Hatena::ブログ(Diary)

ザウエリズム 【Zawerhythm】 このページをアンテナに追加 RSSフィード

  はじめての方へ
  本家サイト大野病院事件関連メールマガジン過去ログ
  Twitter(Twilog)・Tumblr
  日記才人(2487)とReadMe!テキスト庵(0009)に参加していました(登録順)。
  Amazon

2016-09-30-金

[]無題 無題を含むブックマーク 無題のブックマークコメント

 医者になってからというもの、基本的には病院に縛り付けられている生活で、時には単に上司の怠慢であったり、バカみたいな体育会系思想であったり、実態を無視したクソみたいなシステムのせいであることまでもが「患者さんのため」みたいな言葉でごまかされて、プライベートというものの大部分が誰かに奪われていました。普段は極端な疲労と一日中の眠気とハードワークに忙殺され、余計なことを考えるヒマもないものの、時折一瞬だけ我に返った刹那、言いようのない絶望感を感じることもあったように記憶しています。その言いようの無い絶望感と共通する、僕の非常に個人的な一つの絶望が、だからこそそういった生活の中で明確化して、先鋭化して、閉じ込められた生活の中で可能な限りの解決策を見出そうとしたのかも知れません。

 医者一年目は、少ないながらも同期が似たような状況で病院の中の陽を浴びない生活を送っていたのに対し、二年目の山の中の生活は、自分と同様に病院に捕らわれている人間がほかに誰もいないように見えたので、一瞬でも逃げ出すチャンスが見いだせれば、いつ病院に呼び戻されるかわからないという恐怖と闘いながらも、山を降りて酒を浴びたのです。

 自分のプライベートがコントロールできない以上、誰かと約束をするというのが非常に困難で、だから僕の都合にあわせてくれる人の存在というのが肝要でした。大学病院内でも恐らく最も過酷だった我々ほどでは無いにせよ、同級生はみな研修医生活を送っていたわけで、僕の時間にあわせてくれるのは必然的に時間を持て余している後輩たちでした。その後輩たちも医者としての生活をスタートすれば極端に自由が効かなくなるので、さらにその下の後輩、その下の後輩と、学生との接点を持ち続けることになりました。

 まあ、いろいろあって日本脱出した今、緊急事態や突然の呼び出しというのが無くなったわけではないにせよ、日本にいた時とは比べものにならない自由な時間を手にしたので、あのとき感じたような強い絶望感は、たまに昔を思い出してうなされる悪夢以外ではそうそう感じなくなりはしたものの、年を重ねるにつれて、有限の寿命に対する焦りとかそういうことはこまめに意識に訴えかけてくるのです。

 日本にいる時間が限られるようになった今、かつてのようなプライベートの収奪ということでは無いにせよ、やはり僕の時間にあわせてくれる人の存在は重要で、一人で過ごす時間だけでなくて、そうしてたくさんの人々と過ごす時間にはやはり飢えているのだと思います。海外生活もここに根を下ろしているわけでも無く、一声かけて集まってくれるような人間関係を築けるかというと、もうちょっと遠慮のある関係に留まるのかなという気がしますが、まあここでは音楽を再開できたのでそれは僕の人生に大いなる華を与えてくれることなのでした。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/zaw/20160930

2016-09-27-火

[]旅人たち 旅人たちを含むブックマーク 旅人たちのブックマークコメント

 つい先日、大学時代にお世話になっていたバーのマスターが任国に旅行に来るというので、あわせて休みをとり、行きたいと言っていた地方都市へ一緒に行ってきました。さらには、その友人たちが、それぞれ世界各国を旅行中で、任国にタイミングをあわせて集合するというので、マスター以外は初対面(厳密に言うと、お互い認識していない中で会っていた可能性は高いことが判明)ではありましたが、みんなで合流して有名なスポットにお連れしたり、食事をご一緒したりしました。ちなみに、現任地で最も有名な観光名所には、いつか友人が来たら一緒に行こうと思っていた結果、ずっと行く機会が訪れず、実に着任15ヶ月目にして初めて訪れることとなったのでした。

 その後、僕のマレーシア出張のタイミングと、旅人たちのタイミングが合うことが判明し、一部の方々とはペナン島で再開。まだ旅を続ける者あり、長期に渡る旅を終えようとしている者あり…

 彼ら旅人たちの話をいろいろきいていると、僕の旅熱も相当に盛り上がってくる一方、今の仕事を辞めなければ、恐らくしばらく色んな国を数年ごとに異動することになるので、1ヶ所長期滞在型の旅行中と言えなくもないな…と思ってみたりもするのでした。人生も住所も迷走中で、たまにふと我に返っては、果たしてこんなんでいいんだろうか、と今更どうしようもないことをうじうじ考えてみたり。特にいわゆる真っ当とされている人生を、季節感のある人生を歩んでいる同級生とか後輩とかみると、限りある寿命に焦ってみたり、開き直ってみたり。

 僕は元気です。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/zaw/20160927

2016-05-25-水

[]バンコク バンコクを含むブックマーク バンコクのブックマークコメント

 お仕事でバンコクに来ました。4年ぶり。

 まあ仕事の密度はそれほど濃くなくて、拘束時間も少なめなので、会ったりできる方いれば是非。とはいっても明後日には任国へ帰ります。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/zaw/20160525

1998 | 09 | 10 | 11 | 12 |
1999 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 |
2000 | 01 | 02 | 03 |
2001 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2002 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 07 | 10 |
2012 | 02 | 08 | 10 |
2013 | 01 | 03 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 03 | 06 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2015 | 03 | 04 | 05 | 10 |
2016 | 03 | 05 | 09 |