Hatena Blog Tags

お金

(一般)
おかね

人々がモノを交換するためのモノサシ、尺度。
金銭、貨幣、マネー、通貨。

お金とは、「シェアできない」という性質に注目して食べ物を抽象化したシステムではないかと思う。
価値の尺度としての機能から箴言のお題としても魅力が高い。
過去、現在、未来、そのモノを巡る時間の質や量がモノサシの対象となる。 あまりに便利なので、皆、全てをこのモノサシで測ろうとする。 モノサシなのに、長さが常に変わる。 鈍い人と、鋭い人で測った値がずいぶん違う。 汚れを簡単に取ることができる。 縮尺が大きすぎでも、小さすぎても、うまく測れない。 測るのを忘れ、あとになって大事だったと気づくモノがよくある。
何をするにも必要なもの。 たくさんあればたいていのものと交換できる(これを「買う」という)。 しかし、お金と交換できないものもある。 もっとも、交換できないというのはタテマエで本当は交換できてしまう、と言われるモノも多い(たとえば、愛)。 人を変えると言う代物 ある時は大切に思わないが、なくなるとむしょうに大切に思えるもの。
リスト:二文字キーワード
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ

(全く知らない若い寄生虫郵便局員女の陰謀と陥れ行為)令和3年12月20日14時10分、近所の郵便局にて、三十年以上も陰でこそこそと私に黙って勝手に私の家をのぞき、ストーカーしている卑怯者の寄成虫の嫌がらせなのであろう、近所の郵便局で会社の光熱費の支払いをしに行くと、郵便局の全く知らない、面識のない、知り合いでも何でもない、受付の女性郵便局員が馬鹿で、おつりは間違えるは、収入印紙は貼らないというミスを犯した。私は、おつりのないような金額のお金を渡したので、おつりと言われた時、不審に思い、「おつりはないと思い

(全く知らない若い寄生虫郵便局員女の陰謀と陥れ行為)令和3年12月20日14時10分、近所の郵便局にて、三十年以上も陰でこそこそと私に黙って勝手に私の家をのぞき、ストーカーしている卑怯者の寄成虫の嫌がらせなのであろう、近所の郵便局で会社の光熱費の支払いをしに行くと、郵便局の全く知らない、面識のない、知り合いでも何でもない、受付の女性郵便局員が馬鹿で、おつりは間違えるは、収入印紙は貼らないというミスを犯した。私は、おつりのないような金額のお金を渡したので、おつりと言われた時、不審に思い、「おつりはないと思いますが」と言ったにも関わらず、その全く知らない馬鹿女性郵便局員は領収書を見ながら、自信あり…