Hatena Blog Tags

ガロア拡大

(サイエンス)
がろあかくだい

2つの体E\subset Fに対して、Eの元を固定するFの自己同型写像を全てを集めた集合をGとするとGは群となる。ここで、Gの全ての元が固定するFの元の集合がEと一致した場合にE \subset Fをガロア拡大と呼ぶ。

ガロアが、5次以上の代数方程式2次方程式で見たような解の公式を持たないという主張の証明をした際に使用した概念であり、その証明は最小の非可環単純群A_{5}の存在に帰着する。

リスト::数学関連

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ