コシャマイン

(一般)
こしゃまいん

1457年、北海道渡島半島でおきたアイヌ民族の蜂起を率いていた、東部アイヌの首長。
前年の和人によるアイヌ青年の殺害に端を発し、アイヌ民族は和人館を襲撃したが武田信広指揮の和人軍により鎮圧された。
これを「コシャマインの戦い」「コシャマインの蜂起」と呼ぶ。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ