カルタゴ遺跡

(地理)
かるたごいせき

(英名:Site of Carthage、仏名:Site archéologique de Carthage)
1979年に登録されたチュニジアの世界遺産カルタゴはチュニジア北部の地中海沿岸にあった古代都市で、首都チュニスの郊外、チュニス湖の東岸に位置する。航海技術に長けたフェニキア人が紀元前9世紀頃に建設した都市で、交易の要衝として繁栄した。その後も、貿易で栄えたカルタゴは豊富に金・銀を産出するイベリア半島まで勢力を拡大し、西地中海貿易を独占して覇権を握った。地中海中央部の覇者であったギリシアとは数々の戦争を行い、シチリア島の領有を巡っての戦いは半世紀以上も続いた。紀元前3世紀頃になると勢力を増してきたローマ帝国と衝突するようになり、3回に及ぶポエニ戦争の結果、紀元前146年にカルタゴは大敗北を喫した。ローマ軍は町をことごとく破壊し、草木が生えぬよう土地に塩をまいたと伝えられる。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ