セカンドトップ

(スポーツ)
せかんどとっぷ

サッカー用語。
主に2トップのフォーメーションで、中央に構えるセンターフォワードに対し、サイドに開いてのチャンスメイクや、相手守備の裏へ抜け出す動きでゴールを狙うなどの役割を果たす、フォワードの選手のこと。
選手のプレースタイルや戦術によってセカンドトップが果たす役割は様々で、従来トップ下で起用されていたパサーがこのポジションを務めることも多い。
代表的な選手として、ロベルト・バッジョ、ドラガン・ストイコビッチ、フランチェスコ・トッティ、ウェイン・ルーニー、リオネル・メッシ、森島寛晃、大久保嘉人らが挙げられる。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ