古本ソムリエの日記 

2017-12-31

「ネット善行」http://zenkohdo.shop-pro.jp/をときどき見てやって下さい。

黒島伝治作品集『瀬戸内海のスケッチ』(サウダージブックス)

◯『定本 古本泣き笑い日記』(みずのわ出版

◯上林曉『星を撒いた街』(夏葉社

◯上林曉『故郷の本箱』(夏葉社

山本善行『古本のことしか頭になかった』(大散歩通信社

山本善行『関西赤貧古本道』(新潮社

山本善行『古本泣き笑い日記』(青弓社

岡崎武志山本善行『新・文学入門』(工作舎

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

京都新聞の朝刊に[山本善行 京滋文学道しるべ]を2013年4月1日から12月31日まで連載。

◯関西ジャズ情報誌「WAY OUT WEST」に「本の中の、ジャズの話」連載中。

文芸誌「APIED」に「善行堂通信」連載中。

◯雑誌「ポパイ」8月号(2013年7月10日発売)〈特集カレーと本〉に文章書きました。

佛教大学「佛大通信」、2013年7月号に、善行堂載せていただきました。

新幹線グリーン車に置いてある雑誌「ひととき」2014年1月号に

 紹介していただきました。長塚京三さんが善行堂に来てくださいました。

 文・安藤寿和子さん、写真・林義勝さん。林義勝さんは、林忠彦さんの息子さん。

小豆島ヘルシーランドの季刊雑誌「オリーヴスカイ」に、「風がめくる本のページ」

 連載開始。

 第一回は、壷井栄の「坂道」について書きました。

 第二回は、壷井栄の「随筆・小説 小豆島」について書きました。

 第三回は、壷井栄の「大根の葉」について書きました。

 第四回は、壺井栄の「雨後の星」について書きました。

 第五回は、宇野千代の「おはん」について書きました。

 第六回は、宇野千代の「わたしの青春物語」について書きました。

関西大学広報誌「Reed」に紹介していただく。

マガジンハウスHANAKO FOR MEN」。善行堂紹介していただきました。

◯「ダ・ヴィンチ」7月号

◯2015年7月11日 徳正寺にてスムース再結成ライブ

◯2015年7月28日 小豆島町立図書館にて講演『黒島伝治文学を味わう』

◯「ダ・ヴィンチ」2015年10月号

◯2015年9月9日、大阪市立こども文化センター「アビシャイ・コーエン・トリオ」のライブで出張販売

◯2015年10月、高知新聞に上林曉

◯2015年12月 冊子「古本屋がえらぶ 気ままにオールタイムベストテン」に書かせてもらいました。

◯2015年、時事通信社の依頼に寄り、岡崎武志『気まぐれ古本散歩』の書評書く。

◯2016年、4月23、24日、愛媛松山ブックマルシェに初参加。トマト書房さんと知り合う。

◯2016年、4月24日、岐阜 徒然舎で夏葉社島田潤一郎とトーク

◯2016年、5月29日、高知の「大方あかつき館」で、講演「ずっと上林暁の小説を読んできた」

◯2016年、5月30日、宇和島、福田百貨店で、大方あかつき館館長山沖さん、フォークシンガー世田谷ピンポンズくんと上林暁トーク

◯SAVVY8月号に善行堂。

◯2016年8月11日、木屋町のディランセカンドで、岡崎武志山本善行トークイベント

◯2016年10月号 宝島社大人おしゃれ手帖」で本上まなみさんが善行堂のことを書いて下さる

◯2016年9月24日 守口「たられば書店」で岡崎武志トークイベント

◯2016年11月5日 愛媛松山ブックマルシェでトークイベント

◯2016年11月13日 「古本屋ツアー・イン・善行堂」

2017-02-19

本日も善行堂12時から20時までの営業です。

ずっと店に居ますので。

昨日は、漱石の門を作り替えるワークショップに参加

してきた。全部用意してくれていたので、作り安かった。

背は鹿革です。

f:id:zenkoh:20170219091653j:image

昨日、私の留守中、『関西赤貧古本道』を買った頂いた方が。

ありがとうございました。この本、去年絶版になり、手持ちも少なくなって

くると淋しいものがあります。

2017-02-18

本日も善行堂12時から20時までの営業です。

私は、漱石文庫本のカバーを付け替えるイベントに参加するため、

外出します。5時ごろ善行堂に戻る予定です。

私は、春陽堂文庫、昭和7年初版を持って行きます。

私はかなり不器用なのでうまくつくれるかどうか。

「みなさん、表紙に自分で好きな絵を描いて下さい」

なんてことになると、すごい漱石本だできあがるのでは。

ルリユールにずっと関心があって、今回参加する事に決めた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

岡崎武志還暦記念出版「風来坊ふたたび」の表紙、カバーのデザイン

林哲夫さんから届く。いよいよだなあ。岡崎の還暦も近づいている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

夏葉社から、尾形亀之助詩集「美しい街」が届く。

早速読み出す。「ネット善行」でも販売開始しました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

盛林堂から、平井功詩集「驕子綺唱」届く。

貴重な内容。やっと出たか。これは恐ろしいようなところのある出版だ。

難しい点が多い詩集で、出したいけど出し切れない、そんな詩集だった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

岡崎から電話。

いろいろ話す。

ぼくはもっと詩が読まれるようなときがきっと来ると思っているが、

岡崎詩集もそのきっかけのひとつとなればいいと思う。

2017-02-17

本日も善行堂12時から20時までの営業です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

昨日、雑誌の取材の電話あり。

取材はありがたいし楽しい。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

夏葉社島田くんとも電話。

いよいよ尾形亀之助詩集が。

松本竣介のカットが入るというのもいい。

善行堂、50冊仕入れました。

善行堂出版も夏葉社に負けないようにがんばろう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

谷田達彌の『赤い帆前船』も、もうすぐ終わる。

次は何を読もうか。尾形亀之助の前に何を読めばぴったりくるか。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

某テレビ局の記者から、話が聞きたいと電話あり。

夕方、来てもらう事に。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

浅田さん、ご夫婦で。

いつも「窮理珈琲」も買って頂いている。

話しながら本を見てもらう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

岡崎武志『古本道入門』が届く。

森英二郎の絵はいつもとても魅力的。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

広瀬大志『草虫観』を読み出す。

明日、届く予定の尾形亀之助詩集

松本竣介のカットがどのように入っているのか興味深い。

読んでどう感じるか全くわからないというのも面白い。

詩の頁に松本竣介のカットが入るのか、絵は単独頁なのか。

絵の上から針金で引いたような線は、尾形亀之助の詩に合うような気がしてきた。

2017-02-16

善行堂、本日も12時から20時までの営業です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

岡崎武志詩集、早速予約をいただきました。

若いころ、岡崎と本の話もよくしたが、

まさか岡崎詩集をぼくが出す事になるとは、

あのころ想像もできなかった。

小さな出版で、どれだけの人に知ってもらえるかわからないが、

それでも一冊本が出るということは、思いもしない何かを生むものだと思う。