ふたりの距離の概算

(読書)
ふたりのきょりのがいさん

米澤穂信の小説。古典部シリーズ第5作。
「野性時代」72号〜77号にて連載、その後単行本化された。
文庫化に伴う英題は「It walks by past」。

春を迎え、奉太郎たち古典部に新入生・大日向友子が仮入部することに。だが彼女は本入部直前、急に辞めると告げてきた。入部締切日のマラソン大会で、奉太郎は長距離を走りながら新入生の心変わりの真相を推理する!

単行本

2010年6月、角川書店より刊行。

ふたりの距離の概算

ふたりの距離の概算

文庫版

2012年6月、角川文庫より刊行。

ふたりの距離の概算 (角川文庫)

ふたりの距離の概算 (角川文庫)

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ