シュヴァルの理想宮

シュヴァルの理想宮

(一般)
しゅう゛ぁるのりそうきゅう

南仏の小さな町オートリーヴにある奇怪な建築物。


19世紀後半、この地方の郵便配達夫だったフェルディナン・シュヴァルなる人物が33年間かけて築いた。彼は仕事の合間に石を拾い集め、たった一人で広大な建物をつくりあげた。

当初は、一奇人による奇行と無視されたが、アンドレ・ブルトンやシュールレアリスムの作家たちが評価。現在ではフランス政府が建物を保存し、観光地として有名となっている。

関連書

ネットの話題: シュヴァルの理想宮

人気

新着

新着ブログ: シュヴァルの理想宮