スマートフォン用の表示で見る

シュールレアリスム

アート

シュールレアリスム

しゅーるれありすむ

フランス語 surréalisme

シュルレアリスム

夢や幻想など非合理な潜在意識界の表現により,人間の全的解放をめざす20世紀の芸術運動。用語としてはアポリネールに発するが、理論的、運動的には1924年発刊されたアンドレ・ブルトンの「シュールレアリスム宣言」に始まる。画家のサルバドール・ダリマックス・エルンストルネ・マグリットイヴ・タンギー詩人アラゴン・エリュアール・滝口修造らが有名。超現実主義


ロートレアモン:手術台の上のこうもり傘とミシンの出会いのように美しい

とは火花が散るような「あり得ない遭遇」であり(デペイズマン)シュルレアリストたちの好んだ一節である。

ロートレアモン自身はシュルレアリスム運動よりも前時代の詩人