セルジューク朝

セルジューク朝

(地理)
せるじゅーくちょう

セルジューク・トルコとも。イスラム諸王朝の一。
セルジューク家のトゥグリル・ベクによって興され、シーア派のブワイフ朝を倒してスンニ派のもとに政権を戻し、名目的存在となっていたアッバース朝のカリフからスルタンの称号を与えられて執政した。
イラン・イラク・シリアなどを支配したが、内紛と外敵の侵入によって衰えた。最終的にはいくつかの分裂した地方政権となり、最後まで存続したルーム・セルジュークも1308年に滅んだ。

新着ブログ: セルジューク朝