さんまの名探偵

(ゲーム)
さんまのめいたんてい

ナムコから発売されたファミコン用アドベンチャーゲーム。1987年4月2日発売。

名探偵「さんま」の助手となり、殺人事件を解決するために奔走する。

明石家さんまの他に、桂文珍、西川のりお、島田紳助といった、吉本の人気芸人が実名で登場したことでも話題となった。

おちゃらけた外見とは打って変わり、中身は本格的な推理アドベンチャーゲームで、口パク、その場にあったBGMの変化など当時のアドベンチャーゲームの中では、システム面でも十分練られており、今でも名作の呼び声が高い。

ミニゲームも満載で、飽きさせない内容となっているのも特徴の一つ。

同じコンセプトの作品として、1998年12月22日に『ナイナイの名探偵』という作品がリリースされるが、こちらは『さんまの名探偵』とは一線を画したバラエティー色の強い作りとなっている。

内容

吉本興業のタレント・桂文珍が、吉本興業社長・吉本高之の別荘で何者かに殺された。

この殺人事件を解決するため、君は名探偵・明石家さんまの助手となって、吉本興業のタレントたちと出会いながら、文珍を殺害した犯人を探し出そう!

(もちろん、ゲームの中だけの作り話です)

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ