたということだろう。

映画は大好評とのことだが、日本での公開はさすがに無理としても、これでモーフィンが再評価されて日本でも DVD 化されると嬉しいな。

D

2010年(あるいは来年も)のトレンドは「消費のソーシャル化」 2010年(あるいは来年も)のトレンドは「消費のソーシャル化」を含むブックマーク

そろそろ2010年も終わりが見えてきて、今年はこういう年だったという記事が出てくるだろう。

最近見たのでは「米 TechCrunch 過去 1 年分から見た盛り上がってそうなベンチャーの分野 5 個+α」という記事が面白かったが、ReadWriteWeb の主筆 Richard MacManus のエントリも近いところがあり、つまりはソーシャルネットワークそのものを云々する段階は終わり、トレンドはソーシャルショッピング、つまりソーシャルな消費だと論じている。

その代表選手として Groupon などを挙げているが、この「消費のソーシャル化」というトレンドは、以前取り上げた「協調消費の台頭(The Rise of Collaborative Consumption)」の話にも通じるものがあるだろう。

最近では「ソーシャル」という言葉自体食傷だが、この「消費のソーシャル化」というトレンドは来年も続くのではないか。

[] エリック・レイモンドの怪文書「ギーク向けセックス指南」  エリック・レイモンドの怪文書「ギーク向けセックス指南」を含むブックマーク

先日八木の野郎経由でエリック・S・レイモンドSex Tips For Geeks という文章を知り、のけぞった。

内容は「セクシーであるためには」「ナンパの技術」「ベッドでうまくやる」といった話が書かれていて、なんというか苦笑いしてしまう。

これ自体は2001年に書かれた文章のようで、当時 Slashdot にも取り上げられているが、知らなかったな。誰か日本語に訳してみては?

しかし、思えばこれの公開からまもなくして9.11テロが起こり、esr は Anti-Idiotarian Manifesto日本語訳)を書いてネオコン的というか政治色を全面に出すようになりハッカー界の信望を失っていく。

それを思えば、この怪文書もハッカーによる嵐の前の微笑ましい余技に読めなくもない。

The Art of UNIX Programming

The Art of UNIX Programming

[] 「松嶋×町山 未公開映画祭」始まる! しかし……  「松嶋×町山 未公開映画祭」始まる! しかし……を含むブックマーク

遂に「松嶋×町山 未公開映画祭」で39本の日本未公開映画が観れる。ワタシのように田舎暮らしで「松嶋×町山 未公開映画を観るTV」が見れなかった人間にはありがたいことこの上なし。

ワタシなど町山さんが「キラキラ」などでこの番組で紹介する映画を告知するたびに観たいと思っていたから全39作をコンプリートとまではいかないだろうが、半分以上は観たいので、10000円の全作品フリーパスを購入しようかと思った。

しかし、である。そこで一つ疑問が浮かんだ。ウェブサイトには「配信終了まで」とあるが、その配信終了はいつなんだ?

これが3ヵ月後なのと半年後なのと一年後なのでは話が大きく異なる。しかし、ワタシの探し方が悪いのか、ウェブサイトで終了時期についての記述を見つけられなかった。

その答えを公式 Twitter アカウントのツイートで知った。やはり同様の疑問を持った人に対するリプライである。

2011年1月25日までって2ヶ月ちょっとじゃないか! これじゃとてもじゃないけど何十本も観ることはできない。

しかし、このサイトの書き方は不誠実ではないか? 「配信終了まで」ではなくちゃんと「2011年1月25日まで」と書くべきだろう。

松嶋×町山 未公開映画を観る本

松嶋×町山 未公開映画を観る本

2010-11-15

[] YAMDAS更新(きたみりゅうじ 『フリーランスを代表して 申告と節税について教わってきました。』)  YAMDAS更新(きたみりゅうじ 『フリーランスを代表して 申告と節税について教わってきました。』)を含むブックマーク

yomoyomoの読書記録きたみりゅうじ 『フリーランスを代表して 申告と節税について教わってきました。』を追加。

フリーランスを代表して 申告と節税について教わってきました。

フリーランスを代表して 申告と節税について教わってきました。

最後に書いたが、そもそも今年は確定申告をやる必要ないんじゃないか? という事実に気付いてなんとも微妙な気持ちになった。

NoSQLの終焉? NoSQLの終焉?を含むブックマーク

そういえば流行語大賞の候補がニュースになったが、この業界で今年もてはやされた言葉の一つに NoSQL があるだろう。

しかし CouchDB のスポンサー企業である CouchOne の Mikeal Rogers がブログに Moving Away from NoSQL: Why Size Matters and Small is Better というエントリを書き、もはや自分たちのことを NoSQL 企業とは考えてないよという意見表明をしている。

NoSQL という用語は、その手の企業をいっしょくたにし、我々が取り組もうとしている問題や直面する課題の真の違いを消し去ってしまってるし、NoSQL というハイプに乗っかろうとする古い企業もいる、とのこと。

ReadWriteWeb も Mikeal Rogers のエントリを受けて、NoSQL vs. SQL の論争っていつだって藁人形論法だったよねと反省しているが、来年の NoSQL 方面はどういう展開があるんだろうね。

ハードウェアハック雑誌MakeがPDFで購入できるようになったぞ(ただし米国版) ハードウェアハック雑誌MakeがPDFで購入できるようになったぞ(ただし米国版)を含むブックマーク

編集長の Mark Frauenfelder が告知しているので知ったが、雑誌 Make が PDF で購入できるようになったとのこと。オライリーがやるんだから、もちろん DRM はナシ。

一冊あたり9ドル99セントだが、年単位でも購入できるようだし、これまでの全24号に2号特別編のおまけをつけて199ドル99セントというスペシャルパッケージも用意してるみたい。

是非日本版も続いてほしいところ。それはそうと Make: Tokyo Meeting 06 が来週末の20、21日東京工業大学大岡山キャンパスで開かれるよ。

マンガ版『ロスト・イン・トランスレーション』? 日本に赴任した英語教師の日常を描く『Tonoharu』 マンガ版『ロスト・イン・トランスレーション』? 日本に赴任した英語教師の日常を描く『Tonoharu』を含むブックマーク

これまた Mark Frauenfelder が紹介しているので知ったのだが、Lars Martinson の『Tonoharu』というマンガが面白そうだ。

『Tonoharu』は日本の小さな町の中学校に英語の teaching assistant として赴任することとなったアメリカ人の若者 Dan Wells を主人公とするグラフィックノベルで、彼が感じる孤独、フラストレーション、不可解を憂鬱にさせないちょうどよい具合のブラックユーモアで描いているとのこと。

もちろんこれは Lars Martinson 自身の体験を基にしたもので、『Tonoharu』は彼が赴任した土地……って唐の原だから福岡市じゃないの。

実は Mark Frauenfelder も昔、日本で同様に英語教師として働いており、英語の teaching assistant に対する準備が十分でないといった話は彼も経験したことがあったようだ。

言うなれば日本の田舎を舞台にしたマンガ版『ロスト・イン・トランスレーション』と言えるか。あの映画は日本人に対して差別的だという声もあったが、Mark Frauenfelder の解説もそのあたりを配慮している節がある。それより作品中カラオケで歌われる曲を YouTube のビデオで説明しているのにちょっと笑った。

Tonoharu: Part One

Tonoharu: Part One

Tonoharu: Part Two

Tonoharu: Part Two

片岡Kが主宰するTwitterからはじまる劇団「ツイゲキ」 片岡Kが主宰するTwitterからはじまる劇団「ツイゲキ」を含むブックマーク

先日、片岡Kさん(@kataoka_k)から Twitter でフォローされて、椅子から転げ落ちそうになった。

前にもちょろっと書いたことがあるが、大学時代『文學ト云フ事』を深夜に見て、その斬新さと面白さに演出を手がけた片岡Kさんの名前を刻み込まれた人間である。

その後テレビ、映画と活躍されているのを知っていたが、ツイゲキ@twigeki)を立ち上げいたのは、恥ずかしながら氏にフォローされてから知った。

screenshot

ツイゲキは Twitter で役者、スタッフを集めた劇団とのことで、こういうチャレンジをやるところがさすが片岡Kさんだなと思う。

11月25日〜28日に中目黒ウッディーシアターにてver. 1.0「FUKENZEN」を公演とのことで、片岡Kさんの Twitter を見てると「5本のオムニバスなんだけど、まだ脚本が4本しか出来てない。果たして間に合うのか?」とか「さすがは不健全なお芝居、看板女優のちひろっく(@chihi69)がとんでもなくエロいコトになっちゃっております」など不安と期待が高まるが、どんなものになるんでしょうな。

wanderingdjwanderingdj 2010/11/26 23:43 yomoyomoさんが言及してたのに今気づいた。
見てきたので感想を書くわ。
ちょっくら待ってて。

yomoyomoyomoyomo 2010/11/27 00:12 おっ、身近な人が見た話が読めるのは、田舎暮らしのワタシにとってありがたい。

2010-11-11

[][][] WIRED VISIONブログ第80回公開(オープンエデュケーションとその持続可能性)  WIRED VISIONブログ第80回公開(オープンエデュケーションとその持続可能性)を含むブックマーク

WIRED VISION ブログに「オープンエデュケーションとその持続可能性」を公開。

ウェブで学ぶ ――オープンエデュケーションと知の革命 (ちくま新書)

ウェブで学ぶ ――オープンエデュケーションと知の革命 (ちくま新書)

今回も通常の倍以上という狂った分量の文章である。しかし、実はこれでも盛り込みたい話を削って削ってこれなんである。

今回入れ損ねた話をここに書いておくと、以前ここでも紹介した Khan Academy の話がある。

『ウェブで学ぶ』において、飯吉氏は Khan Academy を今よりずっと大きくしないといけないと主張しているが、正直その理由が分からなかった。個人の趣味的な活動として始まったことを思えば既にとんでもないサイズだし、それで OCW 本家と同等以上のアクセスを集めているのだから、OCW よりもよっぽど「成功」に近いわけで。少し前に Google の社会貢献プロジェクト Project 10 to the 100 に選ばれたが、持続の道筋が確実に立ったのは素晴らしいことである。

なお、当初利用条件が明確でなかった Khan Academy に CC ライセンスが適用されるようになったのは、デヴィッド・ワイリーの呼びかけがきっかけだったりするんだよね。

[] ジミー・ウェールズがぶちあげる「Wiki 2.0」とは  ジミー・ウェールズがぶちあげる「Wiki 2.0」とはを含むブックマーク

Wikipedia の創始者にして Wikia を手がけるジミー・ウェールズが「次世代共同パブリッシング」として「Wiki 2.0」をぶちあげているとのこと。

正直もう「2.0」はカンベンしてよーという感じだが、Guardian の記事によると「Wikia 2.0 は、これまでもとても成功してきた伝統的な Wiki とより新しいソーシャルや編集の機能との結婚」とのことで、やはり Wiki もソーシャル性の押し出しが必要みたい。

[][] 東京のインディーズ音楽シーンのドキュメンタリー映画『Live From Tokyo』  東京のインディーズ音楽シーンのドキュメンタリー映画『Live From Tokyo』を含むブックマーク

Hotwire Japan で東京のインディーズ音楽シーンのドキュメンタリー映画 Live From Tokyo を知った。

この映画で紹介されているアーティスト一覧を見ても知った名前はほぼ皆無な人間が書いても説得力がないが、日本での公開予定が未定というのは寂しい話じゃないかね。

D

[] 『サンディニスタ!』から30年経って……  『サンディニスタ!』から30年経って……を含むブックマーク

久しぶりに本屋で手にとったロキノンの表紙がクラッシュだった。『サンディニスタ!』がリリースされて30年経ったとのこと。

rockin'on (ロッキング・オン) 2010年 12月号 [雑誌]

rockin'on (ロッキング・オン) 2010年 12月号 [雑誌]

ワタシにとってクラッシュは完全に追体験のバンドで、その中でも『サンディニスタ!』は特に接点の持ちにくいアルバムだった。文句なしのロックの名盤として扱われている前作『ロンドン・コーリング』や、「ロック・ザ・カスバ」のシングルヒットの擁する次作『コンバット・ロック』に比べると明らかにとっつきにくかった。

このアルバムの性格については、曽我部恵一が完璧な表現で言い当てている。

そうなんだよね。『ロンドン・コーリング』のように安心して身を任せることができず、聞き手を不安にさせるところがあるアルバムなんだね。

現在、輸入盤も国内盤も値段が変わらないので、未聴の人は訳詞や解説がついているであろう国内盤をお勧めする。

Sandinista

Sandinista

サンディニスタ!

サンディニスタ!

当然持ってるよ、という人にもお勧めしたいアルバムがある。

Sandinista Project

Sandinista Project

この The Sandinista Project については3年前に取り上げているが、Jimmy Guterman という編集者が実現したトリビュートアルバムのプロジェクトで、これが素晴らしい出来なのだ。

実はワタシはこのアルバムを聴いてはじめて『サンディニスタ!』の良さが分かったくらいである。

音楽業界の人間でもないのにこういうアルバムを実現した Jimmy Guterman の尋常でない熱意と、それに応えたバンドの原曲への真摯な愛が、「気難しい親友」の美点をワタシに教えてくれたのだ。

[][] Amazon MP3日本版スタート記念! MP3アルバムの「Amazon980円劇場」  Amazon MP3日本版スタート記念! MP3アルバムの「Amazon980円劇場」を含むブックマーク

今年秋に始まるという話は聞いていたが、いざ始まるとなるとびっくりしたね。アメリカに3年遅れとはいえ、始まらないよりはマシだし、何より DRM フリーのダウンロードサービスである点が堅持されたのは嬉しい。

ワタシはこれまで980円以下の洋楽の輸入盤を取り上げる「Amazon980円劇場」をやってきたが、これからは Amazon MP3 での値段も注意しないといけない。というか、もはや「アルバム」を単位にすること自体時代遅れに違いないのだけど。

しかし、今洋楽のアルバムを探そうとすると、Karaoke と Tribute をいう単語を除外する設定で検索しないとまともに見つからないなぁ。

ちょうど BLUE NOTE 名盤セールとのことでオール700円だが、ワタシが自信をもってお勧めするのは以下のあたり。

Blue Train (Rudy Van Gelder Edition)

Blue Train (Rudy Van Gelder Edition)

コルトレーンの代表作で、やはりタイトル曲がいいね。

Speak Like A Child

Speak Like A Child

ロマンチックなジャケットも印象的な……と書きかけて、もはや「ジャケット」自体がないことに気付く。うーむ……

Blackbyrd

Blackbyrd

このアルバムは大衆に受け入れられる一方で一部のジャズファンの不興を買ったらしいが、ジャズに関しては初心者のワタシからすれば「知らんがな」の一言。とても気持ち良い音のアルバム。

Chet Baker Sings

Chet Baker Sings

ヴォーカリストとしての彼の代表作だが、中性的なヴォーカルスタイルは好みが分かれるかもね。

あとジャズから離れて700円代のアルバムとなるとピンク・フロイドが何枚かあった。

Atom Heart Mother

Atom Heart Mother

「原子心母」の邦題で知られるアルバムだが、23分を超える大作のタイトル曲も150円なので、正直タイトル曲と "If..." だけで十分かもな!(笑)

Wish You Were Here

Wish You Were Here

ちょっと退屈なところがあるアルバムだけど、やはり「狂ったダイアモンド」と「あなたがここにいてほしい」は名曲だよね。

あとこないだ映画『ソーシャルネットワーク』予告編に関連して紹介した Scala & Kolacny Brothers のアルバムも600円と安いぜ。

Dream On

Dream On

"Creep" が入ってないのは残念だが、ロックやポップスの名曲満載やで。

2010-11-08

[] モンティ・パイソン アンソロジー Monty Python "Almost The Truth"  モンティ・パイソン アンソロジー Monty Python "Almost The Truth"を含むブックマーク

モンティ・パイソン アンソロジー MONTY PYTHON“ ALMOST THE TRUTH” [DVD]

モンティ・パイソン アンソロジー MONTY PYTHON“ ALMOST THE TRUTH” [DVD]

本作は、モンティ・パイソン結成40周年を記念して作られたドキュメンタリー番組 Monty Python: Almost the Truth (The Lawyers Cut) を収録したもので、DVD が届いたのは8月だったが、さすがに本編だけで6時間に及ぶだけに観るのに時間がかかった。

番組中キャロル・クリーブランドが語っていた「20周年のときも30周年のときも今回が終わりだと思っていたのに次がある」というのはワタシ自身思ったことである。グレアム・チャップマンに続いて鬼籍に入るメンバーがいてもおかしくないし、メンバーが現役でなくなればパイソンで番組を作ることも難しくなるだろう、と。

しかし、どうだ。今や世界的な巨匠であるテリー・ギリアムをはじめメンバーは健在だし、何よりミュージカル Monty Python's Spamalot を大成功させたエリック・アイドルの功績は大きい。

30周年のときエリック主導で何か活動をやるプランが進んでいたのは知っていたが、最終的にそれにダメ出しをしたのがマイケル・ペイリンだったというのはちょっと意外だったな。

本作はモンティ・パイソンのインタビュー番組としては決定版であり、パイソニアンとしては文句なしの内容だが、自分の中で遂にパイソンが終わった、と書くと語弊があるが、一区切りがついたのを感じ、少し寂しい気持ちにもなった。

それではコメディーオラトリオ『Not the Messiah (He's a Very Naughty Boy)』より1曲どうぞ。

D

[] Xbox Kinectオープンソースドライバに2000ドルの懸賞金(MSは違法だと言ってるがな!)  Xbox Kinectのオープンソースドライバに2000ドルの懸賞金(MSは違法だと言ってるがな!)を含むブックマーク

もうすっかり最近のガジェットには疎くなってしまい、Kinect の存在自体このニュースで知ったのだが、Adafruit Industries が今月発売される Xbox 360 向けのゲームデバイス Kinect に、オープンソースなドライバを最初に書いた人たちに2000ドルの報奨金を出すよとぶちあげて話題になっている。もちろんマイクロソフトは許さない考えのようだ。

ReadWriteWeb の記事では KinectInternet of Things との関係について取り上げているが、Kinect はポスト iPad 時代のテクノロジーでこれからジェスチャーウェブの時代がクルぜ、と期待を煽っている。

ふーむ、プレイヤーがコントローラから解放されるのは確かにすごいのかもね。

D

[11月11日追記]:あっさり開発に成功して賞金ゲットした模様

Xbox 360 Kinect センサー

Xbox 360 Kinect センサー

[] ブライアン・イーノの新譜と笑えるインタビュー動画  ブライアン・イーノの新譜と笑えるインタビュー動画を含むブックマーク

ブライアン・イーノの新譜のフル試聴ページを紹介しようと思ったら公開期間が終わってしまったが、Warp Records の YouTube チャンネルに面白いインタビュー動画が公開されている。

D

インタビューは、インタビュアーがやたらとくどくて、イーノが質問に答えようとするたびに妨害しまくっているが、何のことはない、このインタビュアーもメガネとズラを装着したイーノ先生なんですな(笑)

イーノの背後にロキシー・ミュージック時代の写真が見えるあたりも含め、イーノのユーモアを感じる。

問題の新譜は例によって蜃気楼みたいな環境音楽と思いきや、結構刺激的なところもあった。ただ何よりイーノの光沢のある「声」を愛する悪しきオールドファンとしては、素直に歌ってくれんかなという感想になってしまうのだが。本作についてはワールド・ワイド・キャンペーンを世界7ヶ国のメディアで展開したり気合が入っているようだ。

Small Craft On A Milk Sea (WARPCD207)

Small Craft On A Milk Sea (WARPCD207)

村上龍の電子書籍出版社G2010設立、からちょっと横道にそれた話 村上龍の電子書籍出版社G2010設立、からちょっと横道にそれた話を含むブックマーク

村上龍が電子書籍出版社 G2010 を設立するということで、彼自身による「G2010設立の理由と経緯」を読むとすごく腑に落ちるというか筋が通っていて素直に応援したくなった。ただ彼は電子書籍をリキ入れて作るタイヘンさもちゃんと書いていて、楽な道でないのも確かだが。やはり、作家自らが一旗上げないと前に進めないという構造自体が問題だよ。

ワタシにとって村上龍は大学時代『限りなく透明に近いブルー』を読んで衝撃を受けて以来好きな小説家だったが、最近の作品となると『イン ザ・ミソスープ』あたりを最後に10年ぐらいちゃんと読んでないし、彼のメルマガも購読を止めて大分経つから今は良い読者とはいえない。

そんなワタシ的には「G2010設立の理由と経緯」の以下のところにおっとなった。

(株)グリオは、JMMというわたしのメールマガジンを運営・配信している会社です。会長の中村三郎氏は、高校時代を描いたわたしの小説『69』で校長室にウンコをしたナカムラのモデルとなった人物の「実弟」であり、社長の船山浩平氏は06年のドイツワールドカップをともに取材した友人でした。

JMM | 村上龍電子本製作所

最高の青春小説『69』において最高に笑える校長室のウンコの場面だが、『69』の主人公ヤザキケンと「ナカムラ」の後日譚が『長崎オランダ村』である。『長崎オランダ村』によると、あれ以来「ウンコのナカムラです」と自己紹介すると話が早くなったそうで、「確かに校長室の机にウンコする人間に悪人はいなさそうな気がする」みたいな文章に大笑いしたものである。

69 sixty nine (文春文庫)

69 sixty nine (文春文庫)

長崎オランダ村 (講談社文庫)

長崎オランダ村 (講談社文庫)

2010-11-04

[] Creative Commonsに寄付をした  Creative Commonsに寄付をしたを含むブックマーク

CC Superhero! というキャンペーンが始まっているが、Creative Commons伊藤穰一 CEO からキミ今年は寄付してくれんのかいメールが来て、そういう季節になったかと毎年恒例の寄付をさせてもらった。

寄付の額は昨年と同じなのだけど、昨年までは直接クレジットカードの番号を入力することで寄付ができたはずなのに、今年は PayPalGoogle Checkout からしか選べなくて、これを機に PayPal のアカウントを作成した(以前作ってたような覚えがあるのだが…)。

今年はどんなTシャツが届くかねぇ。

[] TechWaveの一番クソだと思うところ  TechWaveの一番クソだと思うところを含むブックマーク

以前ある人に TechWave が嫌いなのかと聞かれ、特に嫌いではないと答えたことがある。心底嫌いならはじめから読まなければよいだけで、ただクソなところはクソだ、と。

TechWave が成功していない理由について湯川鶴章の分析があるが、根本的な理由が抜けていると思う。それは記事の質が十分でないことである。もう少し正確に書けば、ブログメディアで黒字化云々を口にできるほど他のニュースメディアとの差別化がなされていない。

記事の質というニュースメディアが担保すべき根本についてまったく言及がないままに、現在のアクセス数からテクノロジービジネス情報を求めている母数が少ないと嘆くのは大きな間違いではないか。

TechWave の記事の質が特に低いわけではない。というか、大半は海外記事を要約しただけなので、nook がとっくに実現していた機能を「電子書籍が、また一つハードルをクリアした」とか書く恥ずかしいレベルの間違いを含む場合もあるが、少なくとも海外記事の要約程度の価値はあるわけだ。

しかし、それなら個人ブログで十分だし、実際 TechWave レベルの情報を提供する個人ブログはいくつもある。テクノロジービジネス情報を配信するブログメディアの代表格である TechCrunch と比べるのは無理にせよ(海外では TC は linkbait、つまり釣り記事が多いという批判があるが、それでも質量ともに一定以上を常に保っている)、日本の IT 系ニュースメディアと比べてもどんな質的な優位性があるか湯川鶴章は挙げられていないじゃないか。

ワタシが TechWave で一番クソだと思うのは、海外記事の要約の後につく「蛇足」である。その内容ではなく(前述のような事実誤認は多々あるが)、わざわざ「蛇足」と書くようなセンスが卑しいと思う。

湯川鶴章も「蛇足」の意味を知らないわけはないだろう。もし彼が TechWave の記事の質を高めたいと考え、そして本当に自分の文章を「蛇足」、つまり有用性のない無用の長物と考えるなら、そんなものはすべて削除すべきだろう。そうして記事本数を多くしたほうがタイトさが増すだろうに。

もちろんそうじゃないのだろう。あえて自分の文章を「蛇足」と呼ぶことで謙遜しているつもりなのだろう。

しかし、ワタシはこうした謙遜のポーズは、批判されたら「いやぁ、これは蛇足ですよ。そんなに厳しくツッコまないでくださいよ」といつでも逃げを打てる卑怯さを感じる。予防線をはるのは勝手だが、それは質の低さの言い訳にも批判の予防にもならないはずだ。

そんな姿勢のメディア(?)がフリーミアムモデルやマネタイズがどうこう書いてもお笑いである。自分の文章が記事に価値を加えていると考えるなら(そうあるべきだし、実際そのつもりなんだろ?)、堂々と「解説」と書けばいいじゃないか。

もっとも今回の文章を読んで湯川鶴章の日本語感覚に疑問を持ったのも確かである。彼は冒頭「タイトルは釣り。」と書いているが、はてなブックマークのコメントで複数の人が指摘するように、こういうタイトルは「釣り」ではなく「嘘」というのだ。

Googleのエンジニア管理の5つの失敗 Googleのエンジニア管理の5つの失敗を含むブックマーク

O'Reilly Radar で知ったプレゼン資料だが、元 Google 社員の Piaw Na によるもので、Google は今なお信じられないくらい成功した会社であること、従業員が1500人だった頃は社員200人のスタートアップよりもアジャイルで政治的でなかったこと、現状においてもオラクルやシスコやマイクロソフトやアップルなどよりエンジニアにとって魅力的な会社である(ただそれが失敗を目立たせてしまう)こと、そして以下に挙げる5つの失敗ですべてではないし、トップ5でもないのを断った上で問題点を挙げている。

  1. 技術リーダー/マネージャ向けトレーニングがまずい(人数も足らなくて、3ヶ月チームリーダーに会わなかった人がいるほど)
  2. チームリーダーになるインセンティブがない(TLになっても一人の技術者として評価されるので仕事を手放さない、チームメンバーに悪影響)
  3. 正しく評価されることは報酬より重要なのに機能していない(同僚にボーナスを与えるシステムは良いがエンジニアの間ではあまり利用されていない)
  4. 2005年の雇用面接に関する制度変更が失敗だった(面接にはスキルが要るが、誰もが持ってるわけではないし、生産性に影響を及ぼす)
  5. 昇進に関し、派手な仕事が認知されやすく、地味な仕事だと評価されにくい

著者も書いているが、これは多かれ少なかれどの企業にもあてはまることではあるね。

[] ジョニー・キャッシュ・プロジェクトの教訓  ジョニー・キャッシュ・プロジェクトの教訓を含むブックマーク

これも O'Reilly Radar で知った文章だが、その死後発表された Ain't No Grave" という曲にクラウドソースでビデオを作る Johnny Cash Project なんてものがあるんだね。

D

このプロジェクトには訪問者がビデオにフレームを追加するというクリエイティブな貢献と訪問者により提供された大量の動画から選択することでフレームを組み立てるという編集的な貢献のいずれかができる。

プロジェクトの成功の要因として著者の Nina Simon は以下のポイントを挙げている。

  • 創作活動は良き足場となる(イチからつくる必要がないのが重要)
  • 集合的成果(この場合クールな音楽ビデオ)が明確である
  • 参加するいろんな方法がある
  • サイトにちゃんと貢献者のクレジットを載せる

これは大体のクラウドソース的プロジェクトにあてはまることだろうな。

American VI: Ain't No Grave (Dig)

American VI: Ain't No Grave (Dig)

atsushienoatsushieno 2010/11/04 16:56 わたしも毎年寄付組ですが、今年はあまり期待されない方がいいかもしれません…。Tシャツを買っているんじゃないんだ、と思わないと。

2010-11-01

[] YAMDAS更新(水木しげる『水木しげる 恐怖 貸本名作選 墓をほる男・手袋の怪』、『水木しげる 怪奇 貸本名作選 不死鳥を飼う男・猫又』)  YAMDAS更新(水木しげる『水木しげる 恐怖 貸本名作選 墓をほる男・手袋の怪』、『水木しげる 怪奇 貸本名作選 不死鳥を飼う男・猫又』)を含むブックマーク

yomoyomoの読書記録水木しげる『水木しげる 恐怖 貸本名作選 墓をほる男・手袋の怪』『水木しげる 怪奇 貸本名作選 不死鳥を飼う男・猫又』を追加。

それにしても「ゲゲゲの女房」が終わるときは寂しかったねぇ。そういえば水木しげるさんが文化功労賞に選ばれたが、それも「ゲゲゲの女房」あってのことだろうしね。

[] オープンソース電話システムAsterisk 1.8.0リリース  オープンソース電話システムAsterisk 1.8.0リリースを含むブックマーク

LWN.net で知ったが、オープンソース電話システム Asterisk の安定版バージョン1.8がリリースされている。もう Asterisk は単なるオープンソース PBX ではないんだろうな。

Release Summary を見たが、Linux カーネルの ChangeLog 並に壮大なので、バージョン1.6から1.8への変更点をあたるのがよいだろう。

日本では1.8どころか1.6に対応した書籍すら出ていない状況が続いているわけだが、オライリーから久しぶりに Asterisk 本が来年出る予定で、これは1.8も見据えた内容になってるみたいなので、これが邦訳されないかな。

Asterisk: The Definitive Guide (Definitive Guides)

Asterisk: The Definitive Guide (Definitive Guides)

気鋭の美人サイエンスライターが解き明かす『キスの科学』 気鋭の美人サイエンスライターが解き明かす『キスの科学』を含むブックマーク

……こんな釣りみたいなタイトルをつけるのは失礼なので申し訳ないと最初にお断りしておくが、Sheril Kirshenbaum の初の単著『The Science of Kissing』が来年1月に刊行される。

The Science of Kissing

The Science of Kissing

ワタシが彼女のことを知ったのは、ブッシュ政権による科学の歪曲を暴いた著者の新刊『非科学的なアメリカ』というエントリを書いたときで、つまりは彼女は Unscientific America をクリス・ムーニーとともに書いた共著者で、その後もクリス・ムーニーと The Intersection というブログを執筆している。

思えばキスはまだ分かっていない人間の10の機能の中に入っており、これに着目したのはうまいと思う。これは邦訳も出るんじゃないかな?

それでは著者による解説ビデオをどうぞ。

D

Twitter時代のアンソロジー、25単語以内で綴るストーリー『Hint Fiction』 Twitter時代のアンソロジー、25単語以内で綴るストーリー『Hint Fiction』を含むブックマーク

Boing Boing で知ったが、25単語以内でまとめられたストーリーを集めた本が出るのだそうな。

Hint Fiction: An Anthology of Stories in 25 Words or Fewer

Hint Fiction: An Anthology of Stories in 25 Words or Fewer

これは面白いねぇ。単語25個で何が書けるんだと言われそうだが、Twitter 時代を意識したアンソロジーなんだろうね。

The New Yorker の書評もどうぞ。

釜山射撃場火災事件で起きた報道被害 釜山射撃場火災事件で起きた報道被害を含むブックマーク

Twitter でも取り上げたが、これは読んで怒りに震えた。釜山射撃場火災からもうすぐ一年になり、事件は忘れかけられているが、この話は知らなかった。

 島田さんは、事故当日、コメントを求める取材の電話が殺到したため、大やけどを負った兄の延命手術への同意を求める領事館からの重要な電話がつながるのが遅れたことなどに触れ、「もっと早く手術していれば、もしかしたら兄は生きて帰ってきたのではないか」との思いを打ち明けた。

島田さんがワタシと同郷であり同年代なので身近に感じるのかもしれない。島田さんは飽くまで控えめに語っているが、これは本当にひどい話ではないか。

 | 
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2018 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)