インド大反乱

(社会)
いんどだいはんらん

 1857−1859年にかけて起きたインドがイギリスの支配に抗して行なわれた戦争。傭兵軍団セポイシパーヒー)の蜂起がきっかけで戦争状態になる。ただ、この戦争の参加者はセポイに限らず広汎な民衆もいるので、いまでは「セポイの乱」ではなく、「インド大反乱」とよばれるが、イギリスは巧妙にこの乱を収拾した。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ