クロマトグラフィ

(サイエンス)
くろまとぐらふぃ

【chromatography】
試料分析法の一つ。1906年にロシアの植物学者ツヴェット(Цвет, Михаил Семенович; 1872-1919)が開発。
固定相に対して試料を含んだ移動相を流し、固定相に固着する度合いの差を利用して試料中の物質を分離する。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ